« お薦めマッチ_0115 | トップページ | 同期からのメール »

トップチャレンジ第1節

日曜日は駒沢陸上競技場で「トップチャレンジ」の第1節を見てきた。比較的暖かい日ではあったけど、風は強かった。リコー、セコムなど入替戦に出場するチームの関係者が集っていた。もちろん、来週、IBMと対戦するコカコーラの首脳陣の姿も。これは、偵察ですな。サバイバルマッチだから、みんな一生懸命だ。

第1試合は、イースト2位のNTT東日本とウエスト2位のホンダヒートの戦い。序盤は点の取り合いとなったが、後半はNTTのミスをホンダが逃さず、スーパー12のクルセイダーズ所属経験があるCTBトゥプアレイが何度もディフェンスを突き破ってスコアを重ねた。FB嶋は強風のなか完璧なプレースキックを見せた。最後2つのトライはスプーナーが蹴ったが、そこまでは7トライのコンバージョンキックをすべて成功させた。タッチライン際のキックもあったし、お見事でした。

NTT東日本●31 -64 ○ホンダヒート

第1試合の結果だけを見ると、ウエストのほうが強いような気がするが、そうとも言えなかった。第2試合は、イーストとウエストの1位同士が対戦。キックオフ直後から近鉄が攻め込み、CTBタライアがトライを思いきや、なんとインゴール内で真ん中に行こうとしてデッドボールラインを踏んでしまうという痛恨のミス。その後数分間も近鉄がよく攻めたがスローフォワードなどでチャンスを潰し、次第に流れはIBMへ。5分にゴール前のモールからSH山中が抜け出して先制トライ。28分には、近鉄がモールのコラプシングを繰り返してIBMのペナルティトライ。19-0となる。前半終了間際には近鉄も反撃に出たが、ゴールライン目前、トライへのラストパスをIBMのCTBカール・テナナがインターセプト。一気に90m以上駆け抜けて、勝負を決めてしまった。

近鉄の辻本キャプテンは、「スクラムが押せなかったのは誤算。ラインアウトも分析はしたが予想以上に獲得されてしまった」と語り、28日のコカコーラ戦に全力を尽くすことを誓っていた。一方、日本IBMの大西ヘッドコーチは、「いいゲームをしてくれた」と選手達を賞賛。普通は下部リーグになると強化が難しくなると考えがちだが、大西ヘッドコーチは逆に「いい意味で層の厚みも出来たし、上に上がった時の準備ができたと思います」と手応えを語っていた。なるほど。確かに、IBMの仕上がりはいい。今ならトップリーグのチームとやっても面白い試合ができそうな気がする。まずは次のコカコーラで勝ち点(またはボーナス点)をあげないと自動昇格は決まらないが、この勝利で俄然有利になったことは確かだ。

近鉄もまだチャンスはあるから立て直して頑張ってもらいたいが、ゲームをコントロールして運んでいくという面ではIBMに劣っていた。このあたり2週間で修正できるかどうか。

日本IBM○39 -0 ●近鉄ライナーズ

花園ラグビー場で行われた東西対抗は、高校のほうは西軍が24-10で勝ち、大学は67-38で東軍が勝ったとのこと。

追記◎有賀選手についてコメントで質問がありましたが、彼はきちんとした青年ですよ。何度も取材で話しているので、それはよく分かっています。決勝戦後の取材時は、疲れているのに話を聞いていて、僕は本当に悪いなぁって思っていました。キャプテンとして身体を張ってチームを引っ張り、懸命に戦って敗れた試合後です。それでも報道陣は帰してくれない。これも仕方のないことで彼はジャージー姿のまま敗因を聞く報道陣の質問にきちんと答えていました。着替えてからも長時間ずっと応対した最後が僕らのインタビューだったのです。意識が朦朧とするくらい疲労困憊だったはずです。ポケットに手は、僕は全然気付きませんでした。不快な思いをしたみなさんごめんなさい。きっと本人も意識なかったと思います。それでも取材後は、笑顔で挨拶を交わしてファンクションに向かいました。いい男ですよ、彼は。大好きです。変な意味じゃないっすよ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « お薦めマッチ_0115 | トップページ | 同期からのメール »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ポケット騒動(?)釈明というか解明ありがとうございました。自分も観た時に気付きましたが、あまりスポーツに『体育』を求めていないので気になりませんでした。ここまでの、そしてあの日の彼のプレー、チームからの信頼度、それまでのインタビューの態度を観ていたので、少し寒かったのかな?程度の疑問にしか感じませんでした。
    饒舌で愛想良く応える選手が多くなっている中、ラグビーに関しては、『なんかうまく言えないな』『どう表現しよう?』の照れ隠しで不愛想になるくらい、無骨で不器用だけど、ゲーム中はスゴイ!というような選手が増えてくれるといいな~とも思ってしまいます。

    投稿: J.デービス | 2006年1月19日 04:40

    有賀選手の件への返事ありがとうございました。コメントをみて皆すごく気になっていたんだなぁと、変に感心してしまいました。皆さんと同様に私もよかったよかった(笑)。ありがとうございました。

    投稿: コテツ | 2006年1月18日 22:22

    僕も第1試合を観て、ウエスト>イーストかと思いましたが予想が外れました。これでJスポーツで放送されるトップチャレンジ最終日の近鉄対コカコーラWJ戦が大注目の試合になりましたね。放送枠の問題で難しいと思いますが、最終日第1試合に出場する九州電力のグレイのプレイも是非放送をして下さい!

    投稿: 軍曹 | 2006年1月16日 23:43

    「ポケット騒動」もようやく一段落しましたね。
    プレイヤーも大変ですね。ひとつの動作が、これほど大きな反響を呼ぶんですからね。まさに今日のタイトル「トップチャレンジ」ですね。トップにチャレンジすることとは、ほんの些細なことにも気を配り、立ち居振る舞いを身につけ、先鋭化していく。それが出来なければ、鈍感になっていく。風評にも負けない、振る舞いか?無反応かですかね?とかく、今の世は、無反応派ですかね?そうでなければ気が休まりませんな!若者はしんどいわけですね!?

    投稿: dragon | 2006年1月16日 22:36

    有賀選手についての村上さんのコメントを聞いて、すごくホッとしました。彼の涙を見て、貰い泣きしていた私は、あの日から勝手に、有賀選手に裏切られたような気がしていたので・・・。良かった良かった。
    ところで、大学の東西対抗で怪我をした五郎丸選手は顎を骨折したようですが、日本選手権2回戦に間に合わないんでしょうかね?村上さん、早稲田ファンの方、ご存じの方教えて下さい。

    投稿: さちこ | 2006年1月16日 21:55

    近鉄が開始直後にトライかと思ったのに、トライにならなかったのは、デッドボールラインを踏んだからだったんですか。逆サイドで観戦していたので、分かりませんでした。あれは、惜しかったですね。最初にトライをしていたら、近鉄ももうちょっと違ったゲーム展開になっていたかもしれませんね。

    投稿: サファイヤ | 2006年1月16日 18:35

    初めて投稿します。
    いつもブログ楽しく読ませていただいております。
    昨日大学ラグビー東西対抗戦見てきました。
    ちょうど清宮監督が4年時の対神戸製鋼戦を観戦して以来16年ぶりのラグビー生観戦でした。(いつもはJ-sportsにお世話になってます)
    まだラグビーとサッカーの区別がつかない5歳の息子と観戦してきました。
    30分前に花園に着いたので、駐車場に入れないかと心配しましたが、すんなりと駐車できて、助かりました。
    5歳の息子は入場料無料で、僕は場所代をケチって自由席にしました。
    バックスタンド側のほうが日が当たって気持ちよいので、のんびり座っていたら、後ろに座ったカップルが何やら標準語で「隆道クン」とか「ウッチー」と話しており、男性の方が女性に色々と選手の説明とプレーの解説をしておりました。
    多分早稲田の関係者の方か現役部員かなと思い、恐る恐るというかチラッと後ろを見ましたら、神戸製鋼の後藤翔太選手でした。
    おかげさまで、ナマのトップリーグの選手の解説付きで、試合を観戦することが出来、とっても得した気分です。1500円は安かったです。
    (後藤選手、盗み聞きしてすいませんでした。)
    試合の方は、急増チームでコンビネーションが合わないのか、かなり大雑把な試合でしたが、曽我部選手の絶妙なオフロードパスや今村選手、豊田選手のトライを近くで見れてとても満足しました。(豊田選手、足速いですね、西軍バックスを振り切ってました)
    以上、長文失礼しましたが、トップリーグの試合を含め、また生観戦を再開しようと思います。


    PS 後藤選手の一押し選手は、大体大の岩本選手でした。かなり、気に入っておられたようです。


    投稿: 観戦復活 | 2006年1月16日 13:01

    はじめまして。
    大学でラグビー部のMGをしていて、はまりました、ラグビーに。
    今日の東西対抗戦、気づくの遅くて大学オールスターだけみてきました。
    どの選手もたくさんテーピングをまいて、痛々しいのに、それを感じさせないすばらしいパフォーマンスに感動しました。
    有賀選手も佐々木選手もすばらしかった。大学選手権も終わって、すごく疲れている時期だと思うのに。
    きっとみんなラグビーが大好きなんだなぁと思いました。
    駄文失礼いたしました。

    投稿: まゆ | 2006年1月16日 11:40

     東西対抗戦観てきました。
    緊張感のある試合が続いた中で
    楽しい一時を過ごせました。
    トップリーグもオールスター戦して
    欲しいと感じました。無理ですか?

    投稿: 瑞穂 | 2006年1月16日 06:34

    記事読ませてもらいました。
    日本IBMビッグブルーは4トライ奪った時点でトップリーグ昇格が決まりますね・・・。
    負けても7点差以内で2位以上が確定しますので、初戦とは違った戦い方になるでしょう。
    去年、昨日の試合と同様に5トライ差以上でセコムラガッツに完封したサニックスブルースが今年は同じチームに大敗したように、現時点での実力が来季も続くとは限らないと感じさせられただけに、昇格を目指すチームは更なるレベルアップを目指してチーム作りをしてもらいたいです。

    投稿: | 2006年1月16日 05:10

    有賀選手についての村上さんの丁寧なコメントを読んでうれしくなりました。私自身は早稲田を応援していたものですが、あの日競技場のスクリーンで見た号泣する有賀選手の顔は本当につらかったので。
    しばらくして録画した放送を見て、試合前日のインタビューで<明日が終われば楽になれる>と彼がコメントしていたと知り、勝負事を前に勝ちたいというコメントではなく、開放されたいという気持ちが出てしまうほどの重圧を想像し、あの日のスクリーンの顔を思い出して涙ぐんでしまいました。
    試合に負けた直後、カメラの入るインタビューをキャンセルすることも可能であった状況の中で、きちんとカメラの前に立つことを選択しただけでも評価されてもいいんじゃないかと思います。このシーズンを通して、関東学院対早稲田でも有賀対佐々木もなく、有賀対早稲田のような扱われ方をする重圧と戦いながら、チームをまとめるという仕事を、22歳の青年がやってのけたことは、ものすごいなぁと改めて考える次第です。
    ラグビー素人の私は、チーム力を円陣がきれいかどうかで評価するのですが(東芝はびっくりするぐらいきれいなまるですよね!)、今年早稲田はとってもきれいな丸の円陣をあの超個性派下級生を中に入れつつ描いているなぁと思っていました。関東はあくまでテレビで見る限りですが、リーグ戦のころ丸と呼びにくい状態だったりしていたのに、大学選手権の中で、ちゃんと丸い円陣になっていて、決勝の日の円陣もかなりきれいでした。ラグビープラネットで言っていた通り日本選手権で楽しく頑張ってほしいなぁと思っています。

    と、書きながらも私自身は、すっかり元気な曽我部選手のインタビューの部分をここ数日繰り返しながめているわけですが・・・

    今週のラグビープラネットも先ほど観ました。東芝の富岡選手、ものすごくいい姿勢でゲームやってましたね。永友監督があんな風に冗談を言うことも初めて知りました。といってもやっぱり冗談を言っているような表情ではなかったですね。

    投稿: ”お” | 2006年1月16日 01:25

    いつも拝見しています。
    トップチャレンジや入れ替え戦などは、勝敗がチームのその後を大きく左右するだけに、リーグ戦にはない緊張感や必死さを感じる時があり、僕は好きです。今日は思わぬ大差で驚きましたが。
    有賀選手の件の返答、興味深く読ませてもらいました。村上さん目線からの、選手の『素』の部分のお話、これからもぜひ聞かせてください。

    投稿: ときどきラガーマン | 2006年1月16日 01:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8182323

    この記事へのトラックバック一覧です: トップチャレンジ第1節:

    » トップリーグチャレンジマッチ第1節 (1/15) [徒然なるままにMの戯言]
    ラグビーのトップリーグ昇格をかけたトップリーグチャレンジマッチ第1節が1/15、東京の駒沢陸上競技場で行われました。 <トップリーグチャレンジマッチ 2位ブロック> ●NTT [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 05:02

    » 大学東西対抗戦レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  花園で高校と大学の東西対抗戦を観戦して来ましたが、一端のラグビー通を 気取ってましたが、花園の常連さんたちに比べたらまだまだだと感じた一日でした。 いつものように、バックスタンドの真ん中に陣取りましたが、周りの方のラグビーに 詳しいことにまずビックリ。また、ある方はメンバー表の上から順番に誰々はどこ... [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 06:35

    » トヨタの大きな「ぐっさん」 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(クリック御協力お願いしマース) 写真は①トヨタ・谷口智昭 [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 06:48

    » 早稲田FB五郎丸選手が顎を骨折!! [SANDA]
    残念!!はがいい!!  早稲田の15FB五郎丸選手が昨日(15日)に行われた  大学オールスターで顎を骨折したようだ。  ベストメンバーで日本選手権に挑みたかったから大変残念な思いである  清宮監督も悔しいだろうな!!  オールスターは全日程が終わってやるべきだよ!!!...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 12:01

    » スーパー14 プレシーズン マッチ [らぐびーあにまる]
    2006RebelSportSuper14warm-upmatchschedule1/21HighlandersvCrusadersQueenstown5.30pm1/21BluesvRedsBallymore,Brisbane7.30pm1/26HighlandersvChiefsQueenstown6.00pm1/27HurricanesvBrumbies1/28BluesvWaratahsGosford7.30pm1/28CrusadersvWesternForceMelbourne7.30p... [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 12:45

    » トップチャレンジ第1節、駒沢に行く。 [ココロミ]
    トップチャレンジ第1節、行ってしまいました。 【結果】 駒沢陸上競技場 12時~ ○ ホンダヒート 64 対 31 NTT東日本 ●      ホンダ (9T8G1PG0DG)NTT東日本 (5T3G0PG0DG)  14時~ ○ 日本IBM 39 対 0 近鉄 ●      日本IBM (5T4G2PG0DG)  近鉄(0T0G0PG0DG) 最初にお断りです。「ソネブロ」が重いので、ホンダ対NTT東日本、近鉄対IBMの写真は、後日... [続きを読む]

    受信: 2006年1月16日 15:11

    » トップチャレンジ−1 in 駒沢レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  NTT東日本ホンダヒート  まずは結果から 31:64  ダブルスコアでの圧勝、やはりトップウェストのレベルが高かったのかと  思いました。しかし  日本IBMビッグブルー近鉄ライナーズ  この試合 39:0 ウェスト1位の近鉄さん、ホームの花園が泣きますよ  ... [続きを読む]

    受信: 2006年1月17日 06:46

    « お薦めマッチ_0115 | トップページ | 同期からのメール »