« 感想入りまくりレポート | トップページ | 五郎丸、先発 »

箕内拓郎キャプテン

050526-184900

きのうの我が愛好日記は、過去最高のアクセス件数を記録した。実数は内緒だけど、びっくりしたよ。ジャパンが勝つということは、こういうことなんだね。

ルーマニア戦勝利の翌日、箕内拓郎キャプテンにインタビューした。6月9日発売のウィークリーぴあに掲載される。いい顔してるでしょう? 「ブログ、読んでますよ」とのことで、嬉しいけど、「感想入りまくりレポート」とか読まれてると思うと、ちと恥ずかしいね。うん? てことは、「ホンコンさん」(ちょっと気になる15参照)も読んだってことだ!

「ルーマニアは昨年の秋より、強かった」とのこと。だから、ちょっと面食らったらしい。不祥事が続いた中で、「ファンの人たちが来てくれたことが、心から嬉しかった」と言っていた。日曜日も、みなさんよろしく。

――後藤、五郎丸が出場したときに、異常に歓声が大きくなったの気づきました?
「それはもう、試合前から分かっていたことですから(苦笑)。でもそういう選手が出てきたのはいいことですよ」
――肉離れのマキリ選手は決勝戦大丈夫ですか?
「無理かもしれません。でも浅野が頑張ってくれましたから。彼は今年調子いいですね」
――前半の最初に、相手キックを後逸したのがあったでしょう?
「実は、きのうは風が強かったでしょう。東芝とNECが強風の国立でやった時のこと、思い出したんです。それで風上をとったんですよ。ところが、試合が始まったら風が舞い始めた。特にメインスタンドから見て右奥のあたりは、すごかったですね。ものすごくキックが伸びてきて、びっくりしました」

 このインタビューは、アイルランド戦に向けての抱負を聞くモノだったのだが、コメントの質問も聞いてきましたよ。風のことね。あとは、今後のジャパンについていろいろ聞いた。それは、ぴあを読んでください。

「僕は扉を開ける役目ではなくて、地味に人を集めるのが仕事かなって思ってます」

 そう、扉を開けて抜け出す華麗なプレーの前に、相手の人数をできるだけ集めるタフな仕事人が必要。それが箕内キャプテンだ。頼りにしてます。

 箕内キャプテンには、何度もインタビューしているけど、いつも真摯にしっかり答えてくれる。きのうも、たくさんいい話を聞かせてくれた。一番感じたのは、選手は目の前の試合を必死で戦っているということ。僕らは、2011年のW杯招致に気持ちが行きがちだけど、箕内キャプテンは、あくまで「2007年のベスト8を目指す」と言ってくれた。そうだよね。それがないと、2011年の成功はないもんね。

 スーパーカップの決勝も頼みますよ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 感想入りまくりレポート | トップページ | 五郎丸、先発 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    『ワタル』ご苦労様です。
    くだらない質問にわざわざ対応して頂いて、本当に嬉しいです。風だったんですね。それを活用しようとは思わなかったのでしょうか・・・使える場面がなかったですね。すみません。

    もう、私の中では『箕内』とくれば『選手』ではなく『キャプテン』!!
    『箕内キャプテン』とくれば『ダンボ』です。
    「僕は扉を開ける役目ではなくて、・・・」などと遠慮したことを言わずに、次のカナダ戦でも、相手を2、3人引きずって、教科書に載るくらい綺麗な『ダンボ』を期待してます。それだけで、日本代表の『扉』は全開です。

    日曜日は、また、ラグビー無関心者を誘って観に行きます。今まで、選手の良いパフォーマンスのおかげで、13人もラグビー観戦者が増えました。今回も日本代表が勝てば、私の周りだけでも一人ファンが増える。勝利を期待してます。

    投稿: J.デービス | 2005年5月27日 23:49

    なぜあんな勝ち方を賞賛出来るのか不思議でなりません、内容は目茶苦茶。
    んが、ノーサイドの瞬間涙が出て止まりませんでした。

    投稿: namae | 2005年5月27日 19:27

    仕方のないことだとは思いますが、ルーマニア戦は、報じられているような最近の日本代表の取り組みの成果が感じられませんでした。カナダ戦、アイルランド戦では、今後に期待のもてる、見ていてワクワクするような戦いをしてもらいたいです。
    本題とは離れますが、箕内選手が着ているポロシャツ?は市販されているのでしょうか。桜のエンブレムも付いていて、なかなかかっこよいですね。

    投稿: さるぞー | 2005年5月27日 14:51

    25日 国立ナイスゲームでした。
    みにいきました。

    素人目から観て、前半はスクラムが押され不安定な感じがしましたが、
    前半の終盤くらいから安定し、安心して観ていられました。

    後半試合を立て直し、2つの見事な
    トライ!家ではビデオを撮っており3,4回くりかえして観ました。

    五郎丸選手のカウンタアタックはすばらしかった。後はちゃんとJAPANの常連のひとたちがサポート。箕内→大畑→元木→森田→小野沢→最後はフィニッシャー大畑選手!
    それにしてもいいトライだったー。

    カナダ戦もこの調子で、JAPANのいいところをもっと出してもらい優勝してもらいたいです。応援しています。

    追伸 私は関東ファンなんで有賀選手が桜のジャージを着て走る姿を早く見てみたいです。
    五郎丸選手、森田選手が活躍している姿をみてそう思いました。


    投稿: ガッツBB | 2005年5月27日 14:07

    箕内主将...日本ラグビー史に残る名将だと思います。今後もさらなるレベルアップが期待できますよね。
    それにしても、敵をくの字に折り曲げるタックルは凄いです。突破力と密集での仕事を、見事に両立させていますよね。それに加え、統率力も優れていますので、主将になるために産まれてきたような人だと思います。
    箕内選手の兄も、元日体大のLO.WTBでしたが、身体能力に恵まれた凄い選手でしたね。

    投稿: エンドー | 2005年5月27日 13:43

    →神戸ファンさん、
    今度のアイルランド戦、初戦は長居ですよね。東京在住の私は、この日は暇なのに翌週(@秩父宮)は忙しいので、なんか悔しいです。長居での応援、盛り上げてください。

    投稿: 山辺響 | 2005年5月27日 10:04

    私のブログも過去最高でした。(ここから流れてきてくれた人が多かったって事かな?)
    日本代表が勝つ って事は そういう事なんですね。
    カナダ戦も 応援します。

    投稿: さんぼ | 2005年5月27日 09:49

    >あくまで「2007年のベスト8を目指す」と言ってくれた。
    2011年のW杯を成功させるにはジャパンが2007年である程度の成功を収めることが大切だと思います。2002年のサッカーのW杯が盛り上がったのも日本代表が本大会で勝って決勝トーナメントに進んだことも当然大きな理由ですけど、その前の1998年大会にジョホールバルでの劇的な勝利でW杯初出場を決めて、かなりの注目を集めていたこともかなり大きかったように思いました。
    だからラグビーも2011年のW杯が日本で行なわれるとして盛り上がるためには、ジャパンが2007年にある程度いい成績を残してラグビーそのものに大きな注目を集めておくことが不可欠だと思います。その「いい成績」を残すためにも箕内キャプテンには頑張っていただきたいものです。
    >不祥事が続いた中で、(中略)。日曜日も、みなさんよろしく。
    最後に一つ愚痴ですけど、ジャパンの試合って関東ばかりなんですよね。去年長居で1試合ありましたけど、それは日本選抜の試合でした。首都圏以外在住のラグビーファンのためにももう少しジャパンの試合を地方に振り分けてほしいな、と思います。「勝つこと」も大切ですけど、「ナショナルチームの試合を生で見せる」ということもラグビーの盛り上げのためには必要だと思います。
    夜中に長文失礼しました。

    投稿: 神戸ファン | 2005年5月27日 01:48

    >「僕は扉を開ける役目ではなくて、地味に人を集めるのが仕事かなって思ってます」

    この発言って、箕内キャプテンらしいですね。ルーマニア戦でも、まさに、この通りの仕事をしてましたね。後半2本目の大畑のトライでは、体を張ってお膳立てをしました。決勝戦も喜びに揺れる秩父宮になるといいですね。

    投稿: サファイヤ | 2005年5月27日 01:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4294427

    この記事へのトラックバック一覧です: 箕内拓郎キャプテン:

    « 感想入りまくりレポート | トップページ | 五郎丸、先発 »