« お薦めマッチ_0331 | トップページ | お薦めマッチ_0401 »

オフサイド

050331-194815
庭の椿はこれからが見頃。ちょっと遅いかな。


050331-200254

木蓮は咲いている。

 年度末はずっと家にいた。仕事でトラブルもあって、けっこうバタバタした日だった。ふーっ。きのう人工芝について書いた。「高いのでしょうか?」という質問があったが、値段は様々のようで確実な数字ではないけど、全面敷くと1億円以上はするみたいだ。それでも、日々の芝生の管理費を考えると安いんだろうね。人工芝は10年は持つらしいので。

 きょうから4月だ。3月30日からトップページにカレンダーを入れた。振り返ると、3月1日の開設から連日更新を続けることができた。なんか達成感があるなぁ。4月からも連日更新するつもりだけど、あまり気合いを入れると続かないので、ほぼ連日ということで頑張りたい。

 さて今回は、オフサイドについて。ラグビーのルールは難しいと言われるし、僕も曖昧であることを数日前に書いた。オフサイドは特に分かりにくいと思っている人が多いだろう。ラグビーのオフサイドを一言で説明すると、「先回りしない」ってことになる。要するに、先回りはダメ! ずるい!ってことだ。だから、ラックやモールの密集戦には、横や相手側からは入っちゃいけない(オフサイド)。キッカーの前から走り始めてもいけない。必ずボールの位置の後ろから攻撃に参加するのが原則である。パスを前に投げるスローフォワードの反則も、この原則に従っているよね。だって、ゴールラインで待ち受けている選手が、パスもらってトライしたら、「ずるいよ~」と言いたくなるでしょう。
 ラグビーというのは、ボールを持った選手が常に先頭に立って、堂々と正面から戦うスポーツなのだ。それもしっかり立って(寝ている選手はプレーできない)。それを味方は後方からサポートする。だから、アメリカンフットボールのように、前へパスはできないし、ボールを持っている選手を守るためにタックラーをブロックしてはいけないわけだ。ちなみに、ノックオンは手でボールを前に進めてはいけませんっていう反則だ。だから頭とか胸はノックオンにならないわけだね。
 この原則を頭に入れておくだけで、ほとんどの反則は理解できる。ただし、反則をしても相手の有利になれば、笛は鳴らない。それがアドバンテージの適用である。と、ここまで書くともっともっと書きたくなってしまう。例外もあるからね。でも、これが悪い癖なのだ。まず最初に「先回りしない」ってことだけ頭に入れてもらうだけでいい、それでいいのだ。って、なんかバカボン・パパみたいな終わり方になっちゃった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0331 | トップページ | お薦めマッチ_0401 »

    「ルール&防御」カテゴリの記事