« キャプテンシー | トップページ | W杯招致、国内プロモ開始! »

春口ラグビーの本が出るよ。

最近の学生ラグビー界は、関東学院大と早稲田大のマッチレースが続いている。両チームがなぜ強いのか、早稲田に関する本はたくさん出ているが、4月15日、光文社新書で「関東学院大学・春口廣 強いだけじゃ勝てない」が発売になる。

著者の松瀬学さんに本を送っていただいたので、きのうさっそく読んだ。僕も取材しているので最近の話しは知っているが、31年前に監督に就任してからどんどん強くなっていく過程も細かく取材されているので、なるほど、関東学院の強さの秘密がよく分かるようになっている。

僕の場合は、例によって、昨シーズン、試合に出られなかった松本キャプテンのエピソードや、4年生が試合に出場する選手にあてた手紙のあたりで、もう涙腺が緩んだ。スポーツっていうのは、やっている選手にとっては残酷なところがある。頑張ってるだけじゃ試合に出られないからね。持って生まれた才能って、やっぱりあるし、与えられたチャンスをつかむ、つかまないは紙一重だ。

ずっと読んでいくと、春口監督のバイタリティーには感心する。チームを率いるというのは、大変なプレッシャーだよね。それとずっと戦っているんだからなぁ。以前、春口さんに話しを聞いたとき、サインするとき色紙に「楽美」と書くことを伺った。楽しくて美しい、それがラグビーだってこと。「美」の中には、泥の中でも突っ込んでいける男の美学も入っている。僕はこの話しがとても好きだ。

さて、この本の特徴は、関東学院の強さの秘密を早稲田のラグビー部OBが書いているところだろう。松瀬さんは、早明戦が空前の人気を誇った1980年台初頭の早稲田のプロップだ。プリンス本城さん達と同期。僕が大学生の頃は、大阪の共同通信社にいて、我らが監督坂田先生の家に部員数名で遊びに行っているとき、松瀬さんも訪ねて来られたことがあった。

「マツセや、マツセ」

学生の小声の反応である。つまり、学生ラグビー界では有名な人だった。2年前には「早稲田ラグビー再生プロジェクト」(新潮社)も上梓している。他にも、女子ソフトボールの宇津木妙子・麗華物語や、中国のドーピング疑惑を追った本など著書は多い。ライターとして凄いエネルギーを感じる人だ。

春口さんと松瀬さんのバイタリティーに、刺激受けまくりの読書であった。

僕も頑張ります!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « キャプテンシー | トップページ | W杯招致、国内プロモ開始! »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    絶対買います!
    春口監督って味がありますね。

    投稿: ヤコ様 | 2005年4月15日 23:29

    村上さん、こんばんは。

    いや~、嬉し~。
    早稲田本は一杯あっても、関東学院と春口監督に関するものってなかなかないですものね。
    以前アナウンサーの方が書かれたものは、私の宝物なのですよ。
    もちろん、絶対買いますわ。

    ちなみに、ラグビープラネットにご出演なさったときの色紙プレゼントに当たったのは私です(忘れた頃に届いたのでびっくりした^-^)。

    投稿: グリ猫 | 2005年4月14日 20:01

    松瀬さんは素晴しいエッセイ書きますよね。(もちろん村上さんもですが)
    週末は秩父宮の近くの書店に行かねば...246号沿いにあるLIBROは、ラグビーの書物が豊富です。英国の専門誌も置いてありますしね。

    投稿: エンドー | 2005年4月14日 12:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3690426

    この記事へのトラックバック一覧です: 春口ラグビーの本が出るよ。:

    » 強いだけじゃ勝てない [「帰り来ぬ季節」バックナンバー]
    このホームページ宛に、光文社さんからメールを頂き、話題の本を送っていただけました。 出版社の人がこのHPを見てるなんて( ̄■ ̄;!! 今日届いたばかりなので、これからゆっくり読むつもりです。 先生をヨイショした本かな?と思っていたのですが、ペー...... [続きを読む]

    受信: 2005年4月19日 21:25

    « キャプテンシー | トップページ | W杯招致、国内プロモ開始! »