« 三洋と東芝の激闘 | トップページ | ちょっと気になる20 »

トップリーグ6節終了

三洋と東芝の試合は多くの人に感動を与えたようですね。コメント多っ。ひなPさん、僕が確認する前に、トヨタのフラベルと神戸製鋼のクリッブの件、聞いてくれてありがとうございます。ずっと同級生なんですね。

日曜日は朝6時過ぎの「のぞみ」で花園に向かった。基本的に眠っていたのだが、滋賀県あたりだったと思う。綺麗な虹を見た。教科書に出てくるような、本当に橋のかかっているやつだ。隣の見知らぬ女性に教えるべきか悩んだのだが、そんなことに関心のない人だと悪いと思って一人で見ていた。みんなに見せたかったなぁ。

のぞみに乗ると、必ず弁当を食べるのだが、今朝は「鶏づくし」を食べた。僕は大の鶏好きである。「21世紀弁当」も好きなのだが、僕は貝が食べられない。したがって、「深川めし」も無理だ。あさりが食べられない。どうでもいいか。

花園ラグビー場に到着すると、東大阪市健康まつりという催し物をやっていて、100人くらいの年配の方々がラジオ体操をしていた。いろんな健康診断をやっていたり、露天商が出たりで賑わっていた。その中を突っ切って一気に報道陣入り口へ。ヤマハのチーム関係者と会うと「ノートライ記録更新しますよ~」と、2試合ノートライの自虐的ジョーク。結果は全然違ったけど。

さて、試合である。僕はJSPORTSで第1試合の「神戸製鋼対サニックス」の解説をした。神戸製鋼は、ウィリス、クリブというFWの外国人選手を下げ、BKにホラとウェブを出場させた。和製FWがどこまでやれるか楽しみだったが、ボールを細かく動かす神戸らしいい連続攻撃が随所にあり、十分な働きだったのではないか。なかでも、今季初先発となったLO小泉の働きは出色だった。ボールに絡み、奪い取り、激しいタックルで相手を仰向けにする。1プレーごとにサニックスにダメージを与えるプレーは質が高い。

エースWTB大畑選手も、抜群のスピードで2トライ。ゴール前まで攻め込みながら、最後のトライまでなかなか持っていけなかった神戸にとっては、両方ともに値千金のトライだった。大畑大介は頼りになるねぇ。課題は確かに多いが、4トライ以上のボーナスポイントもゲットしての勝ち点5は、十分な成果だろう。神戸はこれで総合6位に浮上。優勝争いに絡む勢いが出てきた。次節のNECグリーンロケッツ戦が山になる。

サニックスは、FWにディーンとミュアを入れて力勝負を挑んだが、連続攻撃中にボールを失うことが多かった。密集サイドを少しずつ前進する形にこだわりすぎていた気がする。ここで出せばチャンスというポイントでは、ことごとく神戸に絡まれていた。どういうラグビーをするにしても、もう少し運動量を増やさないと苦しいだろう。

サントリーとヤマハ発動機の試合は、前半で36-0と、ヤマハの一方的な展開になった。ヤマハの強固なディフェンスに比べると、サントリーはあっさり抜かれるシーンが多かった。どうしたの? 怪我人が多いのは理解できるのだが、ちょっと覇気が感じられないのは心配である。トンプソンを投入してからの終盤の攻撃はさすがだったけれど。瑞穂では、トヨタ自動車がリコーに圧勝かぁ。見た人の話によると、トヨタのボールを動かすスピードにリコーのディフェンスが翻弄されたようだ。調子上げてきたね。

第6節を終えて、トップリーグは三洋電機が首位、東芝府中が2位、以下、NEC、トヨタ自動車、ヤマハ、神戸と続く。こうなると、底力のある東芝戦を終えているチームは有利かも。ここからが本当の勝負だ。

日曜日深夜初回放送のラグビープラネットは、23日、試合を終えたばかりの元木由記雄選手がゲストで来てくれた。リピート放送もあるので、ぜひご覧ください。三洋と東芝戦のハイライトもあります。元木選手というのは、試合前と試合後の表情が全然違う。試合前は近寄りがたい雰囲気を出しながら、終わると無邪気な笑顔を見せる。今回の収録時もそうだった。優しい笑顔は必見である。

◎10月23日(日)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○55-10●サニックスブルース
ヤマハ発動機ジュビロ○57-31●サントリーサンゴリアス
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○62-7●リコーブラックラムズ

大学では、法政がかろうじて、24-22で東海に勝ち、またまた関東リーグ戦は大混戦となっている。好調の慶應は、帝京に敗れた。対抗戦も分からなくなってきた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 三洋と東芝の激闘 | トップページ | ちょっと気になる20 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    今さらですが、トヨタvs神鋼はしびれましたね。前節のサントリー戦の試合中、元木選手に、まるでわが子をしかるような口調で、「翔太!」と怒鳴られていた後藤選手が、トヨタ戦の後は、倒れこんでいるところを、同じ元木選手に助け起こされている姿が、印象的でした。ラグビープラネットで、村上さんがお聞きになっていたとうり、後藤選手が元木選手に認められたタックルだったのかもしれないですね。「神戸の選手になったんだなー」と思いました。トップリーグで活躍して、また桜を着てほしいですね。

    投稿: 翔太ファン | 2005年10月25日 11:39

    ひなPさん、村上さん、フラベル選手とクリッブ選手の件、ありがとうございました。5歳から20年以上にわたる友情ってすごく素敵ですね。これからも二人がすばらしく活躍することを願いたいです(怪我には気をつけて)。最近は、花園ラグビー場や神戸製鋼を中心に毎試合来場者向けに各種抽選、招待等があり、うれしいです。協会、企業、チーム、ファン一体となったより一層の盛り上がりを期待したいです。先日の三洋対東芝で村上さんが放送中におっしゃったとおり、首都圏のチームのホームグランドの分散化は是非とも取り組んで欲しいです。トップリーグは3年目で強化面では成功しつつあるように見えますが、(多くの方がおっしゃるとおり)興行面、底辺の拡充という点に関しては、より一層の地域密着の推進が成功のキーになるように思えます。収容人数1万人以下の競技場でも十分だと思うので、いい意味での秩父宮、花園離れを期待したいです。(皆で日本ラグビーを発展させよう)

    投稿: 堺市民 | 2005年10月25日 00:49

    >村上さん 差し出がましかったですがお役に立ててうれしいです。

    モートロックに遭遇された方、かなり幸運でうらやましいですね~。
    きっとどこかのチームのオファーを受けて日本行きの視察なのでしょうか。浜松あたりのチームの感じもしますが(レイサムで実績あり)。こんな幸運が増えてくれると嬉しいですね。グラウンドではなく観客席ばかり見ているかもしれませんが笑。

    投稿: ひなP | 2005年10月24日 07:16

    サントリーファンの私ですが、三洋電機戦は用事があってテレビ観戦もできず、ビデオが故障中なので試合が見られませんでした。再放送を見ようかと思いましたが、負けた試合を日曜の25時まで起きて見る気になれず寝てしまいました。前シーズンから感じていましたが、メンタルな部分も大きいのかな~。コミュニケーションがうまくいっていれば、たとえ負けたとしてもチームとして着実に何かを得ているという実感がファンにも伝わってくると思うのですが、、、個々に一生懸命やっているのは分かるけど、チームとして同じ方向を向いているんだろうか、、。自分は心理学を勉強しているのですが、スポーツ心理学の面からテコ入れしてみたくなりました。

    投稿: MoMA | 2005年10月24日 07:15

    僕も日曜花園に観戦に行っていたのですが、
    バックスタンドにオーストラリア代表のモートロック選手がおられました。
    すっ飛びあがるほど驚いたのですが、写真と握手をいただきました。
    非常に紳士的な人でした。
    よろしければURLより僕のブログをご覧になっていただくとうれしいです。写真も載せております。

    投稿: | 2005年10月24日 02:12

    三洋-東芝は凄いゲームでした。トニーブラウンの存在は大きいですね。三洋の選手たちは、伸び伸びとプレイし地元での勝利。でも東芝は、この負けで一層、強くなりそうです。混戦ですね。
    「ラグプラ」見ました。元木選手、いい事を言ってましたね。神戸の若手選手たちには、ぜひ見てもらいたい内容でした。
    それにしても、昨夜は深夜にブログをアップして、早朝の「のぞみ」ですか。花園では、解説に、「ラグプラ」の収録と大変ですね。また歯茎が腫れないように、お体ご自愛くださいませ。

    投稿: サファイヤ | 2005年10月24日 01:41

     通信が混んでたんですね。てっきり書き込みの内容が悪いので削除されたのかと思い、焦りました(笑)。
     村上さんおととい、昨日と2日連続でのテレビ解説お疲れ様でした。
     メンバー発表されたとき、純和製FWに各所で神戸ファンの不安の声が少なからず上がっていましたが、「取り越し苦労」に終わってよかったです。それと増保監督と松原主将の大勝にもかかわらず、試合への厳しいコメントに頼もしさを感じました。神戸製鋼がやっとファンの思う「神戸」に戻りつつあるなと感じました。
     5日後の前半戦最終戦となる対NEC戦はトヨタ戦のようにFWに外国人2人を入れて、大黒柱・ヤコ不在のNECに勝ってほしいと思います。
     開幕当初、あまりにもつらくて見られなかったRUGBY PLANET、見させていただきます。

    投稿: 神戸ファン | 2005年10月24日 01:06

    神戸ファンさん、ごめんなさい。うっかりコメントを削除してしまいました。さきほどココログが混み合っていたため、何度か記事のアップを試みたら、4本も同じ記事がアップされてしまって、削除したら、一緒に神戸ファンさんのも消えてしまったのです。僕はまだ読んでいなかったので、再度コメントいただけますか。すみませんでした。

    投稿: 村上より神戸ファンさんへ | 2005年10月24日 00:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/6538473

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ6節終了:

    » TL2005-6:神戸トヨタ快勝、三洋は首位に [RUGBY STATION]
    ジャパントップリーグ(以下、TL)は、第6節の全ての試合が終了し、前日(10/... [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 04:14

    » 6節「トヨタ」対「リコー」 [瑞穂のラグビー好き]
     「2011年WC開催地決定まであと 25日」{/face_fight/}  「ジャパン対スペイン戦まであと12日」{/hakushu/}  先週神鋼戦で痛い星を落としたトヨタにとっては、勝敗より勝ち方を問われる 試合となりました。相手はヤマハに勝ち東芝を苦しめた地力のあるリコーです。   3分 リコーが正面でのPGを得先制のチャンス。ロースコアで勝負したい      リコーにとっては外した�... [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 06:20

    » [ラグビー]希望への一歩(レビュー大学ラグビー法政大学vs東海大学) [Dickersonの夢]
    体は職場にあったが、気持ちは完全に熊谷にいた。 選挙事務で選管の事務所に朝の6時半から詰めていたのだが、低い投票率もあってか、大きなトラブルもなく、非常に暇だった。 おかげで、試合の始まる午後2時ごろからは、完全にPCの前に陣取り、リロードの連続。 スコアは 法政24−22東海(前半12−19) 昨年の関東戦以来のドキドキ感だった。 今日の試合に仮に敗れると、残りもすべて敗れる可能性もある。そうすると、昨日日大に立正大学が勝利してしまったせいで、他チームの勝敗次第で、2勝5敗で法政と流経大が並び... [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 07:06

    » トヨタ-リコー [ラグビーフィーバー!!]
    すいません。点差が最後間違ってました。正しくは62-7でした。リコーさんすいま [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 07:10

    » モモモモモートロック! [ふにふにの手]
    この顔を御覧になって、あっ!と思われた方は、 名実ともにラグビー通といって良いでしょう。 昨日大阪は花園ラグビー場にトップリーグの 試合を見に行ったのですが、な、なんと、 バックスタンドに居たのです。 ラグビーオーストラリア代表、 のメンバー、スターリン... [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 10:30

    » トップリーグ 第6節終了  [ココロミ]
    トップリーグ第6節が終り、急ぎ結果をアップします。 全勝同士の東芝府中と三洋電機は、地元の三洋電機が勝った。トニーブラウン選手のキック力は、これから戦う相手としては嫌ですねー。それに、CTBの山内選手の“切れ”はなんですか?! タッチライン際で、バレーボールさながらのパスはお見事! ボールを生かす意識が高いんでしょうね。 神戸製鋼はサニックスに8トライを奪い、やっと5ポイント獲得し6位に浮上。 トップリーグ第6節にして、混戦状態に入り面白くなってしました。 【第6節の結果】 10月22日(土) &... [続きを読む]

    受信: 2005年10月24日 18:57

    » トップリーグ〜サニックス戦 [酔いどれ日記]
    試合当日、目が覚めて時間を見るともうすぐ12時。 花園へ出かける準備をしながら現地の天候をチェックするためにTVの スイッチを入れると、画面の向こうに赤いジャージが並んでいる・・・  ( ゚Д゚) アレ?  (⊃Д⊂)ゴシゴシ  ( ゚Д゚) ダイ2シアイノ...... [続きを読む]

    受信: 2005年10月25日 00:28

    » トップリーグ第6節 サントリー vs ヤマハ発動機 [やまけんのひとりごと]
    23日、トップリーグ開幕戦から2度目の花園で行なわれた、サントリー vs ヤマハ発動機戦。 東大阪市健康まつりという催し物の効果か、いつもよりラグビー観戦者の多い中で行なわれた、トップリーグの中盤のこの試合は、今後を思えば絶対に負けられません。 22日に秩父宮でNEC vs セコム戦を観てその足で花園へ向かったので、同じような展開にならなければいいなあという前日の試合の余韻を引きずりながら観戦しました。... [続きを読む]

    受信: 2005年10月25日 00:46

    « 三洋と東芝の激闘 | トップページ | ちょっと気になる20 »