« あびこラグビーフェスタ | トップページ | ラーカムと高橋みゆき »

ラグビーとバレーボール

ここ1週間、あっちこっち動き回った。動けば仕事がたまる。この連休はずっと自宅にいて原稿書きである。しゃべる仕事はその度に完結していくのだが、原稿を書く仕事はどんどん溜まっていく。とにかく頑張るしかないか。

17日は祇園祭の山鉾巡行だった。京都生まれの僕に「京都に帰りたいのでは」と言ってくれる人もいるが、実はお祭りにはあまり関心がない。もちろん行った。四条河原町を鉾が曲がるところなんて圧巻だし、印象に残っている。でも、住んでいるとかえってその良さに気付かなかったりするのだ。僕の実家からは銀閣寺や平安神宮が近い。御所だって歩いて行けるし、高校時代のラグビーの練習は京都御所の中でやっていた。驚かれるのだが、僕の高校には専用のグラウンドがなく、週に3回、紫野というところのグラウンドを借りていた。だから、残る3日は、御所の中の広場でやっていたのだ。よくボールが転がっていって御所の壁までそれを取りに行くと警報が鳴ったりした。グラウンドを使えない日は御所の周囲をランニングする。たしか4キロくらいかな。大回りするのを、「大御所」、小さくショートカットするのを「小御所」と呼んでいた。観光客には邪魔な集団だったろうなぁ。

子供の頃はあまり考えなかったが、この年齢になって京都がどんどん好きになっている。

話は変わるが、女子バレーボールをテレビで食い入るように見た。別にカオル姫のファンだからではない。キューバに勝ちそうだったもんね。フルセットの末の逆転負け。惜しい。でも僅差勝負に勝つために練習しているわけだから、何かが足りないということなのだろう。いつだったか慶應大学の監督をしていた上田昭夫さんが言っていた。「ラグビーの1点差なんて差はないと言うけれど、そんなことはない。1点差で勝つために練習しているんだから。負けは負けなんだ」。そう思う。

しかし、きょうは大友愛選手に感情移入してしまった。今の女子日本代表の主力では、大友選手の他に杉山祥子選手、高橋みゆき選手がNECレッドロケッツ所属だ。レッドロケッツとグリーンロケッツ(ラグビー部)はけっこう仲がいいらしく、グリーンロケッツが日本選手権優勝時の練習で着ていた赤いTシャツをレッドロケッツが着てVリーグに優勝した。勝った時、レッドロケッツが投げ上げたのはラグビーボールだった。なんとなく親近感がある。大友選手が大事なサーブを外したときは、ブラジル戦に続く勝負時のミスで切なかった。自分で克服すべき問題なのだが、ああいうことってあるし、監督はあの瞬間を乗り越えさせたかったんだろうなぁ。

前にも書いたかもしれないが、バレーボールとラグビーは共通点が多い。誰かがスパイクを打つときは他の選手がダミーで真剣に飛んでいないと相手がつられてくれない。レシーブした選手がすぐに立たないと相手にスペースを与えてしまう。これは、グリーンロケッツの高岩ヘッドコーチと、レッドロケッツの吉川監督、ブルーロケッツの楊監督との座談会で出ていた話なのだが、結局、ボールにプレーしていない選手の動きが非常に大切なのは、ボールゲームに共通する要素だということだ。

明日もバレーボール見よ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « あびこラグビーフェスタ | トップページ | ラーカムと高橋みゆき »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いいですね、京都の話。当たり前のことだと、その良さに気づかないものかもしれませんね。私は、修学旅行や、仕事で何度か行きましたが、何度行っても、あの町並みは好きですね。うらやましいな。

    投稿: サファイヤ | 2005年7月18日 21:57

     今日はバレーの話題なので少し長くなしますよ、ご勘弁を。
    私は経験者でもあり、Vリーグチームの会社に勤めているので応援も良く行きます。
    まずプレーヤーとしての共通点はボールをつなぐ意識です。
    大きく異なるのは、プレーごとに笛でリセットされ笛で始まる点。
     ラグビーの最初の頃は、ペナルティの後の即効がなじめなかったですね。
    リスタートが審判に認められるとか認められないとか言う曖昧さが気になりました。
    今はその点含めラグビーを楽しんでます。
     4年毎のWCが毎回日本で行われ、必ず参加できるのはバレーの不思議な点であります。
    またその都度過度な地元応援(ジャニーズ含め)は他チームからどう思われているか心配です。
    ジャパンマネーで井の中の蛙になっているのでは(特に男子)と思います。
     最後に今回の女子についてですが、多くのプレーヤが参加できなかった割には健闘したというのが感想です。
    やはり栗原、大山の両大砲、木村のレシーブ力など185cmクラスの選手が必要でしょう。
    あとセッターも竹下の次がいない。できたら180cmクラスの大型セッターを待望します。
     でもなにはともあれ世間から注目されTV中継があることはラグビーから見て羨ましいですね。
    ラグビーもどこかのTV局でメインでしてくれないかな?
    そうそう今日の日経で神奈川県知事が応援してくれてましたよ。
    森元総理の力でもっとラグビーの試合放送を期待します。

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月18日 15:53

    ラグビーとバレーボールの関係。興味深いお話でした。元サントリー.現サウスランドの大久保選手も、バレーボールの選手だったようですね。

    投稿: エンドー | 2005年7月18日 09:10

    村上さん、祇園祭の山鉾巡りいいですよね。僕も古都京都の風情が好きです。京都御所でラグビーの練習をされていたとは、驚きです(^^)
    さて、ラグビーとバレーボールの共通点って結構あるもんなんですねえ。上田昭夫さんのひとりごとによく書かれているんですが、「一点差で勝つために…」はまさにそうだと思います。NECもそうですが、サントリーもサンゴリアスとサンバーズの仲がいいそうですよ。
    先日トラックバックさせていただきましたが、この夏休みにラグビー、サッカー、バレーボールを体験できる小学生向けのイベントの『サントリーキッズスポーツアカデミー』があります。改めてトラックバックしますので、是非お子さんのいる方は参加させてみて下さい。村上さんのおっしゃる意味がわかるのではないかと思います。
    話は変わりますが、今僕のホームページ『YAMAKEN WORLD』のラグビー掲示板で、ラグビー場の人工芝化の話で盛り上がっています。早稲田に続けて慶應義塾もこの夏、人工芝化の工事を始めました。
    そこで質問です。最近の人工芝の状況を教えてください。また海外での人工芝の普及状態はどうですか。僕の掲示板で、人工芝に慣れたプレーヤーが天然芝のぬかるんだグラウンドでテストマッチした場合、大丈夫かと心配している方がいます。僕にはよくわからないので答えに窮しています。
    村上さん、お答え願います!

    投稿: やまけん | 2005年7月18日 08:00

    ラグビーに限らず「1点差」で負けるのは悔やんでも悔やみきれない
    トライ後のコンバージョン PGの3点 決められる時に決めておかないと ほんと後で響いてくるんですものね

    バレーボールにはあまり興味がないのですが
    (NECの話は興味深く読みました)

    ここで兼ねてから疑問だった事をお聞きします
    それは村上さんのブログを読むまで知らなかったのですが
    女子のラグビーチームもあるんですね
    観たことはないのですが JSPORTで放送する事はあるのでしょうか
    一度どんな感じなのか是非みたいです

    だって ラグビーって男のスポーツだと思っていたものですから

    投稿: アラレ | 2005年7月18日 07:04

    IT業界に携わっていながら初めてこういうものにコメントさせて頂きます。
    やや緊張…。

    ラグマガ編集長時代から世の中に配信する忌憚なき意見に耳を傾けさせて頂いている者です。ラグビー好き故に毎日ブログを"愛好"させてもらっています。

    本日の、年齢が経つにつれ故郷の良さを実感する話、共感です。
    また同時にバレーボールとラグビーの関連は尚更です。以前、ブログにも記されてましたが─曖昧さを如何に楽しめるか─ラグビーやバレーだけでなく人生にも重なる明言だなぁと、それ以降、重宝させていただいています。まぁ私の場合、バレーに関しては、かおる姫と竹下選手の存在も非常に重要ですが。

    年を重ねるつれ、物事に対する見方に深みが出ている村上さんにこれからも楽しいラグビー情報を期待したいと思い、酔いの勢いとはいえ、今日は我慢できすにコメントさせいただきました。
    ついでに言えば、村上さんには早稲田やNEC、コウベの話題だけなく、他のトップチームの話題を提供していただければ嬉しいです。村上さんの厳しくも優しい視点が私は好きなので。まぁ個人的に下克上の構造図が好きというものもあるのですが…強いものの話題ばかりはつまらない…というだけなのですが(^^ゞ(世の中には需要と供給で成り立っていることは承知の上での期待です)
    これからのご活躍を期待しています(Jスポや雑誌だけでなく)!!
    つまないコメントをお許し下さい。

    投稿: Dai1974 | 2005年7月18日 01:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5011801

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーとバレーボール:

    » 「サントリーキッズ・スポーツアカデミー」 [やまけんのひとりごと]
    みなさん、お子さんの夏休みのイベントはもう決まりましたか。 もしまだお決まりでなければ、オススメのイベントがあります。 それは、「サントリー・キッズ・スポーツアカデミー」です。 このプログラムは、小学生がプロの選手たちの指導のもと、サッカー・ゴルフ・バレーボール・ラグビーなどの一流の技を体験しながら、スポーツの楽しさを満喫できるイベントです。 今年は8月29日(月)に所沢のインボイスSEIBUドームで開催されます。現在参加者募集中です。締切は7月25日です。... [続きを読む]

    受信: 2005年7月18日 08:00

    » 日本また惜敗(キューバに) [芸能&スポーツ瓦版]
    昨日は見てて1セット・3セットを取り4セット目で決まると 思ったのに結局5セット目も逆転でキューバに取られて 3−2で逆転負けでブラジル戦に続いてミスで負けたよ(*`ε´*) 話キューバ戦はホント勝てる試合だったのに負けたから 試合が終わって1時間ぐらいイラ... [続きを読む]

    受信: 2005年7月18日 11:46

    » バリボー [LUXURY]
    バレーボールというスポーツは、自分でやるのは元より、応援もあんまりしたことなかったのですが、ちょっくら見てみました。戦術的に見ると面白いですね、バリボー。なんか、ラグビーで言うところのスタンドを中心とした左右前後の仕掛け合いに似てるかなあと思いました。むしろその魅力が凝縮されているというか。ラグビーだとスタンドからの展開が3択も4択もあるシチュエーションはなかなか多くありませんが、バレー�... [続きを読む]

    受信: 2005年7月18日 15:57

    « あびこラグビーフェスタ | トップページ | ラーカムと高橋みゆき »