« 赤いリストバンド | トップページ | モールのこと »

フォークと堀越監督

きのうの深夜、フジテレビを見ていたら坂崎幸之助さん、篠原ともえさん、安部なつみさんが中心になって、多くのミュージシャンとフォークソングを歌っていた。僕はフォーク全盛世代より少し若いが、中学時代はやはりフォークギターが流行っていて、高校でも「フォーク村」というサークルに入ってラグビー部の練習のない日は仲間で歌っていた。まあ、遊びの域を出ていなかったが。

番組では、懐かしい歌がいっぱいあったけど、「悲しくてやりきれない」はジーンとくる。
作曲・加藤 和彦、作詞・サトウ ハチロー。僕は2番が好き。

《白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしく揺れる 悲しくて 悲しくて  とてもやりきれない この 限りない 空しさの 救いは ないだろうか》

僕は今、悲しくもないし、むなしくもないけれど。映画のパッチギ!でも挿入歌になっていて、泣けましたねぇ。

きょうは、あるところで立正大の堀越監督を話す機会があった。昨季、監督就任6年で関東大学リーグ戦1部に昇格し、今季はすでに関東学院と法政に2敗したが、手応えはつかんでいるようだ。チームのことを熱く語る姿に、選手やコーチへの信頼がにじんでいたし、包容力のある指導者に成長していると感じた。スクラムは強いようだし、これからの立正大が楽しみになってきた。目標である大学選手権出場達成を期待しています。

みなさんコメントありがとうございます。きのうの日記の手首は僕です。腕立て伏せは続けているのですが、腕より胸囲が大きくなった気がします。なんか服が全部小さく感じるので。胸を出すのは目的じゃなかったのに。

ところで、移籍選手の件ですが、移籍した場合は1年間出場できないのがルールですが、特別な事情がある場合や、前所属チームが認めれば出場できます。セコムの田村選手とか、リコーの川上選手はじめ、ラグマガに追加掲載された選手はみんな出場できるはずです。今季の登録期限(8月末)にも間に合っていますので。
 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 赤いリストバンド | トップページ | モールのこと »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     いつも楽しく読ませていただいています。
     ルールに関して質問させてください。モールは前進が止まって5秒たつと相手ボールのスクラム、ということですが、横に動いているときもモールは継続されている気がします(特にゴールライン付近の攻防では)。
     横に動くのは前進と見なすのですか?

    投稿: のびた | 2005年9月28日 22:38

     いつも楽しく拝見させていただいてます。「悲しくてやりきれない」の歌のことが書いてあったので、懐かしくなりました。この歌は、加藤和彦さんが歌ってたんですか?私が、この歌を知ったのは、矢野顕子さんのLPを買った時です。20年くらい前のことだと思います。

    投稿: ルーシー | 2005年9月28日 21:13

    高校の時に歌っていたというのが、やはり、今の「マッチ」に繋がっているのでしょうか?手首の写真への質問にお答えいただきありがとうございます。それにしても、腕立て伏せで、腕ではなくて胸囲が太くなるんですね。今度ピチピチジャージを着てみては(笑)?「ラグマガ」11月号の表紙、有賀選手の腕、パンパンです。堀越監督といえば、昔の神戸製鋼を思い出してしまい、懐古的になってしまうなぁ。

    投稿: サファイヤ | 2005年9月28日 20:43

    村上さん、移籍選手の質問への回答をありがとうございます!
    昨季はワールドのマウ選手が全然出場が無いのを不思議に思っていましたが、規定で出場出来なかったと後で知りました。
    NECの斉藤展士選手の場合はラグマガ9月号の記事で今季はリリースレターが出ずに出場出来ないと知りましたが、選手名鑑やトップリーグ公式ページには彼の名前が掲載されています。何とも判り難いですね。

    投稿: 軍曹 | 2005年9月28日 19:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/6150752

    この記事へのトラックバック一覧です: フォークと堀越監督:

    « 赤いリストバンド | トップページ | モールのこと »