« 健闘かもしれないが… | トップページ | 再びスティーラーズ »

一日たっても残念

chichibu

日曜日の夜にアップしようとして忘れていた写真です。日本対アイルランド戦、キックオフ30分前、どんどん観客のみなさんが入ってくるのをメインスタンドの一番上から見てました。JSPORTSのリハーサル直前、客足が伸びているかどうか見るのは、僕の楽しみの一つです。この時は、きょうは2万人近く行くかな? とワクワクしてました。

月曜日のアクセス数はいつも週間1位なのだが、先週の月曜日は驚くほど多かった。きょうも多かったけど、先週ほどではなかった。たぶん、先週は「こんなんでいいの?」って、疑問符が付く試合で、今週のはある程度ほっとした人が多かったのかなぁ。でも、たくさんのコメントありがとうございます。いろんな意見があったね。「キックが使いにくい雰囲気が、、、」という意見もあったけど、いかに有効に蹴るかが大事かは選手達も分かっていると思う。

第一戦。アイルランドの防御背後へのキックは上手くいったのに、日本のはボールを渡すだけになってしまったのはなぜだろう。それは、アイルランドは前に出ながら仕掛けて蹴るのに、日本はボール保持が苦しくて蹴っているから。つまりプレッシャーをかけながらのキックと、浴びながらのキックの差が歴然としていた。第2テストでは、廣瀬が前に出ながら防御背後にキックを上げたシーンがあった。ああやって相手を前に引き寄せて蹴ることができればチャンスになるんだよね。僕も、「キックが悪なのではない」という意見には同意します。

僕の試合の感想はきのう書いた通りなんだけど、今回のアイルランドには勝ちたかったなぁっていうのが正直なところ。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは4年に1回しか結成されないから、ホームユニオン(イングランド、スコットランド、ウエールズ、アイルランド)の代表チームが主力抜きで来日するのは4年に一度しかない。しかも、その年にホームユニオンが来てくれるかどうかも分からない。今回も結局、89年のスコットランド以来、16年ぶりになった。その上、この日曜日は野球の試合が少なく、スポーツ紙は紙面のスペースが余っていた。実はラグビーのアピールには、千載一遇のチャンスだったわけだ。

それってね。ほんとは狙うべき試合ってことなんだよね。昔のことを出して申し訳ないけれど、89年のスコットランド来日の時もライオンズの遠征と重なっていた。そして、日本代表監督の宿沢さんは来日のずいぶん前から「勝ちます」と宣言した。当時の実力差からいって、報道陣からは失笑すら漏れるコメントだったが、宿沢さんは大まじめだった。主力抜きのスコットランドなら勝てると踏んだからだ。そして、実際に勝った試合後「お約束通り」と言ったのは、カッコよかった。今回もこれと同じことができる相手だったと思うし、宣言するべきだったと思う。そうすれば、サポーターの期待感も膨らむし、勝つためのプランはもっと詳細に練られただろう。お客さんは、2万人を超えたと思う。

ここで気になるのがIRBの世界ランキングだ。現強化委員会は、3月時点で世界ランキングによって日本の位置を示した。そして、アイルランドには、「勝つ」とは言わず「チャレンジ」という言い方になったわけだ。確かに初めてラグビーを見る人には、ランキングによる説明は分かりやすいし、僕ら報道陣も便利に使わせてもらっている。でも当事者は、自分たちで分析するべきなのではないのか。

たとえば、6月20日現在、アイルランドは7位、日本は16位だ。しかし、僕の18年間の取材の実感でいけば、12名がライオンズに取られたアイルランドは、現在11位のイタリア、12位のサモアには勝てないだろう。ということは、13位のカナダの上あたりの実力だということだ。そして、日本は、14位のウルグアイ、15位のアメリカと同等以上の地力があると見る。ということは、十分勝利を狙える相手だということになる。IRBのランキングは、試合結果で計算されるので、試合数が少なくて強いチームとしかやっていない国には不利。トンガが20位にいることがそれを端的に表している。充実したトンガには、日本も勝つのが難しいからね。

だから、今回のアイルランドは「格上」と言わず、「力は変わらないので勝ちますよ」と言っていいんだと思う。少なくとも当事者は。そうやって、選手の士気を高め、サポーターを盛り上げる。その中で、前半10-14があれば、もっともっと盛り上がっただろう。そういうことがラグビーの注目度を高めるには必要なんだと思う。そこまでやった上で、ギリギリ負けてもサポーターは理解してくれるはずだ。これからの強化委員会には、そうやって日本ラグビーを引っ張っていってもらいたい。頼みますよ、ほんと。

明日は、あるチームの取材に行きますので、情報アップします。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 健闘かもしれないが… | トップページ | 再びスティーラーズ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    全く、皆さんの言うとおりだと思います。
    プレーするだけでなく、観戦しても、燃えるスポーツはラグビーだと思っています。先日には、タモリさんも「ラグビーだけはテレビで見ていても興奮してしまうんだよね」というようなことを言っていました。
    これからしても、第2戦も地上波で放送する努力を協会はなぜしないのでしょうか?
    その番組としても、単に試合を放送するのではなく、ラグビーの面白さを伝える工夫が必要と思います。
    ところで、協会の会長に森元首相がなりましたが、どう思われますか?
    かつて、議員達が代表のユニホームを着ている姿をニュースでみて、「なんだかな」と思ってしまいました。選ばれた人のみが袖を通す資格があるのでは!
    にしても、会長になったのだから、ラグビーの発展に努力して欲しいものです。また、周囲の人も、会長にさせたのだから、努力させるべきです。
    第2戦を都合で見に行けなかったことがいまさらながら、悔やまれて、悔やまれて……
    取り留めないですが、思っていることです。

    投稿: 通りすがり | 2005年6月22日 12:54

    ランキングの話は藤島大さんも何処かで言っていたと思いますが、首脳陣が相手を過大評価する発言をしていたのは僕も寂しく感じました。それが選手に伝染して消極的なプレイに繋がってしまったと言うのは言い過ぎでしょうか?
    その中でも選手の奮闘には感動しましたし、これからも応援して行きたい気持ちでいっぱいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年6月21日 23:32

    ほんと日本協会にはもっとラグビー人気回復のためにいろいろと努力してもらいたい。第1戦の長居を観戦して感じたことは、まず会場だ。確かに長居は5万人近く収容でき立派なスタジアムだがトラックがありピッチが遠い。試合の迫力がかけピッチとの一体感が沸かない。また今の現状では5万満員になることはなかなか考えられずかえって空席が目立ってしまう。やはりラグビーファンは大阪なら花園で開催してほしいはず。それと細かいことだがテストマッチの盛り上げ方があまりにも下手である。3年前NZにトライネーションを見に行ったのだが(NZvsSA)試合前の盛り上げ方には感動した。試合1時間前位からマオリ族の火踊りのショーが始まり観客を飽きさせないパホーマンスが行われ会場が盛りあってきたところにALL BLACKSがさっそうと入場しボルテージは最高潮に達する。日本の試合はそういうセレモニーが乏しい。せめて国家斉唱の良く聞こえないテープでの斉唱はやめてほしい。W杯誘致のフラッグも小さすぎる。こういった細かい配慮が 会場へと足を運ぶ要因であることをサッカーを見習いながら是非変えてほしいことだ。今JAPANを強くするには日本中の注目を受け国全体が盛り上がらなければならないことに早く協会は気づいてほしい。

    投稿: ラグ馬鹿 | 2005年6月21日 12:43

    JAPANは常に勝ちにこだわらなくてはダメだと思います。
    当然 選手は勝つ気でやってる事は分かりますが、、、
    ファン、協会も一体となって スタンドを真っ赤にして ホームなんだ というアドバンテージを最大限に利用するような仕掛けを 協会が先頭に立ってやって欲しいな、、、

    投稿: さんぼ | 2005年6月21日 11:26

    いやぁ生で見ましたが残念でした。

    試合を見ていて疑問に思ったのが背番号の入っていない選手(両国とも)がプレーしていましたよね?日本だと村田選手かな?なんで背番号の入っていない選手が試合にでられるのでしょうか?教えていただけると幸いです。

    投稿: issa | 2005年6月21日 07:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4642861

    この記事へのトラックバック一覧です: 一日たっても残念:

    » 村上さん JSPORTSさんありがとう [RWC2011日本招致組合 Blog]
    村上さん、そしてJSPORTSさんありがとうございました。村上さんが中継で赤いシャツを着てくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。でもさすが村上さんです。たまにはこちらにも顔を出してくださいね。JSPORTSさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。中継では何度も僕達を映してくれまし... [続きを読む]

    受信: 2005年6月21日 02:00

    » どう 応援すればいいのだろうか? [らぐびーあにまる]
    6/19 ラグビー アイルランド 対 日本代表は 47-18で敗れてしまいました。代表や首脳陣の批判などは 当然出てくることで、きちんと 考えて次へ進んでほしい。我々ファンも 応援の仕方を良く考えて JAPANをサポートするべきだと思います。ファンが試合前から...... [続きを読む]

    受信: 2005年6月21日 14:14

    » まだまだ練習中 [瑞穂のラグビー好き]
     人のブログにコメントするのは簡単でしたが、自分のとなるとまだ五里夢中ですね。{/hiyo_oro/} まあ、ぼちぼち覚えていくことにします。先輩の皆さん色々教えて下さいな。  さて、先日のアイルランド戦(もちろんラグビーの話しでっせ)前半はもしかしたらと 期待を持たせてくれましたが、やはり自力の差が出ましたね。シンビンの2本がなかったと してもトライ数2対5 これが今の実力でしょう。し�... [続きを読む]

    受信: 2005年6月22日 18:59

    » アイルランド戦の日本サポーター(JRS) [やまけんのひとりごと]
    もうすでにご存知の方は大勢いらっしゃるかと思いますが、JRFUメンバーズクラブサイトに『ワールドカップ招致への道』というコラムが連載されています。 今回のコラムは、19日の秩父宮で行われたラグビーの国際親善試合、リポビタンDチャレンジ2005・アイルランド戦の第2戦でよく見られた、日本サポーターについてです。是非ご覧下さい。... [続きを読む]

    受信: 2005年6月24日 00:29

    » 愛蘭戦を終えて〜継承したい“意地” [ふぇるまあた ぶろぐ]
    サッカーのほうはブラジルに引き分け!こっちはあんまりわからんけど、これはちょっとすごいんと違うの?それも、守りに守り抜いてカウンターで、というのではなく、日本なりの攻め方を持って戦った結果の2−2であったようだし。 大黒は、ラグビーをやっていてもきっとトライゲッターだろうなあ。足元のテクニックよりディフェンスを最後まで抜くことで光っている。あれならボールを持って走る競技でもいけるだろう。いい人材を黙ってサ... [続きを読む]

    受信: 2005年6月25日 00:08

    « 健闘かもしれないが… | トップページ | 再びスティーラーズ »