« お薦めマッチ_0601 | トップページ | 勝野大 »

海辺のカフカ

衣更えかぁ。きのうはポロシャツで一日中動いていた。会社辞めて良かったと思う瞬間である。ここ数日、日本代表のテストマッチシリーズに気持ちが行ってしまっていたけど、国内各チームの活動も盛んだ。

トップリーグでは、5月29日、ヤマハ発動機ジュビロが、トヨタ自動車ヴェルブリッツを33-28で破った。そのジュビロは、2005年度のチーム・スローガンを早々に決定。「Head & Heart Again」と、昨年のヘッド&ハートをもう一度採用する。この言葉の真意は、「成功するには知性的で情熱的でなければいけない」とのこと。ゲームメイカーだったレオン・マクドナルドがNZに帰ってしまったけど、SOには、パスワークのいい大田尾がいる。決定力抜群のブニンバカに、元NZオタゴ地区代表のブレンダン・ルーニー(6月2日、チームが表記をレイニーに変更)も加入した。楽しみなチームだね。

トヨタ自動車ヴェルブリッツは、先日、8月23日にニューカッスル・ファルコンズと対戦することを発表したばかりだが、今週末(6月4日=軍曹さん、ご指摘ありがとう。3日にしてました。ごめんなさい)は、NZ地区代表ノースハーバーと瑞穂ラグビー場で対戦する。ノースハーバーは若い選手が多いが、きっと来年のスーパー14でも活躍する選手がいるので、できれば見ておきたい。っていうか、見に行こう。はい、行きます。実は、ノースハーバーのビデオアナリストは、元ヤマハ発動機の浜村さんだ。ラグビー王国でも、その分析力は高く評価されているようで、いつか日本代表に関わってほしいな。ちなみに、トヨタは、水野、広瀬の日本代表組も出場するようだ。

各チームの動きのなかで、独自の路線を走っているのが福岡サニックスだ。昨年までの愛称「ボムズ」を、「ブルース」に変更。爆弾をイメージさせるボムズが、外国人の方々から不評だったことも一因みたい。ブルースは、空と青をイメージ。玄海にグラウンドを持つチームらしくて、いいね。

ブルースは、フランスラグビーの名伯楽クリスチャン・ガジャン氏がディレクターに就任し、ディフェンス・コーチ、ディフェンス総合コンディショニングコーチも、フランス人スタッフを招請。本格的に仏流導入に動いている。チームスローガンは、「WISE&WILD」。ワイルドなFWを備えながら、BKが変幻自在(ワイズ)に攻めるイメージを言葉にした。また、3名の日本人選手がイングランド、NZに留学している。

新加入選手も特徴がある。南アのナタールでプレーしていたLOジャック・ディーンの入団を早々に発表。そして、6月1日には、チェコ代表SOで、パリのレーシングクラブでプレーしていたマルティン・カフカ選手の入団を発表した。26歳で、182㎝、90㎏の大型BKだが、なんとこの人、「変身」などで有名な小説家フランツ・カフカは、曾祖父の従弟にあたるのだとか。これって、文学を愛する人たちには、大ニュースなんじゃないのか? しかも、このカフカ選手。かなりの男前の上に、チェコ語、スペイン語、フランス語、英語を話すのだとか。カフカが玄海グラウンドで練習する。これって「海辺のカフカ」じゃん。早く、会いたいなぁ。

サニックスが強くなると、九州のラグビーにもいい刺激になるし、トップリーグも活性化される。期待してます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0601 | トップページ | 勝野大 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、訂正ありがとうございます。
    ハーバーの選手を調べたら、CTBマイレイはトンガ代表で、SHナスミスとFBホワイトマンはNZUで来日経験があるみたいですね。
    HOダストゥとFBピシはそれぞれNZのU21とU19の経験者と将来性抜群の選手も居る様です(ピシは今季のU19!)。
    流石にNPCのチームだけあり、手強そうですね!

    投稿: 軍曹 | 2005年6月 2日 21:19

    村上さん、こんにちは。ハーバーの試合は6月4日ですよ!
    僕もはるばる瑞穂まで観戦に行きます。ハーバーで村上さんが御存知のメンバーは居るのでしょうか?
    トヨタは外国人に体格では引け劣らない北川&平塚のLOコンビに注目したいです!

    投稿: 軍曹 | 2005年6月 2日 12:46

    勝野選手は、日体大時代に、東芝の品川選手とCTB組んでいましたね。典型的なタテとヨコの組み合わせ。素晴しかったですね。神鋼での活躍が楽しみです。

    投稿: エンドー | 2005年6月 2日 08:52

    更新ご苦労様です。

    いつか伺おうと思っていたのですが、今回話題に上がったので、質問させて頂きます。
    何故今年は、海外有力クラブチームが来日することになったのでしょうか?W杯招致ですか?日本によいマネージメント会社?IRBの普及うの一環?昨秋の、日本代表の結果もあり、今回のこの来日は疑問を感じていました。(生で観れることは、凄く嬉しい。)

    有力クラブの来日は、来年以降も、選手の皆さんには、キツイでしょうが、ファンにとっては、とても望ましいことなので続けて欲しい。また、この春に代表に選出されなかった選手にとっても、良いアピールの場になるだろうし、しかも、ひょっとして海外クラブの目にもとまって・・・ということも考えられますしね。

    うわぁーなんか楽しくなってきた。
    トヨタ、NEC、期待してます。

    投稿: J.デービス | 2005年6月 2日 07:17

     勝野選手、当たりが強くていい選手でしたね。トヨタとしては、敵にするには厳しい相手かも。
     さて、今週末いよいよノースハーバー戦です。もちろん瑞穂へ行きますので
    もし時間が合えば村上さんとお話しできたらなあと思ってます。
     広瀬選手、水野選手の参加があるならかなり期待できると
    思いますが、フラベルは、ロムー15に出るみたいですね。
    その分ティアティアが選手権のような獅子奮迅の動きをしてくれることを期待してます。
     北川選手のキャプテンシーにも期待、頑張れトヨタ
     

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年6月 2日 07:14

    勝野大選手は、僕の記憶に寄れば、岡谷工業、高校日本代表、その後日体大に進学し、トヨタに就職しました。スピードとフィジカルの強さは抜群だった記憶があります(180cm90kgくらいサイズがあったはず)。パスワークなどは、よく覚えていませんが、とにかくフィジカルの強さが光っていました。海外でしばらくやっていたということは、当然フィジカルの強さが認められてのことだと思います。神戸で伝統芸のパスワークを身に付ければ、すばらしい選手になると思います。今神戸が求めている、痛くて、泥臭いところをやってくれるような選手だと思います。期待ですね。

    投稿: サポーター | 2005年6月 2日 03:16

     こんばんは。ジャパン残念でしたね。今回のスーパー杯はなんか全体的に「もどかしい」と感じました。アイルランド戦はたとえライオンズに主力や監督が取られているとしてもやはり6ネーションズのチームなので厳しい戦いになるでしょうが、結果はともかく見ていてジャパンの目指している方向性に「納得」できるような試合をしてほしいです。
     かなり、前置きが長くなりましたが今日の日記はトップリーグに関するものなので質問があるのですが、今年トップリーグの日程発表が昨年に比べてかなり遅い気がするのですがいつ発表なのでしょうか?昨年なら5月中に発表されていたはずですが、今年はまだです。
     あと、昨日神戸は日体大からトヨタに入って数年前からNZなどに行っていた元代表のCTB勝野 大(「だい」と読むのでしょうか、「まさる」と読むのでしょうか)という選手を1年契約で獲得したそうですが、どういう選手か教えていただきませんか?この選手が元木選手とのレギュラーCTBで使えるくらいのいい選手ならエース・大畑選手をCTBではなく「本職」のWTBで使えるので気になります。よろしくお願いします。

    投稿: 神戸ファン | 2005年6月 2日 02:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4374881

    この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のカフカ:

    » 『勝てる組織』になるために [やまけんのひとりごと]
    チームが勝ち続けることは大切であり、負けずにいるに越したことはありません。ただ、負けるのは絶対よくないかというと、必ずしもそうとは限らないと僕は思っています。 ラグビー日本代表は毎年遠征に出かけては、アウェーで現地の強豪チームと試合を組んでもらいます。また国内のホームでも格上のチームとの試合を組んでもらいます。 なぜでしょうか。それは負けて課題を出すためです。このことは、ビジネスにも応用できることなのです。... [続きを読む]

    受信: 2005年6月 2日 17:35

    « お薦めマッチ_0601 | トップページ | 勝野大 »