« ラグビー活性化プロジェクト | トップページ | ラガッツが熱い »

新強化体制

7月20日、日本協会から、日本代表の新しい強化体制が発表された。ヘッドコーチは、春にアドバイザーを務めたジャンピエール・エリサルド、チームアドバイザーに、ピエール・ヴィルプルーという2人のフランス人が就任した。

日本代表が監督制を廃止したことは、ヘッドコーチに名前が変更されただけであって、僕は大きな変化はないと考えている。海外の場合は、日本流に言う部長がディレクター・オブ・ラグビーで、監督がヘッドコーチなのだが、これは言葉の問題であって要するに現場を誰が仕切って、マネージメントに誰が責任を持つかという話だ。明確であればそれでいいと思う。

ただ、これまで日本協会の強化委員長はすべてのカテゴリーの代表チームを統括していて、監督は日本代表チームのマネージメントまで考えなければいけなかった。それを考えると、今回の代表強化体制は、GMが代表チームのマネージメントを担当し、ヘッドコーチは現場の指導に専念することができる。ユースなどは技術委員会が担当して、すべてを統括するのは強化事業部の常務理事(浜本剛志氏)だ。役割が限定されると同時に責任も明確になった。この新組織が有効に機能することを願うばかりだし、その推移を見守っていきたい。

さて、新首脳だが、フランス流の導入が話題になった春の日本代表強化を今後も継続していく人事ということになった。だが、実際にやるのは日本人であり、僕は新ヘッドコーチのエリサルド氏が、日本人に合ったコーチングをしてくれるものと期待している。5月に韓国で行われた日本代表対韓国代表の試合をエリサルド氏も見ていた。彼の試合後の深刻な表情は印象的だった。韓国の俊敏な動きに衝撃を受けていたと思う。アジアのチームが世界に勝つためのヒントを感じてくれたはずだ。アドバイザーとヘッドコーチでは、責任がまるで違う。エリサルド氏の手腕をじっくり見させてもらいたい。

GMの発表は後日になるようだが、こちらはマネージメントサイドであり、信頼のおける人物であってほしい。願うのはそれだけだ。

◎村上春樹、読んでます。
いま、村上春樹さんの短編集「象の消滅」(新潮社)を読んでいる。彼の若いときの本はたくさん読んで刺激を受けた。不思議な頭脳を持った人だ。「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「ダンス・ダンス・ダンス」など読みまくっていた時期もあったが、最近ずっと読まなかった。それが衝動買いである。象の消滅は、1980~1991の短編集でアメリカで出版されたモノを逆輸入する形で出版されている。装丁が綺麗なので買った。僕は編集者でもあるので、本のデザインにけっこう敏感である。村上春樹さんは、シドニー五輪の頃、ナンバー誌に寄稿されていたことがある。シドニー五輪の完全保存版が出版されたときは、村上龍さんとの競演が話題になった。スポーツ紙の広告には、確か「ダブル村上競演」というニュアンスで盛り上げられていた気がする。村上龍と村上春樹の文章がスポーツ雑誌に同時に掲載されているわけだから、売りになるよね。
しかし、広告の目次のなかに、滝本誠のインタビューをしている村上晃一の小さな名前を発見した人は、たぶん僕だけだった。そして僕は、こうつぶやいた。
「トリプルやっちゅうねん」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビー活性化プロジェクト | トップページ | ラガッツが熱い »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     蛇足ですが「○○やっちゅうねん」と言えば私は「やしきたかじん」を思い浮かべるのですが意識されてましたか?
     最近中部地方でもたかじん関連のTV放映されだして喜んでいる関西人より

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月22日 19:24

    村上さん、僕もサファイヤさん同様、落ちに笑ってしまいました(^^)
    僕は関東出身なのであまり落ちがうまく出来ないので、関西出身の方はツボを心得ていらっしゃるのでうらやましいです。
    さて、僕も日本代表の新しい強化体制に期待しています。フランス流で強化を続ける方針を貫くためにも、ヘッドコーチにエリサルド氏が就いたのは良かったと思います。ポイントとなるGMがなかなか決まらないようですが、一体誰になるんでしょうね。萩本さんが継続してなられるとは思えないのですが…

    投稿: やまけん | 2005年7月21日 08:01

     監督制廃止に対する質問に対する丁寧な回答ありがとうございます。
     11月の試合が流動的なだけにヘッドコーチの采配がいつからになるかですが、
    長期展望を持っていただけるよう期待したいと思います。
     ちなみに私のブログも1ヶ月になりました。これで晴れてワタルといって良いですよね。
    でも続けるのって大変ですね。改めて村上さんの凄さ実感です。

    投稿: 瑞穂 | 2005年7月21日 06:57

    >「トリプルやっちゅうねん」

    ↑油断していました(笑)。こんな落ちがあったとは。しかもこの表現、あまりにも実感がこもっていて、笑いが止まりません。助けでぇ~。

    新体制について、ふんふんと真面目に読んでいたのが、吹っ飛んでしまいました。もう一度、読み直さなきゃ。あ、何度も読ませようって、そういう狙い?

    投稿: サファイヤ | 2005年7月21日 00:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5068245

    この記事へのトラックバック一覧です: 新強化体制:

    » ラグビー日本代表の新体制 [OMOTEYOMI!!]
     四国新聞は、日本ラグビー協会は日本代表の監督制を廃止し、GM制を新たに導入することを伝えている。  日本ラグビー協会が日本代表の監督制を廃止し、現場の強化を担当するヘッドコーチと、主に管理部門を担当するゼネラルマネジャー(GM)の2本柱の体制を構築することが18日、分かった。日本協会の複数の幹部が明らかにしたもので、19日の理事会で正式決定する見通し。  ヘッドコーチが誰になるかについては、asahi.comが詳しく伝えている。 日本ラグビー協会は日本代表初の外国人ヘッドコーチと... [続きを読む]

    受信: 2005年7月21日 01:58

    » 変革のときを迎えた日本協会 [やまけんのひとりごと]
    日本ラグビー協会は4日、事業部制とする組織改編を行い、従来の強化委員会を発展的解消して日本代表の強化を担う『代表チーム事業部』を新設することを発表しました。 6月25日、森喜朗前首相が新会長に就任し、新たな役員のもと、いよいよ日本協会も変革のときを迎えたようです。... [続きを読む]

    受信: 2005年7月21日 07:50

    » エリサルド・ヘッドコーチに思う [微熱日記]
    日本ラグビー協会が、ジャパンの「監督制」廃止。GMとHCへの分業へ・・・という記 [続きを読む]

    受信: 2005年7月22日 02:32

    » [Sports] 予想通り [k@tu hatena blog]
    ラグビー日本代表の監督を務める萩本光威氏(46)の辞任が18日までに固まった。後任には初めて外国人ヘッドコーチの就任が有力となった。日本協会では19日の理事会で討議し、正式決定する。  前神戸製鋼ヘッドコーチの萩本監督は04年に就任、その秋の欧州遠征でスコットランドに100失点するなど惨敗した。再建を期して続投したが、今年6月のアイルランド戦に連敗し、進退を協会側に預けていた。日本ラグビー協会は日本代表初の外国人ヘッドコーチとしてフランス人のジャンピエール・エリサルド氏(51)を起用することを固め... [続きを読む]

    受信: 2005年7月22日 08:37

    « ラグビー活性化プロジェクト | トップページ | ラガッツが熱い »