« お答えします。パート7 | トップページ | 85㎏未満ラグビー »

秋田への旅立ち

きょうは一日中、家で原稿書きをしていた。昨季の日本選手権にタマリバのSO(スタンドオフ)として出場し、母校・早稲田大学を苦しめた福田恒輝(こうき)選手に会う機会があった。彼は、まもなく、秋田ノーザンブレッツ・ラグビーフットボールクラブ入りするため、秋田に旅立つ。

福田選手は、東京生まれの東京育ち。早大学院出身で、名将・大西鐵之祐さんに直接指導を受けた最後の世代だった。早稲田大学でも活躍し、2000年春に東芝府中入り。しかしすぐに退社し、立教大、立正大で約1年半、コーチを務め、2001年にキヤノンに入社。ラグビー部で2年プレーしたが、その後、クラブチームのタマリバ入り。昨年12月にはキヤノンも退社した。いろんな場所を転々とすることは印象のよくない場合もあるだろうけど、自分のやりたいラグビー、やり甲斐のある場を追い求める姿に、とても純粋なものを感じた。実際、タマリバでのプレーぶりは素晴らしかったし、早稲田の後輩達を大いに慌てさせた。福田選手自身も「今が一番上手いと思います」と言っていた。

大学を卒業して、少し引いた目でラグビーを見るようになると、格段に上手くなる選手がいる。体力だけでは、ラグビーはできないから。僕もクラブチームに入って1、2年目が一番上手かった気がするもんなぁ。この知識が大学の時にあれば、って何度も思ったものだ。福田選手は、まだ29歳になったばかりだし、体も動く。きっと活躍するだろう。

秋田ノーザンブレッツは、秋田市役所ラグビー部が、2004年度からクラブ化されたものだ。いろんな職業・学校の人たちが、プレーヤー、サポーターとして参加・活動できる組織を目指している。HPをのぞいてみると、こんな理念が書いてあった。

《厳しい経済環境の中、社会人スポーツは、これまでのように特定の企業に依存してチームを維持していくことが困難になってきました。また、スポーツをトップレベルでやり続けることと、人生における職業の選択を合致させることも難しくなっています。このような時代にANBの設立は、まさに時宜を得たものと考えます。ラグビー王国と言われた秋田は、多くの名選手を輩出し続け、今でもたくさんの子供達が、歴史に培われたラグビー環境のもとで日々練習に励み、ラグビーを自分の夢としています。この秋田の地に、広く開かれたラグビークラブが生まれ、それぞれの人生にそれぞれの適職を求めながらトップレベルのラグビーを志すことができれば、ラグビーファンのみならず秋田県民にとっても願ってもない組織・仕組みの一つになるのではないでしょうか(抜粋)=秋田ノーザンブレッツR・F・C会長 三浦廣巳》

福田選手も、クラブから紹介のあった企業で働きながらプレーするとのこと。奥さんも一緒に行くようだ。がんばってください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お答えします。パート7 | トップページ | 85㎏未満ラグビー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    --------------------------------------------------------------------
    秋田の聖母マリアの奇跡を知っていますか?
    --------------------------------------------------------------------

    日本の兄弟姉妹の皆様、
    秋田の聖母マリアの奇跡を知っていますか?

    http://www.newlifejm.net/japan_top.html

    1973年から1982年まで、秋田県秋田市郊外の小さな修道院で、
    聖母マリアの不思議な出来事がありました。

    当時は、世界的に大騒ぎになり、奇跡に立ち会ったカトリック神父が
    出来事を記録した著作は、4ヶ国語に翻訳され、現在も世界で読まれています。
    世界のカトリック教徒の間では「Our Lady of Akita」の名前で知られています。

    私はこの奇跡の地に、人生の半ばで関わったカトリック教徒です。
    現在、この秋田の奇跡を記念して、メダルを製作いたしました。
    ホームページをご覧下さい。

    http://www.newlifejm.net/feature_medal_akita.html

    昨年9月に開設されたホームページは、現在までに世界57カ国からアクセスがあり、
    現在も毎日平均53件のアクセスが世界中からあります。
    世界11億人のカトリック教徒の間では、よく知られた出来事なのです。

    東の果ての、現代の日本で起きた秋田の聖母マリアの奇跡は、世界のカトリック教徒に
    敬虔な畏敬をもって受け入れられています。

    現在も日本各地と世界から巡礼者が訪れている、日本のカトリックの隠れた聖地です。

    賛助会員制度を設けました。御支援くださる方は下記リンクより、ぜひ、ご参加下さい。
    http://newlifejm.net/scb/shop/shop.cgi?No=4

    投稿: francis | 2005年8月23日 13:16

    村上さん、お返事ありがとうございます!お返事いただけてうれしいです。
    ああ、コメントの下に名前がくるんですね。間違えてました(恥)。
    どうもありがとうございます。
    また書き込みします。

    投稿: りさりさ | 2005年8月 5日 07:18

    りさりささん、コメントありがとうございます。投稿者欄の件、申し訳ないのですが、これはそういうレイアウトなのです。コメントの下に線が入って投稿者が入るようになっています。最初の方から全部そうなっていますので、ずれているのでないのです。ご了承ください。

    投稿: 村上晃一 | 2005年8月 3日 18:54

    ここにコメントを書き込むと、コメントと名前がずれているのですが、これって直りますか?
    最初の人の名前がなくて、次の人のコメントに最初の人の名前が入っており、一個ずつずれているようです。
    前に私が書き込んだコメントもずれてました。
    (りさりさ)

    投稿: りさりさ | 2005年8月 3日 17:53

    今週末の試合にマッコウが出られないかもしれないと言うのは、とても残念です。
    インフルエンザ(&オタフク??)らしいです。

    投稿: FL7 | 2005年8月 3日 08:23

    年齢を問わず 生涯ラグビーが楽しめる環境が もっと増えると いいですよね。
    福田選手 いいですね、
    頑張って欲しいです。

    投稿: さんぼ | 2005年8月 3日 06:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5280928

    この記事へのトラックバック一覧です: 秋田への旅立ち:

    » ブログの力、あと100日ブログを書こう! [らぐびーあにまる]
    2011ラグビーワールドカップ開催地決定まで 8/10で あと100日になります。 JRSで「RWCカウントダウン キャンペーン」なるものをやっています。要は 8/10に皆で 「WC開催地決定まで あと100日 署名にご協力ください。」みたいな ブログを書こう というも...... [続きを読む]

    受信: 2005年8月 3日 00:39

    » JRSミーティング&GTFカップ観戦ツアー [JRS OFFICIAL BLOG]
    先日ご案内した、 『JRSミーティング&GTFカップ観戦ツアー』 ですが、下の方に埋もれてしまったので、 改めてご案内します。 JRSではGTFカップが開催される8月20日に 会場の国立競技場近くで、 ジャパンの応援について意見を交わしたり、 ファン同士が語り合える場を設けます。 みなさん、応援についてはいろいろと意見が あるみたいですね。 それならこの場で、考えをぶつけてみましょう。 あなたの考えをぜひお聞かせください。 応援に興味がない方でも、もちろん歓迎です。 ... [続きを読む]

    受信: 2005年8月 3日 17:43

    » 菅平でのラクビー観戦はロビンへどうぞ! [峰の原高原スキー場 ペンション ロビン]
     8月は高校、大学の菅平でのラクビー合宿最盛期、8月21日(日)には、早稲田と関 [続きを読む]

    受信: 2005年8月 5日 13:53

    » タマリバ 福田君 [ラグビー 釜石2]
    先日の八幡平ラグフェス。タマリバ一行が引き揚げた後も、なぜか秋田v. 岩手の試合を見ているこの人の姿が。何でだべなあと思ってたら、実はこういうことだと。 福田君って、現役時代から、なんていうかなあ、多分、本当にラグビーが好きなんだべなあという感じが漂っていました。秋田も、釜石のライバルたりうる存在ですが、東北に縁もゆかりもない選手が来てくれるのは嬉しく思ってしまいます。... [続きを読む]

    受信: 2005年8月 9日 22:17

    « お答えします。パート7 | トップページ | 85㎏未満ラグビー »