« トップリーグ再開! | トップページ | 冷たい雨と熱い試合 »

僅差勝負の後半戦開幕

土曜日は秩父宮ラグビー場にいた(後半で結果書きます)。JSPORTSで解説をするためだったのだが、メインスタンド最上段にある放送ブースから見ても、バックスタンド裏のいちょう並木は、なかなか趣があった。秩父宮ラグビー場はいい場所にあるなぁ。そして、どの席でも見やすいのも好感を持っている。

ただ、日本のラグビー場と強豪国のラグビー場を比べて違っているのは、最前列の席が海外ではグラウンドと同じ高さからせり上がっているのが多いのに、日本ではコンクリートで隔てた上に一段高くしてあることだ。ロンドンのトゥイッケナムや、ウエールズのミレニアムスタジアムといった7万人ほど入るスタジアムでも最前列はグラウンドレベルにある。それが観客と選手を近い関係にしているわけだ。日本も今後ラグビー場を改修・建設する場合はそうしてもらいたいし、そういうことはラグマガなどに昔から何度も書かれているのだけど、あまり重視されていない。ラグビー文化を育んでいくには、スタジアムがとっても大切だと思う。

さて、トップリーグ再開である。NECは前半3トライをたたみかけるなど勢いがあったが、後半失速。逆にサントリーは、前半は気が抜けたようなタックルがあったのに後半は集中力を保ったディフェンスをしていた。それがそのまま結果に表れたのだけど、サントリーにとってはもったいない試合だった。NECは勝ち点4をゲットし、優勝戦線に踏みとどまった。大東、窪田、武井といったBKのスピードランナーを怪我で欠いた状況ではよくやったと言えるのかもしれない。マーシュ、箕内のターンオーバーの能力は素晴らしい。箕内選手は腕力が強くなった気すらした。ディフェンスのしぶとさという面でNECが少し勝っていたように思った。

ヤマハ発動機も、多くの時間ゲームを支配しながらスコアできなかった。東芝府中のモールを止めていただけにもったいない。競った試合をしながら、最後のトライで7点差以内の負けに対するボーナス点を獲得できなかったのも痛い。東芝と十分にやりあえる地力があるだけに残念。東芝は、4トライ以上のボーナス点とともに5点のゲットは大きいなぁ。首位を走る三洋電機にはプレッシャーになるかもしれない。万能BK日原の復帰は大きい。正確なプレースキックと、ロングタッチキックは、これからもチームの窮地を救うだろう。

日曜日のトップリーグも楽しみ。

トップリーグ第8節 秩父宮ラグビー場
NECグリーンロケッツ○ 17-13 ●サントリーサンゴリアス
東芝府中ブレイブルーパス○ 26-13 ●ヤマハ発動機ジュビロ

関西大学リーグは、同志社大が前評判通り、大体大を下して優勝。大体大は2位で選手権へ。また関西第5代表決定戦は、立命館大が名城大を破った。

◎『ア・ラ・カルト』~役者と音楽家のいるレストラン~を観ました。
青山円形劇場プロデュース。演出=吉澤耕一、構成=白井晃、台本=高泉淳子、音楽監督=中西俊博。出演=高泉淳子、白井晃、陰山泰+パトリック・ヌジェ(visitor)、中西俊博(violin)、クリス・シルバースタイン(bass)、竹中俊二(guitar)、林正樹(piano)。中西さんのバイオリン、柔らかい音で素晴らしかったなぁ。短編小説に音楽がちりばめられたような、すごくおしゃれな芝居だった。一人で席に座っているのはもったいない気がした。これはクリスマス近辺にデートで行くべきだ。前売りチケット売り切れているみたいだけど、当日券が販売される日もあるかも。高泉さん、可愛いなぁ。白井さん、面白い。ヌジェさんの流ちょうなフランス語と片言の日本語、そしてアコーディオン、心地よかった。休憩時間に振る舞われたワインも美味しくて2杯飲んでしまった。大人の芝居ってやつやね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ再開! | トップページ | 冷たい雨と熱い試合 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    昨シーズンと比べると、ディフェンスで各チームのレベルアップが感じられます。
    もともと防御には定評のあったNECとヤマハですが、昨シーズンは大物外国人選手がキープレイヤーになって、攻撃力もついてきたのかな、と思っていたのですが、彼ら不在となると、正直に申し上げて物足りなさを感じる、といのうのも今シーズンです。
    NECとヤマハ。それぞれアタック面での強化でいうと、ポイントはどこでしょうか?

    投稿: 李白 | 2005年12月 8日 01:17

    待ちに待ったトップリーグ再開でしたが、11月に何試合か海外テストマッチで自陣での反則に対する厳しいレフリングを見て違和感を感じました。
    第1試合の前半最後にゴール前で反則を連続したのにシンビンや認定トライの判定が無かったのは残念でした。あれでは反則したもの得になるのでは?(結局は攻め込んだ側がトライをしましたが、タッチ際でゴールが外れ5点で留まりました)
    局面局面でのレフリングには様々な意見があると思いますが、シンビンなどの重要な裁定は国際基準に合わせて欲しいです。

    投稿: 軍曹 | 2005年12月 4日 23:29

    見に行きたかった!!前売りチケットを買って、お弁当を何にしようかと考え、寒さ対策を練っていたのに…何と娘が発熱!しかも、試験中だというのに。波田陽区じゃないけれど、“残念~!”
    私と娘はジュビロファンです。娘が会場で観戦した時は、負け無しなんです。観戦しにいかれなかったから、負けたとガックリしています。善戦していただけに、残念でたまりません。(テレビ観戦してました。)
    サッカー選手と違って、選手の動静の情報が少なく、いつも心配ばかりしています。村上さんのこのブログは貴重な情報源になっています。これからも、よろしく♪

    投稿: みなたれ | 2005年12月 4日 21:31

    昨日,秩父宮へ行って,久々のトップリーグの試合を満喫してきました。
    観客が多くてよかったのですが,薄着の方が多かったような気が・・・・?さすが12月,寒くなってきたので,皆さん寒さ対策は万全にして観戦に行きましょう。
    寒さが苦手な方は太陽の日があたるバックスタンドでの観戦をお勧めします。昨日,メインスタンドからバックスタンドへ移動したら,全然寒さが違いました。
    試合後のクールダウンをしっかりやっていた東芝の笠井くん,さすがジャパンと思いました。

    投稿: さちこ | 2005年12月 4日 17:03

    村上さんの観劇記録、いつも楽しく読ませていただいています。「ア・ラ・カルト」は私も大好きなお芝居で、クリスマス頃に主人と見に行き続けてもう10年以上になります。最後の老夫婦のようになりたいなあといつも思います。昨日ラグビー場で2試合終了後村上さんをお見かけしましたが、あのあと青山円形劇場にいらっしゃったのですね。やっとトップリーグ再開!待ち遠しかったです。どちらも最後までわからない展開で楽しめました。いよいよ寒くなってきて、スターバックスのコーヒーがとてもおいしかったです。これからもラグビーやお芝居に対するコメントを楽しみにしています。

    投稿: kirakira | 2005年12月 4日 16:49

    国立教技場を初めて見た。そこが大きいことと、人がうじゃうじゃいてびっくり。選手からは雨が降ってないと連絡があって、2時に行ったところ傘なしで濡れながら観戦。明治のタックルが良かったし、うまくゴールに入れて3点ゲット。それを見てすぐ、国立を離れた。もう2度とここへは来ないぞと思いながら。

    投稿: Y | 2005年12月 4日 16:42

    村上さん観に行かれたんですね、「ア・ラ・カルト」。私はチケット発売時間の20分を逃してしまい、取れませんでした(涙)。
    土日にしか行けないので厳しかったです。
    「た・か・は・し~!」やペギーさんが観たかった!(知らない皆さん、すみません)
    昨日のジュビロvsBLの試合が充実していただけに、こどもの城の横を通った時の寂しさがいっそう・・・。

    投稿: kanislupus | 2005年12月 4日 12:02

    スタンドの件は比較的簡単に解決できるかもしれません。NZのジェードスタジアムもクリケットのためグランドからスタンドが遠いですが、ABのゲームなんかになると仮設のスタンドをグランドとメインスタンドの間に作ってますよ。

    投稿: てりー | 2005年12月 4日 08:23

    トップリーグはまだ観戦したことはない。今の所、大学ラグビーから始めて、少しでも理解しようと努めている。が、全然面白くない。下手と思っちゃうからかな?やはり、横綱相撲を見ないと分からないかもしれない。

    投稿: Y | 2005年12月 4日 06:18

    キャラメル「クロノス」観たいです。
    でも中京圏には来てくれない(泣)

    さてトップリーグですが、観客が少し
    増えていて安心しました。試合も
    2試合とも楽しめる内容だったし
    リピーターが増えてくれるとうれしい
    ですね。
    試合の感想はTBしておきます。
    ではまた

    投稿: 瑞穂 | 2005年12月 4日 05:40

    『ア・ラ・カルト』おもしろかったですか。ちょっとうらやましいです。ちなみに僕はサンシャイン劇場のキャラメルボックス『クロノス』を秩父宮のあと観にいきました。こちらもおすすめです。(こちらはほぼ毎日、当日券あります)すいません、ラグビーの話じゃなくて。でもラグビー好きで芝居好きってほかにいますか?

    投稿: bizango | 2005年12月 4日 02:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7452598

    この記事へのトラックバック一覧です: 僅差勝負の後半戦開幕:

    » 8節「東芝」対「ヤマハ」 [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。みなさん読む前に1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  やっと中休みが終わり再開のトップリーグ。ファンも待ちかねてかそれとも 協会のサービス作戦が功を奏したか、なかなかの入りでしたね。{/face_fight/}  今日は2試合目の「東芝」対「ヤマハ」戦を振り返りますが、実は第2試合 2間中継ならぬ、関西大学リーグ決勝と2試合同時に観戦してしまいました。 TVは�... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 4日 05:42

    » 無念・・・。 [まる≠楕円・・・?]
    昨日、秩父宮で行われたトップリーグ第8節、『ヤマハ発動機Jubilo対東芝府中ブ [続きを読む]

    受信: 2005年12月 4日 11:50

    » トップリーグ第8節 サントリー vs NEC [やまけんのひとりごと]
    3日、いよいよトップリーグ後半戦が1ヶ月ぶりに再開し、冬晴れの天候のもと秩父宮で行なわれたサントリーサンゴリアス vs NECグリーンロケッツ戦。 現在5勝1敗で4位につけている強豪NEC相手に6位のサントリーはどれだけ迫ることが出来るのでしょうか。... [続きを読む]

    受信: 2005年12月 5日 22:13

    » buy cheap hydrocodone prescription. [ buy cheap hydrocodone prescription.]
    buy cheap hydrocodone prescription. [続きを読む]

    受信: 2007年9月24日 12:53

    « トップリーグ再開! | トップページ | 冷たい雨と熱い試合 »