« マイクロソフトカップ1回戦結果 | トップページ | ラグマガ発売日 »

涙腺が緩んだ

マイクロソフトカップ1回戦の秩父宮開催分を録画で見た。両方とも、いい試合だと思った。点差は開いても、その中に選手の意地とか質の高いプレーがあると、僕は嬉しくなる。両方ともそういう試合だった。

まずはクボタスピアーズ対三洋電機ワイルドナイツ。今季好調のクボタWTB小堀の先制トライ。三洋のオライリーがモールからトライを返す。前半17分には、FBマクイナリの鋭いステップワークから、ケフにつないで最後はCTB吉田へ。14-7とクボタリードも、23分、三洋のSOブラウンがまたまたトライを返す。この試合、面白い! 27分、ケフがブラウンを抜き去って小堀につないで、クボタがリード。以降は逆転されることなくクボタが点差を開けていった。

JSPORTSで実況していた矢野さんが試合後トイレで荻窪監督に会ったらしいが、「開き直っちゃいました!」と笑顔で話していたらしい。ほんと、クボタはミスなく攻め続けた。小堀くんは、JSPORTS主催のシーズン前のトークイベントに出演してもらい、参加していた女子からイケメンということで人気があった。頭角を現してきたのは嬉しいなぁ。

三洋も後半にはモールから24-33に迫るなど、意地は見せた。だけどディフェンスが崩れているのが気になる。クボタのいい選手をあげるとキリがないが、ケフとマクイナリは出色。SO伊藤も随所に好プレーを見せた。FL山口キャプテンもよくタックルしていた。終了間際の伊藤のトライの際、交替出場のロフ、ケフがボールをつないだ一連の動きに元オーストラリア代表の質の高さがあった。実に柔らかく、ディフェンスを引きつけてスペースにパスを送る。何気ないプレーが上手いんだよなぁ。

目立ちまくっていたマクイナリは今季ずっと調子がいいのだが、あのランニングスキルは素晴らしい。感心するのは足を取られやすいグラウンドコンディションの中で鋭角的なステップを切ることだ。これ、昔から感じているのだが、日本選手は慣れない芝生とか、緩いグラウンドでやると足を取られてコケることが多い。でも、海外の一流選手には、あまりそういうことがない。足腰の柔軟性が影響しているように思う。

話がちょこっとそれたが、東芝府中ブレイブルーパス対神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合もじっくり見た。最終的には東芝の大勝だったし、地力は東芝が上。それは確かなのだが、この試合に関して言えば、神戸が流れを変えられる瞬間はいくつかあった。そこでミスがあったり、微妙なオフサイドがあったり、なかなかチャンスをつかめなかった。ゲインラインを切っていくという意味では、クリブが怪我で不在だったのは痛かった。

前半19分、東芝はオトのターンオーバーからSH吉田が先制トライ。吉田、スピードあるね。25分には、スクラムからのサインプレーでマクラウドがタッチライン際を快走した。マクラウドって、今でもオールブラックス行けるかも。後半3分、東芝がモールからトライを奪ったところで勝負あった感じがした。神戸製鋼の選手がダウンボールしたボールを、東芝が逆に乗り越えていくラックの力強さは凄まじかった。東芝の選手はほんとに骨惜しみしないし、よく動く。感心しきりである。

神戸製鋼もウィリスの意地のトライ、元木の懸命の頑張りには、ぐっときた。前半32分あたりだったか、交替出場のFL野澤が陣川のパントキックのあとに身を投げ出してボールを確保した動きには涙腺が緩んだ。ああいうのを見ると、彼のこれまでの努力が見えてきて感動する。日々の鍛錬はああいうプレーに出るものだ。いいもの見せてもらいました。野澤くん、ありがとう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マイクロソフトカップ1回戦結果 | トップページ | ラグマガ発売日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私もリアルタイムでTVで見ました。村上さんと同じくTVの前で涙がこぼれそうでした。慶応出身の野澤選手が魂のプレーでチームにガッツを注入している!スクールの子供たちに一番身に付けて欲しい「勇気」のお手本のようなプレーでした。村上さん今年のベストプレーに是非挙げて下さいね。

    投稿: ラグビースクールコーチ | 2006年1月25日 20:48

    地元ということもあって東芝府中を応援しています。仕事も大変ということで、社会人はやっぱり大変ですよね。でも、社会人になっても、こうして燃えられる一生懸命になれるものがあるって幸せですね。

    投稿: C.I | 2006年1月25日 14:21

    村上さん、お久しぶりでございます。こんなに褒めて頂き、ありがたき幸せ。来年に向け、一歩一歩進んで行きたいと思います。テレビ中継では土居さんにも随分褒めて頂いて負けたのに申し訳ない気持ちでいっぱいです。来シーズンに賭けます。

    投稿: のざわです。 | 2006年1月25日 00:01

    もったいないことをしてしまいました。
    どのゲームも見物だったので、番組のハシゴをしてしまい、ゲームの流や見逃したプレイを多かったでしょう。
    お金を払えばたくさんゲームを見れる代わりに、ゲームがかぶることで、つらい思いもするのですね。と考えると、応援しているチームもたくさんある以上に、ラグビーファンとなります。そんな方も多くいるのではないでしょうか?ラグビーファンとチームに対する強いロイヤリティを持つファンの育成が必要なのかなと考えてしまいます。

    投稿: dragon | 2006年1月24日 20:17

    涙腺が・・・というと、大勢で朝から雪かきしていた映像にも涙しそうでした。ご苦労様でした。やや遅れて秩父宮に到着したら、丁度東芝の選手の楽屋入り(?)に遭遇しました(ダッフルコートの大野選手・・・)。2試合目開始後には、有賀剛選手を見つけてしまいました(真っ白ダウンは目立ってました)。そして、クボタや三洋の選手が荷物をカラカラころがしながら行ったりきたり・・・つい、試合から目が離れたり。でも、選手は騒がれたり、囲まれたりしないものですね。プラネットに出ていた渡辺選手はおもしろかったです。以上、場外の感想でした。

    投稿: ばーさん | 2006年1月24日 02:18

     「ラグビーはFW」ということをまざまざと見せつけられるような試合でした。その意味でクリブ不在は痛すぎました。
     中長期視点ではFWを大型化できるようリクルートせねばなりませんが、とりあえず来季にむけてはウィリス・クリブに故障があってもFWに常に外国人2人を入れられるようにもう一人オールブラックス級のFWを獲得することとBKを日本人だけで構成できるようFBを獲得(有賀が来てくれたらベストですが)することの2点ですね。
     神戸製鋼本社も決して景気が悪くないんですから、大盤振る舞い頼みますよ、本当に。という感じです。

    投稿: 神戸ファン | 2006年1月24日 02:11

    そうなんです!後半、ほぼ勝負は決まってしまったという状況でも、地べたを這って、必死にセービングをする野澤選手の姿を見て、「これからいい選手に育って欲しい」と願わずにはいられませんでした。

    投稿: サファイヤ | 2006年1月24日 01:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8297801

    この記事へのトラックバック一覧です: 涙腺が緩んだ:

    » マイクロソフト杯1回戦・東芝府中vs神戸製鋼@秩父宮 [MASARUのブログ]
    ◆1月22日 秩父宮ラグビー場 東芝府中 38−7 神戸製鋼 戦前から予想された展開でありましたが、FWもBKも何もかも府中が上回っていました。 神戸にもトライ出来るチャンスは幾度かありました。ただ22mラインすぎてからミスを犯し、得点機を逸してました。 ...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 01:00

    » ロッケンロー観戦記〜野性の証明〜 [R☆Cの一発逆転]
    1月過ぎれば毎年のこととはいえ毎日のように残業+休日出勤。こういうご時世の中で働ける喜びは感じているのだが、いかんせん1週間全部じゃつらい。午前中はPCと格闘して昼過ぎになんとか秩父宮へ。 MS杯1回戦だ。第1試合の後半の終わり20分くらいに到着したけどク....... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 07:18

    » マイクロソフトカップ 1回戦で神戸製鋼消える。 [ココロミ]
    まずは、マイクロソフトカップ、1回戦の結果です。 1月22日(日) <秩父宮> 12:00~ ○ クボタ 40-24 三洋電機 ●  14:00~ ● 神戸製鋼 7-38 東芝府中 ○  <花園> 12:00~ ○ サントリー 35-17 ヤマハ発動機 ●  14:00~ ● トヨタ自動車 12-17 NEC ○ さて・・・神戸製鋼は既にご存知のとおり、負けました。はい、もう今シーズンは終わりです。あんなゲームじゃあ、そりゃ負けますよ。 当日は、「ラグステ」の管理人さんと一緒に、... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 16:12

    » 清宮監督、ヤクルト古田監督と対談 [日本大好き、好きです早稲田日記]
     早稲田大学ラグビー蹴球部の清宮克幸監督と、ヤクルト古田敦也監督(プレイングマネージャー)の対談が実現したと、同部のHPが24日伝えた。その模様は1月27日のスカパー「フジテレビ739」で放映されるという。 思えば清宮氏は監督就任後の五年間で様々な人脈...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 23:33

    » シーズン終了 [酔いどれ日記]
    宣言通り花園へ行った。これが今シーズン最後の生観戦になりそうなので、 奮発してメインSS指定席の当日券を購入した。チケット購入前にNEC のブース前を通ったら、チームスタッフのH氏とK氏から「今日は秩父宮 じゃないんですか?」と予想通りのツッコミを入れ...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 23:38

    » 東芝戦。終わりと始まり。 [野澤武史の議]
     マイクロソフトカップ一回戦、東芝戦は5−38。 完敗であった。 僕は昨日のうちに新幹線で早々と東京を後にした。実家に顔を出して墓参りでもしてこようかな、と言う思いもあったのだが何だかこの日は一秒でも早く神戸に戻りたい気持ちにかられていた。 「負けたら...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月24日 23:55

    » MS杯−クボタ:三洋戦レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ  さて、今日明日は秩父宮2試合をレビューしたいと思います。  まずは、雪と雪かきの映像に驚きました。雪かきをしていただいたみなさん お疲れ様でした。おかげで秩父宮の熱い試合を見ることができました  クボタ三洋  リーグの前半の王者三洋に、後半盛り返して何とか8位になったク�... [続きを読む]

    受信: 2006年1月25日 05:46

    » MS杯−東芝:神鋼戦レビュー [瑞穂のラグビー好き]
    ブログランキングに登録しました。1クリックお願いします。 人気blogランキングへ   一試合目と比べると日差しが強くなり雪も解けたので  暖かくなった(ように見える)秩父宮の2試合目  東芝神鋼  解説の藤島大氏の予想ではFWが勝負のキーではとの見方。  まずは、キックの蹴り合いの立ち上がりとなりました。  圧倒するかと思われた東芝のFWを神鋼が耐えます。  ... [続きを読む]

    受信: 2006年1月26日 06:19

    « マイクロソフトカップ1回戦結果 | トップページ | ラグマガ発売日 »