« ちょっと気になる18 | トップページ | がんばっていきまっしょい »

ダニーボーイ

きのうのコメントに、NZ南島サウスランド代表入り目指して挑戦中の大久保直弥選手はどうだったのかというコメントがあったが、ラグマガに短信が載っていて、今季はサウスランド代表スコッドに残れなかったようだ。やはり厳しい世界だ。日本のラグビー選手の海外挑戦は苦難が続く。クラブではなんとかやれても十分な報酬は望めないし、州代表に選ばれるのは至難の業だ。体格差もあるが、トップ選手との差はラグビーの体に染みついたスキル(技能)だと思う。1969年の坂田好弘氏のNZカンタベリー州代表での活躍がいかに凄かったかは再評価されるべきだ。当時のカンタベリー州代表は、7名のオールブラックスを含む最強州だったのだから。

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのNZツアー第3テストマッチにプログラムが知り合いの方から送られてきた。ありがとうございます。なかにダニエル・カーターの下着姿のポスターの写真が入っていた。こちらもありがとう。みなさんにも披露しますね。どうよ。
050727-230400

トライネイションズ第1戦(30日)の南アフリカとオーストラリアのメンバーが明らかになった。南アフリカSOヤコ・ファンデルヴェストハイゼンはリザーブだ。残念。FBか?と思われたラーカムはグレーガンとハーフ団を組む。FBはレイサム。しかし、オーストラリアはメンバーが変わらないなぁ。ワールドカップで勝つチームは大会2年前くらいから不動のメンバーを組む傾向があるのだが、オーストラリアは長すぎないか? ちょっと心配。

さて、そのトライネイションズの最終戦観戦ツアーをJSPORTSが企画している。 「小林深緑郎と村上晃一」と行くツアーである。べったり一緒です。自分で書くのは恥ずかしいけど、この企画、もう5年目かな? 今年も完売間近で、あと一人だけ席が残っているとのこと。どなたか行きませんか? 一人部屋だと追加料金もかかってしまうけど。最終戦はNZとオーストラリアの好カードということもあって観戦チケットがたくさん確保できず、15名での観戦となる。少人数で深緑郎さんの濃い~話聞きましょう。

1)旅行代金・¥245,000円
2)一人部屋追加料金・¥32,000円
3)旅行日程・9月1日(木)~4日(日)4日間
利用航空会社 ニュージーランド航空
4)観戦カード・NZ代表VSオーストラリア代表
5)会場 オークランド(グラウンド名:イーデンパーク)
6)ホテル・ヘリテージ(オールブラックスと同じホテル)

◆連絡先
堤 秀作 AIR NEWZEALAND HOLIDAYS
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワ-16階
TEL:03-5521-2761 FAX:03-5521-2766
s.tsutsumi@bpt.co.jp

◎『姫が愛したダニ小僧』観ました。
後藤ひろひとさん作・演出の芝居を観た。グッズ売り場にめちゃくちゃ人が並んでいた。人気あるなぁ。主演のユースケサンタマリアは、いい意味でほんといつも変わらない。富田靖子さんが2種類の声を出すので最終日までもつのか心配になった。全編、笑える内容なのだが、なぜか感動した。僕は舞台上の人たちの過去をまったく知らないのだが、なんか懐かしく思える。不思議な感覚だった。しかし、「ダニーボーイ」を聴くと涙腺が緩むよ。Tシャツ買っちまった。ちょっと小さめだ。時任三郎ばりに胸出そうかと思って。それは「海猿」か。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ちょっと気になる18 | トップページ | がんばっていきまっしょい »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    たしかにAUSはメンバーかわらなすぎですよね.でも、豪州はW杯にしっかりと照準をあわせてくると思います。それに、北半球でのW杯はすべて豪州が優勝していますし。でも、現監督に、マックイーン氏のような用意周到さがあるかどうかはわかりませんが。昨夜の豪州NZ戦のリピート放送を見つつ、いろいろと考えました。

    投稿: エンドー | 2005年7月29日 13:05

    昨年のイングランド戦ツアーに参加したものです。
    とても楽しいツアーでした。
    別に私が宣伝しても何もないんですが、どうしようかと迷っている方がいましたら、是非。
    楽しいですよ!

    投稿: nzsheep | 2005年7月28日 23:44

    カーターの写真で、プログラムが見えないよー。「どうよ」って聞かれてもねぇ。鍛えられた筋肉の鎧を着てるって感じ。この腕は何cmぐらいなのかな(笑)?

    トライネーションズ第1戦、ヤコがリザーブとは残念だなぁ。ラーカムとのSO対決、楽しみだったのに。

    >ワールドカップで勝つチームは大会2年前くらいから不動のメンバーを組む傾向があるのだが、オーストラリアは長すぎないか? ちょっと心配。

    強いチームは2年前からメンバーを固め始めるんですね。ジャパンはどうなるんでしょうか? とっても心配。

    NZツアー行きたいよ! ABと同じホテルだって? いいなぁ、くぅー。

    投稿: サファイヤ | 2005年7月28日 23:41

    大久保 ダメでしたか、
    やっぱり 厳しいですね、
    同じぐらいのレベルの選手は大勢いるんでしょうね、最後に誰を選ぶかという時に 言葉の問題や 年齢の問題とかで 不利なんでしょうね、
    まだまだ JAPANで活躍して欲しいです。
    AUSはメンバーかわらなすぎですよね、そろそろ やばいんじゃないですか、、、

    投稿: さんぼ | 2005年7月28日 08:17

    もしかしたら「姫が愛したダニ小僧」、僕と同じものを見ていたかもしれませんね。
    後藤さんの作品は大好きです。
    ザリガニ魔人とか。。。

    もしかして、どこかの劇場で村上さんを見かけるかもしれませんね。

    ラグビーに関係ない話ですみません。

    投稿: JEFF | 2005年7月28日 01:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5185183

    この記事へのトラックバック一覧です: ダニーボーイ:

    » 姫が愛したダニ小僧〜Princess and Danny Boy〜 [SINCE 1974 blog]
    作・演出 後藤ひろひと 出演 ユースケ・サンタマリア 富田靖子 高杉 亘     佐藤康恵 大路恵美 松永玲子 松村 武     川下大洋 後藤ひろひと 山内圭哉     竹下宏太郎 腹筋善之介/ラサール石井  7月22(金)〜7月31日(日)  アートスフィア  8月7日(日)  道新ホール  8月11日(木)  仙台市民会館 大ホール  8月14日(日)  愛知厚生年金会館  8月20日(土)〜8月21日(日)  梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ  8月... [続きを読む]

    受信: 2005年7月28日 12:48

    » いよいよ トライネーションズ! [らぐびーあにまる]
    今年も トライネーションズの 季節がやってきました。オーストラリア、南ア、NZ の 3ヶ国による 事実上の世界一決定戦!7/30の 南アVSオーストラリア で開幕です。Jスポーツでは ライブ中継ですね、南ア、AUSは マンデラ杯では 1勝1敗(共にホームで...... [続きを読む]

    受信: 2005年7月28日 19:33

    » トライネーションズ観戦ツアー [rugrug]
    ライオンズ戦は終了しましたが、これからトライネーションズが始まります。 実は先週くらいに、ニュージーランド航空のツアー会社「ブルーパシフィックツアーズ」から「トライネーションズ観戦ツアー」のお知らせがきました。... [続きを読む]

    受信: 2005年7月28日 23:42

    « ちょっと気になる18 | トップページ | がんばっていきまっしょい »