« 東花園が違う! | トップページ | 関西大学Aも開幕 »

攻める意欲

休みの日は短めに書くと決めていた。連休明けにまとめて読む人がいると思っての判断だったのに、きのうはずいぶん長く書いてしまった。きょうは、トップリーグ第2節、2日目の様子を軽く書きます。結果を知りたくない皆さんはご注意ください。

shiaimae

この写真は、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対ワールドファイティングブルの試合前。ピッチに出て行く直前の様子です。暗い通路を通って、明るい舞台へ出ていく緊張の瞬間。僕は、このシーンが好きである。コンクリートを叩くスパイクの音と静かに燃える闘志が張りつめた空気を作り出す。選手の表情もかっこいい。

土曜日は、JSPORTSで東芝府中ブレイブルーパス対サニックスブルースの試合を解説した。東芝が差をつけて勝つだろうと思っていた。実際にその通りになったのだが、サニックスの好プレーが随所にあって、前半途中からは締まった試合になった。サニックスは、今季、ディレクター・オブ・ラグビーに就任したクリスチャン・ガジャン氏のもと、モール・ラックを極力作らないラグビーに挑戦している。その通り、ボールを動かし、東芝から4トライをあげて勝ち点1をゲットした。何より、徹底的に攻める意欲が素晴らしい。観客を楽しませるチームになってきた気がする。これからもきっといい試合を見せてくれるだろう。FW主体だったチームを大きく変えたガジャン氏、藤井監督の手腕、大したものである。

67-24の大勝で、2試合連続の勝ち点5をゲット。東芝は強い。立ち上がりの圧倒的な攻撃力は、まるでオールブラックスを見るようだった。少ない人数でボールをキープし、グラウンドを大きく使って走り回る。CTBマクラウドを止めるのは難しいなぁ。パワーとスピードがあって、タックルを外すスキルも持ち合わせている。ルーキーのCTB仙波も良かった。モールの圧力も相変わらず。薫田監督は「点の取られ方が悪い」と課題を口にしたが、連勝街道を走るかな。

トヨタとワールドは、最後まで手に汗握る接戦となった。後半なかばで25-14とワールドがリードを奪い、トヨタ危うしの時間帯もあったが、WTB久住のトライで追撃、残り10分で投入されたWTBセコベが約70mの独走トライ。逆転して逃げ切った。

ワールドの舛尾主将が「スクラムは思った以上に組めた」と言うように、トヨタはスクラムで劣勢になり、ラインアウトでもミスを重ねた。NO8ティアティアの欠場で縦に防御を切り裂くことができず、リズムが出なかったのも要因だろう。朽木監督は「FWの状況判断の悪さ」を課題に挙げた。ボール争奪戦に入るかどうかの判断にブレがあり、BKラインへの参加も中途半端ということだ。それでも勝ち点5をゲットしたのは地力がある証明である。調子が上がってくるであろうシーズン後半に向け、この勝利は大きい。

ワールドは惜しかった~。大事なところでミスと、はっきりした反則があったのは「ガマンが足りなかった」という舛尾主将の言葉通り。でも、上位陣にも十分通じる攻撃力は見せたし、セットプレーも良かった。このあと、NEC、ヤマハと強い相手が続くが、勝利を狙える戦力だと思う。

注目の三洋電機ワイルドナイツ対サントリーサンゴリアスの試合は、25-10で三洋が勝利した。見ていないので論評は避けます。東京に戻って録画見よう。2節目に入って、各チーム本来の力が出てきた気がする。本調子でないのは、神戸製鋼とトヨタかな。でもまだ2節目、今後どんな展開になるかは分からない。調子の悪いチームのファンのみなさんも辛抱強く応援してほしいと思う。去年の三洋なんて、開幕5連敗だからね。

日曜日は、関西大学リーグの開幕戦に行きます。

結局、長く書いちまった。まとめて読んでくれている皆さん、お疲れ様です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東花園が違う! | トップページ | 関西大学Aも開幕 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    母校の大体大と京産大の解説している村上さん
    拝見しました。トップリーグに比べ優しく解説
    されているように思いました。結構観客も
    いましたし、いい雰囲気の花園でしたね。
    ただ、酷使されている芝生が少々心配です。

    投稿: 瑞穂 | 2005年9月25日 20:22

    サニックスの24点はビックリでした。リコー戦のノートライがうそのようです。それともリコーが強くなった? そうそう花園の電光掲示板リニューアルしてますよね。見やすくなったとうです・・大型ビジョンにもなるのでしょうか?

    投稿: たかし | 2005年9月25日 06:54

    昨日はあまりのショックと精神的疲労でパソコンを開く気力すらありませんでした。今まで20試合近く会場に見に行きましたが、おとといの試合の後の帰路が一番しんどかったです。「負けた」というのはもちろんですが、ペナルティキックをインゴールのタッチラインに蹴ってしまったり、なんの変哲もない正面のPGを外したりなど「信じられないミス」のオンパレード。部外者が考えても仕方がないのに「何がダメなのか」を帰りの電車に乗っている間ずっと考えていました。今も考えています。しかし、答えが出ません。それだけに余計につらいです。次のサントリー戦までの2週間は「長い」時間になりそうです。

    投稿: 神戸ファン | 2005年9月25日 01:03

    戦いには「攻める意欲」は大事です。サニックスが東芝から4トライを奪ったのは、立派です。80分間の中で、攻める意欲を失わずに集中すれば、チャンスは巡ってくるものなのですね。神戸製鋼のこと、これからも見守って行きます。

    ワールド-トヨタの選手たちの写真、かっこいいですね。独特の緊張感が漂っていて、スパイクの音が聞こえてきそうです。

    投稿: サファイヤ | 2005年9月25日 00:40

    三洋電機vsサントリーの試合を観戦しました。サントリーは自滅したという印象です。よく守っていたし、攻める姿勢がなかったわけでもないし、マイボールラインアウトもとれてた。でも反則が多すぎ。三洋の得点の半分以上はPGによるもの。三洋は派手な仕掛けはなかったけど、パスはよくつながってたかな~。村上さんが録画を見たあとどんなコメントをされるかお聞きしたいです。

    投稿: MoMA | 2005年9月25日 00:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/6099938

    この記事へのトラックバック一覧です: 攻める意欲:

    » 1節「サニックス」対「リコー」+1節総括 [瑞穂のラグビー好き]
     「2011年WC開催地決定まであと 54日」{/face_fight/}  復帰組のサニックスと入れ替え経験のリコー、力の差が気になる ところでしたが前半はサニックスが互角以上の戦いをする。 特にFWの動きはサニックスの方が良かったかも。ただし決定力 不足は否めない。前半35分までは 3:3 ここでリコーがゴール前密集からベテランSH月田が突破しトライ ゴールは決まらず 3:8 ... [続きを読む]

    受信: 2005年9月25日 09:18

    » ワールド-トヨタ [ラグビーフィーバー!!]
    昨日の花園の第二試合「ワールド-トヨタ」は近隣の火事の影響で煙ってたな~。火災場 [続きを読む]

    受信: 2005年9月25日 10:16

    » 熱くなれ、『神戸製鋼コベルコスティーラーズ』 [ココロミ]
    2連敗から一夜明け、前記事にいただいた皆様からのコメント一つひとつが、ラグビーファンからの貴重なご意見で、ありがたいものでした。 さて、私がこのブログを始めて、一番最初の記事を書いたのは、神戸製鋼のことだった。 『どうした?!神戸製鋼よ!』というタイトルで、今年の1月に上げた。 その文章の一部を、再度、ここに抜粋しておく。 ~抜粋~ 深刻なのは、選手たちの気持ちがバラバラになっている、こと。V7の頃の神戸は、スタメンに入ること自体が、既に競争だったかったから、選手自身が必死に自分自身を... [続きを読む]

    受信: 2005年9月25日 11:45

    » トップリーグ第2節(秩父宮初戦) [やまけんのひとりごと]
    今週末の24、25日もラグビー観戦漬けで、秩父宮でトップリーグ第2節を連日観戦しに行きました。 24日は『サントリー vs 三洋電機』、25日は『NEC vs リコー』を観戦しました。 やはり『Live!じゃなきゃ伝わらない』の言葉通り、このラグビーの面白さはラグビー場に行かなければ味わえないものです!... [続きを読む]

    受信: 2005年9月26日 13:34

    « 東花園が違う! | トップページ | 関西大学Aも開幕 »