« お薦めマッチ_0501 | トップページ | 愛好速報!0501 »

ワールドユース2日目

050430-163903

ワールドユース2日目は、海外チーム同士、日本チーム同士が戦った。30度くらいある暑さのなか、いい試合、多かったよ。ウエールズの強敵カマーセンシャーカレッジを破ったNZのクライストチャーチカレッジは、試合後、ハカを披露してくれた。

ハカはとても人気があるので、さかんにやってくれる。これを敗れたカマーセンシャーカレッジの選手たちが一列に並んできちんと見ていた。試合後は必ず両チームたたえ合う。アイルランドのブラックロックカレッジも負けたけど、南アフリカのウォータークルーフハイスクールに自分たちのツアープログラムを渡していた。各チーム、いい交流をしているなと微笑ましかった。そういうのを見ていると、勝敗のこと、とやかく言うのは申し訳なくなる。もちろん、選手たちは必死で勝とうと頑張っているけど。

この大会は、3月31日時点で17歳という制限があって、みんな表情があどけない。ところが、グラウンドに出ると大きく見えるんだよね。NZのクライストチャーチボーイズは、今すぐにでもスーパー12に出られそうな選手がいた。バランスのいいステップとスピード満点のランニングを披露したアウトサイドCTBカラウリア-ヘンリー君なんだけど、カマーセンシャーカレッジを破った試合後に取材に行ったら、小さかった~。プロフィールよく見たら16歳だよ。いい選手は、ジャージー姿がさまになってる。すぐ分かるなぁ。例外はいるけどね(誰?)。

南半球のチームは、これから国内のリーグ戦などが始まるので、まだチーム作りの途上。それは日本チームも同じなんだけど、日に日に強くなってくる。これがまた驚くほど変化するので面白い。2日間見た感じでは、クライストチャーチボーイズと、オーストラリアのサウスポートスクールが強い。イールズみたいなロックがいたよ。この2つの決勝というのが順当かも。

日本勢同士も面白かった。伏見工は、素早いパス回しで佐賀工を圧倒した。前日に南アのチームを破った長崎北は、啓光学園に完敗。ほんと、それぞれ波があって、それがまだ成熟しきっていない選手の危うさでもあり、なんか、ハラハラする。高校ラグビーは、このハラハラ感がいい。ちょっと嬉しいのは、海外のどのコーチも日本の高校生の素早さ、コンタクトの強さに驚いていること。そして、啓光学園には「知性を感じる」という人が多い。嬉しいね。

ずっと見ていたいんだけど、5月1日は、学生日本代表を取材に秩父宮ラグビー場に行きます。このワールドユースの様子は、5月21日、22日に、ハイライトとしてJSPORTS3で放送される予定。大会は5月5日までだから、また戻りま~す。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0501 | トップページ | 愛好速報!0501 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/3926056

    この記事へのトラックバック一覧です: ワールドユース2日目:

    « お薦めマッチ_0501 | トップページ | 愛好速報!0501 »