« お薦めマッチ_0307 | トップページ | 再び熱上昇 »

生き方

神戸ファンさんのコメントへのお答え。ものすごく初歩的な質問こそ歓迎です。恥ずかしくて人に聞けないようなことってきっとありますからね。もちろん、すべてに答えられませんけど、できる範囲で。難しいのは僕は分からないことがよくあるので(笑)、あくまで初歩的なのでお願いします。

きのうは家でゆっくりしていたので、いろんな雑誌を読んでいた。現在発売されているラグマガ4月号の巻末インタビューを読んでいたら、泣けてきた。青年海外協力隊員でサモアに赴任している田辺登さんの話しだ。実は、僕と彼は同い年で、今から18年前、僕はラグマガ、彼はラグビーワールドと、競合誌に同期入社した間柄である。職場がライバル関係だけに、ちょっと微妙な立場だったが、当人同士はけっこう仲が良く、現場ではよく話した。向こうの編集長には、「どっちが長持ちするかなんて、話してるんだよ」とか言われたりもした。結果的には彼はその後、職を転々としたが農業の専門学校に学びサモアに渡った。そして、もちろんラグビーも教えている。サモアでラグビーを教えている日本人がいるだけで嬉しくなるし、好成績を残していると聞くと、彼とサモアの選手達の交流を想像するだけで泣けてくる。

十数年前だが、スリランカでラグビーを指導している日本人を取材したことがある。満足な練習着もなく、子供達は裸足でラグビーをしていた。一緒に走ったら、すぐに仲良くなった。上手いとか下手とか関係なく、楽しげにみんなでボールを追っている姿に心打たれた。世界中、いたるところにラグビーに関わって生きている日本人がいる。ありがたい。

僕は結局、最初に志した職業をそのまま続けているわけだが、生き方は人それぞれであり、田辺君の生き方は立派で素晴らしいと思った。それにしても、紹介されている写真の田辺君は、はっきり言って老けていた。そっかあ、田辺君もこんな感じになっちゃったんだって思っていたら、数年ぶりに、従兄弟から携帯メールが着信。

「テレビ見たよ。老けた?」

うわっ、人にはそう見えるんだ。自分のことって気付かないものなのね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0307 | トップページ | 再び熱上昇 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    こんばんは、お返事ありがとうございます。では、早速ですが新加入の選手についてお聞きしたいことがあります。来シーズンから神戸に加入するショーン・ウェブについていろいろNZのサイトも覗いてみたのですが、クボタがとったロフのように超メジャーな選手ではないため素人レベルではブレンハイム出身の「寿司好き」などのプレーとは関係のない情報しか分からず苦労しております。神戸ファンとしては今シーズンに関してFWはよく頑張っていたと思うのですが、スタンドオフとバックスリーの不出来に泣かされたシーズンだったと思うので、ウェブには覇権奪回のキーマンとして非常に期待しております。(「ミラー2世」を期待しているファンもいるみたいです)専門家としてどのように見ているか教えていただければ非常にありがたいです。
    あと、ラグビーマガジンで大学新卒の選手も含めて新加入の選手に関して村上さんの「寸評」をまとめたようなコーナーがあればトップリーグファンとしてありがたいので検討していただけないでしょうか。

    投稿: 神戸ファン | 2005年3月 9日 00:26

    心底、ラグビーが好きなのですね。
    世界中でラグビーに関わっている日本人がいるなんて、ステキです。いい話だわ。

    投稿: サファイヤ | 2005年3月 8日 21:27

    村上様お久しぶりです。
    覚えていらっしゃらないと思いますが、2003ワールドカップ観戦ツアーに参加させていただき会食の時には村上様の左隣でお話させて頂いた、加藤です。
    何気なくJSPORTSのサイトを覗いたら貴ページを発見しましたので書き込みをさせていただきました。
    今回のテーマが生き方という事でしたので私の生き方(そんな格好のいいものではありませんが)を書いてみます。私はその後整体を勉強しまして都筑区のセンター南に開業いたしました。理由として一番大きかったのが、好きな競技ををボディケアが不十分なために断念せざるを得ない子供達がかなりいることを知った事また、体に無理をし怪我をしてしまう子供たちが多くこの状況を何とか出来ないものかと思い開業いたしました。
    現在ラグビー以外の種目の方が数名来院されていますが、これからももっと多くの子供達そしてスポーツ愛好者の心の支えとなりまた立派な癒し手となることが出来るよう精進してまいります。
    ちなみに、ツアー当時私はクラブチームでこの低身長でロックでしたが、今年からフランカーへコンバートしていただく事ができましたほっと胸を撫で下ろしております。そんなこんなで私自身ラグビー振興のために(少し大げさですね)自らプレーしていきたいと思います。
    長々と書き込みまして申し訳ございませんでた。
    村上様をはじめJSPORTS関係者の方々の益々のご発展を心より願っております。
    それではまた。

    投稿: 加藤 高朗 | 2005年3月 8日 13:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3210279

    この記事へのトラックバック一覧です: 生き方:

    « お薦めマッチ_0307 | トップページ | 再び熱上昇 »