« ヘッドギア | トップページ | ロビー・ディーンズの思い出 »

マダガスカル、南アを破る

昨日、インフルエンザの予防接種をした。思えば、このブログをスタートさせた3月、インフルエンザで2週間ほど寝込んだ。多くの人に「インフルエンザで苦しいのによく毎日書いたね」と声をかけられたが、それくらいしかやることがなかったとも言える。このブログが連日更新することになったのは、実は序盤に寝込んでいたおかげなのである。いつのまにか毎日書いていて、それが習慣化されたのだ。でも、あの苦しさはもう嫌だ。今年の冬は万全の態勢で臨む。

水曜日の夜、日本代表の太田GMの取材で秩父宮ラグビー場に行った。協会事務所の上に、綺麗な月が見えた。まっぷたつ。こういうの「上弦の月」って言うんだよなぁ。思わず写真を撮ったのだが、携帯のカメラしかなかったからイマイチ。そこで、少しでも雰囲気感じていただくために、土曜日の夜、JSPORTSの「ラグビープラネット」を夜の秩父宮ラグビー場で収録した際の写真を。

051105-182902

背景にするためのライトアップだったが、夜のラグビー場は美しかった。やっぱり、ナイター欲しいなぁ。ワールドカップが来るか来ないかにかかわらず、ナイター照明は一刻も早くつけたいね。

記者仲間の美土路さんからメールが届き、世界のラグビー情報サイト「プラネットラグビー」の注目トピックスについて教えてくれた。

【アフリカ選手権準決勝でマダガスカルが南ア選抜を破った。マダガスカルの首都、アンタナナリボの競技場に集まった観客数は、なんと4万人。マダガスカルの人口は日本の約13%にあたる1690万人。アンタナナリボの人口も東京の約14%に過ぎない484万人。相手の南アは、スーパー12、カリーカップ、ヴォダコムカップに出場していないアマチュア選手の編成】

マダガスカルのナンバー1スポーツはラグビーなのだそうだ。また、美土路さんによると、「南アは過去にもアフリカ選手権にはU23などアフリカのレベルに合ったチームを派遣して他国の引き上げに努めています。今夏(南アでは冬)にはアフリカ選抜を編成しているし、目に見える形で地域に貢献しています」ということで、南アによるアフリカ全土への普及策が進んでいることも付け加えてくれた。

日本も周辺諸国への普及策については見習うべきところが多い。そして、マダガスカルのラグビー。見てみたいなぁ。

毎週水曜日は、専門学校で講師をしていることは何度か書いたが、5日の日本代表戦に来てくれた学生達を、またラグビー場に誘うと、早慶戦には興味を持っていて、見に来てくれるとのこと。ところが、チケットを問い合わせてみると指定席券はほぼ売り切れ状態。一般席はまだ余裕があるようだが、このカードはほんとに人気あるなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ヘッドギア | トップページ | ロビー・ディーンズの思い出 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、はじめまして。
    今週のラグビープラネット見ました。
    夜の秩父宮、きれいですね!神宮球場でナイターやってるんだから
    秩父宮もOKですよね。
    たまに国立でやるナイターも好きですが、秩父宮ならいいふんいきだろうなぁ…

    投稿: tak | 2005年11月11日 23:17

    村上さんはじめまして!(トップ・リーグの前夜祭でお会いはしていたのですが・・・)
    初めて書き込みします。
    マダカスカルのラグビーというと一ヶ月ほど前にJスポーツでも放映している「トランス・ワールド・スポーツ」で特集されていました。
    その中では実際には一番人気はやはりサッカーだけど、少年達を中心にラグビー人気が非常に高まってきている、ということでした。スパイクも履いていない子供もいる中で一心不乱にボールを追いかけタックルに入る子供達の笑顔が印象的でした。
    またテスト・マッチ(確か南ア戦の前のししだったと思います。)では3万以上の観衆が集まり観衆は大熱狂して自国の代表に声援を送っている姿が映っていました。その映像を観てこれからW杯を自国に呼ぼうとしている国のテスト・マッチの風景とのあまりの違いに驚き、大声で応援できる状況を羨ましく感じました。
    もう一つ印象的だったのがマダカスカルのウォー・クライです。普通ウォー・クライといえばNZをはじめサモアやトンガのように見ているだけでこちらも高揚してくるほど勇ましい物だと思うのですが、ここのは一味違います。まず両手を前に出し手をブルブル、そしてその手を交互に上下に大きく振りながら(まるでモンキー・ダンスかあるある探検隊!)踊るような感じで、なんかコミカルです。試合もそうですがこのウォー・クライも一軒の価値があるマダカスカル代表です。

    投稿: T_T | 2005年11月10日 23:42

    ライトアップされた夜の秩父宮、美しいですね。こんな光景の中でゲームを観戦できたら、と想像しただけで楽しくなります。ぜひとも照明はつけていただきたいです。

    投稿: サファイヤ | 2005年11月10日 22:47

    質問です。
    開催国 決定の報道って、
    我々一般人は 何で知るのが 一番早そうですか?
    協会のHP、IRBのHP、それともNEWSかな、、、

    投稿: さんぼ | 2005年11月10日 11:20

    ナイターつけて欲しいです。
    夜にトップリーグをやったほうが客も増えるとは思いますね。
    メディアに殆ど取り上げられないラグビー・・。悲しいですね。バレーボールよりも取り上げる価値はあると思うんですけどね。

    投稿: issa | 2005年11月10日 07:26

    村上さん、こんばんは。
    マダガスカルでラグビーが普及しているというお話、興味深く拝読しました。普及している背景は日本と何が違うんでしょうね・・・。たぶんマダガスカルはサッカーも人気があるのではないかと思いますが。
    それと周辺諸国へいい影響をもたらすことで全体がレベルアップし、自国もレベルアップするという中長期的な相乗効果を視野にいれた活動を南アはしているということでしょうね。日本はまだ自国のことで精一杯な感が否めないな~。

    投稿: MoMA | 2005年11月10日 01:26

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7006223

    この記事へのトラックバック一覧です: マダガスカル、南アを破る:

    » 2011年ラグビーワールドカップの開催国は? [元@eBet]
    世界で3番目に大きいスポーツの祭典、『ラグビーワールドカップ』。 日本は2011年の第7回ラグビーW杯の開催国に立候補しています。争うのはニュージーランドと南アフリカ。 すでに開催実績のある2国との争いですが、日本はサッカーW杯開催の実績を受けてスタジアム等の設備面で大きな評価を得ています。が、一方で集客力の不安が囁かれていることも事実です。 また南アフリカは設備面での不安が指摘されています。日本の敵はニュージーランドということになりそうです。 開催国は日本時間で11月18日未明、ア... [続きを読む]

    受信: 2005年11月10日 23:10

    » 【ラグビー】早稲田大 vs 慶應大の結果は? [元@eBet]
    11月23日(水祝)14時、秩父宮ラグビー場において、 関東大学ラグビー対抗戦  早稲田大 vs 慶應大 が行われます。 ここまで全勝の早稲田(5勝)と、帝京に敗れただけの慶應(5勝1敗)の対戦です。 下馬評は圧倒的に早稲田有利ですが・・・。 さて結果は? 【参考データ】 ... [続きを読む]

    受信: 2005年11月10日 23:11

    « ヘッドギア | トップページ | ロビー・ディーンズの思い出 »