« 雨の京都で物思う | トップページ | パブリックビューイング開催 »

勝てない日本

irland

試合後の記者会見。中央が、来日したアイルランド代表のオドノバン監督。右がSHストリンガー。世界トップレベルでは最小SH。170㎝、70㎏。

6月12日 長居スタジアム
アイルランド代表 ○44(4t3g6pg)-12(4pg )●日本代表

日本はノートライだった。この試合に関しては情報が多いと思うので、感想だけ書きたい。詳しいレポートは、ラグマガ8月号(6月25日発売)に書きますね。

きょうは、JSPORTSで藤島大さんと解説だったのだが、試合中にフラストレーションがたまった。ジャパンの戦い方を見ながら、本当に勝とうとしたのか、はなはだ疑問だったからだ。ディフェンスは粘った。しかし、スーパーカップ決勝戦のカナダ戦と同じく、攻撃選択の大半はパントキック。防御背後に蹴ってディフェンスを破ろうという積極的なキックもあったが、多くは攻め手がなくなってのキック、または最初から陣地を取ることだけを考えたキックだった。そこには、スペースを有効利用するフランス流導入とはかけ離れた、接戦狙いのメンタリティーが透けて見えた。選手たちが持てる力を出し切って、生き生きと戦っているようには、どうしても思えなかった。

試合後、箕内キャプテンは、「スコアボードがすべて」とコメントした。その通りだと思う。ジャパンは完敗したのだ。

アイルランドは、主力12名をブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのNZツアーで欠いていた。個人技で均衡状態を破る選手は不在で、ひたすら愚直にボールをつなぎ、タックルを繰り返す生真面目な戦い方だった。ジャパンがつけ込めるタイプのチームだったのだ。だからこそ、チャンスでことごとくボールを蹴ってしまったジャパンに落胆した。ボールをしつこく動かせば、湿度の高さに消耗していたアイルランドは苦しかったはずだ。このスコアで、もし首脳陣が満足しているとしたら、大きな間違いだと思う。この試合はアイルランドでもテレビ放送されている。日本がチャレンジャーなのに攻めなかったことは、印象が悪いだろう。ボクシングのタイトルマッチでいう、手数の少ないチャレンジャーのようだった。試合後、客席から「テストマッチだぞ~、攻めろよ!」と罵声が飛んだ。「どうして、ジャパンはキックばかりなんですか? 萩本さんに言っておいてください」と僕に不満を言うファンの方もいた。

攻めなきゃ、勝てないよ。もう何度も書いた気がする。ここ数試合続いた手堅い戦い方を見て、昨秋の欧州遠征の後遺症のような気がしてならなかった。大敗を怖れてリスクを避ける安全策である。だが、ファンが求めているのは、そういうことではない。どんな強い相手にも果敢に向かっていく姿勢だ。乱暴な言い方をすれば、点差なんてどうでもいいのだ。後半30分を過ぎてからは、確かに攻めたが、試合が決まってからでは遅い。最後の10分に勝負をかけるのは、僅差勝負している試合である。点差を開けられているのに仕掛けないのは、勝利を放棄していることと同じだ。先手先手で攻めなければ、勝てるはずがない。個々の選手が頑張っているだけに、勝つためのプランが準備、そして整備されていないのが残念で、残念で、泣けてくる。選手たちの力を結集させて、感動的な試合に結びつけるのが、コーチングスタッフの仕事だと思う。

最終戦は、萩本JAPANの集大成として、選手が持てる力を出し切れるゲームプランで臨んでもらいたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 雨の京都で物思う | トップページ | パブリックビューイング開催 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    TV観戦でしたが、あまり闘志の感じられない試合でした。19日はせめて1トライでもいいので決めて欲しいです。

    すみません、間違って二回TBを送信してしまいました。お手数ですが、どちらかを削除願います。

    投稿: 百合川みどり | 2005年6月14日 01:56

    セットに尽きますね。
    後半25分のPGの選択は
    「費用対効果ならぬ時間対効果の観点から正しい選択だった」
    と言い切ってしまう事も可能でしょう。
    しかしあのセットの精度の低さ、弱さ
    には言い訳のしようがありません。
    今時マイボールのラインアウトが確保
    出来ないなんてサッカーのPKはずす
    位に恥ずかしい話でしょう。スクラムを押したり回したり自由自在だとしたら
    ノックオンもスローフォワードも大半帳消しに出来てしまうわけです。
    モールラックも悪いですよね。
    数字を見てませんがターンオーバーも随分と多かったのでは?
    今時はゲインが出来なくても辛抱強くマイボールをリサイクルし続けなければならない
    のですが、出来ない、出来そうも無い、
    だから蹴らざるを得ないわけです。
    頼むFW、奮起してくれ!

    観客席は悲しいくらいにモラルが低かったです。ファンも全く我らが代表を信頼してない、期待してない。
    「どうせ負けんねんから・・」という声、
    聞こえよがしにアイルランドを応援する連れのいない関西弁・・。
    何故蹴るのか考えることも無く「ワンパターン」と切って捨てる子供。
    みんな期待を裏切られるのが怖くて予防線を張ってるんだと思います。
    サッカーの日本代表の試合にこんな雰囲気は無いでしょ?今をときめく千葉ロッテの応援もこうではないです。
    悲しい一日でした。あまりに悲しかったので長々と・・。

    投稿: ガリーオーエン | 2005年6月14日 00:23

    昨日のアイルランド戦、私にとってはW杯を世界最速できめたサッカーよりも数段楽しみにしていたテストマッチでした。久しぶりのJAPANの観戦にわくわくしていましがはっきり言って昨日の試合には失望と怒りさえ覚えました。格上の相手に対して、前半からチャンスというチャンスで速攻する姿勢も見せず、PG狙いばかりでほんとつまらない攻撃ばかり。それでも点差のさほどついていない前半はしょうがないかと納得していたら、25点差ついた後半25分にもなんとPGを狙うではないか。周りにいたサポーターのほとんどが眼を疑ったはず。
    今回の試合は春先から南米遠征や合宿を繰り返し相当な準備を積んでいただけに今のjapanは何をしたかったのか疑問でしょうがない。80分間で強い相手に立ち向かう直向な姿勢はほとんど感じられず、20年来のラグビーきちがいの私でさえもう応援するのをやめようかさえ思える試合だった。 さらに試合後の萩本監督の意図した作戦だったというコメントに怒りさえ覚え、はっきり言ってフアンの気持ちを無視したこのような指導者は早く交代しないと日本の未来はないと思う。 ときびしく思う私はなによりラグビーを愛し今のラグビー人気の陰りを何より寂しく思っているがゆえに、思える心境かもしれない。とにかく、2011年W杯日本開催のためにも来週の秩父宮は誰もが納得できる試合をして欲しい!

    投稿: ラグ馬鹿 | 2005年6月13日 23:18

    試合開始から何か”重たい”感じがしていたので嫌な展開にならなければと思って見ていました。
    予感的中。あの試合内容はまずい。
    これまでしてきたラグビーをやって負けたのであれば負けたなりに収穫はあったと思うのですが・・・。
    ショックです。言葉が出てきません。
    せめてセカンドテストマッチは良い試合にして欲しいと思います。

    投稿: チロ | 2005年6月13日 21:28

    村上さん、初めまして。
    アイルランド戦はテレビで観戦しました。
    何故か試合前から勝つ雰囲気が感じられなかったのが残念です。選手達が自信なさげというか(;_:)
    私の個人的な見解ですが、番狂わせの試合というのは試合前から感じられるものだと思うのです。古くは89年の日本対スコットランド、最近では第五回W杯準決勝(豪州対NZ)など…。

    日本は数少ないアタックを行き詰まってキックしていましたね。日本の攻めはすぐに分かるという海外のコーチがよく言う事が理解できた試合だったような気がします。見ていても、キックするなぁというのが分かってしまいました。
    正直言ってワクワクしない日本のアタックに対して愚直なまでのアイルランドのアタックの方が楽しかったです。

    来週こそは、今年最後のテストマッチを飾るにふさわしい試合を見たいものですね。試合に出た選手が泣くような…ね。

    投稿: ANZAC | 2005年6月13日 21:06

    長居に行ってきました。はっきり言ってSOの人材です。まだ、森田では勝てない。贔屓も入っているが、廣瀬でいって欲しい。少し、記事を書きましたのでTBさせていただきました。

    投稿: IXY-nob | 2005年6月13日 12:59

    19日の奮起に期待です。
    19は秩父宮へ行く予定です。
    絶対 やってくれると信じています。
    頑張れ JAPAN!

    投稿: さんぼ | 2005年6月13日 12:39

    アイルランドのミスにも助けられ、スコア的には整える事が出来ましたが、やはりノートライは寂しかったです。新聞の記事では村田選手・元木選手のコメントが掲載されていましたが、他の選手のコメントも入手しましたら、是非とも紹介をお願いします。試合後のインタビューでは箕内主将のとても悔しそうな表情もありましたし、怪我から復帰のマキリ選手や初キャップの富岡選手の活躍もありましたので、次戦は期待をしたいと思います。

    投稿: 軍曹 | 2005年6月13日 09:40

    チョットがっかりな試合でした。前日にマオリ VS ライオンズを見たからでしょうか?japanのボールに対する執着がないように見えました。もとチャレンジャーとして攻撃して欲しい。

    投稿: FL7 | 2005年6月13日 08:12

    昨日の試合、消化不良でした。前日にマオリ&ライオンズを見たからでしょうか。いつも思うのですが、ボールに対する執着がジャパンには少なくみえてしまいます。ゴール前のディフェンスなど。。

    投稿: FL7 | 2005年6月13日 08:06

    勢い込んで見た試合 ガッカリでした
    ジャパンのいいところほとんど出てなかったような
    相手チームの主要勢力が欠けて あの試合
    ジャパンは完全に飲まれた事でしょう

    村上さんのボクシングの例え 上手いと思いました
    そういう試合は観ていても 歯がゆくってしようがない

    負けて元々で攻めて点が入らないのは 次に繋がると思うのですよ
    しかし昨日の試合じゃぁね
    蓑内キャプテンの言ったとおりだと思いました

    来週までに立て直して欲しい

    投稿: アラレ | 2005年6月13日 07:14

    こんにちは。村上さん

    ジャパン対アイルランドは観戦できなかったのですが、みなさんのコメントなど読むと、キック主体の試合だったとか。
    パスがつながらない試合は、みていてつまらないですよね。
    ジャパンは、どうしても練習する時間が少ないのでしょうか。
    それとも、キックで陣地を獲得していこうというのが作戦だったのでしょうか。


    NZ MAORI対ライオンズ戦もTV観戦だったのですが、こちらは、しごかったです。
    感動しました。
    自分の好きなチーフスの選手が多いせいか、友達のジムがコーチをしているからか、NZ MAORIには思い入れが強く、なんか身内ががんばってるみたいな気持ちでみてしまいます。試合前からジョノ・ギブス選手の目つきがいつもと違いました。
    彼は、いつでも穏やかで、ファンにも優しく、冗談好きなにいちゃんなのですが、ライオンズ戦の彼は、違いました。そういう気迫や闘魂というもので、ライオンズに勝っていたような気がします。
    マーティ・ホラーの職人ぶりも、健在でした。
    また後半、スペンサーがはいったことで、若手のウェプやマッカリスターがかわりました。さらに動きがよくなりました。
    ファーストファイブエイトのあの位置に、信頼のおけるベテラン選手がはいり、若手にちょっとしたアドバイスを与えることで、違ってくるものなんですね。さすが、キング・カルロス。オーラが違います。
    試合後に、ジョノ・ギブス選手が大泣きしていたのを観て、一緒に泣いたファンは多かったと思います。
    前日に行われたオールブラックス対フィージー戦(91-0)より、ずっとおもしろい試合でした。

    投稿: Black Kiwi | 2005年6月13日 06:48

     長居で見て、J-SPORTを見直した感想です。
     得点はともかく、ジャパンの目指したもののかけらが見えなかったというのが率直な感想です。
     アイルランドは地味なプレーをひたむきにしてきました。しかもミスの多い試合で、おかげでこの点数ですんだがもっと差を感じました。
     マイボールのスクラムが出ない、ラインアウトが取れない、この2つが試合の方向を決めました。が、スクラムの弱さはこのチームになって
    何度も指摘されてます。何を今更、しかもテストマッチという真剣勝負で見たくない光景でした。
     次のテストマッチにわれわれファンはに何を期待すればいいのでしょうか?点数はともかく感動の味わえる試合は可能でしょうか?
     試合前に、リザーブに入っていない伊藤選手、辻選手、木曽選手にサインをいただきました。彼らがどんな気持ちで試合を観戦したのか?
    失うものがない次の試合、大敗してもいいのでラグビーの醍醐味、代表選手の凄さを出せる試合を切望します

    投稿: 瑞穂のタックラー | 2005年6月13日 05:38

    初めて書かせていただきます。
    長居スタジアムで見てきました。
    自分もクラブチームでプレイしており、われわれ選手たちの頂点に立つ代表チームにプレイヤーとしてラグビーファンとして思うこと、それは、
    代表チームの試合は、それを見る人に夢を与えるものであってほしいなあと言うことです。
    スコアは大事かもしれませんが、日本代表すげえ!と感じさせてくれれば、それでいいのになと思います。
    たとえば前回世界杯スコットランド戦、負けはしましたが、ジャパンすげえよ!
    さすが代表だよ!と目をうるませてたのを思い出します。

    僕はアイルランドチームのストリンガー選手とまったく同じサイズなんですが、見ていてよーしおれもいいプレイするぞーと思わせてくれました。
    ヒーローたるべき代表チームは、元気と夢を見る人たちに。試合後に、NZマオリ代表ギッベス選手のしていた様な、満足げな表情を見せてほしいものです。わがままですかね。

    Jスポーツでの放送席で繰り広げられるマニアックな会話、いつも楽しませていただいております、打倒小林新緑郎
    !村上さんがんばってください。

    投稿: はまきち | 2005年6月13日 03:57

    マイボールスクラムでの反則の連続、手詰まり感のあるアタック、下げられた時のディフェンス、カバーリングetc・・・前戦のリプレイを観ているようでした。

    ハンドリングを除いたアイルランドの愚直に淡々、粛々とプレイしていく姿を、代表には観せて欲しかったです。差があり、それが難しいのなら、次戦への可能性だけでも感じさせて欲しかった。

    しかし、端から見ている私たちとは別に、選手達の感触はどうだったのでしょうか?『打つ手無し』『強い』だったのでしょうか?それとも、『イケるなぁ』『なんとかなるなぁ』だったのでしょうか?前者だとしたら、・・・ですが、後者だとしたら、村上さんの仰るとおり、開き直りでも何でもなく、果敢に行くべき、いや、行くだけだと思います。

    何卒、後者の感触でありますように。

    投稿: J.デービス | 2005年6月13日 03:29

    テレビ観戦しました。
    最近のジャパンの試合はストレスが溜まるばっかりです。格上相手に負けてもともとなんだからどんどんトライ狙って欲しかった。もうPGはいいよ・・・。
    試合開始前の国歌斉唱。ジャパンの選手ってほとんど歌わないですよね。なんでだろう・・・。

    投稿: ちぃ | 2005年6月13日 01:01

    はじめて書き込みさせてもらいます。

    私もキック主体の固い試合運びに虚しさを感じました。そういった試合の入り方は必要でしょうが、点差がついたらどこかでギアをいれてテンポを上げる必要があったはずです。後半20分あたりでPGを狙ったのには(結局得点は決まらず)心底失望しました。

    来週はもう開き直ってボールを大きく動かすゲームを試みて欲しい。

    投稿: | 2005年6月13日 00:49

    長居行ってきました。私も後半26分に25点リードされていて敵陣でペナルティキックをPGを選択した時は思わず「この期に及んで3点なんかいらんからトライ狙えよ〜」と言ってしまいました。あの時はシンビンで1人少なかったとはいえあの消極性には閉口しました。確かに村上さんのおっしゃるようにやはり昨年の秋の大惨敗が響いているのかもしれません。でも、フランス流の「シャンパンラグビー」をいったん取り入れたのならそれを信じてバックスで果敢に攻めないと意味ないですよね。
    かなり先の話になりますけど、もし2011年のW杯が日本に決まったとして6年後に、ニュージーランドやオーストラリアなどの「ラグビー超大国」はともかく、アイルランドやウェールズ級のチームに勝たないと決勝トーナメント進出は無いですよね。果たして今のペースでそのレベルにまで到達するのか非常に疑問です。自国開催で予選リーグ敗退なんてことになったら日本ラグビーは致命的なダメージを受けるのでは、と思うと6年後は少し早すぎるのでは、という感じもします。

    投稿: 神戸ファン | 2005年6月13日 00:48

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4530608

    この記事へのトラックバック一覧です: 勝てない日本:

    » 長居でJAPANを見てきたわけだが。 [petit buffle &petit tigre ]
    長居に行ってきました。 [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 00:40

    » 日本代表*アイルランド代表@長居スタジアム [メッシナ商会業務日報]
    ラグビー日本代表*アイルランド代表@長居スタジアム 完敗でした。見せ場なし。 終始余裕を持ってゲームをコントロールされていた。スクラムとラインアウトは共に試合序盤に猛烈にプレッシャーをかけられてその後も安定してボールを供給できず。後半はまだ少しはボールが出るようになったが、あれは相手が若干手を抜いていたからか? アイルランドは良い出来ではなかった。ハンドリングエラーも多く、動きも全体に重い。それなのにさらに輪をかけてジャパンの足取りも重い。ラインアウトに並ぶのが相手より遅いとはどうい... [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 00:42

    » スポーツ・カフェで観戦した日本VSアイルランド [ふぇるまあた ぶろぐ]
    おそらくは、先日のサッカー日本代表の北朝鮮戦では満杯になっただろうスポーツ・カフェDISCOPANTSで、ラグビー日本代表のアイルランド戦を観戦した。まずは何より、この企画を発案し計画実行した方々、そしてお店の方に感謝の意をあらわしたい。 これまで花園や瑞穂や磐田など東京以外での試合は観戦を諦めていましたが、今日、気持ちを同じくする方々と一緒にジャパンの大切な試合を応援できたことは特別な喜びでした。ありが�... [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 04:26

    » 12-44 う~ん…… [RIKIMARUBLOG]
    今日のアイルランド戦。 ジャパンはノートライの12得点で敗れた。 失点は44。 [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 12:41

    » 水滴を見つけると? [IXY-nob]
    朝はなるべく余裕を持って、家を出る。  途中にステキな被写体が待っているかもしれないから。  雨上がりの朝は特に早起き!  獲物に舌なめずり(笑) *ある雨上がりの朝(自宅から駅までなかなか着かない) ①咲き始めのサツキの前に広がる蜘蛛の巣(嫌いな蜘蛛の巣が輝いているなんて) ②「表面張力の強い葉の水滴がいいよ」って以前誰かがコメントをくれていた (水滴以外のシリーズの翌日は旱魃を潤す水滴です。  ハンドルネームのIXYは超小型のフルオートデジカメですが、... [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 13:00

    » ジャパン、ノートライでアイルランドに完敗 [やまけんのひとりごと]
    12日、大阪・長居スタジアムで行われた、ラグビーの国際親善試合、リポビタンDチャレンジ2005・アイルランド戦の第1戦。それは、勝ち負けよりも、アイルランドにフランス流のジャパンがどれだけ迫れるかがテーマの一戦。 世界ランキング17位の日本は7位のアイルランドにノートライに抑えられ、12-44で完敗しました。第2戦は19日、東京・秩父宮で行われます。... [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 19:26

    » チャレンジ2005 対アイルランド戦 第1回の結果。 [ココロミ]
    はぁ~あ。やはり、書かなければいけませんよね? きのうの日本代表 : アイルランドのこと。私の初遠征は、『ニガーイ思い出』になってしまったなぁ~。とほほっ。 12日(日)長居スタジアムで行われた「リポビタンDチャレンジ2005」第1戦 日本代表 対 アイルランド戦は、12 対 44でアイルランドが勝利した。 【結果】 ●日 本 12点     (前半9点:0T0G3PG0DG、後半3点:0T0G1PG0DG) ○アイルランド 44点     (前半26点:2T2G4PG0DG、後半18点:2... [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 21:26

    » 挑戦者の姿はどこへ!ジャパンVSアイルランド [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!]
    さっきジャパンVSアイルランドについて書いたが、 やっぱりラグビー好きとしてはもう一度書きたくなった。 [続きを読む]

    受信: 2005年6月13日 23:36

    » vsアイルランド戦 [★Irma Vepの謎2★]
    テレビ観戦でした。 [続きを読む]

    受信: 2005年6月14日 00:58

    » 【リポD2005/観戦記】日本vsアイルランド [RUGBY STATION]
    6/5に「よし!てめぇら気合いれてけ!」という記事を出した時の気分を見事に粉砕し... [続きを読む]

    受信: 2005年6月14日 18:32

    « 雨の京都で物思う | トップページ | パブリックビューイング開催 »