« バタバタの金曜日 | トップページ | トップチャレンジ第1節 »

お薦めマッチ_0115

 みなさんのコメントやトラックバックで、この春の日本代表のスケジュールやチャレンジマッチ、そして15日に花園ラグビー場で行われる高校、大学の東西対抗のスケジュールが明らかにされていますね。ありがとうございます。2月10日からはスーパー14も始まるし、ほんとラグビー好きにとってはオフなしです。一緒に楽しんでいきましょう。

 15日の花園ラグビー場は、12時15分キックオフの高校東西対抗がまず面白そうだ。優勝した伏見工業のSO文字がリードする西軍は、東海大仰星、大阪工大高、大分舞鶴らの強豪チームが軸。東福岡の俊足CTB宮本もからんでどんなラグビーを見せるのかな。東軍は桐蔭学園のSH櫻井が中心。成蹊のキャプテン三雲もCTBで出場する。頑張れ。

 14時キックオフの大学東西対抗は、早稲田・佐々木、関東学院・有賀の両キャプテンが揃い踏み。SO曽我部と、西軍SO君島の対決も楽しみ。花園大学のポンギはどんなプレーを見せるんだろう。西のBKは同志社で固められているが、東は関東学院WTB北川、法政CTB野村に埼工大CTBオツコロという面白い組み合わせ。関東学院の北川忠資と早稲田の松本という両FLも興味深い。東西のオールスター達は、大学選手権終了後にどんな語らいをするのだろう。花園のお風呂に潜り込みたいくらいだ。変?

 ほんとに楽しみなのだが、僕は駒沢でチャレンジマッチを取材する。もちろん、こっちもすご~く大事な戦いだ。このチャレンジマッチ、僕の周辺でも意外に内容が知られていなかったりする。詳しくない方もいると思うので簡単に説明したい。要するに来季のトップリーグ昇格チームを決める戦いである。トップイースト、トップウエスト、トップキュウシュウ各リーグの1位同士の総当たり戦と、2位同士の総当たり戦で、6チームの順位を決定し、1、2位が来季のトップリーグへ自動昇格(来季トップリーグは14チームになる)。3位~6位は、トップリーグ下位4チームとタスキがけに入替戦を行う。

 というわけで、15日がその初戦というわけだ。 対戦順は次の通り。そして、いきなりイースト1位とウエスト1位の対決である。時間のある方はぜひ駒沢へ。

◆1月15 日 (駒沢陸上)
NTT東日本(イースト2位) - ホンダヒート(ウエスト2位) 12:00
日本IBM(イースト1位) - 近鉄ライナーズ(ウエスト1位) 14:00
◆1月21日(博多の森)
九州電力(キュウシュウ2位) - NTT東日本(イースト2位) 12:00
コカ・コーラ(キュウシュウ1位) - 日本IBM(イースト1位) 14:00
◆1月28日(花園)
ホンダヒート(ウエスト2位) - 九州電力(キュウシュウ2位) 12:00
近鉄ライナーズ(ウエスト1位) - コカ・コーラ(キュウシュウ1位) 14:00

追記◎やっとマッチ箱のダビングを開始。でもやり始めた瞬間、発売順にするか好きな順かで悩んでしまった。どうしよう…。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « バタバタの金曜日 | トップページ | トップチャレンジ第1節 »

    「お薦めマッチ」カテゴリの記事




    コメント

    再び芝の話
    今日、サンデープロジェクトで、日本や球界の人工芝問題を取り上げていました。スポーツジャーナリストの二宮清純氏もでていました。メジャーでは、現在3/30というチームしか人工芝をひいていないらしいです。人工芝時代は、観客動員数も減り低迷していたと。何よりもクローズアップされていたのは、プレイヤーの障害の問題です。人工芝では出来ないプレイが天然芝では出来ると。松井選手は、巨人時代オーナーに天然芝のグラウンドを要望しましたが聞き入れなかったともいっていました。
    ベースボールの醍醐味は、天然芝によりもたらされ、何よりもプレイヤーの寿命を延ばすと。
    対して日本は、3/12で天然芝のグラウンドしかないようです。番組では、某大学と立花トレーナーと教授との協力で、いかに人工芝が身体に負担があり、思い切ったプレイが出来ないかが強調されていました。
    さらに、番組では芝の費用という面で、プレイヤーが障害を起こして安うとその方が経費がかかると言うことに焦点が注がれていました。
    グラウンドの形態も、自治体の持ち物、親会社のもの、など簡単に改善することも難しいとのこと。なぜなら、自治体のものならプロ野球のみに開放するのではなく、一般にも開放しなければ面目が立たないからです。
    さらに、人工芝では野球の空き日に各種のイベント、コンサートなどが開催されれば、数千万円の使用料が入り、施設の維持、運営費が回収できるからです。簡単に天然芝へとは、ならないのです。大阪ドームなどはその典型といえるでしょう。
    何度も言うように、日本にはまだまだ社会資本は豊ではありません。欧米に比べて、体育・スポーツ施設は、学校施設を見越して計算すれば、劣る数ではありません。サッカーのW杯により各地に巨大スタジアムも出来ました。しかし、その多くが陸上トラック併設などの総合型です。それも必要ですが、フットボールスタジアムが少ないです。
    これらの解決策は、スポーツを行なっている人が声を上げて、スポーツ文化を成熟させ、必要なスタジアム、使い勝手のよい運営を進める必要があります。スポーツ文化成熟のため、ジャーナリストの役割は大きいです。まだまだ、頑張ってくださいね。

    投稿: dragon | 2006年1月15日 22:27

    駒沢で、2試合目から観戦しました。近鉄の完封負けは予想外でした。

    投稿: サファイヤ | 2006年1月15日 17:39

    いつも楽しみに読んでます。
    はじめてコメントさせてもらいます。
    最近方々のブログやBBSで前回放送のラグビープラネットでの有賀選手のインタビューでの態度が物議をかもしてますが、実際そのときにインタビューされていて、さらにジャーナリストとして一般のかたよりもよく彼に接している立場としてどうなんでしょうか?私自身試合中の有賀選手はもちろん試合の中継をとおしてですが、プレーはもちろん端々のマナーに関しても非常に好感を感じていたのです。が、あのポケットに手をつっこんだままのインタビューの受け答えは正直「えっ?」という感じでした。あんな試合の後で平常心がなくなっていたという感じなんでしょうか?

    投稿: コテツ | 2006年1月15日 11:11

    駒沢でのレポート期待してます。
    私は西へ(花園へ)向かいます

    投稿: 瑞穂 | 2006年1月15日 05:01

    大学東西対抗はやっぱり見てみたいですね。
    チャレンジマッチは激しそうですね。
    いずれも中継がないのは残念。来年は是非中継があること期待します。

    投稿: さちこ | 2006年1月15日 00:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8161977

    この記事へのトラックバック一覧です: お薦めマッチ_0115:

    » 大学東西対抗試合プレビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  昨日お知らせしたとおり今日は東西対抗戦のお知らせ。  正月熱く戦った高校生と大学生が東西に分かれての試合を行います 特に大学は、「全国大学オールスターゲーム」と銘打たれ、トップリーグの 最終節などで投票した方も多いはず。  まずは大学の西軍メンバーは、同志社中心になりますね  http://... [続きを読む]

    受信: 2006年1月15日 05:02

    » 練習試合~元ワセダ・桑江君も元気でした。 [ラグビーフィーバー!!]
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 写真は上から ①トヨタ-三洋戦 [続きを読む]

    受信: 2006年1月15日 07:10

    » トップリーグ昇格決定戦日程 [MASARUのブログ]
    1月15日(日) 日本IBMvs近鉄ライナーズ @東京・駒沢陸上競技場(14時〜) 1月21日(土) コカ・コーラWJvs日本IBM @福岡・博多の森球技場(14時〜) 1月28日(土) 近鉄ライナーズvsコカ・コーラWJ @近鉄花園ラグビー場(14時〜) (※J SPORT...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月15日 11:48

    » トップチャレンジ駒沢公園より [ココロミ]
    結果はホンダ64:31エヌティティ東日本日本アイビーエム39:0近鉄でした。 [続きを読む]

    受信: 2006年1月15日 17:41

    « バタバタの金曜日 | トップページ | トップチャレンジ第1節 »