« 選手の幸せ | トップページ | 攻める意欲 »

東花園が違う!

higashihanazono

神戸製鋼コベルコスティーラーズとクボタスピアーズの試合を見るため、東大阪市の花園ラグビー場に行ってきた。近鉄・東花園駅を降りて、びっくり。駅が違うところにあった。間違えたかと思った。いま、東花園駅は改修中で、京都方面行きと、難波方面行きのホームがちょっと離れたところにある。京都から東花園に向かう人はご注意を。

kissatenn

さらにスタジアムまで歩く途中に長らく経営していた「ハーフタイム」という喫茶店の後には、こんな可愛い喫茶店が。このあと結果を書きますので、録画で見る人はこの先読まないでください。

キックオフは午後3時だったが、その前に「ラグビークリニック」(10月25日発売)の取材で、元神戸製鋼FB綾城高志氏に話を聞いた。FBの匠の技についてである。面白かった~。同時代にプレーした選手のことを取材して書くのは楽しい。FBは「フリーマン」だという話は面白い。記者席で話を聞いていたら、窓にバッタが。

batta

試合は僅差勝負になると思っていたのだが、予想外の差がついてしまった。しかも、完敗したのは神戸製鋼だった(7-28)。クボタは、初戦の敗北から気持ちを切り替え、チャレンジャーとしての粘り強いディフェンスを見せた。神戸製鋼のトライは、前半6分、SH後藤がクボタNO8ケフのキックをチャージして約50mを走りきったものだけ。クボタは、ケフ、SH西田、SO伊藤、FBマクイナリを起点に陣地を進め、ゴール前で着実に得点していった。神戸製鋼のディフェンスはとても淡泊に見えた。

クボタにとっては非常に大きな1勝だが、神戸製鋼には痛すぎる。試合後の記者会見、増保監督からしばらく言葉が出なかった。「みっともない試合をしてしまいました。コメントが出てきません」。

松原キャプテンはこう話した。「終始ドタバタしてしまった。修正能力がなかったということです」

神戸製鋼の選手たちは、おそらくクボタには勝てると思っていただろう。では、何で勝とうとしていたのか、という点では疑問が残る。この試合に関しては、上回っていたものはなかったからだ。増保監督は「やり直します」と言った。メンバー編成を含めてのことだと思う。

神戸製鋼のラグビーは難しい。個々の判断能力が重視されるからだ。しかし、どう見ても個々の判断が有機的に15人につながったかつてのスタイルではなかった。選手には迷いが見える。もっとシンプルに方向性を定めることを選手は求めているのかもしれない。増保監督も、ここは頭を悩ませるところだろう。この敗戦を深刻なものにしない唯一の方法は、このあと勝ち続けることだけである。しかし、神戸製鋼が負けるのはドキドキする。やはり強いチームというイメージがあるので、負けるとなると緊張するのだ。

クボタの荻窪監督は興奮気味に語った。「創部以来初めて神戸製鋼に勝ちました。そのことがなにより大きい。飛躍の第一歩になればと思います」。そう、クボタにとっては勝つことが重要だった。しかも、前半12分のCTB吉田のトライは、サインプレーをSO伊藤と吉田でわざと裏切ったもの。神戸のディフェンスを読み切ってのものだった。どうする神戸。

◎出会い
神戸の試合を見た夜、ラグマガの森本優子さんと、ベースボールマガジン社大阪支社で長年活躍される写真家の江見洋子さんと食事した。いろんなことを話すうち、高校ラグビーの話になった。そこで、江見さんが、昭和55年度、全国高校大会決勝の伏見工業対大阪工大高の決勝戦の写真も担当したことを聞いた。その試合とは、のちにスクールウォーズでドラマ化される決勝戦のことである。伏見工の最後のトライに至るシーンは、何度もラグマガや他メディアで紹介されてきた。その栗林君のトライを、江見さんは目の前で撮影していたらしい。思わず握手してもらった。歴史の証人に対する尊敬の念がわいたのである。江見さんは、「これまで取材した中でも、あれほど印象に残ったものはありません」と言った。

尊敬である。その角度にカメラを構えていた人は約10名ほどで、撮影後は、互いの露出など確認していたらしい。誰にとっても凄い瞬間に立ち会った感動があったのだろう。江見さん、尊敬です。お話できて光栄でした。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 選手の幸せ | トップページ | 攻める意欲 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     次回神鋼は1週空いてサントリーと
    お互い一時代を築いたチームの対決。
    今はただファンを失望させることがない
    いい試合になることを祈るのみです。
    それだけ注目されていることを自覚
    することからはじめて欲しいですね

    投稿: 瑞穂 | 2005年9月25日 15:26

    神戸製鋼対クボタをTV観戦している中、非常に不快な場面に出くわした。後半戦にクボタのNO8がボールを持つていない神戸の外人選手にショルダーチャージをして外人選手はダウンしゲームは何分間か中断した。問題なのはNO8の暴力とも表現するのが適当な、ルールに反したプレイぶり(そのプレイに至るまでに何があったのか判らないが)とレフリーに注意されて、自陣へ戻る時に唾を吐いた態度(ふてくされた態度に見えた)です。あんなプレイはラグビースクールの子供達に見せられません
    。レフリーは最っと断固とした処置をすべきでした。海外プロラグビーの影響jか、やたら唾を吐いたり、ラフプレイの横行等、しばらくラグビーとご無沙汰していた者にとっては悲しくなる面がある。ケ大対早稲田戦で選手交代時にグランドに礼をして去る、福岡出身のG選手がいたがなんだかとても感動した。ああでなくっちゃあ!
    日本のラグビーをより良い方向へ発展させましょう。クボタさんもナイスファイトでトップリーグを盛り上げてください。

    投稿: 平和台 | 2005年9月25日 01:09

    神鋼の思わぬ大敗に呆然です。
    クボタには明確な意図を持ってプレーする姿勢が感じられましたが、神鋼にはそれがありませんでした。勝てると多寡をくくっていたとは思いたくありませんが…。

    既にシーズンが始まっていてこの状況、とんでもない展開が待ち受けていそうで怖いです。

    投稿: Keiko | 2005年9月24日 14:28

    今日はあいにくの天気ですがサントリー-三洋戦注目ですね。初戦を見るかぎりサントリーは無駄なフェイズを重ねずキックも有効に使っていたようです。三洋はトニー・ブラウン次第でしょう。要のポシションですから。両チーム特徴を生かした戦い期待します。

    投稿: ファイブエイス | 2005年9月24日 10:28

    神鋼には 強くいてもらいたいな、、、

    頑張れ 神鋼!

    投稿: さんぼ | 2005年9月24日 08:25

    東花園は小さい頃に利用していた駅です。
    昔は花園にウェールズが来たときなんかは小学校の校庭が駐車場になったくらいや、と父親から聞きました。

    投稿: 李白 | 2005年9月24日 02:42

    開幕戦のクボタ-ヤマハを見て、神戸はやられるかもしれないと感じていました。案の定、やられました。チームはボロボロ、バラバラという気がしてなりません。とても有機的に機能するなどとは、程遠いチームになっていますね。攻撃はすべて読まれてことごとく止められていました。ぜんぜん修正ができない「ただのチーム」になってしまった神戸。後半は、画面を見ながらあまりの酷さに、吐き気がしました。次のサントリー戦を観戦する気が失せました。さて、巻き返すことができるか。道は険しいです。

    投稿: サファイヤ | 2005年9月24日 01:14

    スカパーで神戸の試合を見ました。本当に神戸らしくない試合でしたね・・・このままだと他のチームにも勝てそうに見えません。建て直しができるか、大きなポイントであるような試合でした。明日はサントリーVS三洋観戦してきます!!

    投稿: たかし | 2005年9月24日 00:45

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/6085826

    この記事へのトラックバック一覧です: 東花園が違う!:

    » 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 2連敗。 [ココロミ]
    もう、笑うしかありません。なんですか?あのゲームは。神戸は、ミスを連発、ディフェンスはあっさりと抜かれる。攻撃も攻め手がない。ひどいチームに成り下がりましたねぇ。トライこそ取りましたが、1本だけ。開幕節と合わせても総得点数は16得点って、どうしちゃったんでしょうか? 今日の時点で、勝点0の12位の最下位!? 前半開始7分に、SH後藤がチャージをしてトライ。ゴールも決まって7点とするが、その後は、クボタに3トライ(ゴール成功)を許し、21対7とクボタのリード。 この3本のトライの取られ方、あまりにもあ... [続きを読む]

    受信: 2005年9月24日 00:58

    » STEELERS2005-6:TL02/神戸vsクボタ [RUGBY STATION]
    ココをこうすれば・・・ココをああすれば・・・"if"で試合後の感想をファン達は... [続きを読む]

    受信: 2005年9月24日 02:42

    » ラグビートップリーグ 厳しい!神鋼2連敗を喫す [ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!]
    ラグビートップリーグ 花園での第2節「神鋼 VS クボタ」戦が 大阪の花園ラグビー場で行なわれた。 第1節では神鋼は東芝に、クボタはヤマハに負けを喫して いるため、両チームともに連敗は避けたい対戦であった。... [続きを読む]

    受信: 2005年9月24日 08:06

    » 地に足はついているか ~トップリーグ第二節(9月23日) [プラマイ・ケイコ]
    「園で行われるトップリーグ第二節の前夜、明日の神戸製鋼コベルコスティーラーズとクボタスピアーズの試合、メンバーはもう決まったかいなぁと神鋼のサイトにアクセスすると、スターティングメンバーにSH(スクラムハーフ)の後藤翔太くん(早大OB・22歳)の名前があるでは..... [続きを読む]

    受信: 2005年9月24日 14:26

    » TL第2節 神戸製鋼vsクボタ [miyamiya's world]
    ※試合結果を書くので今から録画などを見る人は 読まないで下さいね。 両チームも初戦黒星スタートだったのでお互いに負けられない試合だったのだと思います。神戸はハーフ団に後藤・山本のルーキーコンビで挑んできました。後藤の速い展開から攻撃を見出そうとしたのでしょう。 まず前半6分、神戸の前に出るディフェンスに孤立したクボタのMO.8ケフが苦し紛れにしたパントをSH後藤がチャージ。そのままトライし... [続きを読む]

    受信: 2005年9月24日 22:01

    » ノーサイド [petit buffle &petit tigre]
    神戸は考えていたより重症でした。 クボタさんは気迫溢れるいい試合ができたと思います。 【観戦記】 私にとって、花園ラグビー場は京都と並ぶパワースポット。 生駒の峰から降りてくる霊気が気持ちいい。 この日を逃すと今シーズンの生観戦は無理かも....... [続きを読む]

    受信: 2005年9月25日 00:45

    » 近鉄東花園駅ですが [MASARUのブログ]
    近鉄花園ラグビー場最寄り駅の近鉄東花園駅ですが、近鉄奈良線の立体交差化工事の影響で、ホームがかつての場所より変わっています。 私自身は先日の神戸製鋼戦のときにはマイカーで観戦に出かけたので確認していたいないのですが。ラグビージャーナリストの村上晃一さん....... [続きを読む]

    受信: 2005年9月27日 01:31

    « 選手の幸せ | トップページ | 攻める意欲 »