« 廣瀬選手と昔話 | トップページ | 一日たっても残念 »

健闘かもしれないが…

◎6月19日 秩父宮ラグビー場 観衆14,913
アイルランド代表○47(7t6g)-18(2t1g2pg)●日本代表
(前半14-10)

2005年春の日本代表シリーズが終わった。まずは、選手スタッフのみなさんお疲れさま。そして、粘り強く日本代表をサポートしたファンのみなさんも、お疲れさま。最後は、なんとか2トライもとれて、観衆が沸くシーンも多く、第1テストマッチに比べると、スコアはほぼ同じでも内容は違っていた。それでも、7トライ奪われて、いい試合だったとは言えない。

「攻めないと勝てないですから」。2トライの大畑選手の言葉だ。この日のジャパンは、PKからも速攻を仕掛けたし、前に出るタックルからのターンオーバーでトライもとった。前半の10-14は、観衆に勝利を予感させすらした。なぜこれをスーパーカップや、第1テストでやらなかったのか悔やまれるほど、アグレッシブだった。一方で、ラインアウトから一発でトライされたり、ターンオーバーされてトライを許すなど、簡単なタックルミスや判断ミスもあった。勝てる戦い方ではなかった。

意識的にボールを動かしたSO廣瀬はこう言った。
「意識してボールを保持していきたかったのですが、有効な攻撃が出来なかったです。ボールの争奪戦で後手を踏んでいて、難しかった。もっと一次攻撃で大きくゲインをしたかったが、その精度も悪かった。後半の最初は(シンビンで)14人だったので、あまり攻めずに敵陣に行きたかったのですが、簡単にボールを相手に渡してしまいました。最後までもつれさせて、お客さんに喜んでもらいたかったので残念です」

この点については、箕内キャプテンも言っていた。
「後半の最初は離されずについていきたかったが、逆にボールを動かしすぎて、トライされてしまった」

4点差で迎えた後半の立ち上がり。日本は14人。相手が突き放そうと攻撃的にくるのは決まっている。そこでのゲーム運びの大切さが、全員に共有されていなかったということだ。あそこは手堅くキックで陣地をとれば良かった。ところが、カウンターアタックに出てあっさりターンオーバーを許す。チーム全体で勝つイメージが共有されていないのである。これこそがギリギリの試合をたくさん経験することが求められる理由である。そして、試合はやればいいというものではなく、勝つための約束事を守りつつ戦っていかなければ真に強いチームはできない。この日のジャパンは健闘した。精神的にタフになったことは認めるが、ここ2年の強化の延長線上にあるチームには見えなかった。今年だけでも3月から一緒に過ごしたわりに、選手達の共通理解が少ないような気がしてならないのだ。スーパーカップで、きょうくらいの攻撃的な試合運びができていれば、アイルランド戦でもっといい経験を積めただろう。

本人は不満だったようだが、廣瀬のライン・コントロールはさすがだった。彼が前に出て仕掛けるので、アイルランドの防御は的が絞りにくくなる。ジャパンのラインが蘇った気がした。森田を育てたいなら、この春も廣瀬と交互に出場させるべきだった。きょうの健闘は、箕内、村田、廣瀬、大畑、元木ら、海外の列強に日本が勝つために何をすべきか分かっている選手がリードした。しかし、それは彼らが経験で得てきたモノであり、それを理論化してチームに落とし込むことはできていなかった。

首脳陣は進退を問われるべきだと思う。毎度進退問題に思うことだが、あまりナーバスにならず、目標が達成できたら続投する。達成できなかったら辞める。そういう明快な決め方でいいのではないか。今年の日本代表の目標で達成されたのは、アジア予選の1位通過だけだ。イタリア代表のカーワン監督だって、いいチームを作ったのに、今年の6か国対抗で全敗して解任された。誰もがカーワンの功績を認めている。それでも、格上の強豪国相手にも負ければ責任をとる。そういった明快さが、いい流れを作る。イタリアは新監督が敵地でアルゼンチンを下した。これはスポーツであり、人格を否定するモノではない。運もあるし、チームとの相性だってある。そして、辞めた人には新しいチャンスも開ける。2007年W杯は目前である。ポジティブに判断を下してもらいたいと思う。

追記◎アイルランド代表の生真面目さには、またまた感動した。ライオンズに主力12名を奪われても、あのひたむきさがあれば、どんな相手にも大崩れはしない。日本に攻め込まれたときのディフェンスの戻りの速さ、危機意識の高さには感心した。あの姿勢こそ、もっとも見習うべきモノだったと思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 廣瀬選手と昔話 | トップページ | 一日たっても残念 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    今日わ。少し遅くなりましたが6月のアイルランド戦をTV観戦し、その時の感想を投稿します。
    1.ラグビーセンスの相違。
     2戦目だったか、キックオフのボールを禿げ頭(失礼!)のハーフにキャッチされ直ぐにキックされた、そんなに高くないキックで日本陣22Mライン付近にいたBKの選手がキャッチし慌てて横にパス、受けた選手も慌てて横にパス、3人目の選手がタッチに出そうとキック、出ずにラックにもちこまれボールを奪われ結局トライ。1人でキックし1人でチャージに来た相手ハーフの敢闘精神、抜け目の無さは立派だが日本人選手の余裕の無い慌てたプレイ振りはやはりラグビーセンスの相違と言うことでしょう。
    2.耐久力の相違
     前半の中盤頃でしたか、スクラムの時、水を補給している日本人FWが目立った。ああこれじゃ反対だな。勝てないな。蒸し暑さに対してI軍は良く適応しているなと思った。体格で劣るなら耐久力(スタミナ)で優位に立たないといい勝負はできない。昔は練習中でも試合中でも水を補給する時(試合時はハーフタイム)は決められていて個人が自由に補給することは許されていなかった。小生の数少ないゲーム経験でもゲーム中に補給した記憶は無い(最も何10年も前なので単に思いだす事ができないのかもしれませんが)。非科学的方法が良いのかその逆が良いのか検討を要する点もありましょうが、先祖代々ラグビーの血を受け継いできた人達と土壇場の勝負をする時は日本人チームにもその人達に劣らない何jかが要ると思います。戦略・技術的なものは相手に研究されればお仕舞いです。そうじゃない何か?  以上がアイルランド戦を観ての小生の偏狭な感想です。因みに大畑・広瀬選手は水を補給しているのがTV画面上ではあまり見られなかったです。ではこれで失礼します。

    投稿: 平和台 | 2005年7月26日 20:31

     今更かもしれませんが、私にとっては、今回のジャパンは、コーチ含めて逮捕者三人を出したチームということが頭から離れず、結局、ラグビーのチームを純粋に応援するという気持ちにはなれませんでした。
     グランドにおいては、それぞれ選手たちのがんばりを見ることはできましたが、彼らはそのことをどう思っているのか気になって仕方がありません。
     この際、新体制で再出発してほしいのですが、どうなることやら・・・。
     憂鬱な気分がいっこうに晴れません。
     

    投稿: いすう | 2005年6月21日 19:23

     たびたび登場して失礼します。多分今日もまた記録更新かと思いますが、多岐に亙る(渡る)意見が
    乱れ飛んでますね。これも今のジャパンに対する期待と関心の表れかと思います。
    さて、総括するには無理もあるかと思いますが、1日置いて冷静になられたプロの目でのコメント期待してます。

    投稿: 瑞穂 | 2005年6月20日 21:50

    第1試合に比べて見た目は確かに面白かったのですが、前回のW杯と内容的にはほとんど同じだったように思います。むしろ第1戦のほうが何かをしようとする意識があったように感じます。
    日本の観客はキックすることに対してとても批判的ですが、問題はキックしてからのフォローにあるのではないでしょうか。コメントに書かれている方もいましたが、これがきっかけで蹴りにくい雰囲気になるのが怖いです。

    ところで試合の前にキャラクターがふたり登場しましたね。あの二人は何者でしょうか?

    投稿: penta | 2005年6月20日 21:14

    疑問だらけの私に教えてください。昨日の試合を見て、私は力が抜けてしまいました。確かにボールを回して盛り上がりましたよね。ジャパンは勇敢で内容は違うと思います。でも取られたトライ数はかえって増えてる。確かに敵陣でキックを蹴るのは勿体無いけど、問題は蹴る側とうける側の精度を上げなければってことではないんでしょうか。なのにいつのまにかキックはまずいって雰囲気になってませんか。敵陣にキックで入った方がいいような場面でも持ちつづけて、トライをとられた気がしてなりません。自陣ではキック、敵陣ではパスとキックと両方あるぞと見せかけて勝負っていうオーソドックスな攻めがどうして見られないんでしょう。森田選手のよく蹴る、ギリギリタッチを割らないキックに早くプレッシャーをかけて、相手にタッチを切らせるような展開にする。そういった使い方ができれば、キックも生きてくる気がするんですが、パスとキックをうまくミックスされた試合にならないのはどうしてですか。私はこれでチームとしてキックを蹴りにくい雰囲気ができないといいなと思います。せっかくロングキッカーが若手に何人も育ってるのに。昨日の広瀬選手のSOは落ち着いていて確かに問題なかったですね。でもだからこそ、これからのジャパンはどうするんだと思うんです。あの正攻法のハーフでしてもあの点差。ラインアウトもスクラムも1戦より安定してたと思えるのに…。村上さん、何か私の心配を打ち消すようないい話、ないでしょうか。

    投稿: フットボーラー愛好者 | 2005年6月20日 19:17

    日本代表のここまでの試合では「もっとやれるはず」と思っていただけに最終戦で本来の力を発揮出来て安堵したのが正直な感想です。村田&廣瀬のベテランHB、エース大畑、マキリ&パーキンソンなど能力の高さを見せてくれました。しかし、アウェイのアイルランドが圧倒的不利な蒸し暑い気候ながら、29点差での敗戦は厳しい結果と言わざるを得ません。その現実を捉えているのは選手・コーチなど現場であると思いますので、現場の声を集約する作業に取り掛かって新強化体制を発足させて欲しいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年6月20日 18:49

    昨日はTVで観戦しました。
    内容的には1戦目よりかなり良かったと思います。
    が、勿体ない負けでした。

    昨日の試合で改めて外国人選手との体格差を痛感。
    この差をどううめていけばいいんだろう。
    それと少しは決めごとを作った方がジャパンには合っているのでは?

    いずれにせよW杯まであと2年、強いジャパンを待ってます。

    投稿: チロ | 2005年6月20日 16:04

    こんにちは。
    昨日の結果
    日本側が「ターンオーバーからの早い仕掛けでプラン通りのトライが取れたことが収穫」とコメントしていましたね。
    このゲームプラン、5月15日の日韓戦の時に韓国、ミン・チュンギ監督が
    日本戦用に立てたものと同じでした
    。来年の日韓戦が楽しみになりあmした。

    投稿: 韓国ラグビー見明(みあけ) | 2005年6月20日 14:50

    今回でジャパンの活動休止ですよね。首脳陣も解任というのが必然の流れだと思いますが、また一からのスタートになってしまうのでしょうか
    ?昨日の試合も攻撃の姿勢は感じられたものの形にはなっていなかった様に思います。協会・監督・選手が同じ方向性をもって戦って欲しい。W杯招致も大切かもしれませんが、何よりもジャパン強化を!

    投稿: ファイブエイス | 2005年6月20日 13:51

    アイルランドやっぱり最高ですね。
    真剣勝負でした。
    試合後 息子たちはアイルランド選手に サイン 写真 攻めでした。

    1つだけ。バックスタンドの応援
    勘弁してほしいです。
    トップリーグならまだしも
    テストマッチにはふさわしくないような
    ジャパン アイルランド
    入り乱れて観戦したかった。
    それがラグビーのテストマッチじゃないのでしょうか。
    僕が古いのでしょうか。
    息子たちも
    「ラグビーの応援て違うんじゃないの」 と
    息子たちにどう答えればよいのか。
    あの応援がジャパンサポーターの目指す方向性なのであれば
    次回からは指定席に逃げなければならないのでしょうね。

    投稿: マヌーサモア | 2005年6月20日 13:50

    これが今の日本の実力かな・・・。
    でも、昨日の試合は、"over30"ベテラン選手のプレーに感動しました。
    あの力を皆で共有出来た時、日本は強くなると思います。
    色んな思いを選手の皆さんは持っているハズ。次への力にしてください。
    昨日の試合を見て、私はアイルランドのチームがとても好きになりました。
    あの姿勢、いいですね。

    投稿: kerogee | 2005年6月20日 12:13

    ジャパンの皆様お疲れ様でした そして村上さんも解説お疲れ様でした
    昨日の試合は負けはしても 先週みたくガッカリはしなかったです
    前半は確かに村上さんがおっしゃるように ひょっとしたら・・・という期待が湧きましたが

    試合始まった途端 アイルランドの気迫を感じました
    相手も真剣だって もちろんジャパンの姿勢も

    観ている側は好きな事言えるんですが 選手たちは精一杯やってるんですよね
    昨日みたいな試合を先週も観たかった というのが本音ですが

    村上さんも赤の服を着てたのにね。。。
    矢野さん冷ややか

    投稿: アラレ | 2005年6月20日 07:08

     相変わらず気の早い話で恐縮ですが、ヨミウリon lineによるとスペイン代表を招致したとの情報。
     お暇なときで結構ですので詳細情報ならびに実力度を教えて下さい。

    投稿: 瑞穂 | 2005年6月20日 07:07

    いつも更新お疲れさまです。
    今日、観戦に行きました。
    特別なことをせずに勝てるアイルランドの強さを感じました。
    『勝つための約束事』。小さい基本の積み重ね。その良いお手本を見せてもらった感じです。ラインに詰まったら楯を突き、横、後にいる選手は必ず最初に入る。足をかき続ける。外に対応されたら、近場で勝負する。蹴ったボールは追う。密集に一番近い選手は、相手ボールの最初に触る選手にプレッシャーを掛ける。寝たらすぐ起きる・・・主力が欠けているとは言え、勝つ、強いチームのあり方をみせてもらいました。
    JAPANも、今日はとても勇敢で、誇りに思えました。

    投稿: J.デービス | 2005年6月20日 01:45

    村上さんもお疲れ様でした。
    秩父宮行って 声を枯らして応援してきました。
    感想は村上さんのおっしゃるとおりだと思います。
    試合後 選手達は時間が無かったようですが、ファンの所に来てほしかったです。
    今後に期待です。

    投稿: さんぼ | 2005年6月20日 01:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4627958

    この記事へのトラックバック一覧です: 健闘かもしれないが…:

    » 日本代表*アイルランド代表@秩父宮ラグビー場 [メッシナ商会業務日報]
    日本代表18*47アイルランド代表@秩父宮ラグビー場 長居での第1テストが12−44で、今日の秩父宮での第2テストが18−47。結果だけをみればほとんど同じ点差となった。ジャパンはスクラム、ラインアウトともにセットプレーが安定しており、またペナルティからの速攻もいくどかチャンスになり、メンバーを入れ替えて戦術の練り直しも出来ていた。退屈なキッキングゲームになった第1戦を受けて修正を施しある程度の成果を得たわけだが、勝負事は相手があることなので同じくアイルランドも修正をしてきた。アイルランドは... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 01:05

    » もっと突き刺され [OMOTEYOMI!!]
     キックオフ直前に秩父宮ラグビー場に入った時、久々にたくさんの観客で賑わう秩父宮ラグビー場を見た。嬉しかった。今日はアイルランド代表と日本代表が戦うということもあり、海外からも沢山のラグビーファンが集っているようだった。公式の発表では14,913人。  日本代表の試合を応援するということよりも、僕は、村田瓦(ワタ)選手の日本代表引退試合を観戦しにきたのだ。だから僕の今日の格好は赤というよりも、青。日本代表を応援するということも無かった訳ではないので、靴と手帳だけは赤を取り入れてみた。  頑張れ日... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 02:17

    » JRS活動日誌 6,19@秩父宮 [RWC2011日本招致組合 Blog]
    昨日行われたジャパンとアイルランドのテストマッチについて。まずは、赤服キャンペーンに参加していただいた皆様ありがとうございました。またバックスタンドでの応援活動に参加していただいた方々ありがとうございました。いつも以上の気迫で緑に立ち向かっていったジャパンの選手達... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 12:04

    » [Sports] 攻める姿勢は見えた [k@tu hatena blog]
    リポビタンDチャレンジ2005 日本vsアイルランド(18-47)秩父宮ラグビー場 本当は見に行きたかったが、やむなくテレビ観戦。秩父宮はよく入ってたね。フォワードにヤマハの人間を集めたり、ハーフ団を経験豊富な村田・廣瀬のコンビにするなど、結果を出そうとしているのがよく分かる先発だった。 前半は早々に2トライ奪われて、こりゃ駄目かなと思ったが、その後は持ち直した。そして34分にターンオーバーから大畑が独走トライ。ゴールも決まって10-14。このトライはいいトライだった。敵ボールを奪ってからの動... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 13:53

    » [sports]アイルランド代表来日シリーズ [werebearの日記 - a devout heretic -]
    JPN 18-47 IRE 実力差通りの点数、といっていいのかな。前半最初に二つ取られてからは割と日本もいい感じでボールをキープできていたし、大畑のトライで点差を縮めたところでは明らかにアイルランドがへばっていたように見えた。ああそれなのに…。高木がシンビンを食らったプレーはちょっと納得がいかない。反則の繰り返しということなんだろうけど、先にアイルランドのほうに反則があったように見えた。リプレイを見たわけでないからはっきり良く分からないけれど。他にも反則の見落としがいくつかあったと思う。そもそも今回... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 19:01

    » ジャパン、アイルランドに連敗  [やまけんのひとりごと]
    19日、秩父宮で行われた、ラグビーの国際親善試合、リポビタンDチャレンジ2005・アイルランド戦の第2戦。春の日本代表テストマッチシリーズの最終戦となるこの試合は、萩本ジャパンが、3月下旬のフランス合宿から続いた強化の集大成を披露する一戦。 世界ランキング16位の日本は7位のアイルランドに奮闘するも18-47で破れ、連敗しました。 桜のジャージの季節は終わりますが、ここで得られた収穫と課題を次にどのように生かしていくかが大事だと思われます。... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 20:04

    » 最後も大畑 [酔いどれ日記]
    淡い期待を胸に赤いシャツを着て行った日曜日の秩父宮。 そこで見たものは毎年同じパターンを繰り返すジャパンの姿。 まるでここ数年のテストマッチのTVRを再現しているよう。 同じような試合展開で同じような失望感・・・ かろうじて大畑の2本のトライで盛り上が...... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 21:36

    » シーズン終わって日が暮れて…… [RIKIMARUBLOG]
    昨日のアイルランド戦。 その日、僕はまるで遠足を前にした子供のように 落ち着きの [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 21:53

    » Bridge Over Troubled Water [RANTA☆CRAZYの一発逆転]
    日本代表対アイルランド代表 『いや→あぢいぜ!』行ってきました秩父宮ラグビー場。 駅から競技場に行く途中にいるダ○屋に不謹慎ながら今日はそんなに入場者が多いのかと少し嬉しくなる。昼間からビールを呑んでる緑のジャージ着込んだアイルランドサポーターのオジサ... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 22:16

    » ベテランの活躍は嬉しいのだが [petit buffle &petit tigre ]
    アイルランドvs日本。 ビデオの調子が悪くてJAPANの試合、後半15分以降は見れてない orz。 見た部分だけとりあえず感想。 ちなみに参考にしたブログは村上さんと、ライブドアブロガーズの鯉人魂さん(おつかれ〜)、PLANET-SURFさん(まいど〜)、RANTA☆CRAZYさん(ろけんろ... [続きを読む]

    受信: 2005年6月20日 23:21

    » ちょっと気になる「CANTERBURY OF NEW ZEALAND」。 [ようこそO家の館へ]
    ラグビーに縁の無い人にはちょっと聞き慣れないブランドかも知れないが、ラグビー界で [続きを読む]

    受信: 2005年6月22日 21:42

    » 対アイルランド 第2戦の結果。 [ココロミ]
    あー、書きたい、書きたい、対アイルランド戦の結果。まだ録画も見てないっ。かなり記憶もオボロゲになってきた。でも、もうここは勢いで書いてしまわないと、次の記事が上げられない~。 19日(日)秩父宮で行われた【リポビタンD チャレンジ2005】第2戦、日本代表対アイルランド代表は、18対47でアイルランドが勝利した。 【結果】 ●日 本 18点     (前半10点:1T1G1PG0DG、後半8点:1T0G1PG0DG) ○アイルランド 47点     (前半14点:2T2G0PG0DG、後半3... [続きを読む]

    受信: 2005年6月25日 04:34

    « 廣瀬選手と昔話 | トップページ | 一日たっても残念 »