« リアクション | トップページ | ちょっと気になる13 »

愛好速報!0424

桜は咲かなかった。微妙なスコアだなぁ。大敗には違いないけど、どこで崩れたかが問題だよね。点数は取れているから、攻撃面は成果があったんだろうね。大友さんの感想を待とう(明日になるかも)。

日本代表南米遠征第2戦

日本代表 36-68 アルゼンチン代表
 (前半:23-28)

過去のアルゼンチン戦、最大の負けが、93年の20-45だから、更新してしまったわけだね。フランスのアドバイザーによって、フランス流を導入したところだから、そう簡単にはチームに馴染まないのは分かるが、毎年、そういうこと繰り返していると、時間がなくなる。導入していい傾向が出ているなら貫くべきだし、駄目だと思ったら早めに見切りをつける。そうしていかないと2年後に間に合わない。

僕は早めにメンバーを固定してもらいたいと思っている。試合数少ないからね。チーム強化は時間がかかるから。過去、ワールドカップで優勝したチームって、ほぼ2年前からメンバー固定されてる。日本もそうあるべきだと思うな。

これから、香港、韓国、スーパーカップ、アイルランドと続くから、チーム強化の推移を見守っていきたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « リアクション | トップページ | ちょっと気になる13 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

     私自身が、書いてもいないコメントが出ていて、びっくりしました。これもジャンクでしょうかね。訂正します。
     京都の教員。村上さんの活躍は、本当にうれしく拝読しています。S・Tの事、いつまでも仲良く願います。
     ハンドルネームは「れん」ではありません。念のため。ご健筆を念じます。

    投稿: teacher in Kyoto,JPN. | 2005年4月25日 16:39

    あらら??もめてはったんですね(苦笑)

    見ない試合を前提に総論を書くことがそんなに悪いことなのでしょうか?
    事実、すでに村上さんは「試合を見ていない」ということを前提として話をされているわけですから、読者に対して「試合を見ていない」総論としてアナウンスされているわけです。
    だったら、それを「試合を見ていないモノ」として読者が割り引いて読めばいいだけの話ではないのですか?

    なにもかも、ジャーナリストに責任を求めるのはきつすぎますよ。
    それに、このコメント(愛好速報!0424)は村上さんの「見ていない」試合に関する内容は最初の3行。そんなに責められるべきものですか?
    僕は代表の今後を憂うコメントの大部分(=今回の試合に限らない、代表を大局的に見た意見)にこそ、村上さんのラグビージャーナリストとしての個性が出ていて、読者をうならせてくれるコメントであると感じています。こういう部分こそ、ジャーナリストとして評価されてしかるべきじゃないのでしょうか?

    投稿: 初代勝負師 | 2005年4月24日 22:24

    れんさん、おっしゃっている意味はよく分かりました。このブログは自分の楽しみとしてやっていますが、肩書きを示し、名乗ってやっているわけですから、責任は、もちろんあります。監督や選手、そして読んでくれているみなさんに対して。今後、心して仕事していきたいと思います。

    投稿: 村上晃一 | 2005年4月24日 22:20

    仕事とブログが別なのか?いい加減なもんだね。書いてお金をもらってるんだからね。攻撃の対象を間違うなとか変なこと言ってる人もいるが、見ない試合を前提に総論を書くのは選手やスタッフに無責任、読者にも同じことだからね。

    投稿: れん | 2005年4月24日 21:54

    村上さん、いつも速報ありがとうございます。
    仕事とブログは別のことだと思います。
    私は村上さんのブログが好きです。
    これからも応援しています。

    投稿: etoile | 2005年4月24日 21:42

    おや。「試合を見ずして総論を書く、と糾弾する者」と、「見たこともないメールの文面を転記して材料にしている」人は別人ですよ。言ってる内容の趣旨も異なってるでしょうが。ま、いいや。大友記者のメールのうち、こちらの「愛好速報」ではカットされていたと思われる部分をご参考までに下に再現しましょう。▼

    「昨日は箕内主将にもインタビューしましたが『もう森本さんも村上さんもこられないんですかねえ』と話していました(ウルグアイ戦は大友だけだったけど、アルゼンチン戦には誰か来るんじゃないか、という淡い期待があったみたいです)。昨秋のスコットランド、ウエールズ両方の試合を見た2人の名前が出たことに、主将の雪辱への思いが現れていた気がします。あの試合を見せてしまったことで、見捨てられてしまったのか? という危機感(ジャパンより大学なんですかね、と聞かれたので、そうではないと思うけど、スケジュールの関係もあるだろうし、と答えておきました)。『去年の結果があって、今こういう現象(取材者が一人しかいない)が起きているんで、絶対に結果を出したい。結果は新聞にも絶対載るわけですから、そうなればみんな、この遠征でジャパンが何をしてきたかに興味を持ってくれるはずです』」

    こちらの愛好速報では、上記部分のうち、最後のほうの「絶対に結果を出したい」より前の部分はカットされていましたね。「概要」というおことわりもありましたが。

    箕内主将や大友記者(この方もフリーランスですね)の「本音」はわかりません。微妙なところです。しかし大友記者もまた、「なぜ自分だけなんだ」という思いを少し持っているようにも見えます。どっちにしたって無責任で勝手な解釈でしょうけどね。

    投稿: ちょっとすみません | 2005年4月24日 16:27

    ジャーナリストが現場に行くべきか、それは行くべきです。およそニュースの機軸となる事が確実な重要な現場なら、万難排して出向きつぶさに出来事を見て伝えるのが仕事の本質ですから。見たくて行きたくてたまらなくなる、そういう人種でもあります。
    しかし同時に、ジャーナリストというものは発進する媒体がないと仕事が出来ない存在でもあります。個人のサイトやブログで発進し続ければいいやんか、というのは極論にすぎません。現実に月刊専門誌が一誌しかない中でフリーのラグビージャーナリストを続けていく村上さんの苦労はいかばかりかと思います。現実の事情とは、ときに知らぬ者の想像をこえてやっかいでしょう。
    そうした数少ない発信者を、無責任な言葉で貶めることは何も生み出さない。「試合を見ずして総論を書く」と糾弾する者が、見たこともないメールの文面を転記して材料にしているわけです。もっと思いやりがあっていいのではないですか。

    それでも、「なぜ行かなかったのか」と問いかけたい気持ちは同じです。おそらく、村上さんは南米遠征取材に行きたくて仕方なかったのではないでしょうか。断念したことで臍をかむ思いをしておられるのではないでしょうか。僕は、朗らかに大友記者からのメールを引用するだけでなく、村上さん自身がなぜ行けなかったのか、というコメントを書いて下さるものと思っていました。むろんすべてを説明する必要はありませんが、期待してました。
    この「愛好日記」が魅力的なものになっているのは、村上さんの平明で正直なラグビーへの愛情が感じられるからです。それは等しく多くのファンや選手が共感できるあたたかい気持ちです。だからこそ村上さんには、多くのファンが「なんで試合を中継しないんだ」「なんで誰も取材に行かないんだ」という怒りにも似た思いを抱えていることをもっと実感し共有して欲しいのです。そして、こういう媒体だからこそ、自分の立ち位置を語って欲しかったと思います。

    最後に、こうしたネット上の悪意がもたらす無力感にとらわれることなく、ぜひともこのあたたかいブログを続けてください。心から応援しています。

    投稿: 神戸のラグビーファン | 2005年4月24日 15:51

    大友氏のメールをどうせ転載するのなら、その際には、箕内主将が大友氏に言ったという「もう森本さんも村上さんもこられないんですかね」とか「ジャパンよりも大学なんですかね」という話も、“カット”せずに、“転載”してほしかったですね。「チャオ!」とかまで載せてるのなら。「こられないですかね」という話は、村上さん御自身のことだから、気まずい感じで転載しづらかったのでしょうけれど。

    投稿: 協会に改善要求しつづけたブログサーファー | 2005年4月24日 12:52

    村上さん、こんにちは
    今回の試合結果は朝7時半に起きてネットで検索をしていましたが、日本協会のHPの更新は早かったですね。コメントも午前中に掲載されており、広報に前進が見られると感じました。
    一般メディアではラグビー記事の扱いが小さいので村上さんのブログは大きな情報源です。大友記者のメールを転載などファンに向けて情報を公開して頂けるのも嬉しいです。
    これからも明快なコメントを楽しみにしています。

    投稿: 軍曹 | 2005年4月24日 12:30

    いかないことが悪いんじゃないだろ?
    いかなくて試合もみないのに総論なんて書く神経がジャーナリストかってことよ

    投稿: れん | 2005年4月24日 11:50

    大友記者は色んな方に同報メールを送っているようですね。それによれば(伝聞の話ですみませんが)、箕内主将は大友記者に対して、「もう森本さんも村上さんもこられないんですかね」とか「ジャパンよりも大学なんですかね」(「大学」ってNZUのこと?)などと話していたそうじゃないですか。「愛好日記」ではその箕内主将の発言部分はカットされてましたけど・・。

    昨年不甲斐ない試合をしてしまったことでもう取材にも来てもらえないのか、と思ってしまった箕内主将の危機感のあり方が正しいのかズレているのかはよくわかりません。大友記者だって、たぶん取材費は「持ち出し」でしょうしね。会社のカネとかで行っているわけではないでしょうから、そういう金銭的には割の合わない地球の裏側まで取材に行くのが当たり前だというふうには私も思いません。箕内主将も「当たり前」とは思っていないでしょう。
    しかし今回はものすごく大事な遠征なのに、あまりに情報の伝え手が少ないですからね。ファンとしては隔靴掻痒なところはありますよね。

    投稿: ちょっとすみません | 2005年4月24日 11:31

     村上さん、今日は。初めまして。
    「微妙なスコア」とコメントされていましたが、
    残念だけど、試合経過を見る限り、
    いつもの「JAPANの負けパターン」と思います。

     「キックオフから10分までに、相手に先制され、
    相手に試合のペースを握られる。
    粘り強く、食らいつくも、疲れか?油断で、
    前半終了の5分前後に、突き放される失点。」
     「後半も相手に先制されることが多くて、
    JAPANのペースになれない。そして・・・。
    最後は!いつもの『後半、残り10分』で息切れし、
    連続トライをされて、ノーサイド。」

     今回のアルゼンチン戦も、
    「向井JAPAN」の「W杯の全試合」の時と同じで、
    勝てなかったけれど、とりあえず、
    テストマッチで、「大恥をかかなかった」と。

     過去の経験から、分かりすぎていますが、
    「恥をかかないJAPAN」を、作り上げることさえも、
    難しいことなんですね。

    マイナスのコメントですいません。

    投稿: こう | 2005年4月24日 10:51

    何か僕のことでお騒がせして申し訳ないです。ラグビージャーナリストとして南米遠征に行けなかったことは恥ずかしいことです。試合とは関係なく、総論を書いたつもりでしたが、不快な思いをした方、失礼しました。
    ちなみに、広報委員はすでに辞めています。

    投稿: 村上晃一 | 2005年4月24日 10:42

    つまり、
    「ラグビージャーナリスト」じゃなくて、
    「テレビコメンテーター」なんですね。
    昨年秋のスコットランド戦、
    ウェールズ戦は、テレビ中継が
    ありましたからね。
    今回は、テレビがないから。

    大友記者は「いちライター」のはず
    ですが(トウチュウ専属ではない)、村上さんは
    協会の広報も兼任されてますよね。
    協会としては、
    「いちライター」の献身的行為を
    どう思っているんでしょうね。

    投稿: オオとも | 2005年4月24日 10:34

    現地に行けない事の歯がゆさが、村上氏の記事から伝わってきます。それに試合の具体的内容には何も言及されていないので、何らおかしいところがあるとは思えません。

    大友氏の現地レポを情報がない中でブログにUPして下さる村上氏には感謝しています。

    投稿: こざ | 2005年4月24日 10:15

    怪我したわけでもないのにテキトーな理由でジャパンを辞退する選手が時々いますよね。つまり、どんな理由か知らないですけど、「ジャパンが最優先」ではない選手がいるわけです。
    同様に、「ラグビー」の「ジャーナリスト」にとっても、ジャパンは最優先ではない、ということなんでしょうね、残念ながら。
    テレビのコメンテーターは、テレビの仕事がなかったら、現場へは行かないでしょうからね…。でも、テレビ中継がないからこそ、現地へ行って取材している「スポーツライター」氏の意義をもっと強く認識すべきだと思います。

    投稿: のぶりん | 2005年4月24日 09:36

    ジャーナリストって見てなくても言い切れる人のことなんですかね。
    恥ずかしくないの?

    投稿: れん | 2005年4月24日 09:16

    ジャパンのテストマッチにも行かない「ラグビージャーナリスト」なんて…

    投稿: オオとも | 2005年4月24日 09:13

    観てなくても、言い切ることが大切だと思います。
    本名を名乗らず言わない人、言えない人が多いからです。

    俺は村上を支持します。
    同期である前に、先駆者のほとんどいない、
    いちラグビージャーナリストとして。

    投稿: 加納町 志賀 | 2005年4月24日 09:03

    JAPANまた負けてしまいましたね・・・。前半はほぼ互角みたいだったですけどねぇ・・・。残念です。

    投稿: issa | 2005年4月24日 08:41

    みてないのに、よくまあペラペラいえますね

    投稿: れん | 2005年4月24日 08:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3831645

    この記事へのトラックバック一覧です: 愛好速報!0424:

    » 日本、アルゼンチンに負ける [RUGBY STATION]
    南米遠征テストマッチ第2戦結果 JAPAN364T 2G 3PG 1DG23前半... [続きを読む]

    受信: 2005年4月24日 08:58

    » ラグビー日本代表、アルゼンチン戦に負ける。 [ココロミ]
    きのう行われた、日本代表 対 アルゼンチン代表のテストマッチは、36-68で日本代表が負けてしまった。やはり、格上の壁は厚かった。 日本ラグビーフットボール協会HP  村上晃一氏「ラグビー愛好日記」 RUGBY STATION PLANET SURF 協会のHPに掲載されている試合後の選手のコメントからは、このゲームで彼らは「何かを掴んだ」という手応えを感じられるのが、せめてもの救いか。 ジャパンとしては、バックスリーでトライを奪えたことは、なんとなく形ができつつある気配。しかし、... [続きを読む]

    受信: 2005年4月24日 18:36

    » 批判というエール [らぐびーあにまる]
    日本代表がアルゼンチンに敗れ、日本A代表がNZ学生代表に敗れ、ファンとしては不満が溜まる週末でした。村上さんのブログでは ちょっと違った角度から批判され、色々なコメントが寄せられていました。批判、不満、大いに結構! だって好きの裏返しだから!本気で応援...... [続きを読む]

    受信: 2005年4月25日 11:07

    « リアクション | トップページ | ちょっと気になる13 »