« ラグビーに愛を | トップページ | 僅差勝負の後半戦開幕 »

トップリーグ再開!

ここ2日の日記にたくさんのコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。またラグビー文化に対する関心の高さが嬉しくもありました。

僕は前にも書いたとおり、試合の進行の邪魔にならない限り、応援は自由でいいと思っています。今回の日本代表の応援にしても、なんとかあの試合を盛り上げようといろんなプランが計画されたわけで、そうやって1万人を超える観衆が集まったことも嬉しく思いました。僕がここ2日書いてきたことは、サポーター同士、選手同士が互いに認め合う、尊重し合う文化を大切にしたいということなので、そのことをしっかり理解された応援であってほしいと願うのみです。

オールブラックスだって「ブラックアウトキャンペーン」といって、スタンドを黒く染めるようなプロモーションしますからね。そういうのは楽しいんですよ。あくまでスポーツの応援ですから、あまり杓子定規に考えず、根本に認め合う気持ち、ラグビーへの愛情があればいいと思います。そういう気持ちがあったなら、聞いている人が不快になるような野次は飛ばさないし、相手チームにも自然に拍手が出てくるはずです。

ですから、僕は運営する側がサポーターの席を区切ったりするリードの仕方はしないほうがいいと思っています。自然に分かれるのはいいし、大学チーム、企業チーム、仲間同士が席の一角をまとめて手配して応援をするのも、それは楽しいですよね。そういったことも含めて自由でありたい。きのうも書きましたが、ジャン=ピエール・リーヴの言葉「敵対するより、ともに前進する」。そこにラグビーの良さがあると信じています。

ところで、12月中旬に放送されるJSPORTSのトータルラグビーで、リーヴの特集があります。もう、おっちゃんになりましたが、IRBで、ある表彰をされたようです。お楽しみに。そうそう、川合レオさんのブログに「ラグビー改造計画」として、とってもいいことが書いてあります。リンク集からどうぞ。

さて、トップリーグの後半戦だ。僕は明日、NECとサントリーの試合の解説をする。勝ち点争いは熾烈を極めており、前半戦に増して、勝ち点重視の戦いが繰り広げられそうだ。つまり、各チームが最初に目指すのは、4トライ以上をあげての勝利である。僕としては、三洋電機と神戸製鋼のカードが大注目なんだけど、僕は早明戦の解説が入っているので、その試合は録画で見ることにします。結果聞かずに見るのは、無理だよなぁ。

◎JSPORTSの今週末の放送予定
■トップリーグ05/06
12/3(土) 放送開始時刻=11:55 (LIVE)NEC vs. サントリー J SPORTS 3
12/3(土) 13:55 (LIVE)東芝府中 vs. ヤマハ発動機 J SPORTS 3
12/4(日) 11:55 (LIVE)トヨタ自動車 vs. クボタ J SPORTS 2
12/4(日) 13:55 (LIVE)神戸製鋼 vs. 三洋電機 J SPORTS 2

■関西大学Aリーグ
12/3(土) 13:55 (LIVE) リーグ1位決定戦
同志社大 vs. 大阪体育大 J SPORTS 2
■大学選手権第5代表決定戦
12/3(土) 12:05 (LIVE)
立命館大 vs. 名城大 J SPORTS 2

■関東大学対抗戦
12/4(日)13:50 (LIVE)
早稲田大 vs. 明治大 J SPORTS 3

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビーに愛を | トップページ | 僅差勝負の後半戦開幕 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    昨日は寒かったですけれど(正面側)、各チームデフェンスを鍛えて、結構観戦のしがいがありました。
    いずれも決定的な攻めの形が、見えませんでしたが、それも相手チームのデフェンスの強さや早さがあったからでしょう。
    それにしても、外人選手を抜く選手が出てきませんねえ。
    彼らが頑張っている間に、早く日本選手も力をつけて、世界に伍してほしいものです。
    カーワンを踏み台にNECが強くなっていったみたいに・・・。

    投稿: 雲出川荒大 | 2005年12月 4日 15:10

    川合さん、こちらで勝手に盛り上がってしまって、ごめんなさい。

    投稿: 村上晃一 | 2005年12月 4日 00:34

    私の提案に関してコメントありがとうございます。今回の私の提案は、企業スポーツのままで、どう人気を回復するかについて書いています。ですから、企業スポーツの社会貢献の粋を超えていないのは当然です。ですから、海外の雰囲気をお伝えしたかっただけで、同じようにすると言っているわけではありません。また、ブログで書きますので、何あればコメント下さい。

    投稿: kawai reo | 2005年12月 4日 00:13

    大体大の試合を見た。寒い中、ラグビーまんとフカ入れスープを口に入れながら、大体大の動きの遅さやキックしたボールがあんまり飛んでないことに失望した。明日は明治を観戦。初めて国立競技場へ。どこの試合場でも、顔を見たら、合図してくれたので、そこでも期待している。

    投稿: Y | 2005年12月 3日 22:13

    河合さんの案、素晴らしい!!
    クラブの理念でラグビー界を変革するなら、企業メインの現状から変えなきゃいけませんが、現状が企業メインである限り、クラブとは別な考え方をしなくちゃいけないと思います。その現状では、とても素晴らしいプランだと思います。これを現実にするためには、現場の声も上にあげなきゃいけないだろうし、何よりも、村上さん、ジャーナリストの出番です。こうしたプランの長所短所を比較した上で、何が良いのか提案する。そして、問題があるなら、その部分を徹底的に追及する。国を挙げてW杯招致をするような協会に成長したのであれば、ジャーナリストの責任で、もう何書いてもいいのでは?

    投稿: いち | 2005年12月 3日 12:11

    今度日本代表が試合をするときまでにはサッカーみたいにでっかいユニフォームをサポーター席で広げたいですね!!カンタベリーさん特大ジャパンのユニフォームを作ってください!!広げるに当たってリズムの取りやすい音楽を流してほしいですね。会場で流れるトランスっぽいのはどうかなぁと思います。

    投稿: issa | 2005年12月 3日 12:08

    ラグビー改造計画を読んで
    キーワードは「近距離」でしたね。
    話の腰を折るのではなく、互いに進むと言うことで、そこで異論。
    近距離ではなく、ボーダレスです。
    海外のクラブ経験があり、海外がうらやむ企業スポーツに属し、現在教育機関に属しているなら、もう少しスポーツクラブのことを勉強されたし。参考図書として大西鐵之祐氏の「闘争の倫理」を熟読することをお薦めいたします。所詮、企業スポーツの、社会貢献の枠を越えていませんよ。「クラブ」の原義についても、よくお考え下さい。
    でも、近距離って大事なことですね。
    あと、沖縄の野球が発展したのは、どんなことを行なったのでしょうか?プロジェクトXが参考になりますよ。

    投稿: dragon | 2005年12月 3日 09:57

    川合レオさんの「ラグビー改造計画」まさに!その通り!
    昔、秩父宮で初めてラグビーを見る友達を連れてったときも、「選手と近い!」「芝の緑がきれい」といってました。(最近の秩父宮は汚いが--;)
    自分も国立でテストマッチのときはかなりがっかりきます。ほんと遠っ!!

    それこそチームのクラブハウスならこんな迫力インパクトはありません。ラグビー初心者でもルールうんぬんよりもまず見てるだけで楽しんじゃいますね。
    一回お試し期間で来年でも試しましょうよ?トップリーグの公式戦を。

    投稿: にるす | 2005年12月 3日 03:16

    川合レオさんの「ラグビー改造計画」読みました。感動しました!
    つい2、3週間前までは、2011年W杯が日本に決定したら、全ての試合で数万人の客席がはたしてがうまるのかと
    先走って心配していましたが、レオさんの話は全く逆の角度で新鮮でた。
    私も11月に、クボタvsNECの練習試合を見に、クボタの船橋工場のグランドに初めて行きました。1~2m前をWTBがトップスピードで駆け抜けていったり、スクラム組んだり、迫力ありました。また、目の前の芝生に試合に出ていない両チームのJAPANクラスの選手達が雑談していたりで、幸せな一日でした。

    投稿: DG | 2005年12月 3日 01:16

    そうです。互いに相手に敬意を払う。相手があってこそ、ゲームが成り立つわけですからね。
    あしたから、好カードの放送が目白押し。神戸-三洋戦?結果を聞かずには、無理でしょうね。

    投稿: サファイヤ | 2005年12月 3日 00:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7435190

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ再開!:

    » 当日券¥1500 トップリーグを見よう!!! [らぐびーあにまる]
    LIVE!じゃなきゃ伝わらない!秩父宮へ行こう!」キャンペーン花園、神戸ウイングキャンペーンやってます世界のラグビージャージがそろうKIWI−FACTORYNZから直輸入、プロポリスなどもあるよやっと1ヶ月のオープンマンスが終わって トップリーグが再開されます...... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 3日 07:31

    » もっともっとラグビーを広めたい [Kuri's Bar]
    村上晃一さんの「ラグビー愛好日記」を読んで、そうだよ、そうだよと、ひとり何度もつぶやいてしまった。ラグビーって、ただ激しいだけのスポーツじゃないんです。ラグビーは文化なんです。今までもいろんなところでラグビーの魅力や素晴らしさをお話させてもらったり、文章に書かせてもらってきました。でも、その対象はすでにラグビーに関わっている人が多く、まだ、ラグビーの魅力に気づいていない多くの皆さんには届いていないのが実情です。 私は主にラグビースクールの活動を通じてのラグビーの普及をライフワークとしてきました。こ... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 3日 10:38

    » [ラグビー]応援スタイル2 [Dickersonの夢]
    今日からトップリーグが再開。いきなり、NEC−サントリー、東芝府中−ヤマハの好カード。 しかし、私はまたもや仕事。なんか最近休日出勤多いなあ。まあ、ちゃんと代休もらえるので文句は言えないが。 ぶつぶつ言ってもしゃーないので、これからビデオで試合を観ることにする。LIVE気分で。 ここ数日のラグビーの応援スタイルについての議論。なかなか興味深い。 これは私も含めてなのだが、ひとつの感情が存在することに気づいた。 ラグビーがメジャースポーツになることに対する(まだなっていないし、前途は多難だが)... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 3日 20:33

    » いよいよ再開、トップリーグ後半節! [ココロミ]
    約1カ月間のお休みが終わり、ラグビートップリーグの後半節が、きょうから再開した。 きょうとあすは第8節。神戸製鋼は、あす12月4日(日)花園ラグビー場で、全勝でトップを走る三洋電機と対戦。両チームの出場選手はこちら。 むむむっ。いきなり手強いけど、いつかは当たるのだから、逃げてはいけない。 では、あすの神戸製鋼の出場選手。 12月4日(日) 14:00KICK OFFvs 三洋電機ワイルドナイツ 花園ラグビー場出場選手:1平島 久照/2松原 裕司/3清水 秀司/4小泉 和也/5林 慶鎬/6池上 王明... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 3日 22:26

    « ラグビーに愛を | トップページ | 僅差勝負の後半戦開幕 »