« 気持ちは伝わった | トップページ | ワールドユース1日目 »

スリー・チアーズ

 みなさん、いつもコメント、トラックバックありがとうございます。いくつか質問があったので、ちょこっと答えますね。

 まず、神戸ファンさんの、W杯の会場候補に神戸が入っているかどうかという質問。これはまだハッキリ発表されておらず、あくまで開催可能な会場をIRBに提出する文書に示しただけなので、まだまだどこになるか分からないとのこと。9会場の内容も発表されていない。でも、記者席の数とかナイター設備など考えると、神戸のスタジアムは国際大会できるはず。資格は十分と思います。

 選手たちが試合後によくやる「スリー・チアーズ・フォー~」の声は、海外でもやるのかどうか。これは以前に少し調べたことがあるのだが、日本で、いつ誰がやり始めたのか、はっきりしなかった。僕の経験では、スーパー12やテストマッチでは、あまり見かけないので、海外でもすべてのチームがやっているわけではなさそう。日本のクラブチームはほぼやるよね。

 この意味なのだが、辞書を調べると「万歳三唱」っていう意味で、正しくは、「スリー・チアーズ・フォー・(チーム名)」とリーダーが言ったあと、続けて「ヒップ、ヒップ」と言い、メンバー全員が「フレー、フレー」と応じて、これを3回繰り返すのが正式のやり方のよう。僕も大学時代から、これよくやったけど、リーダーが「ヒップ、ヒップ」をものすごく速く言うので、ずっと「ヒット、プレー」だと思っていた。ラグマガの編集部に入ってから正しいことが分かったのだが、「ヒップ、ヒップ」は、速く言うと「ヒピッ」に聞こえるんだよね。

 話は変わって、きのうの日記で、NZU戦のことを書いたが、もう少し書きたいことがあった。試合後の記者会見のとき、NZUのベバン監督が今遠征3試合のメンバー編成について、こんなコメントをした。
「過去の実績から日本Aにベストメンバーをぶつけ、日本B戦は、残りの10名のメンバーを軸に第一戦の選手を加え、最後の学生代表戦は2試合でパフォーマンスの良かった選手を出します。学生日本代表が一番強いと思っています」と。

 え~、そんなことないけど、っていう空気が会見場に流れた。でも、ベバン監督は、「我々は2年前に早稲田に負けました。単独チームでもあれだけ強いのだから、学生代表はもっと強いはずです」と言う。まっとうな発言なのだが、ここでも会見場は複雑な空気が流れた。日本ラグビーの昔からの課題だ。選抜チームの強化に時間がかかるのは。学生日本代表には、その殻を破ってもらいたい。スリー・チアーズ・フォー・学生日本代表、ヒップ・ヒップ、フレー、ヒップ・ヒップ、フレー、ヒップ・ヒップ、フレー。って、長っ。

◎昨夜、NECグリーンロケッツの日本選手権優勝祝賀会が行われた。ポジションごとに抱負を述べたり、岡野、石井、白濱選手らが引退の報告をするなど、和気藹々とした会だった。この愛好日記を読んでくれている選手に数名声をかけてもらって、嬉しかったです。来季はもっとタイトル獲れるよう頑張ってください。

◎そうそう。現在発売されている「スカイパーフェクTV!ガイド5月号」に小野澤くんのショートインタビューが掲載されています。凛々しく写ってます。


 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 気持ちは伝わった | トップページ | ワールドユース1日目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    お返事ありがとうございました。3年前のサッカーのW杯で後で優勝したブラジルが神戸で試合をした(といっても切符はとれなかったのでテレビで見ましたが)のですけれども、もし神戸でもW杯の試合が行われるのならひょっとしたら神戸でオールブラックスが試合をすることになって、HAKAを間近で見られる、なんてことにでもなったら想像しただけで「鳥肌ビンビン」ものです。(まだ決まってもいないのに気の早い話、すいません。)日本のW杯が来るためにもジャパンにはス−パー杯連覇とアイルランド撃破をお願いしたいものです。

    投稿: 神戸ファン | 2005年5月 1日 23:47

    長いこと つかえていたものが とれました、 ありがとうございます。
    ヒップ、ヒップ  フレー だったんですか、 適当に言ってました(笑)
    でも、相手への感謝の気持ちははいってましたよ

    投稿: さんぼ | 2005年4月29日 23:59

    "Three Cheers for ---, hip-hip!""hurrah!"は、向こうでは結婚式とか祝い事の際にもやってますよね。
    質問、というかお願い。以下の放映企画。
    ・日本代表の'68年vs. NZ Jrと '71年 vs.England(これらはないんですよね)
    ・'75年12月早明戦
    ・'77年仏 vs. ウェールズ
    ・'78年NZ vs. Barbarians
    ・'79年仏のNZツアー最終テスト
    ・'81か'82年のBledisloe Cup(Campoのデビュー戦)
    ・'82豪 vs. Barbarians
    etc.

    投稿: コドロニュー | 2005年4月29日 18:20

    いつもお疲れ様です。
    そしていつもありがとうございます。
    秩父宮と花園はW杯の会場候補にはならないことが個人的にはショックだったんですけれど、仕方ないってあきらめないとダメなんでしょうか。頭では理解できてもなぜかショックです。
    いや、やっぱり仕方ないですよね。

    投稿: こうしことら | 2005年4月29日 14:43

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3894225

    この記事へのトラックバック一覧です: スリー・チアーズ:

    » ノーサイドの精神 [らぐびーあにまる]
    「スリー、チアーズ、フォー、相手チームの名前」これは ラグビーの試合が終わった直後に両方のチームから交わされるエールの交換です。チアーズって多分 「感謝」って意味だと思います。よく サンキューの変わりに、チアーズって使うから。NZのクラブチームの試合の...... [続きを読む]

    受信: 2005年4月29日 23:43

    » スリー・チアーズ [日々雑感II]
    土曜日はラグビースクールのコーチ&保護者の宴会でした。アフターファンクションという名の飲み会。よくあるようです。 で、飲み会の終わりに、「スリーチアーズ」というのをやるんです。私は二回目かな。 「スリーチアーズ・フォー・*ラグビースクール!」の声に続け..... [続きを読む]

    受信: 2010年8月30日 17:57

    « 気持ちは伝わった | トップページ | ワールドユース1日目 »