« マダガスカル、南アを破る | トップページ | 常にベストを尽くす »

ロビー・ディーンズの思い出

木曜日は、群馬県太田市にある三洋電機ワイルドナイツの練習グラウンドに行ってきた。スポットコーチとして来日していたロビー・ディーンズさんのインタビューのためである。ディーンズさんは、NZ南島クライストチャーチを本拠地にするクルセイダーズのコーチである。団長、コーチとして、スーパー12での5回の優勝にすべて関わったほか、02年には、同選手権唯一の全勝優勝を成し遂げている。来季から始まるスーパー14でもクルセイダーズを率いることが決まっており、ラグビー王国の名将中の名将だ。

カンタベリー協会と提携を結ぶ三洋電機との関係で、夏合宿でも指導にあたった。今回も、トップリーグ後半戦に向けてのチェックということで短期での来日となったようだ。

この日の僕は、通常の取材に比べて気分が高揚していた。実は、1986年8月、大阪体育大学のNZ遠征に参加したとき彼の試合を見ているのだ。クライストチャーチのランカスターパーク(現ジェイドスタジアム)で、オーストラリア代表を迎え撃ったカンタベリー州代表FBがロビー・ディーンズだった。カンタベリーには、翌年のW杯でオールブラックスCTBとして活躍するワーウィック・テーラーもいて、めちゃくちゃスピード感のある凄い試合だった。そして、カンタベリーが勝った。僕は21歳だったかな。
「こりゃ、日本のはラグビーとは言えないかもしれない」というのが率直な感想だった。

試合前に、満員の会場に日本からやってきた我々メンバーが紹介された。立ち上がって拍手を受ける。そこに、その日のメンバーには入っていなかったキャンピージら、オーストラリア代表のメンバーが遠征記念のトレーナーを売りに来た。すでにキャンピージはスーパースターだった。すくなくとも僕はよく知っていた。もちろんトレーナーを買ってキャンピージと写真を撮った。売り上げは、遠征費の足しになるはずだ。アマチュア規定撤廃は9年後だから、牧歌的な時代だったのである。

試合後、興奮した観客がグラウンドになだれ込むのもいつものこと。その中で、最後までグラウンド中央でサインを続けていたのがディーンズだった。当時のディーンズは、NZ代表でもあるスター選手で、「ディーンズのプレースキックはよく入る」という応援歌まであったらしい。僕は最後の最後に友人と一緒に駆け込んだ。そろそろロッカールームに引きあげようとするディーンズにサインをせがむ。ディーンズは、どろどろのジャージー姿のまま微笑んだ。
「ゲームは楽しめたかい?」
「もちろん!」
包容力ある微笑みに、トップ選手の振る舞いの素晴らしさを見た思いだった。それは僕が生観戦した初めての国際試合(海外での)だった。今の仕事に導いてくれた試合と言ってもいい。ディーンズはその後、90年に引退するまでに、カンタベリー州代表で146試合出場、1641得点を達成した。

あれから、19年である。ディーンズさんは名コーチとなり、目の前で僕のインタビューに答えている。感慨深かった。彼は「コーチという仕事を愛している」と言っていた。もちろん、緻密なコーチングはあるのだが、根っこに愛があるから、それが純粋だから、クルセイダーズは強いのだろうと思った。取材後、僕は、2度目のサインをお願いした。

正直なところ、僕は取材対象者と一緒に写真を撮ったり、サインをもらうことは、ほとんどない。取材者として同じ目線で選手やコーチと話したいからだ。もちろん、まったくないわけではない。ガレス・エドワース、ジェラルド・デーヴィス、ジョナ・ロムー、ティム・ホラン、クリスチャン・カレン、あれ? けっこういるやん。

ってことで、ラグビーマガジン1月号(11月25日発売)にて、ディーンズさんのインタビューが掲載されるのでお楽しみに。そのコーチング哲学はとても勉強になりますよ。

追記◎さんぼさんのご質問。11月17日深夜、W杯開催地決定の報が早いのは、もちろんインターネットでしょうね。IRB、日本協会、各新聞社のHP、今回はみんなめちゃくちゃ早いと思いますよ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マダガスカル、南アを破る | トップページ | 常にベストを尽くす »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

      86年のワラビーズのトレーナー、ポイデビン・カトラー・ロドリゲスといった当時のレギュラー陣や監督のアラン・ジョーンズのサイン入りを私も持っています。ティマルーでのサウスカンタベリー戦でのスタンドで同じようにカトラーとキャンベルの若手二人が売り歩いていました。「みんなのサインをしてくれたら買うたるよ」と言ってしてもらいました。我が家の家宝です。その後大体大の最終戦をカンタベリー大学まで見に行きました。私たちの始めてのNZ旅行でした。

    投稿: 隆清・三枝子 | 2005年11月11日 23:52

     やっとスカパーの試合見終わりました。
    その中で深緑郎さんが「16点差つけて
    勝たないといけない」と言われた気が
    するのですが、それはランキングから
    換算されたのでしょうか?
    結果は、15点差 微妙な点差ですね

    投稿: 瑞穂 | 2005年11月11日 22:21

    村上さん コメントありがとうございます。インターネットで吉報をチェックします。

    昔はNZでのテストマッチの後は 必ず 子供たちが グランドになだれこんで サインをもらうのが 当たり前でしたね、
    その子供たちが 次のオールブラックスになっていくんでしょうね、

    投稿: さんぼ | 2005年11月11日 08:12

    とても感慨深いお話ありがとうございます。
    『根っこに愛がある…』を読んで、コーチに求められる資質とはと言う質問に対して大西鐡之祐さんは『今そこにいる人間を愛してやれること』とおっしゃったと藤島大さんが書かれていたことを思い出しました。
    今、とあるラグビースクールで指導者になっております。担当は幼稚園児、『愛してあげているか』いつも自己反省です。
    そうそう、サインですが、サントリーの選手に来ていただいてキッズプログラムを受けた際に、スクールの子供たちは必死でサインをもらっていました。後で、これ誰のサイン?と聞くとさー???と。それでも思い出に残っているはず。選手の皆さん宜しくお願い致します。

    投稿: 素人観戦者 | 2005年11月11日 07:23

    神戸製鋼の大畑選手や後藤翔太選手は試合後遅くまでサインをしてくれますね。見ていて『体が冷えるんじゃないか』とこちらが心配してしまうほど。
    以前三洋の池田渉選手に写真をお願いしたところ「もちろんOKです!」と気持ちいいお返事をもらいました。
    大きいことではないですが、ラグビー人気を高めていくのにこういうのって大切なことかもしれませんね。

    投稿: ひなP | 2005年11月11日 06:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7026398

    この記事へのトラックバック一覧です: ロビー・ディーンズの思い出:

    « マダガスカル、南アを破る | トップページ | 常にベストを尽くす »