« 川合レオ・コーチ | トップページ | お薦めマッチ_0813 »

こどもの心多め

タイトルのことは、後半部分で書きます。

ぷちスペンサーさんから、一緒にプレーしましょう、というとっても嬉しいメッセージをもらったのだが、僕はもうプレーしないと思います。僕が思う「一生現役を続ける」というのは、継続するということであって、僕みたいに完全に離れて10年以上経った者がまた始めるのとは違う気がします。それに、もうできませんよ~。僕は解説を長くやったために、すっかり頭でっかちになっている。現役時代より、抱くイメージは遙かに上だ。なのに体は動かない。これはけっこう辛いのです。すんません。

きょうは法政大学の斉藤実(まこと)監督にお会いした。昨季は関東大学1部リーグで関東学院を破りながら、大学選手権準決勝ではその関東学院に敗れた。今季は、さらに上を目指すシーズンだが、春はキャプテンの野村選手はじめ、負傷者が多く、現在のところ、まだメンバーは固まっていないようだ。法政は、8月13日から網走での合宿に入り、21日からは菅平で練習試合などをこなす。

大学ラグビーは、早稲田、関東学院が2強だが、これを追う強豪チームも軒並みコーチを専任化している。監督を大学の教員や職員、または契約にして、毎日コーチングを施せるシステムを作るチームが多くなっているのだ。慶應の松永監督、明治のトッド・ローデンコーチ、同志社の中尾監督などがそうだ。関東学院の春口監督はもともと教員だし、清宮監督は会社の理解を得て、ほぼ専任に近い。

ある大学のOBが言っていた。「週末だけ教えても、普段の学生の練習を見ていないから、的確な指示はできないし、学生が言うことを聞いてくれない」。学生の身で自分たちを冷静に分析して、修正していくのはなかなか難しい。過去の大学ラグビーで学生主体のチームが勝つ場合は、カリスマ的なキャプテンがいる場合が多かった。

そんな中、法政は特異な存在だ。基本的に外部の人が監督をする伝統を守っており、前任の山本監督も、現在の斉藤監督も大企業のサラリーマンだ。チームの運営は、選手の自主性が重んじられる。それで上位の座を守っているから大したものなのだが、細部のコーチングは難しいところだろう。いずれ専任監督へ移行する時期が来るのかもしれないが、まずは現体制での健闘を祈りたい。学生ラグビーだ。そんなチームがあってもいいと思う。僕は法政の激しく前に出るタックルや、思い切りのいいランニングに好感を持っている。斉藤監督は、かなり気合いの入った人だった。気迫あふれるタックルをするチームを作りそうな予感がした。

◎ミュージカル「星の王子さま」観ました。
初台の新国立劇場にて。仕事疲れで、ややテンション低かったのだけど、見に行って良かった。特に後半部分は引き込まれた。両隣の席が見知らぬ女性でなかったら泣いてたなぁ。って、不惑の男が一人で見に行く芝居かっ! でもね、一人が気楽やねん。演出の白井晃さん、いい感じです。王子役の宮崎あおいさん、すごく良かった。

「大切なことはね、目に見えないんだよ。心でさがさなきゃ…」
何度も読んだ言葉に、また感動した。自分の大切なことってなんだろう。答えは、心の中に。

パンフレットの中にあった、【「こども」を探すチャートテスト】をやってみた。
うん? 診断B=「こどもの心多め。ナイーブだけど楽観的なタイプ」。診断はEまであって、それは「すっかりオトナ」だから、僕は、かなりの「こども」だ。なんとか診断A=「心はこども」になりたくて、何度かやり直してみたが、どうあがいても最後は「こどもの心多め」に行き着く。よく出来てるなぁ、このテスト…。それを休憩時間のロビーで一人やっている俺って、いったい…。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 川合レオ・コーチ | トップページ | お薦めマッチ_0813 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私も「星の王子さま」大好きです。
    村上さんはとてもさわやかでやさしそうだと思ったけど、やっぱりそんな方なんだなと思いました。

    投稿: りさりさ | 2005年8月16日 11:02

    初めてコメント書かせていただきます。
    たまたま法政ラグ部のサイトから見にきたら、村上さんはオウキ出身でいらっしゃったので、ビックリ&嬉しくて残してしましました。
    あまりラグビーのことは詳しくないのですが、法政のことはすごく応援しています。
    練習も今年は更にきつくなっているみたいです。でも頑張ってはるし、注目選手にも期待【大】です。そして、もちろん注目されていない選手も頑張っています!!秋が楽しみです♪
    突然にお邪魔してすみませんでした。失礼します☆

    投稿: FAN | 2005年8月14日 16:34

    管理者様へ。新しく書いたブログの内容を告知させて頂くサイトを立ち上げました。宜しければ、ブログ更新の際に是非当サイトをご活用下さい。尚、ご興味無いようであれば、お手数ですがコメント削除の程、宜しくお願い致します。

    投稿: BC7管理人 | 2005年8月14日 01:35

    初めてコメントします。白井晃氏の名を見て出てきてしまいました。
    独身時代は芝居が好きで色々見に行き、白井氏が主宰していた「遊◎機械/全自動シアター」もかじる程度に見に行ってました。お芝居も楽しかったですが、「ア・ラ・カルト」など、ジャズとお芝居をMIXした舞台のほうが好きでした。
    村上さんがお芝居好きとは以外?!でしたが、観劇レポートはいつも楽しく拝見しています。

    投稿: kanislupus | 2005年8月13日 22:04

    大学ラグビーこそ専任の監督が必要でしょうね。毎年、選手が変わるのですから、それにあわせた戦術を考えることは必要でしょう。監督やコーチはきっと苦労されるのでしょうが、それが楽しみでもあるのかもしれませんね。慶應ファンとしては、今年の動向が気になります。いずれにせよ、いいゲームでスタンドを沸かせて欲しいものですね。

    私もコンサートや映画は、ひとりで行くのが好きですね。ラグビー観戦も、ひとりで行くことがありますよ。

    >診断B=「こどもの心多め。ナイーブだけど楽観的なタイプ」。

    ↑不惑なのに・・・笑。ロビーで一人やってるってところが、もう「こどもの心多め」ですね。

    「ナイーブ」→『純真な子供のように一切邪心をいだかずに物事を見たり感じたりする心の状態』(新明解国語辞典)とありますから、「こどもの心多め」じゃなくて、「こどもの心たっぷり」って感じですか。

    投稿: サファイヤ | 2005年8月12日 19:49

    突然なのですが、今年のNPCはJ-SPORTで放送しないのでしょうか?

    投稿: YOUHEI | 2005年8月12日 16:58

    昨年の法政は、監督と主将のリーダーシップもあり、ナイスなチームだったと思います。今年も期待しています。注目株はSH和田選手でしょうかね。

    投稿: エンドー | 2005年8月12日 13:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5411833

    この記事へのトラックバック一覧です: こどもの心多め:

    » 大久保日記 [まる≠楕円・・・?]
    今日も懲りずに大久保グランドでのヤマハラガーの練習に参加。お盆休みのため、人数9 [続きを読む]

    受信: 2005年8月13日 14:50

    « 川合レオ・コーチ | トップページ | お薦めマッチ_0813 »