« 貫くことが大事 | トップページ | 日本ラグビー正念場 »

がんばっていきまっしょい2

月曜日は、ラグビークリニック(10月25日発売)の取材で、松山にやってきた。道後温泉には行けなかったが、違う温泉には入った。やはり松山といえば温泉である。街中には路面電車が走っていて、建物も趣のあるものが多い。僕の生まれ故郷の京都を思い出す風情である。

テレビドラマで最近まで放送された女子ボート部のストーリー「がんばっていきまっしょい」の言葉が生まれた松山東高校に行ってきた。これがその石碑。実は、今回の取材は、松山東高校のOBであり、昭和40年代前半、早稲田大学のフランカーでも活躍した和泉武雄さんに「フランカーの極意」について聞くモノだった。

051004-024510

ここで全部書きたいくらい面白いのだが、ぜひラグビークリニックを読んでください。和泉さんは、相手を追い込む足の運び方から、タックルに入るときの姿勢、ぶつかった時の腕の返し方など、ありとあらゆることを言語化してくれた。早稲田を卒業後は、名城大で研究生をしたあと、早稲田のコーチ、東海大の監督として、長らく指導の経験を積んできた。タックルするときの足の運びなどは、高度なスキルである。ポイントは足首の柔らかさ。

コメントの指摘にもあったが、確かにトップリーグの観客数は少ない。どうやったら増えるのだろうと、運営側の頭を悩ませているだろう。特に今季の出足の悪さは楽観視できない。内容に問題があるのか、企業色が強すぎるからなのか。この件、考えまとまったらまた書きますね。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 貫くことが大事 | トップページ | 日本ラグビー正念場 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私もスタンドより、スカパーのTV画面の方が観戦の機会が増えました。
    嫁さんと子供を観客席に連れて行くのがだんだん難しくなってきたので・・・。
    だったら一人で行ったらええやん。って言われそうですが、たまの休みには家族サービスも必要でして・・・。
    たまの休みだからこそ僕は試合を見に行きたいのに・・・。
    女・子供にもわかりやすいゲーム。
    ものすごい切れまくったステップで持って相手を抜きまくるとか・・・。
    なんかこうわかりやすいゲーム。ないかなぁ。

    投稿: 体脂肪マン | 2005年10月 4日 23:43

    新規のファン獲得に関しては、企業色が強いのがネックに成る事は否定しませんが、昔からのファンが減少している気がします。これ以上のファン離れを起こさない為に今のファン・リピーターを大事にして欲しいです。
    各チームはファンクラブを結成したりと努力が見られますが、特定のチームのファンクラブに入るのに抵抗がある人もいると思いますので、入場回数券の導入など検討して欲しいです。再入場制度の復活も合わせて要望したいです。(村上さん、協会のHPでも無いのに色々と書込みスミマセン・・・)

    投稿: 軍曹 | 2005年10月 4日 20:19

     人気が出ない大きな理由として2つあると思います。
     まず、一つ目は「ナショナルチームが弱いこと」です。ワールドカップで1勝15敗では人気出ませんよ。ジャパンが強ければ自然と注目が集まり、観客動員が上がり地上波でのテレビ放送も多くなるでしょう。
     二つ目は「(協会側に)地域密着の姿勢がほぼ皆無」ということです。以前も書きましたけどまず秩父宮・花園での集中開催を止めて、それぞれのチームにホームスタジアムを定めてホームとアウェーの概念をはっきりすることです。いくら各チームが地元でラグビーフェスタなどのイベントをしても肝心の試合が地元で行なわれなくては、さるぞーさんのおっしゃるような「おらが街のチーム」という感覚は生まれません。
     「代表の強化」というマクロな側面と「地域密着」というミクロな側面の両面を改善する必要があると思います。

    投稿: 神戸ファン | 2005年10月 4日 19:03

     村上さんはじめまして。ほぼ毎日楽しく拝見しています。Jスポの番組に関して質問があります。今年のラグビープラネットはラグビーの現場の方々(主にヘッドコーチ)のインタビューとその週の試合結果のみですね。昨年までみたいにダイジェストやドキュメントを放映しなくなったのはどういう意図からなのでしょうか?
     今年はプレミアも放送がなくラグビーの楽しさは言葉ではなく、迫力ある映像からでないと伝わらないと思い正直フラストレーションもたまっています。 少々生意気な意見でしたが、これからも機会があれば意見していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

    投稿: ムラーカ | 2005年10月 4日 17:14

    各大学チームに分配されるチケットが、売れ残り自己負担させられる可能性大。毎年、観客動員により、各チーム動員率によりそれぞれ分配金があるようです。数年前は、ある大学チームでは、動員力が無く、逆に支払いを求められたようです。今シーズン観客の入りが悪いので、各チーム、不足分を支払わなければならないかもと心配しているチームもあるのでは。
    結局、悪のスパイラルで、なし崩し的に日本のラグビーは衰退していく可能性がだいですね。ラグビーが好きな人はいっぱいいるのですが。小手先の対策では後手後手です。
    現実的な案がまとまれば、どこかで提案したいですね。

    投稿: dragon | 2005年10月 4日 16:08

    いつも楽しみに読ませていただいています。
    トップリーグについては、やはり企業色が強すぎるのではないでしょうか。少なくとも、チーム名から企業名は外すべきだと思います。
    Jリーグがこれで成功したこと(もちろん他にも要因はありますが)を、もっと重視すべきでしょう。
    応援席も、職場の延長という雰囲気があって、私は何となく敬遠してしまいます。少なくともおらが地域のチームという前提を作らないと、ファンの拡大は望めないと思います。
    企業側も、柔軟に対応すべきでしょう。来シーズンからでも手をつけないと、手遅れになるような気がします。

    投稿: さるぞー | 2005年10月 4日 14:04

    ラグビー・クリニックもラグマガも両方買いたい。選手じゃないけど役に立ちますか?

    観客の少なさ、私もビックリしています。地上波放送がないから、認知度が下がるのか、観客が少ないから放送しなくなるのか、わかりませんけど、がっかりするような現状ですよね。
    開幕の2試合を秩父宮で見たのですが、せっかく観戦しにきたのに、1試合で帰ってしまう人がずいぶん居ました。特にバックスタンドのクボタ側に居た人たち、2試合目の前半が終わったら、ぞろぞろ退席していました。クボタが負けていたから?それとも別の会場で選手との交流会があって準備のため?割り切れない思いをしました。

    花園でも秩父宮でも、2試合あるときのクラブの対応がファン向けでないなぁと思う事があります。各チームのテントが開場時に出来ていませんよね。特に2試合目のチーム。贔屓のチームがありますが、何よりラグビーの試合をたくさん生で観たいのです。だから、1試合目から行きますが、2試合目に贔屓チームが出ると、グッズも買えない、ファンサービスも受ける事も出来ないんです。3月までは、中学生だった娘が出たり、入ったりしていました。(中学生までは入場無料なので)もうちょっと、ラグビーが大好きっていう人のことを考えて、運営して欲しいなと感じます。

    投稿: みなたれ | 2005年10月 4日 10:43

    村上さんアップが早いですね。ホテルに帰ってすぐアップされたのでしょうか?ラグビークリニック楽しみにしてます。

    投稿: 松崎 | 2005年10月 4日 10:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/6242847

    この記事へのトラックバック一覧です: がんばっていきまっしょい2:

    » トップリーグの写真撮影禁止について [瑞穂のラグビー好き]
     「2011年WC開催地決定まであと 45日」{/face_fight/}  どう考えても納得行かないことがある。入場チケットの裏に印字してある 場内撮影禁止の文字。これだけ携帯やデジカメで手軽に写真が取れる時代に また、それをブログやHPに載せて楽しもうとしている時代に撮影禁止。  花園では経験ないですが、関東の友人に聞いた話ではデジカメチェックまで されていると言う話。誰の何を守るためのルー... [続きを読む]

    受信: 2005年10月 4日 05:38

    » 今度のラグビークリニック [Challenge = Trial and Error 毎日試行錯誤]
    これは絶対買いです!! 絶対に。 うちの部員の半分の人にはわかるよね。 [続きを読む]

    受信: 2005年10月 4日 09:01

    » トップリーグ観客数③ [まる≠楕円・・・?]
    懲りずに…(苦笑;)トップリーグの観客数を追ってみました。 第3節4試合の平均は [続きを読む]

    受信: 2005年10月 4日 19:40

    « 貫くことが大事 | トップページ | 日本ラグビー正念場 »