« お薦めマッチ_0702 | トップページ | 愛好速報!0703 »

ライオンズ戦の結果

7月2日の2テストマッチについて書きたい。文末に結果を入れますので、まだ試合を見てなくて結果を知りたくない人はこの先読まないでくださいね。

その前に応援スタイルについて「瑞穂のラグビー好き」さんからどうすべきかという質問があったが、ライオンズ戦を見ても、やはりラグビーの応援は両方のサポーターが混在しているのがスタンダード。ライオンズとオールブラックスだって大雑把には分かれているけど、よく見ると赤と黒のジャージーが隣同士で肩を組んだりしている。それがラグビー文化。ただ、サポーターズシートを設け、みんなで声を出して応援したい人と、静かに見たい人の選択肢があるのはいいと思う。社員が団体で来る場合などは固まるのが当然だろうし、応援スタイルは自由なのでバレーボールみたいにするチームがあってもかまわないと思う。だけど、一般の観客席は自由でありたい。

◎NZ代表オールブラックス対ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ
 
 第1テストのオドリスコル主将の負傷と、テストマッチシリーズでの負け越し阻止に向け、チームの闘争心に火がついたライオンズの勢いは凄まじかった。SHピールの速攻からチャンスを作り、1分にキャプテンのCTBガレス・トーマスが先制トライ。PK、FKからも次々に速攻を仕掛けてオールブラックスを慌てさせた。しかし、ウィルキンソンがドロップゴールを外すなど、この時間帯に追加点を取れなかったのが最後まで響いた。17分には意図通りの展開でオールブラックス陣でマイボール・ラインアウトを得ながら、オープン展開中にミス。これをウマンガに拾われ、ダニエル・カーターがライオンズCTBヘンソンのタックルをかわしながら大幅ゲイン、最後はウマンガがトライ。これで流れは一気にNZに傾き、終盤は一方的な展開になった。

 第1テストに比べれば意図的な攻撃を見せたライオンズだったが、いかにも付け焼き刃的な感じがした。テストマッチは全3戦だから、これでテストマッチシリーズの負け越しは決定。「史上最悪のライオンズ」とメディアから酷評された第1テストに続いて、またしてもバッシングの嵐となりそう。日本ではあまり報道されないけど、ライオンズの遠征というのは、イギリスではオリンピック並に報道される。2003年のW杯優勝でサーの称号まで得たウッドワード監督もショックを隠しきれない。最終戦は、7月9日。ライオンズにとっては、まさに絶対に負けられない総力戦になる。オールブラックスは、どんな時も手を抜かないチームなので3連勝を狙ってくる。壮絶な試合になりそうだ。

◎オーストラリア対フランス

はっきり言ってライオンズの試合より面白かった。南ア遠征の疲れもあって劣勢が予想されていたフランスが、SHエリサルド、SOミシャラク、WTBラアラグらを軸にボールを動かし続けた。ベテラン揃いのワラビーズも、SOラーカム、CTBギタウらが再三突破して応戦。1分以上継続する攻撃が随所にあって、まさに息もつかせぬ好ゲームとなった。それにしても、両チーム、タックルされながらのパスが上手い。サポートの選手のコースもいい。ワラビーズNO8ライアンズ、やるね。ポール、セイラー、トゥリヌイも粘り強い足腰を披露した。レイサムのプレーは気持ちいい。しかし、フランスも、後半30分以降は大攻勢。一時は、24-30まで迫った。それでもトライを取り返したワラビーズの底力。ボールつなぎのうまさは、恐れ入った。

粘り強い攻防を見て、ふと思った。日本はオーストラリア・ラグビーをアレンジした方が強化が早いのではないか。ディテールを積み上げる方が日本人には合っている。個人の判断重視ならゲーム全体をイメージできる選手を育てなければならないが、今の日本にそういった選手は非常に少ない。それにフランス・ラグビーっていうのは、観客を驚かせてやろう!っていう遊び心がある。発想が豊かでないと難しい。

◆試合結果
オールブラックス○48-18●ライオンズ
オーストラリア○37-31●フランス

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0702 | トップページ | 愛好速報!0703 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    FL7さんと同じことが気になっています。副音声で再放送を観たら現地のコメントも途中で切れてしまっていましたし…
    S12の表彰式でもキャプテンのスピーチが放送されなくて残念でした。まず相手チームを称え、審判、関係者、ファンに謝辞を述べるのが定番のあのスピーチは何度聴いてもいいものなのですが(スピーチがなかったということは…ないですよね)
    やはり時間的な制約があるのでしょうか。コマーシャルは必ず何本以上は入れないといけないとか…??

    投稿: night owl | 2005年7月 4日 23:07

    放送で試合後のインタビューを流してもらう事は、むりなのかな?
    日本では、報道がないので出来れば見たいです。時間的にむりなんでしょうか?

    投稿: FL7 | 2005年7月 4日 08:36

    ライオンズからは正直よくわかりませんでしたが、NZにしろ、オーストラリアにしろ、フランスにしろ、プレーにその国そのものの文化や伝統がにじみ出てくるものなんですね。テストマッチ面白いです。村上さんに薦められて観戦した口です。

    これらの中で個人的に一番面白かったのはフランスでした。僕は、ジャパンにはいったん決めたからにはフランス人から学びつくしてほしいと思います。

    投稿: 李白 | 2005年7月 4日 02:28

     試合結果の気配り感謝です。
     昨日は、愛地球博行ってましたので、やっと両方見終わりBLOGの下のほうまで来ました(笑)
     カーターは最終戦無理でしょうね。希望的観測なのですが、スペンサー招集って言うのは無いでしょうか?

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月 3日 17:28

    スーパー12などを見るようになり、
    ジャパンもオーストラリアのラグビー
    に近づけたら、日本らしいラグビーが
    作られるのかなと考えるようになり
    ました。ただ軍曹さんの書かれた
    ようにすごい集中力と忍耐が必要
    ですけども。

    投稿: 91卒ジャガー | 2005年7月 3日 14:55

    ライオンズ戦の放送でウィルコとカーターの主役交代と言っていたのが印象的でした。しかし、そのカーターは終盤の怪我で最終戦は欠場と予想が難しくなりそうですね。HUBで村上さんと観戦出来るのを楽しみにしています!
    フランスは本当に面白かったですね。でも、日本の選手が真似をするのは難しすぎますね~大畑選手がラグマガで言っていましたが高校生くらいから身に付けないと難しいですね。ワラビーズもフランスに勝る共に劣らない連続攻撃は見事でした。ワラビーズ流を極めるなら相当な集中力&忍耐力が必要ですね。その意味でワラビーズの元コーチのティム・レーンが加入したリコーの活躍にも注目したいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年7月 3日 12:29

    村上様、解説お疲れ様でした。
    NZは、全員が自分の仕事を完璧に遂行しますね。ダニエル.カーター大活躍。非常に気持ちよくプレイできたのではないかと思います。でも、肩は大丈夫か?
    2007年.W杯では、NZ.凄く強そうですね。うまくピークを持っていければですが。その点、豪州はW杯に標準を合わせることが上手ですよね。
    またも傷ついたジョニー.ウィルキンソン。彼は絶対にこのままでは終わらないと思います。8月の来日は微妙ですかね?対戦する日本のチームについて、藤島氏いわく、日本のクラブラグビーは悪くないと...この言葉を聞いて、なぜか元気が出ました。
    長文.乱文.失礼しました。今後も引き続き、ナイスな情報を待っています。

    投稿: エンドー | 2005年7月 3日 12:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4808565

    この記事へのトラックバック一覧です: ライオンズ戦の結果:

    « お薦めマッチ_0702 | トップページ | 愛好速報!0703 »