« タックルマン | トップページ | イケメン4人衆 »

ちょっと気になる07

ダニエル・カーターのポスター。
NZの友人からコネタが送られてきた。NZ代表のダニエル・カーターが下着の宣伝のモデルになっていて、彼のママが(ちなみに小学校の先生)、「運転中にノボテルホテルかなんかの外壁に超特大の我が息子の上半身裸の姿をまのあたりにして事故りそうになった」と言ってたらしい。テレビ番組で話していたらしいが、カーター幼少時に彼の誕生日プレゼントにご両親が準備したものは…なんと自宅のおとなりのセクションを買って、ゴールポストを建てたんだと! あの正確なプレースキックは、その訓練のたまものなんだね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « タックルマン | トップページ | イケメン4人衆 »

    「ちょっと気になる」カテゴリの記事




    コメント

    皆様こちらでははじめまして。
    北半球も負けてはいません(何がだ)
    3年前ダブリンへテストマッチ観戦に行ったとき
    オドリスコルが下着のモデルをしている広告が
    プログラムに載っていて、
    スタジアムで仰天したことがありました(汗)。
    他にもENGのベン・コーイン、IREのストリンガー、SCOのテイラーが
    そのメーカーのモデルをしています。
    カーターのとは別のメーカーなんですが
    ラグビー選手って案外そういうモデルの要望が
    多いのかも?

    Most kissable Kiwiのスペンサーは
    ドッグフードのCMポスターで
    いい味出しています。

    投稿: KY | 2005年3月19日 18:02

    カーター選手のポスター観ました。

    ALL BLACKSなんですから色は黒にして
    欲しかったです。

    投稿: マモるんば | 2005年3月19日 12:25

    >僕って、そういうの向いてないのかなあ。
    いや、向いている!ラグマガになんでコラムが無いのかって、不思議だもん。セプターのコラムも毎回、いい視点で書いてるのに。もったいないね。

    投稿: サファイヤ | 2005年3月18日 23:55

    kingさん。ラグビージャーナリストは自分で名乗った時点でなれます(笑)。でも、それなりの経歴がいるので、専門誌の編集部か、新聞記者としてラグビー担当を長くやるとか、深緑郎さんのように、異常に知識を蓄積するかしないと、名乗っても仕事がないんですよね。要するに、仕事があるかどうかがポイントです。ちなみに、僕のコラムは、現在、株式会社セプターのホームページに毎月書いているもの以外はありません。僕って、そういうの向いてないのかなあ。

    投稿: 村上晃一 | 2005年3月18日 23:38

    カーターの例のポスターですが、検索サイトで「Dan Carter underwear」と入力したら出てきましたよ。

    Jスポーツ実況の谷口広明さんの名フレーズ「スーパー12、一の色男」のハウレットが黙ってない模様です。(NZ発のニュースによると?)

    投稿: 軍曹 | 2005年3月18日 20:16

    ゴールポストが誕生日プレゼント。ラグビー王国らしい話ですね。うらやましい。僕も、生まれ変われたら、王国で生をうけたいものです。

    投稿: TK | 2005年3月18日 16:32

    村上さんこんばんは、kingです。

    カーターが下着の宣伝とは!?イイ身体してそうですね(笑)。誕生日プレゼントの話もNZならではという感じです。

    1つ質問ですが、ラグビージャーナリストという仕事はどういった経緯でなれるものなのでしょうか?村上さんはラグマガ編集長という経験がありますが、やはり新聞記者や出版社に勤務することが近道なのですか?

    あと、小林さんや藤島さんはラグマガでコラム書いてますが村上さんはコラム書く予定はないのでしょうか?

    質問が2つになってしまいました。
    お答えいただけたら嬉しいです。

    投稿: king | 2005年3月18日 16:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3344147

    この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になる07:

    « タックルマン | トップページ | イケメン4人衆 »