« ムクゲとシンロクロウ | トップページ | リーダーはリーダーを知る »

佐々木隆道と有賀剛

月曜日の午後は、ラグビーマガジン11月号(9月24日発売)の取材で大学ラグビー優勝候補の両雄、早稲田と関東学院のキャプテン対談をした。佐々木隆道選手と有賀剛選手という豪華版である。

aruga-sasaki

ご覧のように和やかな雰囲気。彼ら2人は、ともに1年生からレギュラーで何度も対戦してきた。思い出は尽きない。と思いきや、意外に試合中に直接ぶつかり合うことは少ないのだそうだ。もちろん数少ない接触シーンの話はしてくれた。2人とも進路先はまだ決まっていないが、ラグビーを続けることは心に決めていて、引退後の仕事についても、もう決めているようだった。しっかりしている。そのあたりの詳細もラグマガには書きますね。

関東学院と早稲田は過去4シーズン、大学選手権の決勝で対戦し、春と夏の練習試合で勝ったチームがそのまま冬も勝つパターンが続いている。ということは、今年は早稲田ということになるのだが、有賀選手は「それは気にしていません」と正月での雪辱を期していた。2人とも、この2チームでの決勝を希望しながらも、他のチームが上がってくる可能性もあり、それでも優勝の価値は変わらないと言っていた。

ジャージー姿での撮影もしたが、有賀選手のはち切れるような筋肉質の上半身が目立っていた。まあ、これはジャージーのサイズもあって、有賀選手もしきりに「あれ~、これ小さくないですか?」と気にしていた。ちょっと可愛かったぞぉ。

佐々木選手も今季から新調されたジャージーで撮影に臨んだ。ポーズをとるのをしきりに恥ずかしがっていて、有賀選手が冷やかしていた。仲がいいね。決勝対決できるように頑張ってください。最後はこんなポーズも。

aruga-sasaki2

さて、これから原稿まとめます!

追記◎きのうのクイズの答えで数名の方から問い合わせがあった。第1回W杯のNZのキャプテンはデヴィッド・カークなのでは? と。引っかけのつもりだったのだが、ちょっと微妙な問題を出してしまったと思っている。87年のW杯NZ代表スコッドのキャプテンはアンディ・ダルトン選手である。ところが大会初戦直前に怪我をしてしまった。しかし彼はキャプテンとしてチームにとどまり、グラウンドではデヴィッド・カークがキャプテンを代行した。NZのラグビー百科事典「THE ENCYCLOPEDIA OF NEWZEALAND RUGBY」には、そのあたりの事情が書かれていて、カークをon-field captainとしている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ムクゲとシンロクロウ | トップページ | リーダーはリーダーを知る »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    前回選手権早大戦3年中心で望んだあの日、大差で負け挨拶もしない4年や下級生途中で逆のスタンドへの挨拶をやめた。しかし有賀は違った3年でありながらチームを率い最後まで戦士だったのだ。ひとり。誰も来ない一人スタンドに向かい挨拶をしていた。中々大人でもあの雰囲気では無理でもラグビーを愛す彼には関係ないのだ。忘れないシーンだな。

    投稿: 純 | 2006年1月 7日 09:07

    佐々木が神鋼入ったら、また佐々木→後藤の8-9が見られるなぁ(^^)

    投稿: 山辺響 | 2005年9月14日 10:22

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    開幕を今か今かと待ち望んでいる今日この頃、
    Sarugby.comのサイトにNECのヤコ選手が、
    膝を手術し、半年間プレーできないと載っていました。
    と、なると今年は彼の雄姿をトップリーグで拝むことはできないのでしょうか。
    とても気になります。
    なにかご存知でしたら、教えてください。

    投稿: あと3日 | 2005年9月14日 00:21

    いつも楽しく拝見させていただいています。この両雄の活躍は楽しみですね。私はシドニー在住のため日本ラグビーのフレッシュな話題はいつも村上さんのBlogから吸収しています。私も村上さんと近い世代ですので、ひと昔前の話題も楽しんでいます。これからシーズン本番、「ラグビー愛好日記」をより一層楽しみに毎日チェックしますので、連日の更新、頑張って下さい。

    投稿: やすわらびー | 2005年9月13日 22:29

    歴代とは言いませんが私が一番強いと
    思ったときの神鋼のレギュラーです。

         福本  弘津  山下
      武藤   林  ウェンズレー  大八木
            大西
            堀越
             藪木
          平尾    細川
     富岡            ウィリアムス
             綾城 

    さて、今年の4年生の行方は気になりますね。
    特に今回取り上げられている3人はWCに
    主力として期待されるメンバー、気になります

    投稿: 瑞穂 | 2005年9月13日 18:59

    神戸ファンさんへ

    私も佐々木、有賀、森田三人共神鋼に欲しいですね。 元木、増保、吉田、伊藤、中道・・のスーパールーキー総なめが懐かしいです。ここ最近の補強には毎年疑問をもっているので、来年は期待したいです。
    それにしてもやはりFBが不安ですねえ~ ショーンウェブを使うのか、大門、平尾あたりか? はたまた斉藤か?
    八橋はどうしたのか? 悩みどころです。 かつての綾城さんの安定感は抜群でしたねえ。
    懐かしい名前が出たところで私なりの歴代神鋼ベスト15を独断で選んでみましたどうでしょう?
    1中道2弘津3清水4林5イーガン6武藤7伊藤8大西9堀越10ミラー11富岡12平尾13元木14大畑15綾城

    投稿: ラグ馬鹿 | 2005年9月13日 12:43

    引っ掛けに 引っかかりました。
    ずっとカークだと思ってました。
    だんだん 深緑朗さん化してますね、、、

    投稿: さんぼ | 2005年9月13日 08:03

    村上さん、またまた素敵なツーショットですねえ。大学の両雄のノーサイドで見せるいい笑顔ですよねえ。
    本当にこのふたりは仲良しなのかもしれませんね。このふたりの社会人ラグビーチームへの進路は気になりますねえ。実はもう内定しているのかもしれませんね。噂ではトップリーグの某チームと言われていますが、未確認なので発表を待ちたいと思います(笑)
    来年1月、大学選手権決勝でこのふたりが戦うのを楽しみにしています。

    投稿: やまけん | 2005年9月13日 07:52

    >2人とも進路先はまだ決まっていないが、ラグビーを続けることは心に決めていて、・・・
    2人の進路先が気になります。2人とも仮に野球なら確実に「ドラフトの目玉」としてテレビ等マスコミで大騒ぎされるような選手ですもんね。佐々木選手は高校が啓光出身でもともと関西人だし、有賀選手もFBに不安のある神戸には「のどから手が出るほど」ほしいしどちらも来てほしいというのは贅沢ですね。でも神戸にOBが多い大阪工大高出身の法政・森田選手も含め「全員、神戸製鋼にいらっしゃ~い」(桂 三枝風に)というのが正直な気持ちです。

    投稿: 神戸ファン | 2005年9月13日 00:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5910251

    この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木隆道と有賀剛:

    » 今年の見所−「トヨタ」「サントリー」 [瑞穂のラグビー好き]
     「2011年WC開催地決定まであと 66日」{/face_fight/}  一節の組み合わせから今シーズンを占いたいと思います。  見所3日目は「トヨタ」:昨年4位と「サントリー」:昨年8位 「トヨタ」については思い入れが多く書ききれないが、まず外国人をどう配置 するかでがらっとチームが替わりそう。昨年までは、フラベル、ティアティア 先発、後半インパクトプレーヤー セコベ投入でした。今年はア�... [続きを読む]

    受信: 2005年9月13日 06:26

    « ムクゲとシンロクロウ | トップページ | リーダーはリーダーを知る »