« トップリーグ最終節結果 | トップページ | 得点王 »

マッチ箱

各種大会が一段落したら、マッチ箱が届いた。でかっ。アナログ盤からの初CD化となるシングル43作品に、DVD付きである。嬉しいのだが、43枚順番に聴くのはしんどいでっせ。でも、頑張って一枚ずつMDにダビングしていこう。しかし、このマッチ箱、上の部分がザラザラしていて、よくできてる。ヨコハマ・チークは、2曲目だったのかぁ。忘れてるなぁ、順番とか。

match

というわけで、花園の高校大会レポートなど、年末年始の試合ラッシュで更新を夕方にしてましたが、また、元の深夜更新に戻ります。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ最終節結果 | トップページ | 得点王 »

    「お薦めマッチ」カテゴリの記事




    コメント

    ヨコハマチーク
    ♪だからチークチークチーク泣けるよね~
    ですよね。懐かしいですね。出演映画(またの名を、たのきん映画)の曲じゃないから、以外に思ったのかも知れませんね。
    自分も買おっかな~。

    投稿: J.デービス | 2006年1月11日 01:24

    再び芝に関して
    大リーグでも一時期、人工芝のグラウンドが多く見られましたが、現在その影はほとんどありません。天然芝回帰の現象が起こり、新古典主義などといわれたこともあります。
    日本の野球界は、逆に人工芝グラウンドが多くなっているのが現状です。選手の中には、人工芝は、足腰への負担が大きく契約時に人工芝グラウンドでのプレイを制限する条件を結ぶ人もいるようです。選手生命を長くしたいからというものです。
    ラグビー界でも驚くほど進歩した人工芝を使用しているチームも多くなり、コストも大幅にダウンしたと聞きます。一部には、「さんぼ」さんのように、心配して花園など人工芝化へという意見もあるようですが、さらに味家のないスポーツになると、メイングラウンドは、天然物でまかなってほしいと願っています。
    大体、芝が育たない環境ならいざ知らず、協会のゲームアレンジに問題があり、怠慢が原因で芝問題があるのに、軽率に人工芝化には反対です。協会の広報には、未だに、責任もとらずにグローバル化といっていますが、足元のグラウンドの芝見て見といいたいですね。招致に破れた原因のひとつですよ。と
    それに、古い人間ですので、グラウンドの臭いや雰囲気、天然である生きのもである芝に対する、敬虔な態度から、思いやりや優しい心を学ぶことも可能ではとノスタルジー主義を掲げてしまいます。
    経済大国といえども、天然芝が少なく利用制限が多いことは、スポーツインフラの整備が脆弱と言えます。スポーツ文化成熟のためにも、芝問題をみんなで考えてほしいですね。
    地方にゲームを持っていくことで、経費はかかりますが、(関東協会管轄の大学では、地方ゲームがあったようですね)ラグビー普及にはなるでしょう。ゲームと普及活動をセットで地道に広げていけば。これもひとつのグローバル化ですよね?たぶん!

    投稿: dragon | 2006年1月10日 21:31

    村上さんへ
    T編集長騙してマッチ対談をラグマガへ。スポーツ現場同士対談はOkとおもいますよ!!
    ちなみに10数年前、私はNHKの経済番組でSMAPの経済効果という企画をSMAP密着含めて作りました。
    (当時は現在・競輪で頑張っている森君もいました)。

    投稿: 見明(みあけ) | 2006年1月10日 21:13

    うははははっ。本当に「マッチ箱」だぁ。

    投稿: サファイヤ | 2006年1月10日 18:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8094880

    この記事へのトラックバック一覧です: マッチ箱:

    » 近藤真彦「マッチ箱」 [LOVELY IDOL POPS]
     今回は、近藤真彦さんのデビュー25周年記念BOX「マッチ箱」をご紹介します。1980年の12月12日に「スニーカーぶる~す」でデビューして早25年。当時よく、たのきんトリオの3人の中で誰が好き?なんていう話が出ましたね。デビュー当時のマッチはどうして...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月12日 21:19

    « トップリーグ最終節結果 | トップページ | 得点王 »