« 勝とうよ、ジャパン。 | トップページ | 箕内拓郎キャプテン »

感想入りまくりレポート

5月25日 国立競技場 午後7時キックオフ
日本代表○23-16●ルーマニア代表

勝って良かった。これで日曜日はアメリカを破ったカナダとの決勝戦。きょうは観客5,603人だったけど、今度はもっと入ってくれるだろう。日韓戦と違って、この試合は、みなさん情報が多いと思うので、感想入りまくりレポートを書きます。

試合後の萩本監督はじめ選手の喜びようを見て、ほんとに勝ちたかったんだなぁって再認識した。昨年の欧州遠征惨敗の汚名返上をしたかったんだよな(ルーマニアにも負けていたので)、不祥事など続いて精神的にしんどかったんだろうな、ファンも勝利を心待ちにしていたんだな、そんないろんなこと、いっぺんに考えた。僕は、JSPORTSの解説席に座っていたので、極力冷静に試合の流れを見ていた。もどかしい思いは解説中に話したが、試合後のスタジアムの雰囲気に、あっ、そうだよな、これって嬉しいんだよなって、素直に思った。

立ち上がりからスクラムでプレッシャーを浴びる苦しい試合だった。SH辻がけっこう救ってくれた。ルーマニアの攻撃はシンプルだった。FWでプレッシャーをかけて、キックで陣地を取り、チャンスがあれば、ドロップゴール、ペナルティゴールでスコアを重ねる。このドロップゴールがことごとく外れてくれたのはラッキーだった。4本は狙ったかな? 全部入っていたら負けてるからね。危ない、危ない。しかし、FWの執拗な突進を日本は止め続けた。それがドロップゴールを狙わせた要因でもあり、近場のタックルに関しては問題がなかった。ただし、前半20分、ルーマニアのCTBブレゾヤヌに簡単に縦突破を許したのは単純なタックルミスで、韓国戦からの課題は依然として残っている。キックを蹴り込まれた時の対応も、どこか緩慢で、気になった。

攻撃面でも前半は手堅く行き過ぎていた気がする。チームの方針が前半は陣地を取り、ペナルティゴールでもいいから点を重ねていくというものだったのだから、SO森田のキックは仕方ないかもしれないけど、大畑、小野澤は明らかにルーマニアのBKよりランニングスキルで勝っており、彼らを走らせる展開に持ち込まなかったのはもったいない。いくら陣地を進めても、ゴール前になると相手の防御も堅くなる。相手FB、WTBも、キックに備える必要がなくなるから、前に上がってきて防御ラインが分厚くなるのだ。相手FB、WTBがキックに備えて下がっている中盤でこそ、大畑、小野澤のスピードを生かす攻めをしてほしいと思う。

試合後、「もっと、すっきり勝ちたかった」と小野澤選手が漏らしたのは、なんとなく分かる気がする。だって、スペースあれば抜けるんだから。ただし、グラウンドを広く使って攻める感覚が見えるシーンもあった。FW・BK関係なく、大きく横に広がり、完全に攻撃の人数が防御の人数を上回るシーンは多々あった。そんな時に限って、パスミスが出たのは未熟としか言いようがないが、お膳立てとしては悪くない動きが出てきているよね。

見事だったのは、後半の大畑のトライ。特に、後半13分のフリーキックからのトライは、箕内の縦でラックを作り、大畑が右から左に走り込んできて、しかもボールをもらう直前、横にビヨ~ンと引っ張るランニング。伸びのプレーは日本の伝統芸です! ここに辻の平行パスが見事にはまって、あとは大畑のスピード勝負。準備された気持ちのいいプレーだった。後半36分には、交代で入ったばかりのFB五郎丸のカウンターアタックからボールをつないだもので、これもいいトライ。この攻撃中、大畑は2度ボールを触っていて、彼のトライの嗅覚は世界一流だと感じた。これでテストマッチ通算55トライ。元オーストラリア代表のキャンピージが持つ64トライのテストマッチ記録に次ぐ世界2位。大畑大介は、トライを取るために生まれてきたんだね。

あ~、やっぱりいくらでも書いてしまう。嬉しいけど、心配だ。今大会のカナダは、ルーマニアより強い。ルーマニアはFW一辺倒だけど、カナダはBKにも決め手を持っている。防御の的は絞りにくくなる。「決勝戦は、縦にも横にもグラウンドを広く使って攻めたい」という萩本監督の言葉通り、もっともっと仕掛けてもらいたい。韓国に学んだのは、そういうことだったはずだ。絶対に勝たなければならない試合に勝ったのだ。次は、今やっている練習の成果を存分に披露してもらいたい。

追記・後藤、五郎丸といった選手が投入された時、観客席は大いに盛り上がった。新しいスターを求めているんだと感じた。二人とも、それに応えた。五郎丸の能力というのは、底知れない。日本の救世主になってくれたら、いいな。前半早々のマキリの退場は、肉離れのようだ。交代出場の浅野は頑張ってくれた。頭のいい選手だと感じたなぁ。なんだか気持ちがすっきりしないのは、前半から積極的に行けば、20点くらい差をつけて勝てたんじゃないかと思うからなんだよね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 勝とうよ、ジャパン。 | トップページ | 箕内拓郎キャプテン »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    村上さま、
    対ルーマニア戦勝利、本当に嬉しいですね。前半はどうなることやらと心配でしたが。
    森田君は調子が悪かったのでしょうか。
    戦術的なことはよくわかりませんが、フランスラグビーを取り入れるのであれば、キック力があるのはもちろんですが、パスのスキルももっと重要視すべきと思うのですが、どうでしょうか?

    投稿: 菅野 | 2005年5月27日 13:17

    初めて投稿いたします。
    観戦記を読んで大変興奮しました。
    日本人選手の素晴らしい活躍の試合にホット安心しました。
    決勝戦でも大畑五郎丸らバックス勢の活躍を期待して応援しに行こう。

    投稿: 縁光 | 2005年5月27日 11:30

    勝ってうれしいのですが、決勝で勝ってこそ、いろいろなことが払拭するような気がします。これから、カナダ、アイルランドとも戦わなければいけません。単純に喜べないのはチョット厳しい感情でしょうか・・・
     

    投稿: たかし | 2005年5月26日 23:27

     遅くなりましたが、やっと光明が見えましたね。課題がないわけではないですが、
    ファンにとってはジャパンの勝利がなによりの便りです。
     さてこうなると日曜も期待しますが、五郎丸もっと見たいですね。センター13
    なんてどうですか?元木12、大畑14、水野11、小野澤15、
    できたら広瀬の10が見てみたい気がします。
     森田は昨年ほどフィットしていない気がしますが、いかがでしょう?
     では週末楽しみにしてます。

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年5月26日 21:57

    観るものの心を揺さぶる試合でした。代表選手に気が満ちて、最後まで途切れなかった。

    今回は日本ラグビー界を背負った責任(勝つしか道はない!)が選手の表情やプレーに出ていたと思います(決勝ではもっと出してくれ~!)。

    序盤、相手重量FWの突進に、今回も強豪国相手の負けパターンかと落胆しかけました。ですが、ゴールライン際のディフェンスで気持ちが切れなかったのは感動的でした。

    そして守りでは気がつけば辻選手がとめにかかってピンチを救っていました。まるで2,3人いるようです。それに最後まで檄をとばして気を引き締めていたのはすばらしい。

    勇気をを与えてくれるジャパンが戻ってきて、本当にありがとうと言いたいです。

    投稿: Sasa | 2005年5月26日 13:27

    勝ってうれしい。しかし、課題も…という感じです。気になったのは意識的でないプレー(ミスではありません)と横にパスし過ぎるプレーです。まだ、約束事が徹底していないといえばそれまでですが、ゴールへの最短距離を目指し、前が開いていたら横へパスせずに誰でも勇気を持って前へ進むべきなのでは。命までは取られないぞ、逃げるな、ジャパン!!

    投稿: watanabe | 2005年5月26日 13:04

    国立まで足を運びましたが、なんとももどかしい試合でしたね。
    でも、勝って良かった。。ホッ

    後半はお見事!トライもあったので、決勝のカナダ戦は、もっともっとワクワクするような試合を見せて欲しいなぁ。

    それにしても国立競技場、でかいだけに寂しかったっすね。ラグビーファンを増やすには、魅力ある試合を沢山するしかないのです。
    サッカーみたいに、チケット取るのも難しくなっちゃうとそれはそれで困っちゃうけど・・・。

    投稿: kerogee | 2005年5月26日 09:26

    昨日は生で見てきましたよ!
    ハラハラどきどきでしたが勝って良かったです!大畑のトライ最高でしたね!29日も応援に行きたいのですがテストがあるので行けませんが心の中で応援しています!
    頑張れJAPAN!

    p.s試合前に、ゆずの威風堂々の生歌とかやればいいのなぁと思います。

    投稿: issa | 2005年5月26日 08:45

    なんとか勝ってくれましたね。
    日曜日は秩父宮へ応援に行きたいと思います。
    頑張れジャパン!

    投稿: マスターK | 2005年5月26日 08:34

    息子達感激していました。
    試合前の選手たちの緊張感を感じたようで、ドキドキしたってはしゃいでいました。
    担当の方には
    ちゃんとやらないなら帰って
    といわれたそうで
    やんちゃで困ります。

    後藤選手 五郎丸選手が出てきた時には大興奮、
    上井草で遊んでくれたお兄さんが
    ジャパン
    息子たちにとってこれ以上の励みはないと思います。

    代表に文句を言う大人はいくらでもいます。
    でも子供たちは純粋にジャパンにあこがれ、ジャパンになることを夢見ています。

    日曜日 FW BK一体の大展開ラグビー期待しています。

    投稿: マヌーサモア | 2005年5月26日 08:14

    残念ながら昨日の試合は 観ていないのですが
    村上さんのこのブログのお陰で 私の中のラグビーシーズンが終わらないです
    去年はトップリーグ 日本選手権等が終わるとシーズン終了で秋まで気が抜けていました
    私の知らないところでジャパンは活躍していたのですね

    直接関係ないレスで失礼しました

    投稿: アラレ | 2005年5月26日 06:54

    放送終了を待っての更新ありがとうございます。
    粘り、我慢の勝利でしたね。『心の強さ』『頼もしさ』を感じました。チームの状態が、出来が悪かったならば、それでも勝てたというのは、非常に大きいのではないのでしょうか?
    アタックは比較的修正が簡単だと思うので、きっとカナダ戦では、良いパフォーマンスをみせてくれると期待します。ディフェンス面は・・・・
    あと、後藤選手の、パスを放るまでの速さには驚きました。

    ところで質問なのですが、メインスタンドから観て、右側奥22mライン辺りで両チームキック処理のミスが多かった気がしたのですが、何かあるのでしょうか?(照明とか風とか・・・)

    余談ですが、BS1でも放送していました。決勝はゴールデンタイムに放送するようで、少し嬉しい。これも『勝利』があってこそ。こうやって、JAPANは一つ一つ勝ち取っていって欲しいです。

    投稿: J.デービス | 2005年5月26日 03:39

    しまった。せっかちなもんでこの日記の一つ前の「勝とうよ、ジャパン。」にコメントを書き込んでしまいました。もう少し待っとけばよかったです。私も今回の勝利に関して「去年負けたルーマニアに勝って嬉しい」という素直な気持ちと「もう少し差をつけて勝てたのでは」というもどかしい気持ちが入り混じっています。ただ、神戸ファンとして2トライとも大畑選手というのは嬉しい限りです。「さすが、我らのエース!」といった感じです。「9月からのトップ・リーグでも頼みますよ」と少し気の早いことも思ってしまいました。

    投稿: 神戸ファン | 2005年5月26日 02:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4281945

    この記事へのトラックバック一覧です: 感想入りまくりレポート:

    » 日本代表対ルーマニア代表 [水沫日記(みなわにっき)その2]
    何度も書いているように、私が観戦するスポーツといったらラグビーを措いて他にないわけで(いや他のもまったく観ないわけではないのだけど)、しかしどうも関心が早稲田ラグビーに偏りがち。これはいかん。ラグビーファンたるもの、やはりナショナルチームの応援には足を運ばなければ。サッカーがこれだけ盛り上がったのも...... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 10:54

    » 日本代表 勝利! [らぐびーあにまる]
    世界ランク17位の 日本 対 14位の ルーマニア 戦日本が 23-16 で勝利しました。東芝スーパーカップに出場している 4カ国 17位日本、14位ルーマニア、16位アメリカ、13位カナダ  この協会が言う 世界ランク第3グループには ホームでは きっちり勝って欲しい...... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 11:49

    » 「やったぜ!」ジャパン VS ルーマニア ラグビー観戦記 [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!@WebryBlog]
    闘志!闘志!闘志!止めた!止めた!止めた! 走った!走った!走った! そして「勝った!」 [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 12:06

    » ジャパン、ルーマニアにリベンジ! [やまけんのひとりごと@WebryBlog]
    25日、国立競技場で行われた、ラグビーの4カ国対抗トーナメント、TOSHIBA スーパーカップのルーマニア戦。昨秋の欧州遠征で10-25で惜敗した格上との対戦は、いろいろな意味でで日本代表の真価が問われ、ファンの信頼を得るために絶対に勝たなければならない一戦。 世界ランキング17位の日本は14位のルーマニアを23-16で下し、リベンジを果たしました。日本は29日にカナダと対戦し、昨年に続き大会連覇を狙います。... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 18:30

    » [ラグビー]日本勝ちました。 [narimsnbの日記]
    やっと勝ったよ・・・ 試合後のインタビューで監督が「選手を信じてください」といっていたのが印象的でした。 あっ、IRBのホームページに大畑選手の写真が。 http://www.irb.com/ 日曜日の試合後も、引き続き日本の写真があってほしいものです。... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 19:01

    » やはり大畑 [酔いどれ日記]
    ルーマニア戦はCTBに入った大畑の2トライで何とか逃げ切った。 決勝戦はWTBで走りまくる大畑を見たいので、CTBは神戸の闘将・元木と 東芝の闘将・富岡の鬼ディフェンスコンビでお願いしたい。 秩父宮、行きますよ! ... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 21:50

    » (^o^)vさ・く・ら サク [petit buffle &petit tigre ]
    やればできる子なんですよ。 ジャパンは。 画像は鬼神のごとく相手を振り切った大畑選手。(サンスポより)あぁ勝ち試合で泣ける嬉しさ。よかったよかった。ホッとした。小野沢選手と大畑選手のコンビネーションすばらしいっ!(某アナ風に) しかし、NECはいい選手が多いや... [続きを読む]

    受信: 2005年5月26日 22:07

    » ジャパンの勝利に思う [RIKIMARUBLOG]
    昨日行われたTOSHIBAスーパーカップ一回戦。 ジャパンは昨秋10-25で敗れ [続きを読む]

    受信: 2005年5月27日 00:17

    » ジャパンの勝利に思う [RIKIMARUBLOG]
    昨日行われたTOSHIBAスーパーカップ一回戦。 ジャパンは昨秋10-25で敗れ [続きを読む]

    受信: 2005年5月27日 20:51

    » 良かった。 [★Irma Vepの謎2★@WebryBlog]
    仕事が終わってから真っ直ぐ秩父宮に行きました。ラグビー=秩父宮と思い込んでいて、思い切り時間をロスしました。サザエさんか、私は。 [続きを読む]

    受信: 2005年5月28日 01:00

    » 「絶対に負けられない戦い」とはこのことだ [ふぇるまあた ぶろぐ]
    テレ朝がサッカー日本代表戦を中継するときの決まり文句。 僕はいつもこのコピーを聞くと、格下相手と戦う予選をなんとか盛り上げよう、という小ざかしさを感じてしまう。そこまでいわなくったって、応援はするよ。それになんだか、アジアに失礼よ。なお巨人が2、3連敗した後で日テレが「明日こそはー」とこれを言うときはもっと意味薄弱だ。 しかし、ラグビーは違う。 ある種のレベルと状況にあるラグビー・チームにとっ�... [続きを読む]

    受信: 2005年5月28日 11:40

    « 勝とうよ、ジャパン。 | トップページ | 箕内拓郎キャプテン »