« 己を知る。 | トップページ | お薦めマッチ_0128 »

立教ラグビー宣言

 立教ラグビー宣言について、コメントをいただきました。ありがとうございます。立教大ラグビー部の、この宣言については関係者の方からメールをいただいたりして知っていました。メディアに出るというより、関係者の中でジワリジワリと広がってきていた感じですね。昔のラグビーマンが実践してきたことが薄れていくなかで、現在のコーチや選手達がラグビー文化を再確認して実践しようという試みは尊いものだと感じています。詳細は日本協会のホームページをご覧いただきたいのですが、宣言の部分だけ紹介して、僕の感想を添えたいと思います。

【立教ラグビー宣言】
1)立教は、たとえルールで禁じられていないことでも、フェアの精神で自らを律してプレーします。 
2)レフリーの存在意義を正しく理解し、心から尊重します。意見があるときは必ずキャプテンを通します。
3)ノーサイドの精神を具体的行動に移し、相手への敬意を示します。
4)アフターマッチファンクションでは、決して自チームで固まらず、相手と積極的に交流します。
5)ホームでは、たとえどんなに小さな練習試合でも、必ず簡易式アフターマッチファンクションを行います。
6)生涯、これらの精神を遵守します。

この宣言については、ラグビーに直接携わっている人達からの評価が高いようだ。年配の関係者ほど、ラグビー文化を残したい気持ちも強いはず。だからこそ、日本協会のホームページにも掲載されることになったのだろう。「フェアの精神で自らを律してプレーします」、「レフリーの存在意義を正しく理解し、心から尊重します」など、僕も共感するモノばかり。なぜこの宣言ができたのか、その宣言を1シーズン実践した結果、周囲がどんな反応を示し、部員達がどう感じたのか。立教大ラグビー部コーチの松山吾朗さんが、レポートを書いた。それが現在、日本協会のホームページに掲載されている。多くのチームの指導者、選手がラグビー文化について考える機会になっているはずだ。松山さんはじめ、立教大学のみなさんに敬意を表します。

グラウンド上に限って言えば、僕は、フェアプレイの精神が最も大切な気がしている。フェアの基準を説明するのはとても難しい。このあたりのことは、大西鐵之祐著「闘争の倫理」(中央公論新社)に詳しいのだが、フェアとは、互いを認め合い、同じ条件で戦うことが絶対的な条件である。すべては互いを認め合うところから始まる、と、僕は思う。認め合っていれば、相手を故意に傷つけたり、卑怯なプレーはできないはずだからだ。

フェアに、激しく。残りの国内シーズン、そんな試合にたくさん出会いたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 己を知る。 | トップページ | お薦めマッチ_0128 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビー精神を見直すきっかけになると良いですね。
    日本人は、ラグビー精神が好きな割には、オリジナル精神がありますね。ノーサイドという言い回しもありしませんし、one for all、・・・という言い回しも、日本では盛んにいわれますが、all for one、・・・と始まるのが欧米では主流なようです。ちなみに、原典は「三銃士」アレクサンドル・デュマです。
    ある本に『「法に触れないなら何をやってもいい」と、財力に任せてメディア買収を試みた人がいますが、日本人の過半数が彼を喝采しているのを見て、何とも絶望的な気分におそわれました』と昨年書かれた箇所がありました。大西氏は「フェア」な概念は、その行動がきれいか?きたないか?で判断されるものであるといっています。それは、ルールなどの遙に超えた人間のルールなのかなと。おそらくその部分を好きになった人が、ラグビーにそれを見いだしている人が少なからずいるのではと思います。
    とかく、ラグビー精神といいつつ、案外ねつ造していたり(積極的な創造であればよい)、無視していたりすることが多いような気がする。
    これをきっかけにラグビーを見つめ直してほしいですね。

    投稿: dragon | 2006年1月27日 20:41

    わかりにくい、といわれるラグビーのルール(基本的なものしか私もわからなんですが(;^_^Aフキフキ)を
    小学生の息子に説明するときにイチバンわかりやすかったのは、
    ボールが「お城の旗」だとする陣取りゲームだということ、
    それから、
    ズルをしない、
    ということでした。
    オフサイドも
    「こっちからとっちゃったらズルでしょ?」
    とかいうと
    「そうだね」と納得したり・・・。
    それって、
    ラグビーの精神であり、かつ、人間としての正しい生き方であるんでしょうね~・・・。

    投稿: ryuryu | 2006年1月27日 19:43

    すばらしい理念で、是非これを実践し強くなった立教ラグビーを1部でみせてください。期待しています。   ところで不勉強で申し訳ないのですが、度々登場する”アフターマッチファンション”とは一体どんな事をするものなのでしょうか?ただのお食事会を通り越したものがあるような気がしますが、教えてください。

    投稿: wani | 2006年1月27日 16:47

    コレぞ!ラグビー精神。といった感じですね。ウチの息子も中学1年ですが、ラグビー再開して先日の進路調査に「夢はでっかくラグビー選手!」と書いてました。こんなプレーヤーになって欲しいです!ところで、先日息子のスパイク買ってきましたが、何も分からないのでお店のオヤジの言うがままに買ってきましたが、購入時のポイントなどあったら教えてください。今後の参考にさせていただきます。

    投稿: sinshun | 2006年1月27日 16:20

    キャプテン以外がレフリーに抗議すれば、10バック下げられますし、まして レフリーに体当たりでも しようものなら即 退場ですよね、
    試合中 反則をすれば 3点 取られてしまうわけですし、 勝つ事を 本気で考えれば 紳士になるのが ラグビーというスポーツの魅力ですよね、 精神ばかりが 先行して、実質が伴わない なんて事にならなければ いいのですが・・・

    投稿: さんぼ | 2006年1月27日 14:12

    コメントにこんなに早く反応してもらえて大変うれしいです。ありがとうございます。
    勝つための反則ギリギリのプレ^の是非はともかくとして、レフリーへの対応については実践してほしいですね。

    投稿: JOC | 2006年1月27日 12:43

    私は立教ラグビー部の卒業生ですが、対抗戦Aに昇格して間もない頃の私達の代からは想像もつかないほどの成長を後輩はみせてるなぁといつも思っています。それは、技術的な面だけではなく、こうして精神的にも成長している部分が大きいなと思います。
    他の強い大学では当たり前なことでも、今まで自分達になかったものを吸収し大きくなること、それが大事だと思い、これからも立教の成長を見守っていきたいと思います!

    投稿: C.I | 2006年1月27日 10:32

    この ラグビーの精神 は ものすごく 大切なもので 普遍のものだと 思います。
    それを 大前提にした上で、もっと 勝負には こだわるべき だと思います。「トーナメントやプロ化が増えたから、ラグビー精神が 壊れる」
    そんな ものでは 無いと思いますので、 まずは 勝つ事を もっと貪欲に考えていかないと、この精神も ただの理想で 終わってしまうような気がします。。。

    投稿: さんぼ | 2006年1月27日 08:32

    立教ラグビー宣言について、素人から言うと、その精神は当然だと思うし、どのスポーツでもそうであるべきと思うのだが、日本においては理想であって、あり得ない精神だと思う。また、ラグビーを勉強中の大学生に品格や精神をもたせるのも無理と思う。日本協会の目標に英国式マナーを入れてもいいんではないかなあとは思うけど。

    投稿: Y | 2006年1月27日 07:22

    >1)立教は、たとえルールで禁じられていないことでも、フェアの精神で自ら律してプレーします。
     この精神が今の日本には一番必要だと思います。今の日本には時間外取引とかして儲けまくっていたIT長者の誰かさんのせいで「ルール内なら何をしてもいい」という思考が蔓延してます。「ルール内なら」といってもギリギリのところを何回も通っているといつかラインを越えてしまうものですからね。「ルール」というラインの上にもう一つ「モラル」というラインを自主的に設けるのは素晴らしいことです。私も今一度自分の普段の行動を省みて、この「ラグビー宣言」の1番を実践してみようと思います。

    投稿: 神戸ファン | 2006年1月27日 01:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/8352385

    この記事へのトラックバック一覧です: 立教ラグビー宣言:

    » 1/29 MSC準決勝!東芝:NEC・クボタ:サントリー  メン... [らぐびーあにまる]
    1/29 14:00 MSC準決勝  東芝 対 NEC (東京 秩父宮)               クボタ 対 サントリー (大阪 花園)見所が MSCのHPに 出ています。サントリー:クボタはメンバーが発表されてますが 表示が うまくされない、、、東芝:N...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月27日 12:40

    » 立教ラグビー宣言 [子育てもしてますよ〜]
    日本ラグビーフットボール協会 - クラブラグビーは紳士のスポーツと呼ばれています。それはなぜか、この答えは近代英国にあります。当時、パブリックスクールと呼ばれる中・上流階級師弟の通う名門私学(ラグビー校など)は、フットボール(ラグビー・サッカー)を、将来のジェン...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月27日 19:38

    » 立教ラグビー宣言 [らぐびーあにまる]
    日本協会のHPでも 取り上げられている 「立教ラグビー宣言」この宣言自体は すばらしい ものだと思います。 が、前文の「しかし、そのラグビーも近年、ついにプロ化しました。1対1の「対抗戦」という意味も薄れ、トーナメントや勝ち点制のリーグ戦が主流になってい...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月27日 23:24

    » [sports]立教ラグビー宣言 [werebearの日記 - a devout heretic -]
    村上晃一氏のところで知った。 立教ラグビー宣言(日本協会) 立教のページはこちら。 立教は、今年から次の「立教ラグビー宣言」を掲げます。 1. 立教は、たとえルールで禁じられていないことでも、フェアの精神で自らを律してプレーします。 2. レフリーの存在意義を正しく理解し、心から尊重します。意見があるときは必ずキャプテンを通します。 3. ノーサイドの精神を具体的行動に移し、相手への敬意を示します。 4. アフターマッチファンクションでは、決して自チームで固まらず、相手と... [続きを読む]

    受信: 2006年1月28日 00:05

    » ラガーマンシップリバイバル [CATCHMEIFYOUCAN]
    日本ラグビーフットボール協会ホームページに、このブログでも11月27日の記事でふれた立教ラグビー憲章が紹介されている。そこでは、ラグビーの精神や意義が高らかにうたわれている。その第一条より。「立教は、たとえルールで禁じられていないことでも、フェアの精神で自...... [続きを読む]

    受信: 2006年1月28日 01:51

    » 立教ラグビー宣言 [MASARUのブログ]
    みのさんと別エントリーで「ノーサイドの精神」の話になったとき、表題のことを思い出しました。「立教ラグビー宣言」は昨年、立教大学ラグビー部の松山コーチが宣言されたもので宣言は以下の通りです。 【立教ラグビー宣言】 1)立教は、たとえルールで禁じられていな....... [続きを読む]

    受信: 2006年3月21日 02:36

    « 己を知る。 | トップページ | お薦めマッチ_0128 »