« 我孫子とライオンズ | トップページ | 神戸での一日 »

日比谷パブリックビューイング

hub

イングリッシュパブHUB日比谷店(東京都千代田区)にて、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズNZツアー第3テストマッチのパブリックビューイングが開催された。ご覧の通りの大盛況。抽選の結果当選した約100名のラグビーファンのみなさんが集まった。

public

左から、進行役の村上、箕内拓郎選手(NECグリーンロケッツ)、スコット・マクラウド選手(東芝府中ブレイブルーパス)、通訳の坂田博史君(元日本代表名WTB坂田好弘さんの長男)、そして、飛び入り参加の冨岡鉄平選手(東芝府中ブレイブルーパス)。

午後3時半から開催された会は、箕内選手やマクラウド選手の試合のみどころに始まり、試合中も、テレビ解説の小林深緑郎さんや岩渕健輔選手のコメントに加えて、箕内、マクラウド、冨岡選手が随時解説を入れ、濃い~、観戦となった。

僕は進行役だったのだが難しかった~。日本語の解説聞きつつ、さらに解説をはさむのはタイミングが超難しい。結局、あんまり試合に集中できなかったよ~。それでも、ハーフタイムの生放送にゲストと一緒に電話出演したり、僕がトイレ行っている間に箕内選手が進行したりして、けっこう面白いパブリック・ビューイングになった。解説の声がテレビとかぶっていたのは参加者のみなさんも聞きにくかったかもしれない。次回は改善しますので許してください。

スコアは文末の通りだが、今回のライオンズは結局チームの軸が見えないまま終わってしまった感じだ。それに比べるとNZは意思統一もあるし、相次ぐSOの負傷で出場したマカリスターらも活躍。CTBウマンガもチームを勝利に導く動きを見せた。マクラウド選手はウマンガのリーダーシップを高く評価。新鋭SOマカリスターについては「キックの選択が多すぎる」と攻撃でプレッシャーをかけていないことに不満を抱いていた。彼が言うのは、攻撃でも常にプレッシャーをかけなければいけないってことなんだよね。少しでも気を緩めれば、いつでもトライを取られるという気持ちに相手を追い込むことが必要だということ。あと、「オールブラックスは、セットプレーからの攻撃に課題がある」とも。

試合前にゲストでスコア予想をしたのだが、箕内選手が35-21と一番近かった。

mcloud

試合後は質問タイムになり、質問した方には、両チームからプレゼントが。ブレイブルーパスのぬいぐるみをプレゼントするマクラウド選手。

今回も「愛好日記読んでます」とたくさんの参加者の方に声をかけてもらった。嬉しかった。元気が出ました。ありがとうございます。明日は、神戸製鋼に行ってきます。

◎NZ代表○38-19●ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ

追記◎NZに行っているラグマガの森本さんから、こんなメールが。
【いまは1時半過ぎ。でもホテルのバーはまだ超満員です。朝まで続くことでしょう】

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 我孫子とライオンズ | トップページ | 神戸での一日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    楽しい時間をありがとうございました!
    鉄平くんの登場で母がはしゃぎまくって大変でした...(^^;
    今いちマイクの調子が悪かったみたいで、話している内容の半分くらいしか聞こえませんでしたが、熱気があって、騒ぐだけじゃないああいう雰囲気はいいですね。
    今週末は我孫子でお会いしましょう!

    投稿: key-ya | 2005年7月11日 22:11

    どうも、はじめまして。
    いつも、解説拝聴させていただいております。
    パブビュー当たってました!
    でも、気づいたのが当日朝で、結局断念(悲)
    みなさんにお会いできるせっかくの機会だったのに、本当に残念です。
    これからは、メールを毎日チェックします。
    ところで、ひとつ質問です。
    日本がW杯開催に立候補しましたが、期間が6月からの設定になっていたと思うのですが、何故なのでしょうか?
    高温多湿、梅雨時等、見る側にとって最悪の期間だと思うのですが。
    まさか、気候を味方に付けて、勝つつもりだとか言わないですよね。
    W杯は、日本が勝つことも大事ですが、世界の一流プレイが良いコンディションで見れるのが第一だと思います。
    ですから、10~11月が最高ではないでしょうか?

    投稿: としちゃん | 2005年7月11日 21:58

     ラグビーの試合観戦について、感想を書く機会がないので、こういうページは楽しいです。
     ライオンズ遠征の試合、スカパーで観戦しましたが、個人的にはニュージーランドマオリとの一戦が一番面白かったと思います。主将でフランカーの選手の闘志というか、形相というか。後半直後のSOスペンサーの攻めのスピードも気持ちよかった。
     テストマッチでは、やはりウェールズ色を出して欲しかった。11番の小柄なウィングは6カ国では素晴らしかったのにターンオーバーの連続で少し可愛そうな気もしました。6カ国でのウェールズの球際の柔らかなパスが一切見られなかったコンバインドチームゆえ仕方なかったのか。選手個人ではウェールズ選出の1番など、タックル中心に6カ国同様にひたむきだったように思います。
     NZは今がピークという見方が多いですが、何とかワールドカップに合わせられないものか。NZはマコーら白人系イケ面選手のひたむきさ、モール、ラックのバインドや体の入れ方など素晴らしい。

     豪州-フランス戦では、豪州の上手さが際立っていたと感じました。SOラーカムの柔らかさは相変わらず、ロック、NO8な突進、15番の強さ、粘りともに素晴らしい。豪州は第2回W杯以降、一貫して強化というか組織、戦略、個人ともに安定していると思えますが、どのようにしたらあのようなシステムが作れるのか。

     NZ代表監督がかの有名な監督は知りませんでしたが、やはり指導者中心の体制が重要なのでしょうか。日本代表も頑張ってください。強い日本を応援したい。前回W杯でのフランス、スコットランド戦を上回る試合を見たいです。長くなりすみませんでした。
     

    投稿: 草ラガーマン | 2005年7月11日 11:23

    村上さん、こんばんは。
    パブリックビューイングは楽しそうでしたね。次回機会があったら応募したいと思います。

    試合の方ですが、見ていてあまり面白くありませんでした。
    ライオンズに少し期待したんですが・・・
    注目のマカリスターは悪くは無かったと思いますが、キックが多くもっとランニングプレイを見たかったです。

    村上さん、質問です。
    同日に試合のあったオーストラリア対南アについて、ワラビーズが南アをノートライに抑えて30対12でワラビーズが勝ったようですが内容はどうだったのでしょうか?
    わかりましたら教えて下さい。

    投稿: チロ | 2005年7月10日 21:23

    村上さん、パブリックビューイングの司会、お疲れ様でした。とても良い雰囲気で楽しいラグビーと美味しいビールと共に幸せな時間を過ごす事が出来ました。
    村上さんの軽快な進行、箕内選手の貫禄、富岡キャプテンの熱さも最高でした。マクラウド選手のリアクションを見てNZ人のオールブラックスへの思い入れを感じる事が出来ました。次回は是非ともトライネーションでも開催して下さい。開催してくれたJスポーツ、出演の村上さん・箕内選手・マクラウド選手・富岡選手、ありがとうございました!
    追記:質問の指名&サインもありがとうございました!

    投稿: 軍曹 | 2005年7月10日 19:40

    マカリスター キックが多すぎましたね、
    しかし あの キックパスが戦術の一つとして 新しい アタックの形が出きるかもしれませんね、
    でも それは オールブラックスで見ないで ブルーズで見たほうが いいのかな、、、

    投稿: さんぼ | 2005年7月10日 10:22

     村上さんお疲れ様でした。楽しそうでいいですね。(中部地区ではないのでちょっと寂しいです)
    明日はコベルコラグビーフェスティバル2005のコメンテータみたいですね連日ご苦労様です。
    もちろんお帰りの前には新装「THIRDROW」さんで一杯ですね。

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月10日 08:43

    お疲れ様でした。おお、もう記事アップしてある。マーシャルが登場してからは、一段とキャーキャー騒いでおりました。回りの方たち、うるさくでゴメンなさいね(笑)。
    解説「教えてラグビー」は復活させるべし。

    投稿: サファイヤ | 2005年7月10日 04:20

    パブリックビューイングとても楽しかったです、ありがとうございました!

    サッカーではいつもパブビューが盛大に行われ、ラグビーファンとしては嫉妬しておりました。なので今回の盛り上がりは格別のものがあります。

    先日の日本代表戦では、都内のスポーツカフェでサポーター有志のパブビューがあり、ラグビー観戦の輪が広がりつつあることを実感しました。

    今回は海外の試合でしたが、これから国内チームや日本代表戦のパブビューが催されることを願います。

    ただ画面を見ているとき、中継の声か会場の声か分かりづらく、お客さんも集中しにくかったと思います。いっそのこと以前Jスポーツであった副音声による解説「教えてラグビー」のように独自に行うほうが効果的かと思いました。

    投稿: Sasa | 2005年7月10日 03:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/4899525

    この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷パブリックビューイング:

    » ラグビー・パブリックビューイングに潜入 [前橋にスポーツバーを創ろ~会(いつか)]
    じつはですね、ラグビーのブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのニュージーランドツアーの最終戦のLIVE放送を、J SPORTSがHUB日比谷店でパブリックビューイングを企画 したと聞いて、スポーツカフェ情報"ラグビー&野球担当"の僕としては、黙っちゃいられないと... [続きを読む]

    受信: 2005年7月10日 12:56

    » 日比谷「HUB」、パブリックビューイング行きました-1 [ココロミ]
    7/9のNZ:BILの最終戦。行ってまいりましたよ、JSOPRTSのパブリックビューイング。 司会・村上晃一氏、ゲスト・NEC箕内選手、東芝府中マクラウド選手、そして当日の飛び入りゲスト、東芝府中の冨岡選手。 会社から日比谷のお店へ向かう。15時過ぎに到着し店内にに入ると、既にたくさんのファンがカウンターに並び、飲み物や食べ物を注文するため、店内を右往左往。友人のAさん、Sさんが来ているかと見回すと、既に席に座っていた(席、取ってくれてありがとね)。私達も、飲み物と食べ物を注文する。イングリッシュパ... [続きを読む]

    受信: 2005年7月12日 16:15

    » 日比谷「HUB」、パブリックビューイング行きました-2 [ココロミ]
    さて、パブリックビューイングの続きです。 ハーフタイムにスタジオと電話で話をするすることになっていた。準備をするため、スタッフが動き回る。ふーん、それって面白いね、いったいどんなことになるの? と思いつつ待つ。 村上さんより「えー、衛星なので、画面からは3秒後に声が聞こえます。」という説明があり、CMの後、スタジオと電話をするのかとワクワクしていたら、小林さんのゲームの説明が入り、場内は肩透かし。あら~っ、まだ ? (笑)。 そして、いよいよ矢野さんからの呼びかけが入る。その瞬間、そりゃもう会場は大... [続きを読む]

    受信: 2005年7月16日 17:54

    « 我孫子とライオンズ | トップページ | 神戸での一日 »