« 成蹊高等学校へ行く | トップページ | トップリーグ9節プレビュー »

原宿のいちょう

051208-113058

木曜日の午前中は、あるミーティングでNHKに行った。僕は原宿から歩くのが好きなのだが、実は二日酔いの頭痛を抱えながら、ふらふらと歩いた。ミーティング中に復活。帰り道、歩道のいちょうがものすごく色鮮やかだったので、携帯カメラでカシャッ。桜並木の紅葉も綺麗だった。この愛好日記を始める前までは、紅葉を見ても、ただ綺麗だと思うだけだったけど、今は「これブログで紹介しよっ」という感じですぐ写真に収めるようになった。村上晃一の林家ペー・パー子化現象は続いているわけだ。

051208-113426

まるさん、TBでのお知らせありがとうございます。急逝した生沼元選手の特集は、9日の「報道ステーション」ですね。それから、さちこさんのご質問。関東の高校勢では、やはり桐蔭学園の評判がいいようですよ。初出場ですが深谷もシードされてもおかしくないチームです。ただ、春の選抜大会なんかを見ていると、やっぱり大阪、京都勢が強く見えますね。花園でぐっと伸びてくるチームもあるので、このあたりは今後の伸びに期待です。

さて、冒頭のミーティングだが、これは10日(土)の夜に開催される大学選手権トークバトルの打ち合わせだった。前年のベスト4監督を招いてのトークバトルは、すっかり恒例になった。当初の発表では、司会の石川洋さんだけが発表されていて、話を補足して盛り上げる立場のコーディネーター役は未定になっていた。誰がやるのかなぁって思っていたら、上田昭夫さんと、僕だった。僕の場合、取材に行こうと思ったら自分が出ることになったイベントがけっこうある。素直に嬉しい。余裕の上田さんは、きょうの打ち合わせは欠席。ぶっつけ本番でしゃべりまくる意気込みのようだ。僕も、しゃべくりでは、上田さんにはかなわない。監督の話を多くするように上田さんを止めるのが僕の役目なのかもしれないなぁ。

僕は、大体大3年時に出場した大学選手権1回戦で、上田昭夫監督率いる慶應と対戦した。けっこう惜しい試合だったんだけど、僕らは敗れ、慶應はそのまま社会人にも勝って日本一に上り詰めた。生田、清水のHB団に、WTB若林。あの慶應はいいチームだった。最後は慶應を応援していたし、彼らが勝ってくれてちょっと誇らしい気分になったものだ。だからね、そんな大監督を前に、偉そうなこと言えません。いや、そんなこと言うてたら、あかんね。頑張ろう。

みんな応援に来てくださ~い。と言いたいところだが、今回は史上最高の応募数だったらしく、抽選で相当数の方が落選されたようだ。会場のキャパは400名なのに凄いね。このイベントは大学ラグビー限定だけど、ラグビーに関心のある人がたくさんいるのは嬉しいなぁ。さあ、この週末もラグビー三昧だ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 成蹊高等学校へ行く | トップページ | トップリーグ9節プレビュー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    慶應、若林選手・・・懐かしいです。中学2年の時の11月23日早慶戦のトライを観て高校に行ったらラグビーをしよう!と、決意したことを想い出します。おそらく大学時代の村上さんが、慶應と戦われた時も、『慶應が勝つに決まってるやろ!』と応援していたんだと思います。
    脱線しましたが、懐かしいことを想い出させてくれて、感謝します。

    投稿: J.デービス | 2005年12月10日 23:02

    11日の三洋-トヨタ戦は優勝を占う大一番だと思うんですが、中継ないんですね。残念です…。

    投稿: kazuhiko | 2005年12月 9日 23:52

    質問へのお応え、ありがとうございました!桐蔭には頑張って欲しいです。
    明日のトークバトル、観にいきます!応募するときには、コーディネーターが未定となっていたので、『コーディネーターは村上晃一さんがいいです!』って葉書に書いておいたから、当選したのかな?そんなに応募があったなんて、正直思っていませんでした。どんなお話が聞けるのか、楽しみにしています。

    投稿: さちこ | 2005年12月 9日 21:42

     速報ニュースで招致委員会と実行委員会が2015年のW杯招致にも乗り出す意向を示した、と載っていました。
     ずいぶん先の話ですが、2015年だと現在の大学選手権に出ている選手たちが28~32歳の「中堅」、「ベテラン」として主力になるんですよね。そう思うと大学選手権を見る目も一段と真剣になりますね。でも、関西ではトークバトルみたいなイベントが全然ないんですよね。なんとかなりませんか、村上さん。

    投稿: 神戸ファン | 2005年12月 9日 19:12

    訂正。奈良斑鳩one dayチケットは1600円。先日は京都駅地下鉄案内で購入。東山で下車。知恩院で1時間ほど居て、東山乗車。烏丸御池で乗り換え。
    直通で竹田で乗り換え、西大寺で乗り換え、生駒で乗り換え、東花園で下車。
    試合がある日は西大寺から急行で東花園に下車できるが、普通のが早く着く。それでも1時間20分程度。地下鉄の時間も分かるgooの路線検索で出かけるといいと思う。25日は東花園へ、行き、大体大、明治大、法政大を応援?に行く予定。

    投稿: Y | 2005年12月 9日 10:13

    トータルラグビー見てます。深緑朗さんになった気分ですね。
    中国にもラグビーがある事にはビックリしました。W杯招致活動でアジアラグビーのグローバル化を謳っていながら実は身近な存在を忘れていたのではないのかと思います。仮に日中韓台香港でアジアファイブネーションを行う事が可能であれば今後の招致に期待が持てるのではと思います。決して『アジア=日本』ではないんですね。

    投稿: はり | 2005年12月 9日 06:49

    都心のいちょうは、だんだんと綺麗に黄葉してきましたね。
    上田氏のしゃべりを止めるのは、至難の業かも(笑)。トップリーグのFM放送でも、しゃべりまくりですからね。どんなトークバトルになったか、ブログに書いてくださいね。応援に行きたいけど、行けないで~す。
    さて、慶應が日本選手権で優勝した時は、確かトヨタ自動車が相手だったと記憶しています。トヨタにいた上田氏が慶應の監督になり、もしやトヨタを破るかもと期待をしていたら、本当に日本一になったので、歓心を得ました。あの時の慶應は強かったなぁ・・・。慶應もまた強くなって欲しいな。

    投稿: サファイヤ | 2005年12月 9日 03:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7533360

    この記事へのトラックバック一覧です: 原宿のいちょう:

    « 成蹊高等学校へ行く | トップページ | トップリーグ9節プレビュー »