« お薦めマッチ_0529 | トップページ | お答えします。パート4 »

準優勝

5月29日 スーパーカップ決勝戦
カナダ代表 ○15-10● 日本代表

負けました。残念。勝てる試合だった、という言い方はいけないかもしれないけど、勝てたなぁ。ルーマニア戦でも思ったけど、もっとジャパンから仕掛けてほしかった。キックで陣地を取り、カナダにプレッシャーをかけていこうというプランは理解できなくもないが、ある程度リスクを背負ってでも攻めないと、強い相手には勝てない。最後に攻めたけど、僅差勝負に自ら持ち込んでいる感じがして、もったいなかった。

カナダのスギット・コーチが言っていた。
「きょうは二つの異なるチームの対戦だった。我々はモールで攻め、日本はキックを軸に組み立てた」。
キャプテンのローソンはこうも言った。
「もっとタッチラインからタッチラインまで大きく展開されていたら、ついて行けなかったかもしれない」

特に前半、日本はキックを蹴りすぎた気がしてならない。手堅いよね。ゲームメイクが。ただし、選手に聞くと、カナダの防御の反応がよくて、スペースがなかなか見つからなかったみたいだ。辻選手は、「もっとキックを使ってもいいくらいに感じた」と。それくらい、カナダの反応が予想以上に良かったということなのだろう。

同時に思うのは、自信を持ってやれる攻撃がまだ確立されていないということだ。ディフェンスは頑張っていたのだから、攻めの形がもう少し熟成されていればね。15失点なんて、十分だよ。10点しか取れなかったのが問題。きょうは、12,097人の観客が集まった。勝っていれば、アイルランド戦はさらに増えたと思うので、残念。攻撃の形が中途半端な気がしてならない。スクラムも、ルーマニア戦より止まっていて、用意していた早出しのパターンも使わなくて良かった。ラインアウトも、なんとか確保できた。だからこそ、攻めなきゃ、勝てないよ。

アイルランド戦は、失うモノはない。思い切った攻撃をやるチャンスだ。チャレンジしてもらいたい。

050529-210842

両チームの会見後、IRBのマッチコミッショナーとして来日した、元神戸製鋼のマーク・イーガン氏が会見した。世界ランキング11位以下の「セカンド・ティア」グループの強化をIRBで担当しているらしく、日本の調査に来たとのこと。今回のスーパーカップも、フランスなどのクラブがプロテクトしたことで、カナダやルーマニアの代表選手が来日できなかったことをIRBも気にかけており、スケジュール変更なども含めて考慮するとのこと。また、サモア、フィジー、トンガも含めたさらに大きな大会を開くことで、セカンド・ティアのレベルアップを図りたいとも発言していた。さて、スーパーカップ、今後、どうなるか。このあたりも興味深く見守りたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0529 | トップページ | お答えします。パート4 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    カナダの11番。いい選手ですねえ。
    伝統的に、JAPANは、スーパーWTBにやられてしまう印象を受けます。(偏見ですが)

    投稿: エンドー | 2005年5月31日 13:03

    IRB主管の大会なんだから、クラブがプロテクトかけるなんて・・・。

    たしかW杯でもトンガかサモアの選手にプレミアのクラブが拘束かけて
    (いない分の給料は支払われない?)
    出れない主力選手がいたような。

    フィジー、トンガ、サモアがもっと
    強くなったら、W杯も群雄割拠して
    さらに楽しくなると思うのですが・・・。
    その辺の世界の勢力地図のようなものも、いつかお聞かせいただければと思います。

    投稿: こも | 2005年5月31日 11:00

    敗戦は勿論ですが、トライを1つしか取れず残念でした。これがフランス流と言うのかどうか判りませんが、連続攻撃の中でフラットなラインを敷く事がありましたが、その局面でのパスの繋ぎは日本のFW陣にとっては余りにも不慣れな気がしました。求められる水準に達するにはまだまだ時間が掛かりそうです。
    今季の日本代表の活動期間はあと3週間と残された日数はありませんので、出来る事を絞り込んで精度を上げてアイルランド戦を迎えて欲しいです。

    PS:大畑選手の試合後の話を聴き少し良い気分になりました。NZU戦でトーエツ選手がスタンドのファンと握手していたのも良い光景でした。ファンを大事にする姿勢は素晴らしいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年5月30日 20:29

    辻選手のコメントは、実際にプレイしている人間と、外から見ている人間とに大きな差を感じます。やはり、プレイをしている選手には、ひしひしと感じる「何か」があったのですね。こればかりは、選手にしか分からないことなのでしょう。

    >イルランド戦は、失うモノはない。思い切った攻撃をやるチャンスだ。チャレンジしてもらいたい。

    本当にそうですね。文字通り「チャレンジマッチ」です。タフに激しく、思いっきりプレイして欲しいものです。

    投稿: サファイヤ | 2005年5月30日 19:54

     惜しい試合でしたね。力の接近しているチームなので、
    試合前の意思統一がもう少し必要なのかも知れないですね。
    若手の森田、五郎丸の二人にとってはいい経験の試合だった
    と思いますが、今回は勝ちに拘って欲しかったと思います。
    世界に通用する広瀬のSO起用がベターだったのではと思います。
    さて、次は各上アイルランド、WCのような感動できる
    ジャパンの意地を見たいですね。

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年5月30日 18:31

    早速の、更新ありがとうございます。
    『勝てたなぁ』と言う試合は結構あるのですが、それを拾える何かが足りない。
    今回は特に、おかしな表現になってしまいますが、何かが間違ってる(正解など無いのでしょうが・・・)気がしてならない試合でした。戦略?戦術?人選?選択?難しい・・・
    ただ素人考えで思ったのは、あのスタメンで、前半のあの戦い方は無いかなぁ~と。

    あと、終了後、大畑選手の行為は立派でした。ファンの、子供の気持ちを考えた素晴らしい行為でした。

    ならばファン(子供達は良いのですが)も、選手の気持ちを考えるべきです。相手の気持ちに立ってあげるべきです。前日、村上さんも書かれていたように、ラグビーの中で、大事なことのひとつだと思います。プレイはしたことが無くても、そういうラグビーが好きで来ているのなら、そういう部分を含むラグビーに敬意を表し、選手の、相手の気持ちに立ってあげるべきです。
    シャワーを浴び、着替え、落ち着いたところを、外で待っても良いじゃないですか。少し残念に思った場面でした。


    投稿: J.デービス | 2005年5月30日 18:31

    日記はほぼ毎日チェックしています。ジャパン-カナダはテレビで見ました。小野澤選手がケガをした時、あの試合を見ていたほとんどの人たちが、オツコロと交代、大畑がウイングへ、というシナリオを描いたのではないでしょうか。ロスタイムのトライの瞬間、ほら、やっぱり、と思った人もかなりいたのではないでしょうか。スタンドお雰囲気はどうだったのでしょうか?しかし、元木-大畑のCTB2人がディフェンスでチームに貢献していたのは事実でしたしね。選手交代の難しさがよくわかった一戦でした。
    やっぱジャパンの試合はいいですね。アイルランド戦も楽しみです。

    投稿: だいすけ | 2005年5月30日 14:49

    秩父宮での観戦でしたが場内ため息の多い試合となり残念(前に居た人はビールを2度こぼした)!個人的には最初のPG失敗を速く仕掛けるかタッチキックの選択をして欲しかった。キャプテンもちょっと迷っていたし。今回のような実力が拮抗したチームとの試合ジャパン強化にも見ている側にも大切ですよね。

    投稿: ファイブエイス | 2005年5月30日 10:07

    5月25日は国立へ行きましたが昨日の試合jskyで見ました。
    前回同様に後半残り20分以降の攻防で我慢比べに勝つことを期待していたのですが…
    工夫の無いパワーラグビーに負けるのが正直悔しくて悔しくて。(もちろんカナダにとってはあたりまえの戦法と理解はしていますが)今のジャパンを取り巻く状況は大逆風、だから勝って欲しかった。
    アイルランド戦、また相手は近場、近場で攻めてくるのでしょう。清宮監督がトヨタとの戦いを振り返ってお話されていた、『格上とやるのに相手の強いところから逃げては勝てない、そこをどう抑えるのか』残された短い期間で是非修正してベストファイトして欲しいと願います。


    投稿: OW | 2005年5月30日 08:21

    テレビで見ましたが、もったいない試合でした。もっともっと攻撃的に行って欲しかった。
    以前トップリーグの試合でも大畑選手が一人最後までグランドに残ってサインや写真に応じてくれていました。あの姿には感心しました。負けた試合だからあまり気はのらなかっただろうに、素晴らしい事ですね。

    投稿: ちぃ | 2005年5月30日 00:41

    今回バックスタンド側サポーターの声援は熱かった(特に私の後ろにいた国旗を手に大きなハットを被った人たち)。

    ジャパン頑張れ~!
    ジャパンこれから~!

    バックスタンドではあちこちから絶えずこんな声援が飛び交ってました。

    相手攻撃を寸断した辻選手の膝下へのタックルなどは地味ですが、サポーターはよく見てますよ。まわりでは「辻っ、スゴイ!」ってざわついてました。

    とにかくあと2試合。W杯招致に影響する大事な試合。サポーターはちゃーんと仕事してる人を見てますよ~!


    投稿: Sasa | 2005年5月30日 00:10

    こんにちは。
    毎回、楽しく拝見しております♪
    今日の試合、もっとトライが沢山あるかと思って、期待をしていただけに、残念でした。
    さて、村上さんに素朴な質問があります。
    1:毎回、村上さんがどのブースでJ-SPOTSの解説をしているのか、バックスタンドで探しているのですが、全然分かりません。秩父宮に放送ブースがいくつかありますが、毎回、放送は同じ場所ですか?左右から何番目の所ですか?教えて下さい。
    2:試合後、大畑選手がファンに握手やサインをしに来てくれていましたが、何故、大畑選手だけなのですか?他の選手の方々にも来て戴きたいのですが・・・大畑選手だけのサービスなのでしょうか?

    投稿: さちこ | 2005年5月29日 22:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4330304

    この記事へのトラックバック一覧です: 準優勝:

    » [ラグビー]試合後の大畑選手に感動 [ウクレレとラグビーと... My Favorite Things]
    写真を見て下さい。 試合後に残っていた多くのファンがいましたが、大畑選手だけがインゴール裏のスタンドに歩いて行って、握手やサインをしてファンとの交流をされていました。はっきりは判らないけど、多分150人以上くらいの方々と握手やサイン、写真などをゆっくりと続けていて、45分以上は一人だけで頑張っていました。 フルタイム戦った後で、さらに45分以上もそういう交流をするのは、かなりキツイはずだけど、嫌な顔一つせず、ずっと一人だけでも続けている姿に、正直感動しました。 実は、大畑がインゴールに向かって歩き始... [続きを読む]

    受信: 2005年5月29日 23:46

    » もどかしい敗戦 [RIKIMARUBLOG]
    秩父宮ラグビー場で行われた TOSHIBAスーパーカップ決勝戦。 ジャパンは10 [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 00:28

    » それでも大畑 [酔いどれ日記]
    カナダ戦はわざわ秩父宮へ乗り込んだのに10-15で惜敗。 後半は終始日本ペースだったがオフェンスに手立て無く、 ミスからターンオーバーされて2トライ献上。 勝てる試合、いや勝たなくてはいけない試合での敗戦。 光は見えるのだろうか・・・ 前半にあわやカナダ...... [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 01:25

    » ジャパン敗戦。カナダの「扉」は厚かった。 [ココロミ]
    本日29日、秩父宮で行われた「スーパーカップ2005」決勝戦 日本 : カナダは、10 - 15でカナダが優勝し、日本の連覇はならなかった。 【結果】 日 本 10点     (前半3点:0T0G0PG1DG、後半7点:1T1G0PG0DG) カナダ 15点     (前半0点:0T0G0PG0DG、後半15点:2T1G1PG0DG) やはり、カナダは手強かった。ジャパンは、相手陣で攻撃している時間は決して少なくなかったが、トライを奪うことができない。あと一人つながればトライ、という... [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 12:53

    » 「タックルに勝るプレー無し!」ジャパンVSカナダ [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!@WebryBlog]
    ジャパン10-15カナダ 「惜しかった!」 結果も惜しかったが、秩父宮に行けなかった ことがなんとも残念。 [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 13:34

    » [sports]ラグビー: TOSHIBAスーパーカップ [werebearの日記 - a devout heretic -]
    JPN 10-15 CAN うーん悔しい。 ディフェンスは体を張ってよく守っていた。2トライに抑えたのは立派だと言っていい。それなりにボールもキープできていた。それでも勝てなかったのは攻め切れなかったということなんだろう。ボールをもっと左右に動かせていたら展開は違っていたかな、と思う。カナダのディフェンスは確かに良かったが、それでももっと積極的に攻める必要があったんじゃないか。ちょっとプレーが軽いというか、ちょっと安易にボールを蹴りすぎている気がした。蹴ってボールが取れるならいいんだが、カナダは日本... [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 15:07

    » [sports]ラグビー: TOSHIBAスーパーカップ [werebearの日記 - a devout heretic -]
    JPN 10-15 CAN うーん悔しい。 ディフェンスは体を張ってよく守っていた。2トライに抑えたのは立派だと言っていい。それなりにボールもキープできていた。それでも勝てなかったのは攻め切れなかったということなんだろう。ボールをもっと左右に動かせていたら展開は違っていたかな、と思う。カナダのディフェンスは確かに良かったが、それでももっと積極的に攻める必要があったんじゃないか。ちょっとプレーが軽いというか、ちょっと安易にボールを蹴りすぎている気がした。蹴ってボールが取れるならいいんだが、カナダは日本... [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 15:37

    » ジャパン、カナダに破れ連覇ならず [やまけんのひとりごと@WebryBlog]
    29日、秩父宮で行われた、ラグビーの4カ国対抗トーナメント、TOSHIBA スーパーカップ決勝のカナダ戦。昨年の大会で34-21で優勝した格上との対戦は、ファンの信頼を得るためにも絶対に勝たなければならない一戦。 世界ランキング17位の日本は13位のカナダに10-15で破れ、昨年に続く大会連覇を逃しました。 連覇は出来ませんでしたが、ノーサイド後に素晴らしい光景を目にしました。... [続きを読む]

    受信: 2005年5月30日 17:45

    » [Sports] ジーコ・ジャパンに続け [k@tu hatena blog]
    [http://www.rugby-japan.jp/national/score/score672.html:title=スーパーカップ決勝 日本vsカナダ(10-15)秩父宮ラグビー場] 去年のスーパーパワーズカップ決勝と同じ顔合わせである。去年の試合の観戦記は[http://homepage.mac.com/kane_katu/iblog/C1695809631/E2016179823/index.html:title=こちら]。SO森田がデビューしたのがこの試合だったのだ。読みかえして... [続きを読む]

    受信: 2005年5月31日 16:56

    » カナダ戦 その3 [林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ]
    残念ながらライブでは見られず、ビデオにとっての観戦となりました。 [続きを読む]

    受信: 2005年5月31日 17:38

    « お薦めマッチ_0529 | トップページ | お答えします。パート4 »