« 愛好速報!0424-3 | トップページ | お薦めマッチ_0425 »

NZU来日初戦

nzu0424

きのう、大阪の長居第2陸上競技場で行われた日本A代表対NZU(NZ学生代表)の試合後の記者会見。NZU監督ブライス・ベバン氏と、主将のジェーソン・カワウ選手。「FW陣が個人プレーに走りすぎ」と、監督はやや機嫌が悪かった。今回は思いっきり試合レポートです。

快晴の長居陸上競技場は、約3,000人の観衆。キャパシティが5,000人ほどなので、客席は数字以上に埋まっている印象だった。試合前の情報では、NZUはスーパー12のスコッド入りしている選手は今回参加しておらず、ベバン監督が率いた4年間の中では「レベルは低い」という話だったが、試合が始まると個々の強さが目を引いた。

キックオフはNZU。いきなり日本Aが攻め込んだが、ゴール前でノックオン。惜しいシーンだった。NZUが時折見せるビッグヒットのタックルが日本Aのミスを誘う。しかし、日本Aも出足鋭いディフェンスを見せる。SH辻、SO日原、CTB榎本、赤沼のBK陣が次々に足下に飛び込み、FWでもオライリー、本間、クロフォードの第三列を軸にボールによく絡んだ。

先制したのはNZUだった。18分、日本A陣内の中盤右隅のスクラムから左オープン展開し、トリッキーなSOサポルがループプレーで防御をずらし、WTBウィロウビーがゴール左隅へ。以降、日本Aは何度も連続攻撃を仕掛けたが、なかなか前進できず、最後はキックを選択せざるを得ないシーンが繰り返された。前半は、13-3。

日本Aは後半早々反撃開始。3分にNZU陣の22m付近のラインアウトから約20mモールを押し込んで、最後はSO日原が縦に切れ込んでトライ。「準備していたプレー」(桜庭監督)で3点差に迫った。いったんは引き離されたが、23分には、NZU陣22mライン付近スクラムから左ショートサイドをついて、N08クロフォードからSH辻、そしてWTB鈴木へわたって左隅へトライ。20-18と2点差に追い上げる。

ただし、日本Aの木曽主将が「2点差になってプレッシャーが激しくなった」と言った通り、NZUはより激しいコンタクトプレーで防御をこじあけ、23分、BKのキーマンCTBヘレウァが突破して、ウィリアムスがトライ。終了間際にも、日本のミスをついて2本のトライを重ねて突き放した。

最終スコアは、NZU○42(5t4g3pg)-日本A●18(2t1g2pg)。

日本Aの桜庭監督は「よく体を張ってディフェンスしてくれたが、トライをとるイメージを意思統一しきれなかった」とチャンスでスコアできなかった展開を悔やんだ。キックオフ、ラインアウトは、日本Aも安定しており、ボールの獲得は勝利するに十分だった。攻撃面が組織化されていればもっとトライをとれただろう。「勝たなければいけなかった相手」(木曽)。NZUの攻めはオーソドックスだったが、連続攻撃の中で日本AのディフェンスラインがFW勢になると、NZUの両CTBがミスマッチをついて突破を試み、大きなゲインを勝ち取った。特に13番のヘレウァにかき回された感が強い。「日本のディフェンスは向上しているが、我々が強く当たると意外に簡単に崩れることがあった」(カワウ主将)。

今回の来日シリーズは全3戦。もっとも地力があるはずの日本Aの敗北で日本勢は苦しくなったが、粘り強いディフェンスができれば僅差勝負には持ち込める相手だ。日本B、学生代表にも勝機はあると思う。集中力ある戦いを期待したい。


《お願い》日曜日は、僕の愛好速報が元でお騒がせして申し訳ありませんでした。その中のコメントに大友さんのメールで僕が削除した部分が出ていました。僕としては私信として受けたモノを、ご本人の了解を得、あまりにも私的と思われるところを削除したのですが、そこを出されてしまうのは行き過ぎかと思い、管理人の判断として、今後コメントはアドレス(またはURLと両方)を入れてお願いすることにしました。お手数をおかけすることになり申し訳ありません。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 愛好速報!0424-3 | トップページ | お薦めマッチ_0425 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビーもろこしさんと同じく、村上さんには一言、「楽しくいきましょう!」と申し上げたいです。

    それにしてもきのうはまさしくお薦めマッチ!キャッツ頑張りましたね!
    佳境に入るスーパー12にライオンズの遠征、そしてジャパンの春シーズン・・・、ここはみんなで前向きな見方、考え方で大いにラグビーを楽しみましょう。
    ・・・村上さんの文章からは、誠実さと優しさを感じます。これからもご活躍を期待しております!

    投稿: ひろ&りゅう | 2005年4月27日 01:02

    頑張れ村上!Ball HungryならぬコメントHungryで・・・・!

    投稿: THIRDROW | 2005年4月25日 19:34

    こんにちは。とってもお久しぶりです(・・・と書いても覚えていてくださってるかどうか???)。
    各メディアでのご活躍のご様子をいつも嬉しく拝見しています。
    ご多忙と思いますが、お体には十分気をつけてくださいね。ますますのご活躍をお祈りしています。

    投稿: 飯田橋 | 2005年4月25日 16:03

    村上さん、開設当初からいつも楽しませてもらってます。
    ラグビーへの愛情がホントに良く伝わってきますし、裏話的なものもイイですね。
    コンセプトは「テレビや雑誌では表現できなかったことを、日記風に綴ります。」ですから、重苦しくなることなく、楽しく行きましょう。
    今後も期待してます。

    NZUといえば、早稲田がNZUに勝ったゲーム、面白かったなぁ。

    PS
    コメントへのアドレス添付、イイことだと思います。単にアドレスのみであっても、名乗ったうえでコメントするのが自然だと感じますから。

    投稿: ラグビーもろこし | 2005年4月25日 12:54

    コメント、だいぶ 盛りあがっていたようですね(笑)。また、批判が出るぐらいラグビーに関心がもどったのかなと、村上さんには悪いですが 少し嬉しく思っています。(笑)。協会のファンクラブのHPも去年の秋のヨーロッパ遠征までは、結構盛り上がっていたんですが、批判に協会が答えず、黙ってしまった感じで、そのまま寒い、寒い冬になってしまいました。
    村上さん 今後もよろしくお願いします。 根幹は 皆 ラグビーが好きなのです、表現が違うだけで

    投稿: さんぼ | 2005年4月25日 08:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3845589

    この記事へのトラックバック一覧です: NZU来日初戦:

    » 日本代表/日本A代表 [ヘッポコ日記]
    村田亙選手のHPの日記に試合内容が紹介。また、大友信彦記者のレポによれば、欧州遠征の屈辱を晴らそうと頑張った選手たちと、スタッフとの間の温度差は気になるところです。厳しいようですが、これで昨夏のイタリア戦からテストマッチ6連敗。ヤクルト・古田の2000本安打達成、鹿島アントラーズ首位独走、女子ゴルフの藍&さくら、などなど話題が豊富なだけに、ラグビーはどんどん蚊帳の外に置かれていく状況となってきた。ひとまず、国内今季初テス... [続きを読む]

    受信: 2005年4月25日 12:49

    « 愛好速報!0424-3 | トップページ | お薦めマッチ_0425 »