« 太田GM | トップページ | お薦めマッチ_0902 »

散歩道と外国人枠

sarusuberi

8月31日は自宅でたまった仕事を片づけていた。昼間、近くのパン屋さんに行く途中、たくさん花を見つけた。一番綺麗に感じたのは、百日紅(さるずべり)だった。花言葉は「雄弁」。

aberia

こちらは、アベリア。下は、鳳仙花(ホウセンカ)だ。家の脇道に咲いている。そしてもう一つ下の花は僕にはなんだか分からない。小さな赤い花で、綺麗だったのだけど。どなたか知っていますか?

housenka
korenani

このところ、夏合宿やファルコンズ来日で、あちらこちら走り回っていたので、花を見る余裕すらなかった。9月からはまた忙しくなる。いい時間だった。

数日前のコメントに、オールブラックス(NZ代表)の外国人枠について質問があった。
NZ代表には基本的に外国人枠はない。他国と同じく、3年居住のIRBの規定にしたがっているようだ。ただし、サモア、フィジー、トンガなどの選手は、NZ生まれの選手がほとんどで、また移住してきた選手も、多くの場合二重国籍を取得している。また、NZ人の多くが、NZだけでなく、オーストラリア、イギリスのパスポートを重複して持っているのが現状らしい。

オールブラックスの場合は、海外でプレーしている選手はNZ人でも代表の対象外なので、たとえば日本にいるトロイ・フラヴェルや、ティアティアが今のままオールブラックスに入ることはないけれど、レオン・マクドナルドのようにヤマハ発動機から帰国して、NZのチームでプレーすれば復帰は可能。

他の国も、基本的には、IRBの代表規定をクリアすれば大丈夫で、縛りは2か国にまたがって代表になれないということだけのようだ。ちなみに、日本代表も明確な外国人枠は存在しない。だから、6人とか入ったこともあったよね。

国内試合の規定は国それぞれだが、イングランドのプレミアシップなどは、EU圏内の選手は外国人扱いにならないなど規定は緩い。僕は少なくともイングランドなど強い国に関しては、国内リーグも外国人枠は撤廃してほしいと思っている。日本の選手がイングランドやフランスのクラブでプレーしにくい理由のひとつが、外国人枠の壁だからだ。みんなそれで苦労した。枠が2人なら、NZやオーストラリアの選手が有利になる。仕方がないけど、日本人が頑張ったら入れてよって感じである。それは無茶苦茶か。

◎セコムラグビーフィールド「グランドオープン」イベントのお知らせ

9月3日(土)、17時セレモニー開会 18時キックオフ
場所 セコムラグビーフィールド
住所 埼玉県狭山市柏原富士塚308-1

15:00 ラグビースクール
16:00 地元高校生対象ラグビークリニック
17:00 グランドオープンセレモニー
18:00 オープニングゲーム「セコムラガッツ対コカ・コーラウエストジャパン」

※天然芝リニューアル、人工芝完成を記念し、イベントを行う。新キャラクター「ラガッツ君」も発表される。来場者には、プレゼントが当たる抽選会もあり。来場の際は、自家用車は避け、極力公共の交通機関を利用していただきたいとのことです。僕は行けませんが、みなさん楽しんで来てください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 太田GM | トップページ | お薦めマッチ_0902 »

    「日記」カテゴリの記事

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5724452

    この記事へのトラックバック一覧です: 散歩道と外国人枠:

    » ワセダクラブ [やまけんのひとりごと]
    「あなたの人生で最も影響を受けたものは何ですか?」と質問されて、「はい、○○です。」と回答出来る人はどれくらいいるでしょうか。 ラグビー選手って、「はい、ラグビーです。」と答える、答えられる人が本当に多いのです。もちろん、僕もその一人。ワセダクラブのメンバーのひとりとして、多忙ながら仕事とラグビーを両立させています。理由は簡単ですよね。ここではあえて書きませんが、このすばらしいラグビーという競技を出来るだけ多くの人々と楽しめるために、ワセダクラブのラグビーディビジョンがあります。... [続きを読む]

    受信: 2005年9月 1日 16:44

    « 太田GM | トップページ | お薦めマッチ_0902 »