« 愛好速報!0703 | トップページ | 夏の花 »

1985の思い出

きょうは自分自身の思い出話である。瑞穂さんに「お題」をもらった1985年のことだ。僕は20歳だった。あの日のことは、忘れようにも忘れられない。

1985年11月17日は関西大学Aリーグの歴史に残る日になった。大学選手権3連覇中の同志社大学が大阪体育大学との全勝対決(ともに4勝)に敗れたのだ。スコアは、34-8。立ち上がりから大体大の強力FWが同志社を圧倒した。同志社は関西リーグで71連勝中であり、実に10年ぶりの黒星だった(滋賀県希望ヶ丘)。

当時の同志社は黄金時代だった。大八木、平尾らビッグネームが卒業したとはいえ、SH児玉、SO松尾、FB綾城ら才能あふれるBKに、PR木村、HO広瀬、FL杉本、NO8宮本など後に社会人ラグビーの軸になる選手達が揃っていた。

一方、雑草軍団の大体大選手にとって同志社戦に出ることこそ最高の名誉だった。この試合に出場できれば大体大に入った目的は達成できたと言っても過言ではない。試合前に、親に残す形見の写真として記念撮影している選手もいたほどである。この春にレギュラーをつかんだ僕も、心臓が口から飛び出しそうな緊張感の中で希望ヶ丘にいた。

試合前のウォーミングアップ。坂田監督が「きょうは調子いいんちゃうか」とつぶやいたことをよく覚えている。無心でボールを追い、タックルした。僕は京都生まれで同志社に憧れて育ったのでチームが圧勝ムードで戦っているのが信じがたかった。背番号15を付け、最後尾のポジションからなかば観客のようにFWの大攻勢を見守った。頼もしい仲間達の戦いはもちろん印象的なのだが、目に焼き付いているのは試合終了直後である。

スタンドで声をからして声援を送っていた100名を超える部員がグラウンドになだれ込んできた。いつもは、きつい練習に文句ばかり言っているヤツらがガッツポーズしながら走り込んでくる。どの顔も泣いていた。それを見たら涙があふれた。ブレザー姿の仲間が汚れることなんか気にせず、抱きついてくる。転げ回っているヤツもいる。同志社戦初勝利の歓喜は、想像を超えていた。

夜はなじみの店に集まって飲んだ。誰かが速報を伝える新聞を読み上げた。一文一文に歓声が上がる。翌日は、自転車に乗ってあらゆる新聞を買いあさった。どの新聞も無敵の王者の敗北を大きく取り上げていた。そのまま関西リーグで初優勝。大学選手権では1回戦で上田昭夫監督率いる慶應義塾に敗れたが、僕のラグビー人生のなかでも最も輝いていた時期だったかもしれない。宝物のような時間だった。

と、ここまで書いて思ったが、きょうと同じ日の思い出とか書けばいんだよなぁ。そういう書き方するとネタも増えるね。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 愛好速報!0703 | トップページ | 夏の花 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメント遅れて申し訳ありません。
    20年前の大体大対同志社戦ことですが、革命が起きたかのようなインパクトを受けました。当時の赤裸々なストーリーを読めて嬉しく思いました。村上選手の勇姿を映像で見てみたいなあ...

    投稿: エンドー | 2005年7月 7日 12:26

    読みながらちょっとうるっときながらこの試合のことを思い出しました。大体大選手の皆さんの涙のことも。

    投稿: 飯田橋 | 2005年7月 5日 15:41

    村上さん(大阪体育大学側)からの「同志社大学圧勝戦記」のコメントはとても新鮮でした。私は同志社の「、SO松尾【ワールド】&FB綾城【神戸】の二人は特に好きでしたから、茫然自失だったのを覚えています(なんで・・・しか言葉が出てこなかった)。

    投稿: こう | 2005年7月 5日 01:44

    とても感動した試合でした。歌って踊れるプロップ(現マツダの監督)が高校時代の2コ上の先輩だったこともあり必死で応援していました。あの時代の体大のラックは強烈でしたね。今でも目に焼き付いています。フォワードが固まりとなって、ブルドーザのように相手をめくり上げてマイボールにしていく。国内であんなすごいラックはその後、見たことありません。稲田の正確なパントもほれぼれするものでした。大砲はいないけど、職人の集まりのような体大はとても魅力的なチームでした。大学選手権の1回戦は大東大じゃなかったですか?

    投稿: 松平 | 2005年7月 5日 00:23

    すばらしいお話、感動しました。村上さんのこういった名勝負に触れてきた歴史がラグビーに対する情熱に、そしてすばらしい解説を作っているのだと感じました。
    余談ですが、先日某特撮番組に矢野アナが出演されていましたが、矢野さんのああいった一面もあの熱い実況につながっているのでしょうね。

    投稿: 島根 | 2005年7月 4日 16:35

     当時は下馬評に大体大有利の情報が何もない中、本当に無欲の勝利だったと思います。
     大体大が筋力アップしヘラクレス軍団として選手権で大爆発するのはもう少し後の話ですね。
     これからも時に触れて昔話もお願いしますね。
     私のBLOGでも思い出として年度別に振り返っていきます。

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月 4日 05:55

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4819649

    この記事へのトラックバック一覧です: 1985の思い出:

    » 小林深緑郎さんて何者? [瑞穂のラグビー好き]
     ラグビー中継を見ていていつも驚かされるのが、小林深緑郎さんの スーパーデータベース。まさにラグビー{/pc2/}ですね。  ジャパンはもちろん海外のラグビーをあれだけご存知なのはいつも感心して {/face_sup/} TV拝見してます。  で、本業は何をされている方ですか?ラグビー研究家ってあるのでしょうか? ラグビーの解説だけではないような気もしますが、どこかの大学で 「海外ラグビ�... [続きを読む]

    受信: 2005年7月 5日 05:16

    « 愛好速報!0703 | トップページ | 夏の花 »