« トライネイションズ開幕 | トップページ | お答えします。パート7 »

求むボールハンター

京都です。所用があって日曜日だけの滞在。しかも、京都人はあんまり行かない(ような気がする)金閣寺に行ってきた。観光客はほとんど海外からの人だった。でも、やっぱり綺麗だよなぁ。目的はこの写真撮影のためだけ。池に映る金閣寺、いかがでしょうか。ところで、このお寺、本当の名前を「鹿苑寺」(ろくおんじ)というの知ってた? 建てたのは? 子供のころ「一休さん」をアニメで見た世代は知っている。足利義満である。

goldentemple

きのうのブログに書き切れなかったので、トライネイションズ開幕戦のことをもう少し書きたい。いろんなことを感じたのだけど、改めて驚かされたことがある。放送中の解説でも言ったのだが、両チームの選手たちのボール争奪局面への寄りの速さと、仕事の正確さである。攻撃側では、タックルで倒れたボール保持者に対しての素早い寄りが目立つ。ボールを奪いにくる相手を押し込み、剥がし、ときには押しつぶしてボールを確保する。瞬時にどの方法を選択するか、その判断が正確で素早いのである。逆に防御側は、倒れたボール保持者に対してほんの少しでも相手の寄りが遅ければ確実にボールを奪取する。このギリギリの攻防に興奮させられた。

特に、FL陣(背番号6、7番)の動きは目を見張るものがあった。土曜日の試合では、オーストラリア代表の両FLは、フィル・ウォーとジョージ・スミスという小型FLだった。ともに身長は170㎝台である。それでもひたすらボールに絡む。FLの鑑のような選手だ。FLは7番がオープンサイド・フランカー、6番がブラインドサイド・フランカーと呼ぶのがスタンダードだ。

オープンサイド・フランカーは、チームの先陣を切ってボールある場所に駆けつけるのが重要な役割。攻撃を継続し、防御では常に相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪い取る。もっとも目立つポジションの一つだ。日本代表は、このポジションに長らく人材を得ていない気がする。日本で動き回れる選手は小柄なことが多く、サイズの問題で代表に入らず、日本代表FW第3列は突進力のあるNO8タイプで固められる場合が多い。これについては、ラグマガなどで何度も書いてきたが、もっとボールに絡む選手を小さくても選出すべきだと思うし、育ててもらいたいと思う。

僕はラグビーの中で一番いい選手は? と問われれば、「相手ボールを奪う選手」と答える。明確な攻撃権のないラグビーはボールを奪わなければ攻撃ができない。ここに人材を得れば、日本代表のレベルは一段アップするはずだ。NZには世界最高のオープンサイド・フランカー、リッチー・マコウがいる。そのあたりも、今後のトライネイションズで注目してもらえれば。

◎京都でのこぼれ話
実家で世間話をしている時、「こそばい」という言葉を使ったら、「それ、東京では言わないでしょ」と言われた。そうだっけ? 逆に僕は子供の頃から「くすぐったい」とは言ったことがないんやけど。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トライネイションズ開幕 | トップページ | お答えします。パート7 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    遅ればせながら失礼します。
    「こそばい」使っちゃうんですよ~でももっと使うのは「いちびり」・・神戸生まれの関東育ちなんですがなにぶん両親&親戚一同関西人で・・。。。
    ところで、ラグビー経験のある有名人・・芸人で「中川家」兄弟は有名ですよね、、同じ吉本で「FUJIWARA」の原西さんも経験者だとか。(花園経験はわかりません)後、遠藤正明さんというミュージシャンが花園経験者です!←影山ヒロノブさん←LAZYのミッシェルがソロ活動してからのバックコーラスをしてらした方で最近はなんでも「アバレンジャー」というヒーロー物の主題歌を歌ってて人気なのだそうです。。村上さんならLAZYわかっていただけるかと思いまして、、私は小学生でしたが・・ミッシェルの大ファンでした(LAZYはラグビーに関係ないんですが)。。失礼しました。

    投稿: you | 2005年8月 6日 02:21

    池に映る金閣寺、いいですねぇ。
    修学旅行で行きましたが、鹿苑寺というのはそのとき知りました。
    見学しているときに、担任の先生が、「金閣寺は誰が建てたのでしょう?」と聞き、みんなが「足利義満ぅ~」と答えると、「違うよ、大工さんだよ」と言ってからかっていました。
    バレーが大好きで、おもしろい先生でした。

    ちなみに去年の話です(笑)

    ところで、今日平尾さんのブログで“Love Call”キャンペーンについて書いてありましたね。私の熱い気持ちをIRBに届けようと思います!
    ・・・でもその前に夏休みの宿題やんなくっちゃ~ (ToT)

    投稿: kaori | 2005年8月 1日 21:56

    こんにちは。
    「ずいぶん老けた」たなべです。久しぶり。森本さんからはこのプログのことは聞いていて、時々サモアから覗き見していました。
    こういう形で日本のラグビーを支えていることに敬意を表します。
    日々の仕事に追われ、サモアラグビーの事情通&情報提供とはいきませんが、初めて見た高校公式戦では、タッチジャッジの手にするフラッグが木の枝&葉、といった「これこそ愉快なラグビー」的な話はいくつかありそうです。
    12月に帰国しますのでその時にでも、また。

    そうそう。今回メールしようと思ったのは「突破などしようとも思わなかった元小型FL」として。
    大学時代の監督が昭和40年代の早大黄金期三列の名コーチだった和泉武雄さん(ちなみに最近話題の松山東OB)で、4年間こってり絞られたこともあり、ここ数年、ジャパン三列の球際には物足りなさを感じていました(自分が出来た、というわけではなく)。
    当時は「タックルー立つ(中腰前傾)-球奪取」この一連の流れがワンプレーだった。その動きの速い選手いましたなあ。

    追伸。ランニング中の「車でーす」は東海でもあったなあ。ただ、「離コン」はなかった。「別れでーす」だった。

    投稿: tanabe | 2005年8月 1日 17:06

    村上さん、こんにちは。
    やっぱり、こじんまりまとまったプレーヤーより、観てる側がワクワクするプレーヤーが日本にもいてるはずと思うのですが、ちゃんとタックルのできるフランカー石塚武生のような人が……。

    投稿: ユミィ | 2005年8月 1日 16:20

    私も土曜日の試合には久しぶりに興奮しました。 ここ数年攻撃力が増したせいかハイスコアーの大味な試合が多い中 20点前後で接戦という見ていて一番ハラハラするいい試合でした。 と感動の反面 ますますJAPANが世界から遠ざかっていっているような寂しさを覚えた試合でした。
    それと 仕事人的なFLのJAPAN採用は私も大賛成です。日本人はもともとそう大きくないFLが多く地味ですがきっちり仕事をするFLは今のJAPANには絶対必要だと思います。
    ちなみに私は今までのFLでもう引退されましが 神戸製鋼の武藤さんが一番手本になるFLだと今も思っています。
    ところで村上さんに質問ですが、今回のような現地放送席からの実況でなく 画面を見ながらの実況が海外の試合の場合多いようですが、皆さんは どういう状況で、実況なり解説をしているのでしょうか?
    僕らが見ている画面全く同じ画面を見ながらの放送なんですか? 実況用に他画面があるような感覚に陥るのですが 生の現場の状況お教え下されば幸いです。 

    投稿: ラグ馬鹿 | 2005年8月 1日 12:36

    「一休さん」と言えば、K-1の武蔵兄弟は「新右衛門さん」の末裔だそうですね。
    弟のTOMO選手にラグビーやらせてみたい気が・・・

    投稿: マスターK | 2005年8月 1日 12:34

    村上さん、こんにちは。
    金閣寺、綺麗ですね。
    村上さんはどの季節が一番好きですか?
    僕は一度雪化粧の金閣寺を見たいと思っているんですが・・・。

    所用があって昨日の晩にトライネーションズ見ました。
    両チームともボールへの働きかけや攻撃から防御、防御から攻撃の切り替わりが早いですね。
    とても良い試合でした。
    僕的には、モートロックの縦突破が好きなので、もっと勝負して欲しかったですが。
    この後の試合もとても楽しみです。

    質問なんですが、
    1.ライアンズはケガだったんでしょうか?
    2.今月20日のファルコンズ来日時にジョニー君は来れるんでしょうか?

    投稿: チロ | 2005年8月 1日 10:43

    「こそばい」「ぬくい」なつかしいですね!
    その他に「はしかい」これは毛糸など着たときの痒いをあらわすものですが痒いでは、表現できないニュアンスがあるんです。「こそばい」もそうですね。ちなみに私は、高知です。
    具合が悪い事を「のうがわるい」といます。
    これま、東京では絶対人に言ってはいけないとそのころ東京に住んでたおじに言われたのを覚えています。
    東京の人には、頭が悪いと取られるから。。「のうがわるいの?」と言うと喧嘩
    売ってる感じですね。
    ところでFLですが、本当に日本の場合目立ちませんね。私は、FLが好きなのでいいFLが出てくれる事を祈ってます。

    投稿: FL7 | 2005年8月 1日 08:24

     今回の対決で興味深かったのは、大型WTBをそろえた豪州に対して小柄な南ア。
    そして小型FLの豪州に対して大型な南ア。特色が出ていて興味深かったです。
    小型FLと言うことは石塚さんのようなタックルできる人材が求められているのでしょうか?
    ちなみに関西から愛知に来て「ほかす」が通じず唖然としました。(捨てることです)

    投稿: 瑞穂 | 2005年8月 1日 06:58

    僕は福岡出身ですが「こそばい」でしたね。
    東京に出てきた大学生のころは笑われました。

    投稿: たけちん | 2005年8月 1日 06:04

    僕もようやりました。関東に引っ越してきた小学生のときですけど。
    「今日はえらいぬくいなー」
    「???」
    「あっ、暖かいねー」

    「こそばい」「ぬくい」「いんじゃんとってほい」は必ず間違えてました。

    だいたい、「ラグビー」と発音するようになったのも高校生くらいからです。

    投稿: 李白 | 2005年8月 1日 03:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5252037

    この記事へのトラックバック一覧です: 求むボールハンター:

    » イ・ビョンホン、グォン・サンウ、チャン・ドンゴンのトップスター達をはじめとする超豪華韓国スターが9月さいたまアリーナに集結! [マナベログ]
    韓流スターファンにとってはたまらない情報ですよ!9月24日(土)に、日韓国交正常化40周年を記念してさいたまスーパーアリーナで韓流オールスターサミットが開催されるようですね!なんと出演するメンバーがすごいんです。その出演者というのがイ・ビョンホン、グォン・サンウ... [続きを読む]

    受信: 2005年8月 1日 10:07

    « トライネイションズ開幕 | トップページ | お答えします。パート7 »