« 大学準決勝結果 | トップページ | 初詣 »

花園レポート準々決勝

kaze

1月3日の花園は冷え込んだ。この写真は、第一グラウンドのスコアボードを後ろから撮影したもの。ウォーミングアップするのは、啓光学園と大阪工大高。大阪勢が3チーム揃い踏みとあって、観衆は多く、第一試合の間にメイン、バック両スタンドとも埋め尽くされていった。試合内容もさすがにベスト8、好ゲームが続いた。

housou

こちら放送席からの眺め。第二試合直前です。

啓光学園の5連覇なるかが最大のみどころだった今大会だが、準々決勝でライバル大阪工大高との対戦。結論から書くと、まったく例年の啓光学園らしくなく敗れた(12-29)。序盤はキックでうまく陣地をとって攻め込んでいただけに、不安視されていた攻撃の正確性のなさが露呈してしまった形だ。逆の大阪工大高は、SO橋野、WTB中濱らがのびのびとフィールドを駆け抜けた。野上監督は試合前に「ここ(準々決勝)で啓光とやりたかった」と、選手の調子がいいこの時点で難敵にぶつかりたい気持ちを話していた。思惑通り、選手達は王者に真っ向勝負し、啓光の花園連勝記録を22でストップさせたことになる。

個人技を出し合えば、大阪工大高も力がある。相手の力を出させないのが啓光の持ち味だったのに、きょうは出させてしまっていた。ミスも多発して敗れた杉本監督は、「大会に入ってから、練習でもミスが多く、それが試合に出てしまった。細かいところにこだわれなかった、私の甘さ」と話していた。しかし、強いチームを引き継ぎ、監督2年目での花園初敗北。今後の杉本監督の指導者人生にとってはいい経験だったろう。勝ち続けることはありえないのだし、選手達も負けて成長すると信じたい。お疲れ様でした。来年からのチームの成長に期待したい。敗色濃厚の中での意地のトライは立派だった。

第三試合の伏見工業対長崎北陽台も予想通り凄まじい試合になった。最後まで攻め続けて逆転勝利をものにした伏見工業も素晴らしいが、北陽台のディフェンス・ラインに並ぶ反応の良さには恐れ入った。バランスのいい両チームがここで対戦したのは、ちょっともったいない気がした(24-20)。長崎北陽台、いいチームだったなぁ。第一試合では、茗渓学園が絶妙のパスでよく攻めたが、粘り強くディフェンスした桐蔭学園が、FWの力強さも含めて27-8で快勝。第四試合は、東海大仰星が組織力、個人技、すべてに圧倒した(55-7)。大分舞鶴はどうも仰星が苦手らしい。

高校ラグビーは、各チームに特徴があるのがいいなぁ。第四試合終了後、準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、以下のように決まった。またまた面白そうだ。

◎1月5日 準決勝
桐蔭学園 対 大阪工大高
伏見工業 対 東海大仰星

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大学準決勝結果 | トップページ | 初詣 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     村上さん。新年明けましておめでとうございます。今年もいろいろな情報
    やコメント等よろしくおねがいします。
     大学ではファイナルが決まり、高校もセミファイナルが決まる中、今日は
    一休みですね。 ということで、今日は日本ラグビーの話題を少し離れ、
    S14の話題とかしてみませんか?
     今年もJスポで全94試合放送が決定し、日本でラグビー冷遇の逆風の中放送枠を死守出来て一安心です。今年は2チーム増えたので新チームとかも紹介して欲しいです。
     ウエスタンフォース(豪?)とどこ?? 昨年もアネシの独走トライや
    コリンズの猛タックル、ハバナのトライなどこれを見ればラグビーファンは
    増えるはずなのだが…。
    今年もS14で少し早い春の訪れが待ち遠しい気分です。

    投稿: ムラーカ | 2006年1月 4日 16:12

     村上さんに質問したいのですが、ラグビーのジャーナリストになるにはどのような進路を選ぶのが良いのでしょうか?

    宜しければ返信お願い致します。

    投稿: 高2のラガーマン | 2006年1月 4日 15:43

    みなさん、コメントありがとうございます。日本選手権の正式名称は「日本ラグビーフットボール選手権大会」です。今年は43回大会です。名称は変更ありません。

    投稿: 村上晃一 | 2006年1月 4日 15:21

    高校大会を見て感動していたら、一大事に気がつきました。
    日本選手権は「日本ラグビーフットボール選手権」に名称が変更されたのでしょうか?42回も続いた名誉ある大会が、無くなってしまうのですね。
    しかもその日程を見て驚愕です。出場チームの選考も選考ですが、会場が、秩父宮で7ゲーム中6ゲームも行ないます。花園は1ゲームのみ。芝が悪いことはご存じでしょうが、どうも日本のラグビーは、東京だけでよいみたいですね。海外のチームですら東京中心で、日本の地方都市にも遠征したいと行っているのに。w杯失敗したことも、納得です。九州も優秀な選手を多く輩出し、企業も熱心なところが出てきています。1ゲームぐらい引き受けてもらえるように運営すれば。大阪、名古屋(瑞穂)など、分散させて、最後に秩父宮で良いのではないでしょうか。そうでもしないと、延々にW杯はやってきませんよ!てゆうか、ラグビーが発展しませんよ!!

    投稿: dragon | 2006年1月 4日 15:06

    高校ラグビーで一番面白いのが準々決勝ですね。
    そして必ず1試合か2試合は、劇的な試合があります。
    啓光学園高は、勝ち続けることの難しさを教えられました。
    啓光学園高のミスより大工大高の健闘を称えたいです。
    長崎北陽台高は、悔しいでしょう。
    こういうチームが準々決勝に必ず出ますね。
    伏見工高も最後まで諦めなかったのは、立派でした。
    今年の大会は、期待した対決が案外大差になりますね。
    関東のファンとしては桐蔭学園高に頑張って欲しいです。
    それからホラ選手の事件は、大変残念です。

    投稿: ラグビーファン | 2006年1月 3日 23:43

    いよいよ4強ですね。選手達は悔いを残さないでほしいですね。
    準々決勝のある試合の解説者がレフリーのジャッジについて私的なコメントをしてましたけど、確かに不可解な判定はあったかなって思いましたが、それを言うのはどうかと思います。特にOBなんでそれが強く聞こえてしまいました。以前、慶應の上田さんが同様の事を書かれてましたが、番組側からするとOBの人を解説に置いた方がいいんでしょうか?
    最後にホラ選手は気の毒としか思えません。昨年より同様の事件が起きているのて関係者は気を付けてもらいたいです。

    投稿: はり | 2006年1月 3日 23:39

    「あちこちで早稲田のFW重視ラグビーは世界で所詮通用しないとかかれてますね」と「ラグビー好き」さんが、嘆いていますが、早稲田ほどラグビーを考えつくしているところは逆にありませんよ。今ほど強化できなかった時代に、弱小(決して弱くなかった、明治が強すぎたための比較)と呼ばれた時代にたんまりと弱小FWなりのノウハウを蓄積していました。そのノウハウがあるからこそ、強化選手を集めたときに「史上最強」と呼ばれるチームが完成しています。現在は、能力が高いプレイヤーが、ため込んだノウハウを質の高いプレイを身につけているので強いわけですね。ただ、FW戦で優位に立てるため、才能あるBKが、以前の「揺さぶり」と呼ばれた時代のシステムを多用しなくても、個で突破できるところが懸念材料ですかね。他校にとっては、すでに充分脅威すぎますが。
    さわがれたプレイヤー云々は、早稲田のラグビーに適合する精神を持った将来有望なプレイヤーは、たくさん捕っているようですよ。明治も強化を進めているようですが・・・。
    大学のこの二校が強くなると、また、人気はあがると思います。

    投稿: dragon | 2006年1月 3日 22:05

    神戸ファンへ。
    見明(みあけ)。
    メールへのホラに関する返信いただきました。
    事実関係(メディア情報)を見てもホラがいきすぎです。
    この時期は、ラグビーはトップリーグ、大学、高校含めて皆、緊張感にいますその時期に事件を起こしています。
    チームを愛する気持ちとチームに迷惑な事を与えることは別だと思います。ホラがその気持ちがあれば自制できたいたと残念です。

    投稿: 見明(みあけ) | 2006年1月 3日 21:53

     いつかは止まるものですが、いざ実際連覇がとまってみると驚きと啓光ファンでもないのに寂しい気持ちがわいてきました。
     それにしても、アナウンサーの方はひどいと思いました。「ロイヤルブルーの輝きは失われるのか?」みたいなこと言ってましたけど、たった1敗で4連覇の大偉業の素晴らしさが崩れるわけありません。啓光の選手、関係者は胸をはって再出発してほしいと思います。
     あと、神戸ファンとしてホラの話はしないわけにはいきませんけど、まず「東芝は正月にも練習してるのに・・・」とありましたけど、神戸も大晦日は練習して今日から練習始めと休んだのは元日と2日の2日間だけです。
     事件についてですが、どうやら相手は路上駐車していて、ホラ1人に対し4人で突っかかっていったらしい、とのこと。確かに腕を振り回したホラも悪いですけど、相手にも相当程度の非があったのでは、と思わずにはいられません。なんか腑に落ちません。

    投稿: 神戸ファン | 2006年1月 3日 18:05

    新年から高校ラグビーは熱戦続きで楽しませて頂いています。啓光が負けるとしたらこんな試合かと思っていました。北陽台は勝利をほぼ手中にしていただけに残念でした。準々決勝でも関西勢の強さが目立ちましたが、唯一の東日本・桐蔭の頑張りにも期待したいです。
    村上さん、今年も宜しくお願いします!

    投稿: 軍曹 | 2006年1月 3日 17:56

    FW太一さんへ
    BKのホラ選手の飲酒時のトラブルのようです。
    詳細は以下の通り(サンスポより)
    http://www.sanspo.com/rugby/top/rg200601/rg2006010303.html

    投稿: 瑞穂 | 2006年1月 3日 17:00

    トップリーグの公式HPでスティーラーズの件が掲載されていましたが、何があったんですかね?
    リコー戦楽しみにしてたのに、、、

    投稿: FW太一 | 2006年1月 3日 16:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/7979437

    この記事へのトラックバック一覧です: 花園レポート準々決勝:

    » 高校ラグビー:啓光ついに敗れる。ベスト4組合せも [RUGBY STATION]
    第85回全国高校ラグビーは、3日に準々決勝4試合が行われた。第2試合の大阪工大-... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 3日 16:06

    » 高校ラグビー準々決勝レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  準々決勝の激突が終了しました。私なりのレビューをします 茗渓学園桐蔭学園  関東対決、茗渓学園がFW約10kg少ない中検討する。両チームともSHが 優秀でした。桐蔭桜井選手と茗渓田村選手。パススキルのレベルの高い試合 でしたが、最後はFWで圧倒した桐蔭の勝利 茗溪学園高等学校 8−27 ★ 桐蔭学園高等学校 大阪工大�... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 06:39

    » 大工大高、啓光の連覇を阻む@全国高校ラグビー・準々決勝 [MASARUのブログ]
    ◆1月3日 近鉄花園ラグビー場 茗渓学園 8−27 桐蔭学園 大工大高 29−12 啓光学園 長崎北陽台 20−24 伏見工 大分舞鶴 7−55 東海大仰星 見てきました。 第二試合が大阪対決ということもあり、久々にほぼ満場の観客で埋まりました。 第二試合は大工大....... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 08:10

    » 高校8強の激突 [ラグビーフィーバー!!]
    実家から戻ってようやくスカパーのある生活に戻れました!高校ラグビー見たかったよ~ [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 12:40

    » [Rugby] 啓光敗れ、5連覇の夢消える [k@tu hatena blog]
    私のところでは中継がないのだが、[http://rugby.mbs.jp/:title=高校ラグビーのサイト]では動画配信をしている。試合を生で中継しているし、終わった試合のトライシーンも見ることが出来る。小さい画面でしか見られないのが難点だが。準々決勝の結果は以下の通り。 桐蔭学園高 27-08 茗溪学園高 大阪工大高 29-12 啓光学園高 伏見工業高 24-20 長崎北陽台 東海大仰星 55-07 大分舞鶴高 啓光はついに敗れた。それにしても大阪工大高の中濱は強くて速くて上手かったな... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 13:46

    » 高校ラグビー2 [酔いどれ日記]
    準々決勝の大阪対決を生観戦するため花園へ。 残った学校は近畿4校・九州2校・関東2校とバランスよく、大阪対決や関東 対決もあってか、この日の花園は満員御礼状態。 大阪工大vs啓光学園の大阪対決は前半から工大のペース。 啓光はラインアウトがボロボロな上に...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 16:11

    » 高校ラグビー、準々決勝で「啓光学園」消える。 [ココロミ]
    あー、ゲームが多くて、記事が追いつきません!えっとー、花園の高校ラグビー準々決勝の結果です。もう、何が何だか分からなくなってきました(笑)。 準々決勝の詳しい結果は、関西協会とMBSのサイトをご覧ください。 ● 茗溪学園     8 - 27 桐蔭学園 ○ ○ 大阪工大     29 - 12 啓光学園 ● ● 長崎北陽台  20 - 24 伏見工 ○ ● 大分舞鶴    &nbs... [続きを読む]

    受信: 2006年1月 4日 22:19

    « 大学準決勝結果 | トップページ | 初詣 »