« 韓国に学んだ試合 | トップページ | 大切な日に… »

アジアから世界へ

soba

日韓戦の行われたヨンウォルで食べた韓国蕎麦「マックックス」。このあたりの名物らしい。ふつうの冷麺と違って、麺が日本の蕎麦と似ている。牛の骨でとった汁をかけて食べると美味しかった。ヨンウォルは、日本でいうと長野県みたいな感じらしく、避暑や渓流下りとかアウトドア・スポーツを楽しむようなところのようだ。

きのうアップした試合レポートは長くなるので韓国側のことはあまり書かなかったのだけど、いい選手がたくさんいた。高麗大のNO8イ・グァンムンは、ほんとにいい選手。パワーとスピードがあって、タックルも強い。日本行きを希望しているので、日本の企業は真剣に考えてもいいと思う。SHイ・ミョングンの運動量、判断力、SOオ・ユンヒョンのパスワークとキック力もいい。日韓戦を世代で見ると、先発メンバーのうち、1980年代生まれの選手数は韓国代表が11名、日本代表が3名だった。韓国の選手が若いのには理由がある。

実は、今回の韓国代表は最強チームのサムソン(三星SDI)の選手が社内事情で辞退していた。5名ほどだったようだ。基本的にサムソンの選手は正社員なのだが、契約社員にするかどうかでもめていると聞いた。どうやら、韓国の企業ラグビーは難しい事態に陥ってるみたいだ。最近は、新規採用も少ないとのこと。韓国軍体育部隊のサンム(尚武)というチームが強いのだが、これも選ばれた選手しか所属できない。どうしても若い選手が主体になってしまうわけで、ラグビーをやる場がなく、兵役を終えた多くの選手が日本行きを希望するわけだ。

日本の企業が韓国の選手を獲得するには、トップリーグの外国人枠をアジアには適用しない新規定が必要だけど、これ、ぜひとも実現してほしい。イングランドのプレミアシップがEUの選手を外国人扱いしないようにね。そうすれば、アジアのトップリーグとなり、世界からも注目されるし、中国や台湾の選手もやってきて、日本がアジアのラグビーを引っ張っていくことができる。韓国選手の低いタックルも目の当たりにできるわけだし、アジアで切磋琢磨して世界に出て行きたいよね。

韓国ラグビーは見明さんのページに詳しい。韓国では一般的にはほとんど知られていないマイナー競技だが、選手の育て方はエリート教育である。いま韓国にあるラグビーチームは全部で60チームほどらしいが、中学、高校、大学、社会人と、チーム数はだんだん減っていく。トップの選手だけが生き残り、ドロップアウトした選手のほとんどはラグビーをやめていく。高校のOBチームや強豪ではない大学チームで続ける選手もいるが、トップチームとは実力にかなりの開きがある。生き残った選手は、基礎的な運動能力が高い。だから明らかに試合経験豊富な日本選手相手にも、まったく当たり負けしないし、スピードなら逆に上回っている場合が多いのだ。

 韓国代表のミン監督は、特に足の速い選手を並べる傾向にあるようだ。そのミン監督が試合後言っていた。
「日本はいいチームだが、韓国とやると萎縮するところがある。日本の弱点は、バックスの一対一のタックルが弱いこと。だからギャップができる。我々はキックを使っていては得点できないと思ったから、ボールを回した。過去の日韓戦に比べて、キックが少なかったと思う。課題はドライビング・モールを止めることだったが、それが出来なかった」

 うなずけるコメントだった。タックルの強さは韓国が勝っていた。ただし、韓国は組織的なことが整備されていないので、何度か連続攻撃をされると、完全にスペースを空けてしまうところがある。韓国代表のコーチに、ジョン・カーワンあたりが就任したらと思うと、末恐ろしい。

◎ソウルで、ちょっと気になったこと。
 土曜日に日本の銀座とも言える、ミョンドン(明洞)に行ったのだが、まあ、とにかく若者であふれかえっていた。気になったのは、露天商でやたらと「くつ下」を売っていることだ。一足100円でがんがん売っている。その中に、ペ・ヨンジュンと、イ・ビョンホンの顔イラスト入りのくつ下があった。思わず買っちまった。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 韓国に学んだ試合 | トップページ | 大切な日に… »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん 韓国ではお疲れさまでした。私のチームのHPも紹介いただき恐縮です。
    17日、帰国前に高麗大の練習を見に行き、チョン・デグアン監督と話をしたさいも、卒業後の選手の日本進出を熱心に話されていました。
    NO8、イ・グアンムンはぜひとも着て欲しいですね。SOのオ・ユヒョンもまだ3年生ですが、2年前に1年生で代表入り後、見てますが今回は上達度が早くなった感じです。
    私の注目は高麗大3年の右WTB、チョ・インスがいます。去年の早稲田戦でも快速を見せていました。代表入りには、ケガの克服とラグビーの勉強をチョン監督があげていました。
    上に載せたURLは、簡単な韓国情報を載せている私のプログです。
    ご笑覧ください。更新が遅いですが少しずつ行っていきますので。
    17日、韓国で日本のニュースを検索してオライリー逮捕を知りました。
    村上さんたちと15日の帰り車中、いろいろ話したことがまたおきた、ということですね。本当に残念です。
    また飲みましょう。
    どうやら大韓協会の駐日取材担当になりそうです。
    では。

    投稿: 見明 | 2005年5月18日 20:18

    村上さん、こんにちは。僕もアジア出身の選手の外国人枠からの除外に賛成です。アジア初のW杯開催をアピールするのであればアジアの中心的な存在であるべきで、近隣国のライバルがレベルアップする事は日本代表にとっても良い事ですよね。何よりも才能のある選手が途中で辞めるのはラグビー界にとっても勿体無いです。

    投稿: 軍曹 | 2005年5月17日 22:22

    私も先ほどニュースを読んでびっくりしました。
    こんなことをしたらますますラグビー人気が落ちますよ。しかも日本代表ですよ。理解できないですね・・・。
    六本木禁止令を作らざるおえないですね・・・。

    投稿: issa | 2005年5月17日 13:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4156734

    この記事へのトラックバック一覧です: アジアから世界へ:

    » 練習 [seedofhappiness]
    練習 [続きを読む]

    受信: 2005年5月17日 10:39

    « 韓国に学んだ試合 | トップページ | 大切な日に… »