« 現役時代はこんな感じ | トップページ | ちょっと気になる05 »

綱渡りの観戦

050313-210046
好評? にお応えして現役時代の写真を。しつこいね(笑)。このくらいにしておきます。ところで、コメントの金丸君って僕の知ってる? 元気? ありがとう。俺、練習下手やったっけ?

諸事情あって、土曜日の夜のアイルランド対フランスの放送(JSPORTS)を、録画して日曜日の夜に見ることになった。何より楽しみにしていた試合だ。24時間、ラグビー情報シャットアウトに挑戦する。携帯は電源を切って時々留守電を聞き、インターネットはしなかった。日本の新聞に結果が載るのは月曜日だし、テレビのスポーツニュースではさすがにやらない。なんだ、けっこう日本でなら可能だな、って感じで、余裕で情報遮断。いよいよ、ほぼ丸一日が経過した。ただし、どうしてもチェックしないといけないメールがあったので、ビデオを見る直前にチェックだけはした。大丈夫だろう。メールのタイトルに結果書く人いないもんね。ところが、あけてビックリ!

「アイルランドが…」

ふーっ、あぶねえ。明らかに結果に対するメールだよ~。

そして、僕はこの情報化社会で、結果を知らずに24時間後に試合を見るという快挙を成し遂げた。
バンザーイ! 凄い試合だったじゃないか。あれだけミスしたアイルランドが最後までもつれた試合をしているところに、アイルランドの地力を再確認。最後のフランスのダメ押しトライだって、レフリーの「ユーズ・イット」(ボール出しなさい)という声に対する反応が少しフランスが速かっただけだもんね。両者にミスが多いのは、あれだけプレッシャーをかけあったら、仕方ない。しかし、これでウエールズが有利になったね。

ところで、JSPORTSの解説時にも、他会場の結果を言わないというのは、けっこう大事なスキルだったりする。
録画で見る視聴者もいるので、他試合の結果を言うと、かなりクレームが多いらしいのである。そこで我々実況・解説陣は、1試合目の結果を知りながら、知らぬふりをして2試合目を話すことがあるし、こんな時もある。

秩父宮ラグビー場で話していると、場内アナウンスで「花園ラグビー場の結果をお知らせします」なんて、同時進行の試合の結果が聞こえてしまうことがあるのだ。
え~っ!みたいな結果の時は、思わず出そうになる声を抑え、目を丸くしながら実況の人とうなずきあい、言葉は、淡々と目の前の試合のことを話したりする。そうやって苦労の末、試合後の勝利者インタビューで、「次の対戦相手は、○○と決まりましたね」なんて言われると、ずっこける。
これは、NHKやTVKと共同制作の場合もあるので仕方ないのだ。
それでもこのコメントに反応してはいけない。録画している人は、インタビューなんかは飛ばすときがあるからだ。
リピート放送の多いJSPORTSならではのエピソードだと思う。

コメントの中にもあったので、フルバックの次はセンター(CTB)について少し書きたい。まずは初歩的なところから。最近は、戦い方によってポジションを入れ替わったりすることがしょっちゅうなので、あくまで基本的な役割について言うと、CTBは、SH、SOが決めた攻撃選択をさらに発展させて、チャンスを広げていく役割がある。俊足のWTB、FBを走らせる、つなぎ役でもある。僕は今、日本でプレーしている選手で一番上手いCTBは、東芝府中のスコット・マクラウドだと思う。自分でも抜いていけるし、当たっても強いし、パスはいろんな種類を使い分けられる。何より判断に間違いがほとんどない。CTBはSOよりさらにプレッシャーをあびながらのプレーになるから、判断の速さがとっても大切だ。さすが、元NZ代表。SOの次に、彼が攻撃の起点になれるのは、東芝の強味だと思うなあ。って、またどんどん長くなるので、CTBについては、また、続きを書くね。日本人で好きだったのは、朽木英次選手(現・トヨタ自動車監督)だな。あの絶妙のパスと、相手との間合いの詰め方は神業だった。いまだに尊敬しております。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 現役時代はこんな感じ | トップページ | ちょっと気になる05 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    この写真、凄いな。こんなに、身体が傾いてて大丈夫なんですか?
    情報の遮断には、苦労されますよね。私は、楽勝です(笑)。

    投稿: サファイヤ | 2005年3月15日 23:18

    村上さん、こんにちは。
    僕も神戸ファンさんも書かれているのと同様にスーパー12では
    情報遮断を実行しています。そのため週末の試合前の金曜
    夕方はネットのニュースをチェックで忙しいです。
    ブログの「お薦めマッチ」の紹介も配慮が難しいですね。

    CTB論ですが向山選手のブログで本人が身体をよく
    当てるインサイドCTBが好きと書いていました。
    日本には向山選手を始め、元木選手・大西将太郎選手など
    優秀なインサイドCTBが多いですが、アウトサイドCTBは
    人材が不足している気がします。今、村上さんが注目を
    しているアウトサイドCTBが居ましたら教えて下さい。

    投稿: 軍曹 | 2005年3月14日 21:38

    初めてコメントします
    いつも楽しく読ませてもらってます
    情報のシャットダウンは厳しいものがありますね
    でも日本において普通に生活していればそんなにピリピリしなくても大丈夫かな?なんて素人目には思えます
    村上さんのような方は結構難しいんでしょうね

    同時放送で勝利者インタビューの時に 次の対戦チームの名前を言われた時は 正直ガッカリです
    新鮮な気持ちで試合を観たいですもの
    JSPORTSのアナウンサーの方は気を使ってらっしゃるけど

    ラグビーはまだまだ初心者なので 村上さんのお話で勉強させて頂いてます

    投稿: アラレ | 2005年3月14日 07:11

    こんばんは。確かに、情報を遮断するって難しいですね。実は私、同じJ-SPORTSで放送されているアメリカプロレスのWWEも好きで毎週欠かさず見ているのですが、日本で字幕をつけるために向こう(北米)での放送と日本での放送に3週間のギャップがあるのです。3週間もの間結果を遮断して過ごす苦しさを常に味わっています。重要な王座戦があるときは我慢できずにWWEのサイトを見てしまうこともしばしばです。またスーパー12に関してもついNZのサイトで結果を先取りしてしまう時があります。その代わりJ-SPORTSの放送を見るときには既に結果を知ってしまっているため面白みは半減してしまっています。そういう時はいつも自分の忍耐力のなさに腹が立ちます。
    余談が長くなりましたが、詳しくてタメになるCTB論まだまだ期待しております。

    投稿: 神戸ファン | 2005年3月14日 00:55

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3288853

    この記事へのトラックバック一覧です: 綱渡りの観戦:

    » NHK [今日のNHK]
     数少ない良質な番組だけに、打ち切られるのは非常に惜しく、やるせない。 1年前の4月3日、三宅民夫アナの第一声、「春爛漫のさくらですねー」から始まったこの番組は... [続きを読む]

    受信: 2005年3月17日 18:46

    « 現役時代はこんな感じ | トップページ | ちょっと気になる05 »