« お薦めマッチ_0310 | トップページ | 現役時代はこんな感じ »

好きなフルバック・その2

050304-135122


脂っこいもの食べたいなあ。写真は大好きな沖縄料理屋さんにて、数日前、あまりに旨かったので写真に撮った「ラフテー」。表題とはまったく関係ないね。

きのう書いたフルバックについて、もう少し加筆したくなった。僕が好きだった綾城選手は、同期で同志社と大体大で戦った仲だ。実は京都の高校時代も対戦していた。といっても、僕は憧れの目で彼を見ていた。綾城選手は、東山高校出身だが、同時まだ全国大会に出場していなかった同高から高校日本代表のSOに選ばれている。当時から、SOからWTBまで一気に飛ばすロングパスを使うなど、技術的には高校生離れしていた。大学、神戸製鋼ではFBの印象が強いが、とにかくフィールド全体が見える選手だった。彼は自分が立つ位置によって、相手SOを牽制する。

たとえば、右タッチライン際に寄って立ち、左オープン側を大きく開けておく。すると相手SOはそこに戦略的なキックを蹴りたくなる。そして、SOがボールを蹴ろうとした刹那、綾城は、左のタッチラインに向かって走るのだ。SOは蹴る瞬間は、絶対にボールを見るので、相手の動きは見えない。そして、蹴ったあと顔を上げると、綾城が落下地点にいるというわけだ。それが、きのうきちんと書きたかったことだった。そういう駆け引きを見せてくれるFBがいなくなったのがちょっと寂しいわけである。

もちろん、上には上がいるので、それを逆手に取るSOもいるし、わざとキャッチしにくいボールを蹴るSHやSOもいる。僕は大学選手権で慶応と試合したことがあるが、慶応のSH生田さんのハイパントのキャッチしにくかったことといったらない。風船みたいに落下してくるので、キャッチするだけで精一杯だった。見ている側はボールを落とすと「下手くそ!」と思うだろうし、それでいいのだが、キックに対するノックオンのほとんどは、キックの軌道が原因である。だから上手い選手でも時々イージーミスをする。風もあるし、回転のかかり方もある、ラグビーボールは空中でも一定の飛び方はしないわけだ。

キャッチしやすいボールだと、やれることはいっぱいある。ハイパントなら、わざと落下地点とずれた場所に立っておいて、キャッチする瞬間に移動する。するとドンピシャのタイミングで走り込んできたディフェンダーのタックルポイントをずらすことができる。これの上手いFBは日本にいっぱいいた。谷藤さんなんかもそうだった。わざわざ狙われる位置で待っていなくても、動きながらキャッチすればいいわけだ。こういうの、こまごま書いてると、永遠に書いてしまいそうだ。

きょうは、これくらいにしてボチボチ出すね。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0310 | トップページ | 現役時代はこんな感じ »

    「ポジションについて」カテゴリの記事




    コメント

    はじめて投稿します。好きなFBの話がありましが、最強CTBは誰ですか?
    私はティム・ホランです。初めて見たのは、1991年の第2回ワールドカップです。内CTBが外に流れてるなと思いきや、すごいスピードで外CTBだったティム・ホランがシザースにはいってきた。スピードが凄すぎて、シザースの瞬間が見えなかったのを覚えています。確かトライになったと思うのですが・・・。ご意見お聞かせください。
     

    投稿: SANZAR | 2005年3月13日 14:11

     私が印象に残っているFBは第1回WCのフランス代表 王様ブランコです。この大会の優勝チームのFLマイケル・ジョーンズと双璧の憧れのプレーやでした。若いファンの方にはわかりにくいかもしれないですが、谷藤さんとは同世代位じゃないですか?あとどうでもいい話で恐縮ですが、プラネット一緒にしている矢野さんって映画「ガメラ」に出てませんか?では失礼、後厄の元ラガーより

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年3月11日 22:50

    村上さん、体調はいかがですか?ご自身の経験談も含まれているフルバックストーリーは、非常に面白いです。続きを楽しみにしています。
    それと、このコーナーで、現役時代の写真の掲載が出ればうれしく思います。もし無理がなければ、rugby planet などで、村上さんの大学時代の雄姿を放映するのは、どうでしょうか?トライシーン、タックルシーンなど。(もしかして放映済み?)
    わがままばかり書いて、恐縮です。では失礼します。

    投稿: No.15 | 2005年3月11日 12:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3247255

    この記事へのトラックバック一覧です: 好きなフルバック・その2:

    » ラグビー観戦記 1983年11月6日 慶応 対 明治 [チャーリーのブログ]
    天候:雨 於 秩父宮 解説 日比野弘氏 実況:宮和夫氏 慶応主将:氏家俊明(WTB)、明治主将:高田健造(FL) ■前半  慶応、明治とも5勝の全勝対決。明治は例年どおり実力のあるチームで、慶応もバックスが良く、バランスの取れたチームに仕上がっていた。慶応のFW平...... [続きを読む]

    受信: 2006年2月20日 19:53

    « お薦めマッチ_0310 | トップページ | 現役時代はこんな感じ »