« 開幕前夜祭のお知らせ | トップページ | 桜庭さん、現役復帰 »

腰で勝負

台風の影響で東京は強風が吹き荒れ、強い雨が降ったかと思うと晴れ間がのぞく、妙な天気だった。昼間、打ち合わせに出たあとは、たまった原稿を書いていた。

先日書き忘れたが、トップリーグのプレスカンファレンスでは、ずっと怪我に泣いていたNECのFB武井選手、網走の夏合宿に参加できなかった東芝のCTB冨岡選手も元気に出席して、もう大丈夫と言っていた。クボタのトウタイ・ケフ選手は、来日以降最も調子がいいらしい。去年でも凄かったのにそれ以上ってどんなんだ? ジョー・ロフ選手は膝に不安を抱えているようだが、必ず出てくるだろう。トヨタの朽木監督は「アイイが予想以上に日本のラグビーにフィットしている」と一押し選手として名前をあげた。トップリーグ開幕が楽しみになってきた。

7日は、サッカー日本代表のホンジュラス戦や、格闘技HERO'Sのミドル級トーナメント、プロ野球の中日ドラゴンズと阪神タイガースの首位攻防戦などスポーツイベント目白押しだった。ラグビーシーズンも開幕だ。負けずに盛り上げたいね。

ドラゴンズの先発はエースの川上憲伸だった。川上選手とはラグマガの取材(岩渕選手との対談)で会ったことがある。会うと意外に小さいのに、マウンドに立つと大きく見えることに感心した。なぜだろうと考えたことがある。存在感はもちろんだが、それだけではなく、腰回りの大きな選手は全体が大きく見えるのである。

僕はラグビーを見るときにも、いい選手の尺度として大きく見えるかどうかに注目する。元オーストラリア代表WTBキャンピージは、実際には身長177㎝くらいだが、180㎝以上あるように見えた。ティム・ホランもそうだった。今のオールブラックスの選手は、みんな大きく見える。マカリスターは公表されているのは178㎝だが、実際に並んだ印象ではもっと小さい。それでもプレーがどっしり見えるのは腰回りと大腿部の太さだと思う。腰の細い選手はコンタクトプレーで粘れないことが多い。

昨季の全国高校大会の時、強いプロップを育てることに定評のある青森県三本木農業の入江監督に話を聞いた。「筋肉はトレーニングでつけられるが、腰は太くならない」と言っていた。つまり、かなり先天的な要素が強いわけだ。だから、入江さんは中学の野球部のキャッチャーによく声をかけるのだそうだ。なるほどと思った。

僕もラグビーを曲がりなりにもやっていた実感だが、タックルを切るポイントは腰の強さだ。

今、急に思い出したが、大学の後輩達に残したジャージーに「フルバックは腰で勝負」と書いた記憶がある。そっかぁ、大学の頃から気付いてたんだ、俺。腰の太いガッチリ体型の子供達、ぜひラグビーやってください。

追記◎コメントくれたマリエさん。ブー吉なら、めちゃくちゃよく知ってます。同期で一緒に試合出てました。すごくいいCTBだったんですよ。社会人チームでもプレーしてましたからね。本物です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 開幕前夜祭のお知らせ | トップページ | 桜庭さん、現役復帰 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    元木選手もグラウンドに立つと大きく見えますよね。
    逆に平尾さんはグラウンドでは大きく見えませんでしたが、それは横に大八木さんがいたからでしょうか。(笑)

    投稿: マスターK | 2005年9月 8日 23:58

    体大良いですよね。
    我が県にも出身者が居ますよ。
    ○橋選手です。
    彼も腰強かったですか?

    投稿: 不惑太郎 | 2005年9月 8日 23:16

    はじめまして。野球でも決のでかい選手良い選手だと言います。すべてのスポーツに共通することだと思います。

    投稿: ながちゃん | 2005年9月 8日 22:35

    え? ティム・ホランって、180cm以上あるんじゃないですか? そうだとばかり思ったました。
    初めて間近で見たとき、一見、細い印象でしたが、思ったより腰回りは太かったし、大腿部も太くて、足も長かった。全体的にとってもガッシリとしていて、大きく見えましたね。タックルする選手は、勇気がいるだろうなと感じました。腰の強い選手、出てきて欲しいですね。

    投稿: サファイヤ | 2005年9月 8日 22:22

    村上さんご回答ありがとうござます。ブー吉さんは、同期だったんですね!!しかし名前は、?文吉・・・?ナカちゃんて??不思議に思ったのですが?村上さんのポジションがセンター・フルバックだったのに?ブー吉さんにセンター取られたのですか?彼氏がしきりに疑問に思っています?それと本物です。?偽者?すいません訳わからない事ばかり聞いて・・・・・

    投稿: マリエ | 2005年9月 8日 21:38

    いい選手の尺度として大きく見えるかどうかに注目する。
     →このまえプレシーズンマッチでトヨタ対クボタの試合
      見たのですが、試合に出てないアイイは小さく見えた。
      でも、ご存知の通りファルコンズ戦ではあの活躍です。
      このことからも間違いなくとびっきりのいい選手ですね

    投稿: 瑞穂 | 2005年9月 8日 20:34

    腰の強い選手には憧れますね。それと、二の腕ですね。あと、首の太さも大切ですね。
    腰の強さ、地面を蹴る力、というのは天性が占める部分が大きいかもしれませんね。

    投稿: エンドー | 2005年9月 8日 13:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/5835475

    この記事へのトラックバック一覧です: 腰で勝負:

    » 慶應義塾に人工芝グラウンド完成! [やまけんのひとりごと]
    4日、慶應義塾體育會蹴球部の日吉グラウンドの人工芝が完成し、安西祐一郎塾長のもと記念式典が行なわれました。 そのあと続けて慶應義塾中等部 vs 慶應義塾普通部、慶應義塾高校 vs 慶應義塾志木高校がラグビーのオープニング試合が行なわれ、15:15からの慶應義塾大学C vs 成蹊大学の試合ではたくさんの慶應義塾のOBが集まり、大変な盛り上がりを見せました。 日本ラグビーのルーツ校の慶應義塾に、ようやく人工芝グラウンドが導入されたのです。そこで歴史をひもとくと…... [続きを読む]

    受信: 2005年9月 8日 14:20

    « 開幕前夜祭のお知らせ | トップページ | 桜庭さん、現役復帰 »