« お薦めマッチ_0302 | トップページ | ちょっと気になる 03 »

レジェンド

pic_050302_1

2人が掲載されているNZ雑誌を見て談笑する、坂田好弘さんとグラント・バティさん。右横にいる僕は、こんなかっこうで取材してました。ちょっとカジュアルすぎたかな

pic_050302_2

寮の前で2人の写真を撮ろうと思ったら、村田亙選手が出てきた。元気いっぱい。来季ももちろん現役続行だ!

pic_050302_3

ジュビロ豊田寮近辺でのどかな場所を探しての撮影風景。さてどんな写真がラグマガに掲載されるか


みなさん、トラックバックならびにコメントありがとう。めちゃくちゃ嬉しいです。元気が出ました。

きのうの朝、ひかり号で浜松に向かっていると、同行の高見カメラマンが、シャープのPDA『ザウルス』を取り出した。
「これ、インターネット見られるんです」
「マジ? どうやって? じゃあ、俺のブログ見てみて」
まもなく、手のひらサイズの小さな画面に『村上晃一 ラグビー愛好日記』の文字が。感動。
「うわ~、ちゃんと始まってるよ~」

ヤマハ発動機(ジュビロ)の豊田寮で、グラント・バティさん(ジュビロ・ヘッドコーチ)と、坂田好弘さん(大阪体育大学ラグビー部監督)の対談が始まる。段取りをしてくれたジュビロのサブ・マネージャー林優子さんは僕の大学の後輩である。つまり、二人とも坂田先生の教え子だ。

「バティ、優子は僕の生徒だったんだよ」(坂田)
「それは知らなかった。彼女は非常に優秀だよ」(バティ)
「村上も優秀な生徒だったんだ」(坂田)
「彼は、そこそこだけどね」(バティ)

えーっ! そんな俺のこと知らんやん、バティ…。と心の中で突っ込んだ。まったく愛嬌のあるおじさんだ。話しはとても面白かった。

要するに身体の大きさより大切なのは強い気持ちであるということ。バティは165cmしかないのにオールブラックスで55試合に出場した。「小さいことを理由に選考で落とされたことは一度もない」と言い切っていた。168cmの坂田先生も、69年にNZに渡り、クラブで数試合こなすと、すぐにカンタベリー州代表のセレクションに呼ばれている。つまりこれは選ぶ方もサイズではなく、選手の質をよく見極めているということだ。詳細はラグマガ5月号(3月25日発売)にて。

以前から感じていることだが、伝説の選手は人を見る眼差しが優しい。誰にも負けなかった時代を持ち、人々の尊敬を一身に集めてきた時間がそうさせるのだろう。元ウエールズ代表で、ラグビー史上最も偉大な選手と言われるガレス・エドワーズや、同じくウエールズの伝説的選手ジェラルド・デービスにインタビューしたときにも感じた。それはバティにも感じるし、坂田先生はそういう雰囲気を持つ数少ない日本人だと思う。

実を言うと、坂田好弘の偉大さに本当の意味で気付いたのは卒業してからだ。学生時代は自分を一軍に選んでくれるかどうかだけが問題で、選んでくれないときは「選手見る目ないんちゃうか」とひどいことを考えていた。客観的に振り返れば選考は正しかった。選手は自分が一番と思っていないとやっていられない。だから、現役選手の言うことは話半分に聞いておかないといけないのだ。取材の心得である。

そういえば、取材中にベテラン村田亙選手がやってきて、その場にいる全員と握手していった。最高齢トップリーガーは相変わらず元気で振るまいが堂々としている。プロフェッショナルの手本だ。

ひかり号で東京に戻り、夜は自宅でバースデーケーキをたらふく食べた。スーパー12の放送を見ながら、これを書いている。あっ、ウマンガがボールもぎ取った。凄い。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0302 | トップページ | ちょっと気になる 03 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    >「村上も優秀な生徒だったんだ」(坂田)
    >「彼は、そこそこだけどね」(バティ)
    >えーっ! そんな俺のこと知らんやん、バティ…。と心の中で突っ込んだ。

    こういうウィットの利いた会話って好きだなぁ(笑)。

    >身体の大きさより大切なのは強い気持ちであるということ。

    これは、日本選手にはいい刺激になりますね。外国人の選手でも、日本人と大きさはさほど変わらないのに、大きな選手めがけて、きっちりタックルを決めている。あのウィルキンソンも決して身体は大きくはないけれど、彼のモノ凄い気迫と集中力で体当たりするディフェンスには、目を見張ります。
    『気持ち』の持ち方次第で、プレイは大きく変わるのでしょうね。

    投稿: サファイア | 2005年3月 3日 21:28

    ブログ解説おめでとうございます。
    二十年ほど前に縁あってQldに住んだ事があるので
    Super12ではREDSを応援してます。LEAGUEでも
    Maroons(っていうのかな)を応援してます。
    ブログにあったウマガにセーラーがもぎ取られたシーンはショックでした。
    負け惜しみかもしれませんがレフリーの判定には?です。特にノヌの逆転トライのシーンはスローフォワードだったのでは?
    見終わった後「口直し」が必要でFRA-WALを見ました。その2試合だけで比較したら北半球>>>>南半球
    ですね。ENGの意外な不振でライオンズの名称が「CELTIC LIONS」になるのでは?と思ったりして。

    投稿: Qlder | 2005年3月 3日 01:02

    Blog開設&お誕生日おめでとうございます。
    これからも楽しみに拝見させていただきます。

    投稿: king | 2005年3月 2日 18:28

    Blog開設おめでとうございます。そして、一日遅れましたがお誕生日おめでとうございます。
    バティHCは試合後に必ずバックスタンドに挨拶に来てくれるんです。ヤマハのファンをやっていて良かったと思う瞬間ですね。ファン思いのとても優しいおじちゃんです。

    投稿: たかお | 2005年3月 2日 02:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3135624

    この記事へのトラックバック一覧です: レジェンド:

    » 伝説 [ちゃるっと、にゃふっと。]
    われらがグラント・バティヘッドコーチのサインも昨日もらってきた。解説村上氏曰く「伝説の名ウイング」。ホントに?あのおじいちゃんが?と思って調べてみた。ふむふむ、... [続きを読む]

    受信: 2005年3月 2日 02:34

    » ラグビージャーナリスト [徒然なるKAZUOの日常]
    ケーブルテレビ・スカパーなどで視聴できるスポーツ専門ch「J SPORTS」のラグビー解説でおなじみの村上晃一さんのブログが解説されました!村上さんの解説は、野... [続きを読む]

    受信: 2005年3月 2日 15:09

    » ラグビーをやめようと思った時 [☆★明日は明日の風が吹く★☆]
    があります。 村上氏がブログを始めたと聞いて 「この話の当時、確か村上氏、編集長じゃなかったっけ?」 と思い出したネタです。 村上氏のラグビー愛... [続きを読む]

    受信: 2005年3月 2日 15:23

    » 村上晃一「ラグビー愛好日記」 [kingの毎日更新]
    <font size=2>ラグビージャーナリストの<font size=5>村上晃一</font>氏がブログ<font... [続きを読む]

    受信: 2005年3月 2日 21:07

    « お薦めマッチ_0302 | トップページ | ちょっと気になる 03 »