« 桜は何を語る | トップページ | ちょっと気になる11 »

ジョー・ロフが、来たよ。

roff

4月11日午後1時半より、クボタスピアーズへの入団が決まったジョー・ロフ選手の記者会見が行われた。荻窪監督が小柄な方なので、数字以上に大きく見えた。

 最近は大物外国人選手の来日が相次いでいるが、キャリアでは過去最高の選手がやってきた。ざっと資料で配られたプロフィールを記してみよう。

身長191㎝、体重101㎏、29歳。FB、WTB。95年~04年オーストラリア代表。99年ワールドカップ優勝メンバー。
◆代表での記録
キャップ=86(歴代3位)
連続キャップ対象試合出場=62(歴代最高)
トライ数=30(歴代2位)…本人の記憶では31。
◆スーパー12での記録
トライ数=57(歴代最高)
※99年、03年度の2度、オーストラリア最優秀選手に選ばれる。

「代表については引退を表明して来ました。100%クボタにコミットできます。チーム力が向上する手助けをしたい」
 つまり、本物中の本物が29歳の若さなのに代表を引退して来日したわけだ。契約期間は2年。すでにクボタ入りしている元オーストラリア代表のトウタイ・ケフらに聞いた印象もよかったみたいだ。それと、19歳から代表で10年もやってさすがに何か新しいチャレンジをしたくなったんだろうね。2年前にも彼はフランスに行っているし、そういうタイプみたい。「トップリーグは質が高く、いい選手も多い。日本のラグビーを低く見ることはできない」とも語っていた。すごく日本でのプレーを楽しみにしているようだった。ただし、会見当日の朝は地震にかなりビビッたらしい。

 ワラビーズ好きの僕としてはかなり嬉しい来日だ。同時代にティム・ホランやグレーガン、ラーカムなど、スーパースターがいたので地味なイメージがあるが、なんでもできるマルチ・プレーヤーとして超一流である。トライを奪う決定力が抜群なのに、チャンスメイクもできるし、何よりフィールディングの安定感が抜群なのだ。荻窪監督は「クボタの決定力不足を払拭してくれること」を期待していたが、ロフのプレーからトライが生まれることのほうが多い気がするなあ。

 WTB2人とFBの計3人を「バックスリー」と呼ぶ。この3人にはトライを奪う決定力ばかりが期待される面があるが、僕はフィールディングの安定感も同等に大事だと思う。トライ獲っても、フィールディング悪いのが原因でトライされたら意味ないもんね。バックスリーが安定していると、FWの選手も最前線で安心して身体を張れるものだ。

 スピアーズは、課題とされていたスタンドオフのポジションに、サニックスを退団した伊藤宏明を補強。侮れない存在になるね。

◎日本A代表、B代表合宿始まる
4月12日~14日の合宿参加メンバーは、日本協会のサイトを見てもらいたいだけど、負傷で辞退の選手が多いのだが、僕はちょっとこのチームに期待を持っている。東芝の冨岡鉄平選手をはじめ、ヤマハの久保晃一、大田尾竜彦、トヨタの北川俊澄、近鉄の佐藤幹夫、東芝の廣瀬俊明など、キャプテン、またはキャプテン経験者が多いからだ。結束のいいチームになるかもね。ちなみに12日は合宿参加でサントリーの沢木敬介選手の誕生日だ。おめでとう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 桜は何を語る | トップページ | ちょっと気になる11 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    どうもです。とうとう来ました。
    グレーガンもプレミア行くなら、日本に来て欲しいですね。
    北半球の選手も来てくれませんかね。例えば、オドリスコルとか。無理か・・・

    投稿: SANZAR | 2005年4月12日 23:54

    村上さん、こんにちは
    ロフは「デカくて巧い」豪州BKの象徴的な選手ですね。数年前にワラビーズ来日時にBK集団をFWと間違ってしまいました。
    クボタの荻窪監督が明言していましたが是非ともFBで起用し続けて欲しいです。日本では外国人選手をSOやCTBで起用する事が多いですが、クボタはSO伊藤・CTB吉田&松隈とタレントが揃っていますのでロフが後ろから統率すれば面白いと思います。
    Jスポーツで藤島大さんが「日本のチームはフィジーのFWをBKで採用するべき」と言っていましたが、どんな外国人選手が日本ラグビーには有効でしょうか?

    投稿: 軍曹 | 2005年4月12日 22:09

    改めて思いますがロフ選手凄いサイズでね。若いし。

    先日(だいぶ前か)アカデミー賞で
    子供のトイレで収録止めたものです。
    申し訳ございませんでした。

    私はまだトップリーグ昇格目指してラグビーしていますが、先週ジムにカナディアンフットボールのプロが来ていてそのサイズが190CM110KG。このサイズでラインバッカー。
    高校ではロックでカナダ代表?候補?
    しかしこういう人見ていると
    タックルいってやりてー とか
    どう入れば倒せるかとか
    頭の中がタックルでパンパンに。

    今週末から息子たちのスクールも再開です。また大好きなシーズンが始まります。

    投稿: サモア | 2005年4月12日 13:24

    ジョー.ロフは、あらゆる意味で完璧な選手だと思います。はやくTLでのプレーを見てみたいです。しかし、いぶし銀CTBオハロランの出場機会が激減しそうなのがやや残念です。それとピサー選手もナイスなバックローだと思いますが。

    投稿: エンドー | 2005年4月12日 12:50

    8にケフ、Soに伊藤、FBにロフ
    すごいメンバーになりましたね。
    村上さんと違い NZの好きの私には嫌なチームが出来ました。
    でも すごく楽しみです。

    投稿: さんぼ | 2005年4月12日 09:52

    昨季調子の良かった榎本、ロック陣の充実、将来性豊なSH(田中、ネーサン)あと外国人あたりがいいのがくればいいチームになるのに。けど、セルクションは楽しみですね。

    投稿: マティー | 2005年4月12日 08:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3664095

    この記事へのトラックバック一覧です: ジョー・ロフが、来たよ。:

    « 桜は何を語る | トップページ | ちょっと気になる11 »