« 小さな巨人 | トップページ | ジョー・ロフが、来たよ。 »

桜は何を語る

050410-125744

庭に咲いた「カイドウ」。カイドウザクラとも言うみたい。バラ科の植物。ピンクが綺麗です。

まずはひとつお問い合わせに答えたい。スーパー12を見に行きたいけど、チケットはどうすれば? というコメントがあった。いまはインターネットで買うことができる。NZ協会やオーストラリア協会のホームページにあります。いつもコメントくれる「軍曹」さんのサイトにも詳しいよ。

050410-184007

この写真、何か分かる? 昭和5年、はじめて日本代表が結成されてカナダに遠征したときのエンブレムです。桜の見頃も東京はもうお終いだけど、ラグビー日本代表の勝負はこれからが本番ってことで、エピソードとともに紹介することにした。

このエピソードは以前、ベースボール・マガジン社から発行された「日本ラグビー・名勝負伝説」に書いたのだが、エンブレムが桜に決まったのも、赤白段柄に決まったのも、このカナダ遠征からだった。国代表のエンブレムはその国を代表する動物か植物が多い。でも、日本の動物っていまひとつ強そうなのがないんだよね。それで世界的に知られている桜にしたらしい。

最初のエンブレムには、ご覧のように3種類の花が描かれてる。戦後のエンブレムは花がすべて開いていることから、戦後はじめてオックスフォード大学を迎えるにあたって花を開かせたという説があるのだけど、戦前の関係者に取材したところ確証は得られなかった。

遠征は、12日間の船旅で太平洋を渡る厳しいものだった。選手団は大学生25名。監督は東京大学ラグビー部の創設者でもあり、のちに日本ラグビー協会の会長も務める日本の元祖ミスター・ラグビー香山蕃だった。彼は、カナダ上陸前夜に次のように書き記している。要点だけ紹介したい。

《我々がかつては夢に描いていた日本ラガー・チームの海外遠征が、今現実となりつつあることを考えれば感慨無量である。(略)考えなければならない第一のことは、我々のチームは正々堂々と美しく試合を終えて帰りたいということである。ユニホームの桜は何を語るか、正々堂々と戦えということである。敗れる場合は美しく敗れろということである》

 負けろとは言っていなくて、とにかく精一杯立派に戦おうという決意だった。遠征は6勝1分けの好成績だった。自分たちの実力を世界の尺度で測ってみたい。いつの時代だって誰もが抱く気持ちを実現させたわけだ。先人達の心意気を、いつまでも忘れないようにしたいね。

◎豆知識=【ラガー】とは、ラグビーそのものを指す。選手のことを言うのは誤った使い方。文章のように戦前はきちんと使われていたってわけだ。ラグビー選手の言い方は、ラグビープレーヤー、ラグビーフットボーラー、ラグビーマン、ラガーマンなどだが、ラガーマンは、海外ではほとんど使われない。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 小さな巨人 | トップページ | ジョー・ロフが、来たよ。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、こんにちは。スーパー12のチケット入手の件、ありがとうございました。私はクルセーダーズが大好きなので、ぜったい観戦しに行きます!

    投稿: 神戸はなぐろネコ | 2005年4月12日 13:36

    遠征が6勝1分だった件については素直に喜びたいところですが
    対戦相手のレベルやジャパンのメンバーが知りたいですが判りますか?
    あと目前に迫ったウルグアイとアルゼンチンの世界ランクはどの位なのでしょうか? 
    2連勝することであの欧州遠征の悪夢を追い払ってくれることを期待します。

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年4月11日 20:25

    村上さん、こんにちは
    拙HPをして頂き光栄です~ありがとうございます!
    拙HPは個人旅行での情報で全然「ワタって」いませんが、これからもコンテンツを充実させて行きたいと思います。パックツアーなら、Jスポーツの観戦ツアーがお薦めです!

    Jスポーツの影響もあり海外でのラグビー観戦をする人が年々増えていますね。現地ならではの雰囲気を楽しむのも良いものです。特にNZは街中にラグビーが溢れているので溜まりませんね。海外での観戦で更にラグビー好きになる人が増えれば嬉しいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年4月11日 19:38

    やったぁぁぁぁ!大好きなお花シリーズだぁ!
    疲れてる時、超なごむ。ありがたや。

    投稿: tame | 2005年4月11日 18:09

    遠征が6勝1分だった と聞いて
    羨ましく 思っちゃうんですよね。
    JAPANに対して 卑屈になってるというか。 まだ ヨーロッパ遠征の傷跡がはっきり残ってます。今回の遠征で強いJAPANをみせてほしです。

    投稿: さんぼ | 2005年4月11日 15:07

    >《我々がかつては夢に描いていた・・・
    このくだり、読んでたら鳥肌がたちました。いい話です。

    >『正々堂々と美しく試合を終えて帰りたい』

    格好いいですね。いまの日本代表スコッドにも、こういう「気概」をもって臨んで欲しいものです。

    船旅で12日間とは、まさに遠征自体が命がけだったわけですね。

    投稿: サファイヤ | 2005年4月11日 13:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3645491

    この記事へのトラックバック一覧です: 桜は何を語る:

    » 桜咲ク...笑顔咲ク? [Standpoint]
    開花がいつもより遅かったけど、週末の東京は桜満開でした。で、 日本代表の桜と似たのが木の幹に落ちてたので、撮ってみました。 ラグビー日本代表は、4/16・4/23と南米のウルグアイ・アルゼンチンと対戦するみたい。でもテレビでも中継ないし、情報も少なすぎて困っちゃう。ある人にスティーラーズみたいな国内のチームばっか応援しないで、代表もみないと。って言われたんだけど...これじゃぁ興味持てっ!っていう方が無理。JRFUの日本代表ページもぅ~ん。「あたしゃ動画で試合見たいのよ~~」状態で不満鬱積。 J-S... [続きを読む]

    受信: 2005年4月11日 17:41

    « 小さな巨人 | トップページ | ジョー・ロフが、来たよ。 »