« 何のために頑張るか | トップページ | 散歩道と外国人枠 »

太田GM

8月30日、午後2時より、日本ラグビー協会2階会議室にて、日本代表チーム事業部の活動に関する記者会見が開かれた。会見場は約40名ほどの報道陣で埋まっていた。

ohta

席上、日本代表のジェネラルマネージャーとして、太田治さん(写真中央)の就任と、11月5日に、日本代表がスペイン代表と対戦することが発表された。
大会名称は、【リポビタンDチャレンジ2005 ~2011ラグビーワールドカップ日本招致カウントダウンマッチ~】(秩父宮ラグビー場)。

太田さんは、秋田工業高校から明治大学に進み、1987年に日本電気に入社。日本代表のFW第一列を支える力強いプロップとして活躍し、89年のスコットランドを破る快挙や、91年W杯のジンバブエ戦勝利などに貢献。2002年には、監督としてNECを日本選手権優勝に導いた。

今後、日本代表強化は太田さんがマネージメントを担当し、すでに発表のあったヘッドコーチ、ジャンピエール・エリサルドさんが現場を担当するスタイルになる。会見では、太田さんが「ターゲット2007」として、次の3点をあげた。

1)2007年W杯予選プールで2勝
2)世界ランキング10位を目指す
3)JAPANサポーターを10万人に

「2007年W杯で2勝できれば、2011年のベスト8が見えてくる」

太田さんは年内は勤務先のNECと兼務。来年1月から専任契約となる。基本的に強化スタッフは専任にしていく方針のようだ。上記の3点以外にも、最強のJAPANを編成するための施策などが示されたが、それは後日、日本協会のHPなどでご確認を。いずれにしても、コーチングスタッフなど細部はこれからだ。エリサルドさんと太田さんも今後じっくり話し合うことになるようで、具体的なことは発表されなかったが、「ジャパンスタンダードを備えた若手選手の育成・発掘」に力が入っているのは、いい傾向と思う。

太田さんは、95年のW杯で大敗した日本代表の一員だった。二度とあんな惨めな思いを選手達にさせたくないという思いも強い。具体的にはフィジカル面をもっと鍛える方針のようだ。彼が世界と戦ってきた経験上、日本のフィジカルは弱すぎるのである。プロ化以来10年を経て、ますます強化が加速する世界と戦うには、最低限、同じ土俵に立つパワーは必要になる。「FWで5㎏、BKで3㎏、筋量を上げたい」とも言っていた。サイズではなく体の質を変化させるということだろう。

屈辱的体験もあり、現在の最先端のチーム強化も知っている。そんな太田さんに期待したい。頼みますよ。ちなみに、僕と太田さんは同学年だ。

追記◎9月1日出発で、トライネイションズの最終戦を見てきます。NZ航空とJSPORTSの共同企画のツアーですから、15名ほどのファンのみなさんとも一緒です。試合では、当日の電話レポートなどする予定。質問ありましたが、今回はオールブラックスの選手にインタビューすることはできなさそうです。立ち話くらいはできる可能性がありますが。N山さん、内山選手の情報ありがとうございます。NZからブログは更新する予定ですが、もしつながらなかったらごめんなさい。トライしてみますね。それから、JSPORTSから海外ラグビーの放送が少なくなるのを懸念されている方が多いようですが、僕もみなさんの希望は伝えていきたいと思います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 何のために頑張るか | トップページ | 散歩道と外国人枠 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ジャパンがジンバブエに勝利し、WCで初勝利を挙げたことを聞いたのは、新婚旅行先のNZでの出来事でした。
    レストランの店員が私達が日本人だと判ると、
    「今日は日本にとって記念すべき日だ。WCでジンバブエに勝った」
    と教えてくれました。
    あれから、20年弱の年月が経っているのですね。再びジャパンが世界相手に勝利する日が見たいものです。

    投稿: 沼人 | 2005年8月31日 22:56

    「2007年W杯で2勝できれば、
    2011年のベスト8見えてくる」
    この目標に対して2005年の秋から
    2006年のWC出場決定までの
    アクションプログラムを見える形で
    出していただくことを希望します。
    あとトップリーグの入場者数増加の
    ためのプログラムも併せて検討
    必要だと思います。
    特に入会しても応答のないファンクラブと
    WC誘致のブログを立ち上げたあとの有効な
    運用方法について早期に具体的な提案を
    期待したいと思います。

    投稿: 瑞穂 | 2005年8月31日 22:46

    今年のABスッコッドにノヌーとアネシが入っていないのが不思議なのですが、今年の状態ではムリアイナ、ハウレットより数段良いと思うのですが?現地の評価はどうなんでしょう。
    村上さんも?なメンバー選考だと思う時はありますか?
    小生はメイジャー→スミス、ムリアイナ→アネシを入れて欲しいです。

    投稿: ハリケーンズファン | 2005年8月31日 21:00

    いよいよ明日出発ですね。旅慣れている村上さんですので準備は万全でしょうか?NZの街ネタ&深緑郎さんの様子など現地レポートを楽しみにしています。両チームの出場メンバーが発表になっていますが、村上さんが特に生で観たい選手が居ましたら教えて下さい。
    スペイン戦は太田GMにとって準備期間が殆ど無くいきなり厳しい条件ですが、良い内容の試合を期待しています。

    投稿: 軍曹 | 2005年8月31日 20:32

    はじめまして、毎日楽しみに拝見しています。お盆の休みにNZへ観光旅行に行ってました。で最初のワラビーズ戦はクライストチャーチのホテルでテレビ観戦したんですが、試合開始前からテレビは特集番組になってるし、CMもオールブラックスだし、
    これで英語がわかったらどんなにか
    楽しかっただろうなと思いました。
    カーターが負傷したのがショックだったけど・・来年は私も現地でトライネイションを見たいっ。村上さん、楽しいレポートを待ってます。

    投稿: Nozomi | 2005年8月31日 18:39

    村上さん、NZでインタビューはないとの事
    もしですが聞けたら聞いてください。リッチーは、①なぜフランカーと言うポジションを選んだのか?また、②あの体力はどのように鍛えればつけられるのか?③今後の彼の改善点は?などなどです。フランカーにとても興味があるのです。
    出来れば①でも。。。無理ですよね!
    こちらでは、あまり情報を得られないので。。

    投稿: FL7 | 2005年8月31日 08:12

    >「2007年W杯で2勝できれば、2011年のベスト8見えてくる」
     2011年のW杯が日本で行なわれると仮定して、それが盛り上がるかどうかは2年後にかかっているのは明白です。一つ前のW杯でインパクトを与えることができれば自国開催のW杯が盛り上がる、ということはサッカー日本代表が格好の実例です。
     だからラグビーも2年後のW杯にどれだけインパクトを与えられるか、にかかっていると思います。でも、相手はワラビーズ、ウェールズ、フィジー、アメリカ地区2位ですから「2勝」というのは相当厳しい道になるでしょうね。立ち止まっている時間はないと思います。もうフランス流でいく、と決めたのならもう2年後まで突っ走ってほしいと思います。

    投稿: 神戸ファン | 2005年8月31日 00:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5709573

    この記事へのトラックバック一覧です: 太田GM:

    « 何のために頑張るか | トップページ | 散歩道と外国人枠 »